岡山中央福祉会

岡山中央福祉会は岡山市東区西大寺地域にある社会福祉法人です。 中野けんせいえん、会陽の里他各施設の最新情報をお届けします。

カテゴリ: 友の会

岡山中央福祉会友の会ニュース

『みんなの友の会』10月号。

強化月間、囲碁大会、福祉避難所、etc  今月も多彩な活動をご紹介します。

10月177号1面

10月177号2面


 今日は、あかねブロックの1年間を振り返り、懇親会を行いました。
地域の方や利用者、職員あわせて総勢38名の参加があり、
楽しい時間を過ごしました。
IMG_2581
まずは、一年間の活動報告。キリンビール工場や陶芸体験に行ったり、
「就活」「断舎離」「介護保険」の学習会、班活動や財政活動などの報告がありました。
IMG_2605
今年のお昼は、豆腐の味噌汁もついて、豪華なお弁当を頂きました。
IMG_2609
友の会の会員同士、地域の方も入居者も一緒に、楽しい会話が弾んでいました。
IMG_2602'
お腹がいっぱいになったところで・・・
IMG_2621
ビオラとローランドピアノの楽しい演奏会
IMG_2626
春の童謡のメドレーや、おなじみの歌謡曲、リクエストにもこたえてくださり、
知っている曲はみんなで合唱しました。
IMG_2612
ビオラの深い音色に、ピアノ、オルガンハーモニカの伴奏も素晴らしく
皆さん、感動の拍手を送っていました。楽しいトークも最高でした。
IMG_2635
また、次年度も楽しく活動し、あかねブロックを盛り上げていきたいと思います。
みなさん、ご協力ありがとうございました。今後もよろしくお願いします。

             ご相談・ご見学、その他、お気軽にお問合せください。
                   岡山市東区吉原222 ケアハウスあかね
                   086-944-2197(担当:相談員 宮武)

 養護老人ホーム 岡山市会陽の里です
 岡山中央福祉会友の会 会陽の里ブロックです

DSCN3584
 先日、岡山市消防局の全面協力のもと、会陽の里ブロック学習会として、「地震体験車で防災体験をしよう!!」ということで地域の方と一緒に勉強しました。

DSCN3572

DSCN3578

 消防局からの説明のあと、地震体験車に乗り、地震体験をしました。地震体験車では、体験する方の年齢やお身体の状況によって設定震度を変えることができます。会陽の里の職員3名は、「震度7」を体験しました。
 
 
DSCN3590

 地震体験の後は、消火器の操作実演をしました。

 今回、ブロック学習会に参加して感じたのは、「震度7」は、想像以上の恐怖だったことです。固定されたテーブルをしっかり握っていることしかできません。
 大地震に遭遇したら何が出来るかと考える機会を頂いた、貴重な体験だったと思います。


IMG_0071

 岡山市会陽の里です

 会陽の里では初めてとなる、ブロック懇親会を開催しました
 
 まず、こけないからだ体操でしっかりと身体をうごかした後、今年度の活動の振り返りをしました。

IMG_0066

IMG_0065

IMG_0067

 今回、参加された会員さんからは、「(秋に行った)浦安のガラスコップ作りが思いのほか、楽しかった」、「来年度はたくさん色んなことをしたい」、「(地域の)他の人にも、会陽の里で楽しいことをしていることを教えてあげたい」といった感想がありました。

 ちなみに、ガラスコップはこちらです

IMG_8930

 そしてお昼には、冒頭にも載せている「会陽の里ランチ」を、栄養士によるメニュー紹介の説明ののち、みんなで美味しく戴きました

IMG_0070

 
 当初は、どこかのお店で会食を…と考えていた時期もありましたが、食事の後に会員さんから「外で食べるより落ち着く」、「今日も(参加して)正解じゃった」とのご意見があり、とても良かったと思いました

 来年度も、みんなで楽しい企画をしていければと考えています



 
 

 岡山市会陽の里です

 11月14日(土)に、会陽の里ブロック学習会として起震車を呼ぶことになりました

20151027132958_00001
 興味のある方は、ぜひご参加くださいね
 参加したい方は、会陽の里(☎086-944-2600)までお電話ください

岡山中央福祉会友の会 健生園・あかねブロック主催で
「認知症の基礎知識、予防としてできること」と題して
岡山ひだまりの里病院 院長 藤田文博先生をお招きし学習会を開催しました。
DSCF9557
お忙しい中地域の方も大勢ご参加いただき、利用者、職員合わせて
70名近い方が、先生のお話に熱心に耳を傾けていました。

認知症とは・・・、その症状や病状、治療(進行を遅らせる)法なども
わかりやすく解説していただきました。

早期発見、早期治療・・・そして予防には何より生活習慣を改善が大切
一方で高齢社会になった現代、認知症は誰もがかかる可能性があります。
認知症になっても、温かく見守られ、安心して生きられる、
そんな社会になってほしいものです。
「認知症になっても心は生きている」
先生のこの言葉を忘れないようにしていきたいと思いました。
DSCF9560DSCF9564
会場では相談コーナーちらしずしも予約販売もありました。
今後も友の会で、色々な企画をしたいと思いますので、
ご意見・ご要望など、お気軽にお寄せください。
ありがとうございました。

このページのトップヘ