April 14, 2008

コウケンテツ美女でれ料理番組

今日は、またまた手抜き更新
というわけではないんですがっ
「整形について」書くのは
息子らが学校に戻る明日にまわし
昨日、偶然、見つけた動画のご紹介です。
名付けて
「コウケンテツ美女でれ料理番組」です。

====

コウケンテツは、近年、爆発的人気を博している
在日・韓国料理研究家である。
さもありなん。
非常に男前だ。
さらに愛嬌のある関西弁を話す。

YouTubeで、彼が
日伊ハーフ芳齢20歳美女
小川瀬里奈ちゃんをアシスタントに迎え
impress TVでネット公開している
「コウケンテツのめちゃモテ 
ムービーレシピ!」
という料理番組を見つけた。

これが、実に面白い。

一応イケメン料理家で売っている
コウケンテツが、男子校生のように
(実際は20歳近く?年下の)
若い美女との共演を
体全身と言動で、実に正直に
雄弁に表現している。

満面の「でれでれ笑顔」
緊張の結果、ミスしまくり。

視聴者に、
この兄ちゃんに作れるなら
絶対私にも出来るはずだ、との
自信を持たせる親近感。


そして
瀬里奈ちゃん、
イタリア生まれだというのに
可愛らしいだけでなく
日本語が、めちゃめちゃ上手だ。
日本育ちなんだろうか?だよねっ??
(そうだと言って〜〜っ)
うちの息子達なんて、
このレベルまで、たどりつけないだろうな〜
(やっぱり、日本の芸能界は無理か??)


それから
コウケンテツ
確かに可愛いし色男なんだが
(非常に若々しいのだが、40歳らしい)
↑↑
**すみません訂正です。**
**1974年生まれでした〜〜**
**どうりで若いはずだっ!!**
↑↑
できたら
その、
変な顎ひげ、どうにかならないんでしょうか?
はやってるんだろうか、この
顎の先だけ、ひげが生えてるのって????

うちの配は、非常に髭が濃くて
この手のヒゲをたくわえるのは不可能だ。
顔全体が毛だらけになる。
義母が亡くなった際、
喪に服すため
ヒゲもそれず沐浴もできなかったのだが
一週間で
完璧アルカイーダ状態になった。
これが
9/11事件の後だったら
地下鉄で、彼の周囲には
大きなエアスポットが、できただろう。

少毛の人が多い中国では、
よく
「それだけ毛深かったら
付け毛無しで日本人の役ができる。
役者になったらいいんじゃないか?」
と、
大学時代、北方人には、ほめられたそうだ。
しかし、
子供の頃、上海では
「サルっ子」と、からかわれたらしい。

個人的には
無精髭は、なかなかセクシーだと思うが
髭を、そのまま伸ばしているよりも
きれいにそっている顔の方に魅力を感じる。

しかし、髭そりは
本当に、めんどうくさそうだ。
時に一日二回髭をそっているのを見る時だけは
女で良かったと実感する。(^^;)


それでは
是非、ご覧ください。
まずは、喜びに溢れた一回目。

「たらとあさりの薬膳風鍋」
http://www.youtube.com/watch?v=xrhcyg-0iHk




次は、私自身も、これは、絶対
作ろうと決心した「第二回目放送」
(ここでもミスって、ため息ついてます。)

「骨付きチキンのオーブン焼き トマトバジルソース」

http://www.youtube.com/watch?v=u28sBsMwAUo




====
今日は、また、日本時間の午後、更新予定です。
(Yongrenさん、歌詞もその時に。^^;)

宜しければ、ご訪問ついでに、
ひと押し、お願いしますっ!!!

エッセイ

簡単レシピ - livedoor Blog 共通テーマ

chumaro at 08:03│Comments(16)TrackBack(0) 本DVDガジェット | *動画(音楽以外)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by おたみ   April 14, 2008 14:05
コウケンテツさんって、そんなに有名なの? 知らなかったんだけど、楽しませてもらいました。私もチキンのオーブン焼きはよく作るのだけど(土曜日に一羽丸ごと仏産チキンを買ったので、作ったばかりよん)ポテトも良いけど、ナスを一緒に焼いても美味しいよ〜
2. Posted by マロ→おたみ   April 14, 2008 16:01
コメありがとー!
すごい有名みたいだよ。
テレビや雑誌にも、よく出てるみたいだし
(去年、日本で買った雑誌にも出てた)
料理本も、たくさん出版してる。
日本版ジェイミー・オリバー?
っていうか、日本版の方が、断然、男前だけど。

おぉ〜、ナスでもおいしそうだね。
私は、肉類、殆ど食べないんだけど
配が、めちゃ喜びそうだよ、これ。
骨付きもも肉とか好きだもん。
(私は、この手の肉、大嫌いだ。)
ズッキーニとかもおいしそうだね。
3. Posted by N☆   April 15, 2008 10:34
コウテンケツ、家族みんな料理研究家なんだって。お母さんもお姉さんもテレビ出てた。

ケンタロウも小林カツ代の息子だよね。
政治家だけでなく料理研究家も2世が有名になるのかなあ。。。
4. Posted by マロ→N☆   April 15, 2008 18:49
お〜、復活したの?
それとも息抜き?

