1月6日に多治見市産業文化センター5階にて、多治見市商工会議所主催の賀詞交歓会に行ってきました。
今回も国会議員・県会議員・市会議員の各先生・多治見市長・各会社の代表が集まり、約200名くらい出席され、ひじょうに盛大に行われました。
多治見商工会の今年度は「変化と挑戦」をキーワードとして活動されるということであり、
内容は、「関係機関とのアプライアンスを強化し、経営資源の融合や金融等を含み一体的支援業務を充実させていく」ということでありました。
1社だけでは出来ない事も、他社と力を合わせていけば、おのずと結果が出るという事であり、他業種との話し合いをすれば、変わった考え方が出て、新しい知恵により、よい製品が生まれるということであります。
今年は、意見を他人に聞いたり、他業種の人に意見を聞き、よりよく改善をしていきたいと感じました。
今年もトヨタ方式の「改善」を出来ることから序々に行っていきたいと思いますのでよろしくお願いします。