岡山中央福祉会

岡山中央福祉会は岡山市東区西大寺地域にある社会福祉法人です。 中野けんせいえん、会陽の里他各施設の最新情報をお届けします。

2014年01月

穂香の里です

友の会バザー市に今日は午前中に新鮮な白菜が届きました
IMG_0652
なんと1個100円!!

その辺のスーパーより断然安いです!

穂香の里地域交流スペースにて販売してしています

穂香の里 せせらぎユニットです

せせらぎユニットはショートステイの方々10名が利用されているユニットです。

今月のユニット調理は「いなり寿司」でした

こちらのN様はご家族の為によくちらし寿司など作っていらっしゃったとのことです
CIMG4163
手際よく中の酢飯を入れてくださいました

揚げに酢飯がぎゅうぎゅうに入れてあったので、
「少し多いのではないでしょうか?」とお聞きすると
「うはははは」と笑われていました。

たぶんいっぱい詰めるのが、N様のお家流なんでしょう

その家その家で作り方や流儀が違うので、お料理は楽しいですね

お揚げと酢飯が絶妙なからみで、皆様おいしいおいしいと
たくさん召し上がりました



今月より、健生園ひろば(PDFファイル)の掲載を始めています。

健生園のトップページへ入っていただいて、
建物写真の下のあたりに有りますので、
このブログとあわせて、ぜひご覧ください。(以下画像です。)

健生園だより
※ご覧いただくには、予めアドビ社のリーダーが必要となります。

健生園では昨年秋から、先進的な取り組みを行っている特別養護老人ホームの視察を行っています。

1月にお邪魔したのはこちら(送迎車は特に先進ではないようですが)
須磨きらくえん送迎車



外観は施設というよりマンションか公団住宅のよう。

須磨きらくえん外観


玄関も一般的な施設とは趣が違います。
須磨きらくえん玄関


地域交流スペースのしつらえや家具の質感が違います。
地域交流ホール


ピアノはとても名の知れたメーカーのものでした
須磨きらくえんピアノ


大きな絵画も京都の名の知れた方の作品だそうです。
須磨きらくえん絵画


ギャラリーもとてもセンスの良さを感じます。
ぎゃらりー2


リビング・食堂もすっきりとしていて感じが良かったです。
昼食前でランチョンマットもさわやかな色です。
ユニットフロアー


キッチンカウンターにある献立表もひと工夫
須磨きらくえん献立表


ちょっと驚いたのがこの和室結構広くてまるで旅館。
御家族はもとより職員さんもたまに泊ったりするそうです。
和室


もっと驚いたのがこちら
スコール

ボランティアで週に一回営業しているカウンターバー
カウンターバー

午後6時~9時で神戸の夜景も垣間見えるそうです。

ウィスキー

利用者 家族 職員、誰でも利用できて格安でアルコールが楽しめます。
おしながき


「(福)きらくえん」は尼崎、芦屋、生野、神戸に5つの特養を運営している法人です。
設立は岡山中央福祉会とほぼ同じ時期で、20数年前から、居酒屋外出や一泊旅行にとりくみ、施設も必要以上の施錠をせず自由に出入りができる。といったとても先進的な取り組みをされており「喜楽苑」という名はこの業界では知る人ぞ知るという存在でした。
今回の視察でも施設が新しくきれいなだけでなくそうした喜楽苑のこだわりや理念を強く感じられるものでした。
健生園の建て替えにも大いに生かしていきたいと思います。






健生園では、毎月第四火曜日に職員を対象とした学習会を行っています。



今月(1月28日)のお題は



『ご利用者の食を考える』~調理実習~です(主催:栄養部)

参加者約20名
RIMG1021

先ずは管理栄養士より、調理の際、衛生面・感染予防の注意事項の説明、また今回の調理実習メニューの説明があり、実習開始です。


RIMG1035

ワイワイっと楽しくクッキング

RIMG1054


男性陣も負けじとクッキング「これが男の料理だ~!?」










そして完成

RIMG1063
メニュー:
☆太刀魚のバター醤油焼き

☆ボイルキャベツ

☆三色なます

☆豆乳プリン黒みつかけ

バター醤油の香ばしい香りが1階フロアに広がりました


健生園では2年後の新築移転の際には、調理風景を利用者様のより近くで感じて頂ける取組を行います


RIMG1067


あっ!料理は参加者でおいしくいただきました

穂香の里 小規模多機能です

9月から少しづつ作成していた大作「赤富士」が完成しました
画用紙を根気よくクルクルクルクル巻いて・・・
P1020625
お正月にどうにか間に合い、おめでたいお正月を迎えることができました
ブログでのお知らせが遅くなってしまいました