いや、二世だけじゃだめだって。
やっぱ外見だよ、外見。
え、お姉さんもいるの?
三男らしいよ、じゃ、子供は少なくとも4人??

料理研究家はね、一にも二にも
男女を問わず、人をひきつける
魅力があるか無いか、だね。
5. Posted by おたみ   April 15, 2008 21:45
私ったら、コウテンケツをコウテンテツと間違えてたわ

マロは、料理そのものにはあまり興味ないのだよね?(肉食べないし)だから作る人の外見で判断してる?(笑)

ま、料理研究家をエンタテイナーとして見てるだけなら、それも良し。料理家二世の場合は、ある程度基本もパスしてるでしょうし。

それにしても、料理できる男って素敵でよね? 今から息子たちに仕込むのだ!
6. Posted by マロ→おたみ   April 16, 2008 01:18
おたみ、コウケンテツだよ…(^^;)。
漢字は高賢哲かなぁ??

私、基本的に、料理番組は
見ないんだよ。
細かいのが嫌いだから。
でも、彼の番組は、参考になったよ。
TVで料理研究家として成功するには
美男美女である必要は無いけど
魅き付ける力は不可欠。
これは料理家だけじゃなく
TVで成功する人の条件だと思う。

実は、料理好きな男とか
自称美食家の男って
あんまり好きじゃないんだ。
出された物は何でも、ありがたく食べる、
残さない、そんなタイプの男が好き。
7. Posted by おたみ   April 16, 2008 08:49
>出されたものは何でも、ありがたく食べる。残さない、って
あのね〜これはマナーの問題で、美食家とか料理好きとかとは関係ないぞ(笑)

姑のことを思いついたけど、彼女は
礼儀正しいので、必ず「ごちそう様」と言って、出された食べ物は残さない。でも「美味しかった」とはめったに言わないわね。夫も出された料理は絶対残さないよ。でも「これはもうちょっと、酸味を強くした方が味が良くなったかも」とか批判はする。こっちは忙しい思いして作ってるときもあるので頭にくることも
けど、こういう批判があるから、自分の料理の腕も上がるのだと堪えてますよ(笑)




8. Posted by マロ→おたみ   April 16, 2008 18:54
いやいや、いるんだよね。
美食家ぶってたり
食べ物の話好きなくせに
食べ物残す人って。
そんなタイプの人に何度も遭遇してるよ。

正直に言うと、お姑さんも、ご主人も
苦手なタイプだな〜(^^;)
でも、良かったじゃん?
おたみとは気があって。
やっぱり、夫婦は適材適所。(笑)

ま、基本的に、私にとって
食事における
料理は、あくまでも、脇役なんだよ。
主役は、会話。



9. Posted by おたみ   April 17, 2008 10:13
なんか、すっきりしなくて(笑)
もうちょっとだけね。

マロは変なタイプにばっかり会ってるのだよ、きっと。外見ばっかりで判断してるから〜!(笑) 料理のできる人っていうのは、作った人の労力や気持ちが分かるから、普通は食べ物を残さないモンだと思うけどぉ。反対に食べ物に興味がなく、味覚が偏ってる人の方が、好き嫌いが激しいから、食べ物を残しがち。

それに、食事の時間の主役は会話っていうのは、私もそうなのよ。料理云々は話題の一つに過ぎないの。

マロっていろんな分野で偏見の少ない人だと思うんだけど、この分野に関してだけは偏見を感じるわ〜正直言って(笑)

でも、これからのご時世、男の子は料理はできる方が女の子にモテると、これは確信してるよ。マロの好みのタイプでなくても!(笑)

あっそうだ、プラムが二重瞼になったのよ! 詳しくは日記読んでね。


10. Posted by マロ→おたみ   April 17, 2008 19:19
いや、別に、美食家ぶってる人が
ご飯を残しがちって言ってるわけじゃないよ。(笑)

美食家やら料理好きやら
という要素の前に
まず、私が男に求める要素の中では
「何でもありがたく食べる」
が、最も優先度が高いってことね。
これは、不可欠。

何故、自称美食家や料理好きに
魅力を感じないかというと、
料理や食べ物の話が多くなりそうだから。
この手の話題、「どこの店がおいしい」
系の情報話題を除いては全く興味ないから(笑)。

