2012年03月05日

飢餓現場、ハウス全員揃った!&朗報もあります

真夜中降り続けた雨が今も止まない。最近の長雨には閉口する。だけどかなり気は休まっている。何故って土曜日再びメンテ&六本木サポさんが来てくれて、飢餓現場全員分のハウスが出来た!

全員のハウス出来上がり
最初8個、次10個、そして今回(土曜日)15個の計33個。これで全員のハウスが揃った(感激!!)。



最初のボード
だけど全員が納まるとは限らない。それで前回説明したボードを取り付けたら、嬉しい事にゾロゾロと入ってくる!横にフェンスを作るから散っちゃったけど、もっといたから心配しないでね。



2度目ボード
これが反対側から見た設置ボード。正面向こうに前回作ったボードが見える。



あとからのボード
これが前回のボード。南向きなので、中に居れば雨露どころかかなりの陽だまりとなる。下にコンパネも敷いてある。



即席屋根テーブル&コンパネ
こちらは六本木サポさんの送ってくれた細長の事務机4台を向かい合わせて、余ったコンパネ4枚を乗せた即席屋根。私達は中に入れないので、すっかり仲良くなった飼い主を誘導して中央まで運ばせた。



日陰はまだ必要なくとも下にいれば雨に打たれる事はない。土曜は春ちゃんの娘や近所のおばちゃんも行き来するのに手伝ってくれた。今池ワン現地もかなりの土砂降りです。果たして向こうの子達はちゃんと濡れないで居るだろうか。

急展開ですっかり飼い主とも打ち解けた。この話はかなり面白いからまた後で聞いてね。その成果で2匹の子供犬を抱っこした。抱いたからには何が何でも連れて帰りたかったが、やはり野生の野良みたいに大暴れして手を咬まれたから断念。大きくならないうちになんとか慣れて連れ帰りたいけど、でもこれはかなりの明るい兆し。

憎んでばかりいても仕方がない。電気も水道もない。ヘッドランプと電池をあげた。サポさんがお弁当にホカロン提供、他頂いたばかりの長靴、防寒具、バケツ・・・などなど。

現実を見なくてはならないのだ。中に入れない現在ではこれより他に手はない。だけど一様に皆が口を揃えて言う。「ワン子達の表情が変わったよね」・・・私も本当にそう思う。そして驚いた事にシーンと静まり返って吠えなくなった。

サポさんから大量に頂いた平たいチキンジャーキーを段ボールに一箱持って来た。これならどうにかあげられるかもしれない。ポリポリと音がしないので、オヤツの気配に気づかず騒然とはならない。サポさんと離れてワン達を分散させ、こっそりフェンスのすき間からあげてみた。・・・警戒しながらも口に含むワン達。なんとなく寄って来る。あの子もこの子も全員の口に入ると良い。飼い主を中に入れて油断させながら、ほぼ皆の口へ運ぶことが出来た。本当に嬉しかった。

飼い主は「ケンカになる!ケンカになる!」と言ってもフードの与え方に何の策も施さないようだ。大きなタライのような洗面器を20ヶ買って来た。「いーい!?ここにフードを入れて重ねて中央に行き、こうして一気に動き回って配置するんだよ」と外側でやってみせた。

私は池ワンに戻り二往復した。辺りは暗くなってもまだサポさん達手を休めずやってくれている。おっと、写真を撮るのを忘れちゃった、バカだねぇ〜、とギリギリで写したのが上の写真です、暗くてゴメンね。サポさん達、東京に帰らねばならないのに夜8時近く、残って完成させてくれた。

口頭でちあきちゃんにブログを途切れ途切れに伝え始めてから既に3時間経過している。土砂降りがなおも続く。やっぱりちょっと心配になってきた。まだまだ解決じゃない。皆さんも一緒に頑張って見ていてね。本当にご協力ありがとう。

≪朗報≫

その1

1匹しか救えてないけど、あの子の里親さんが決まったのだ。
仔犬2
こういう子の運命とは何なのだろう。残されているワン達の顔が浮かんで仕方がない。



お気に入りのクッションでひと眠り
それにしても幸せになるっきゃないよね!室内飼い、大きな庭付きの優しいご家族だそうで、この写真はまだサポさん宅ですがすでにお届けも済んでいます。にゃんこサポさん達又してもご協力ありがとうございました。


【2012年2月13日の日記】



その2
覚えてますか?1月の下旬辺りコンビニへ繋がれっぱなしのワンが逃げたと助けを求めて来た。何の情報も得られず、正直言って諦めかけるというより諦めていたのに、そのワンが見つかった!!農家で保護されていたらしい。この子も強運かもしれない。だって自分でアピールしてこれからはお散歩付きの暮らしが待っている。めでたしめでたし。(飼い主の家はお金持ちなのだ。まったくねぇ〜、お説教しときました)

【2012年1月22日の日記】

【2012年1月23日の日記】


その3
覚えてますか?去年の夏、仲良しコンビニのスタッフさんがクモ膜下出血で倒れ、一命を取り留めたものの、小学生程度の数字合わせが出来ずリハビリ中で、社会復帰は無理と言われていた。それが昨日ひょんなところでコンビニのオーナーとご本人と他のスタッフがいるところに出会いました。コンビニ復帰するらしい。とても信じられない。もう手に手を取って喜んだ。「今丁度池田さんの話をしてたんですよ〜」「またまたぁ〜、調子が良いのも復帰したね」と言ったら、どうやら近くに越してくるらしい。人生は全て順風満帆とは行かなくて当然、この人もまた稀な強運かもね。オーナーの人を思いやる気持ちが大きなポイントになったのです。

【2011年7月17日の日記】

以上でした。

最後に何ですが・・・、やはり何だかんだと物入りです。クリちゃんはまだ入院中。基金の方と飢餓現場の物資調達本当によろしくお願い致します。

それではまたね。


池ワンはにほんブログ村に参加しています
↓↓どうか『ぽちっ』と応援お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ


Ikewan Yasuko(クリックでメールが送れます)