いちごちゃんの「経営のお薬」ブログ

いちご会計事務所の最新情報をお届けします。セミナー・イベント情報、相談会日程などもお知らせします。

facebookもあります
アクセスカウンター


チェッカーズに登録
ブログリーダーに登録
livedoor Blog(ブログ)
Syndicate this site

事務所の記事が掲載されました。

今日も暑いですね。
今年は、日本だけでなく世界各国で熱波が発生しているようで。
温暖化に伴う異常気象なんでしょうね。

さて先日、ビズアップ総研様の会報「Bizup事務所経営Report」に、当事務所の取材内容が掲載されました。

本業を中心とした、MAS業務を展開し高収益体制をつくっている事務所といて紹介されました。

ビズアップ総研様、ありがとうございました。

IMG_5651IMG_5652

  • 2018年08月04日

会計は世界を変えるか?

皆さん、こんにちは
最近、暑い日が続きますがお元気ですか?

さて、このBlogも久しぶりすぎて、だれか読んでくれるのかもわかりませんが、たまには書いてみますね。

今、帳簿の世界史という文庫本を読んでいます。



帳簿の世界史

なかなか、面白いですね。
複式簿記をうまく使えた国家、企業は繁栄し、それに気が付いていても会計制度を根付かせることができなかった、また根付いたにもかかわらず疎かにした国家や企業は破綻してゆく流れは、いつの時代も変わらないのだなと思いました。

私もお客様に簿記3級くらいの知識はつけたほうがいいですよと、お伝えしています。
会計がわからないでは経営はできない、という事はいつも言われていることです。
世界の歴史も、帳簿をつけてなくては国家、企業を運営できなかったという事を証明しています。


  • 2018年08月02日

私が公認会計士を目指した一つの理由

「会計で世界をよりよくする」

いちご会計事務所は、この「会計で世界をより良くする」を経営理念として、活動しています。


「会計で世界をより良くする」を経営理念とした背景には、私が公認会計士を目指した理由と密接に繋がっています。

そこで、私が公認会計士を目指した理由ついて、今回お話しできればと思っています。

私の実家は、熊本のいきなり団子を製造販売しているお団子屋さんです。
父が30年以上前に、親族経営の会社から独立して建てたお店です。

経営者である父は、朝早くから起きて働いていました。母もまた遅くまで店舗に立って販売をしていました。

そんな父母の働く姿をみて私は育ちました。朝夕の家族の食卓での会話も、店の運営や人の問題、資金繰りといった、商売がらみの話ばかりでした。

小さい頃から、商売の話を聞いていたせいか、会社の経営とは大変なんだなー、と小学生くらいの頃から思っておりました。

商売というのは、儲かって「やったー!」という時もあれば、あるいは損して「がっかり...」という時もあります。
とにかく明日どうなるかわからない時もあるのですから、日々の店舗の黒字・赤字の心配だけでも、気持ちがタフで無ければ、やっていけません。
他にも、人の採用、教育の問題、資金繰りの心配、営業、商品、製造をどうして行くのかという様々問題を解決し、決断していかなければなりません。すべてが自己責任になる社長という仕事は、本当に大変です。

そんな経営者の大変さをみて、少年時代を過ごしました。

大学に進学すると、商売にどっぷりの家で育ったためか、法学科に進学したにも関わらず、経済学科の授業も興味がありました。

そこで、大学に入学すると、経済学科の授業をいくつか受けていました。
その中で、受けていた授業で一番面白かったのが、会計学−特に原価計算と管理会計でした。

大学に入って、始めて会計学という研究分野があり、会計が経営を数値で表し、経営者が、経営するために必要で有益な情報を提供できるものである、ということを知りました。

この会計学を勉強しているときに思い出したのは、私の実家のことでした。
父は経営をするに当たって、それなりに数字を読んでいるのですが、分析は出来ていませんでした。
「もし、管理会計と原価計算を駆使すれば、もっと経営がうまくいくのでは無いか?」と思ったのです。

そして、もう一つ思ったのは、会計専門家である顧問税理士でした。

「なぜ、うちの顧問税理士は数字を扱っているのに、実家の経営に有益な会計情報や分析を提供できないのだろうか?」
「数字の分析をもとに、いろいろと知って相談したり提案できることもあるのでは無いか?」と思ったのでした。

その後、税理士に興味を持ったので、どんな職業なのだろうと調べたとき、「中小企業を支援する専門家」とありました。

このときも実家のことを思い出しました。

「もし自分が税理士になるならば、会計というツールを使って、父のように一人で経営に悩んでいる中小企業を支援する仕事をしたい」

そう思うようになりました。

そして、経営学で「企業のステークホルダー」、「企業の社会的責任」という話を学んだときに、

「会計という分野から経営を支援すれば、ひとつの会社の経営が良くなることで、取引先は売上が増え、社員は給料が上がり、お客さんは優秀な商品を買うことができる。企業を支援すると言うことは、会社を取り巻くすべての人々をプラスなるようできるんだ」

と思い至りました。

これが「会計で世界をより良くする」の経営理念の発端です。

・・・まぁこの後、目指す資格が税理士から公認会計士に変更になるのですが、またそれは後日に書きます。

税理士は、数少ない中小企業に身近な専門家です。そして、その助言や提案は、経営への影響が大きいものです。
そのため私は、「会計事務所一つで会社が変わる」とよく言ってきました。

だからこそ、私は「頼んで良かった」「相談して良かった」と言われる、中小企業を支援する税理士・公認会計士になりたいと思っています。

  • 2018年08月01日

熊本地震に関連して、申告・納税期限の延期の停止

国税庁より、熊本県における申告・納付期限の延長をしていたものを停止し、延期していたものの期限を、下記のlinkの通りにする発表がありました。

申告、納付を延期されていた方は、ご注意ください。

https://www.nta.go.jp/kumamoto/topics/saigai/shinkokusyo.htm

  • 2016年10月19日

事務所の採用を終えて

みなさん、こんにちは(^_^)
所長の足立です。

さて、 会計事務所の業界においては、8月〜9月が就職シーズンです。

いちご会計事務所は、業務拡大による人員増強が必要となり、採用活動を4月から始め、9月末で締め切りました。

会計業界の採用難を聞いていたことから、シーズン前の4月から募集をしていましたが、9月の最終締め切り日までに20名弱の応募が有りました。

このような小規模事務所に、これだけの応募があった事は大変嬉しかったのですが、1-2名しか採用できない事務所ですので、不採用通知を多く出さざる得ませんでした。
今回採用した方以外にも、優秀な方がいましたので、もし採用できるようであれば採用したかったのですが、残念です…

来年1月から、新しい職員が入社してきます。どんな方なのかは、また今度、皆様にご紹介したいと思います。
 
 

  • 2016年10月13日

マイコモンログインはこちら

相談のります

いちごチャンネル

いちごちゃんの経営のお薬ブログ

中小企業の資金調達方法がわかる本

いちご会計事務所も執筆協力を行っています。

初回無料相談実施中!!! 相談可能日程