モテるかどうかに関わらず
料理は、男女問わず、習得しなくてはならない
技術だと思うよ。生きるための最低条件だから。
ま、だけど、私の場合は、その
最低条件レベル以上の技術には
大して関心ないってこと。
字は書けないと、あれこれ困るが、
書道家レベルになる必要はないってことだね。
11. Posted by おたみ   April 19, 2008 08:38
関心のない話題(笑)で申し訳ないけど、素朴な疑問が沸々わいてくるので、また質問していい?

別に誰もが書道家になる必要はないけど、他人が読みやすい綺麗な字を書こうとする意識は、まあ、ほとんどの人にはあるよね?(関係ないけど、中国人って字の綺麗な人が多いと思う)

「どこの店が美味しい」という情報に興味があるのだから、「美味しい」「まずい」という評価に関心があると感じたんだけど。なんか矛盾。

私も「何でもありがたく食べる」ってのが、まず大事なことだと思ってるのよ。でも、味を評価することが、ありがたく食べてないことになるとは思わないの。
まずかったら、何でまずかったのか原因を見つけて解決すれば良いし。

評価がないと、字だって綺麗に書けるようにはならないよね。
12. Posted by マロ→おたみ   April 19, 2008 21:37
おたみ、再びコメありがとう!

この件に関しては、もう
この前のコメレスで書いた答えの
繰り返しになっちゃうから、とりあえず
簡潔に、まとめると。

1.私の好みのタイプは
「何でもありがたく食べる」男。

2.自称美食家や料理好きの男が
「食事をありがたく食べない/残す」とは
言っていない。言いたい事は、
美食家だ、料理好きだ、と言いながら
料理を残す人は、滑稽だという事。

3.「まずい店」よりは「おいしい店」で
食事をしたい。(笑)
だから、情報は、特に積極的には集めないが
目の前にぶらさがっていれば、とりあえず穫る。

って、ことで、よろしく!(笑)
後は、どうか、自己解決を試みてください。
13. Posted by おたみ   April 19, 2008 23:59
関心ない話題なのに、こんなに付き合ってくれてありがと〜(感謝!)

マロの苦手なタイプのうちの夫は、
マロの好みのタイプでもあるのだってことなのね(「何でもありがたく食べる」から)

矛盾してるけど
解決できました!ありがとう!


14. Posted by マロ→おたみ   April 20, 2008 04:47
ごめん、おたみ。
もう、あんまり、おたみの事、刺激したくないんで
言うの控えようかどうか迷ったんだけど。

その解釈、間違ってるよ。(爆)

そもそも、私が、
「自称美食家や料理好きな男」は、
あんまり好きじゃないって所から
この、おたみの「こだわり」が
発展したので、12のコメレスには、
特記していなけど
「ありがたく食べる男」が好きというのは
最低条件であって、
「これを満たしたからタイプ」というのは
あまりにも飛躍した解釈というか
理解力が足りなさ過ぎない???(笑)
全く、矛盾は、無いよ。

ありがたく食べようが食べなかろうが
「自称美食家や料理好きな男」は
好きじゃないってだけね。
料理の話には、まーーーーったく
興味無いから。そんなタイプの男と
付き合ったら、会話が苦痛だし
家族になるのも、ありえないから。(爆)
15. Posted by おたみ   April 21, 2008 00:44
いや、こっちこそごめんごめん(笑)

だって、マロが料理に関心ないのは、前から知ってたことだもの。(爆)

めずらしくというか、意外というか、料理研究家の話なんかが出たもんだから、あれ?なんか心境の変化でもあったのかな?と、いろいろ聞いてみたくなったの。

うちの夫のことはどうでもいいよ(笑)

ほら、私って人間の味覚の発達とかを科学的に勉強したこともある人なので、健康なのに食べ物に関心ない人の味覚はどういう状態なのかとか、そういうことにも興味あるんだよ。あ〜こういう話も苦痛なんだっけ?(似たもの夫婦なんだろうね、やっぱり、うちは)

もう、ホントにおしまいにします。ありがとう。
16. Posted by マロ→おたみ   April 21, 2008 00:57
どういたいまして☆

私の味覚は、いたって正常です。(笑)
フツーに毎日料理もしてるし。(爆)

空気のような当たり前の存在なので
興味の優先順位が低いだけ。
ごく単純なことだよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