写真では素晴らしさが伝わりにくいですが、よくできた作品です

穂香の里のギャラリースペースに飾る予定です。

作品を見るたび「これええな~」と声が聞こえます

次の作品はどんなのにするか、今検討中です


こんにちは 穂香の里そよかぜユニットです

今月のユニット調理は「お好み焼き」でした

そよかぜユニットは女性ばかり9名のユニットですが、
皆様の腕を奮っていただきおいしいお好み焼きができました
P1010275P1010270
左の写真のK様は若い頃からお料理やお菓子作りがお好きで
よくご友人に作って差し上げていたとのこと。

横になられている時間が増えた今でも
大好きなお料理に参加していただけるよう支援させていただいています。


P1010282
ソース系のお料理(やきそば・たこやき・お好み焼きなど)は箸がほんとうにすすみます

ご高齢になると、舌も味を感じにくくなることが多くなると一般的に言われおりますが、
ソース系だと味がハッキリしているから、おいしさがより倍増するのでしょうか。

来月のメニューはなんでしょうか~楽しみです!

こんにちは、健生園デイサービスセンターです。
全国的に、ノロウィルスによる食中毒が増えていますね。
学校給食であったり、レストラン、ホテルなど・・・。
決して、デイサービスセンターでも他人事ではなく、毎日消毒をするよう心がけています。
もちろん、手洗い・うがいは基本湿度の管理マスクの着用
職員全員がマスクをしているので、顔が見えづらく皆さまにはご迷惑をおかけしております。

しかし、見えない敵はどこにいるかわからないので、
『恐怖の霧吹き軍団』にも助けを求め、『シュッ シュッ シュッ!』をしています。
もちろん、ノロウィルスによる(その疑いを含む)嘔吐や下痢があった時は、
職員がすぐさま『ノロウィルス処理班』となって、ウィルスが拡散しないように完全防備で戦いに立ち向かいます!
昨日は、職場会議でしたので、もう一度全員でおさらいをしました。感染を防ぎ、ご利用者の方を守るために。
一人一人が完璧に処理できないと、そこから感染は広がっていきますから。


この時期、どうしてもインフルエンザなどが流行してしまいます。
ウィルスが見えたら、的確に狙いうちをするのですが、肉眼で見えない以上は常時防衛するしかありません
『ウィルス防衛軍』
として、職員がご利用者の方を守れるよう、気を引き締めていきます。
『防衛』もですが、自分たちが『持ち込まない』ことも大切です。




こんにちは 健生園デイサービスセンタです。
今日は、リハビリシューズメーカーの『アスティコ』さんが、見本用の靴を持ってきてくださいました。

010

 最近は、色とりどりのリハビリシューズが出ていますね。機能性もバツグンです。
一昔前は、茶色か黒か・・・。選択肢などありませんでした。
今は、花柄だったり、ピンク色だったり履くのが楽しくなるような靴がたくさんあります。

 会社としては、今後もいいものを作るために様々な靴を研究中なのだとか・・・。
 現場で、毎日ご利用者の方に関わっている者としては、機能性が高いもの耐久性があるもの、そして値段が求めやすいもの がいいかなあと思います。毎日使うものですから。その分、機能も十分なものであればよりグッド  

 履きやすくて、どこにでも歩いて行けそうな夢のような靴。あればいいなあ。
 履いただけで元気になれる靴。あればいいなあ。
 かっこいいリハビリシューズ。あればいいなあ、もっとリハビリ頑張れそう。


 この靴たちは、デイサービスセンターで常時展示する予定です。

 




  健生園デイサービスセンターでは、見学等いつでも対応しています。
靴を見てみたい方、楽しい行事を体験してみたい方、『百聞は一見に如かず』です。一度お越しください。
  来月も、楽しい行事を計画中です。    
  
 
 
 
 
 



このページのトップヘ