2012年12月20日

書くのが辛かったこと。飢餓現場のその後

ここひと月の間に色々ありました。飢餓現場の飼い主みち子さん、又子犬が産まれている事を言い出したのは、いつだったか、私が耳にしていたのとは違う情報でした。乳呑児は一組ではなくてさらに増えているそうです。・・これが最も恐れていたことなのに、当たり前のやり切れない話。

フードも無く困り果てたのか人に罵声を浴びせたことなど無かったかの如く再び来始めた彼女、子犬を手放すという事は前回学んだようで私に託すことを理解したが、そうなると今度は子犬が産まれれば池田さんに押し付ければ良いと云う方向へ変わったようなので、一歩進み母犬も連れてこなくては、これ以上引き受けられないと伝えました。別の問題として、子犬は継続的な近親交配による最悪の事態、何某かの疾患をもって生まれてくる可能性大なので無責任に里親さんは探せない。子犬の突然死だけでも三匹経験し、癲癇は前回目の当たりにしました。今も里親さんが御苦労なさっている。

里親さんが探せないとなったらその子犬たちはどうなる、全員飼育するの?その後の事は?

彼女は母犬を連れてくることを強く拒みます。どう話しても聞こうとはしないので、このままでは終わりなく悲劇が続くこと、私の口からではなくて傍にいた人に説い正してもらった。以前、ワンの遺骸や白骨が散らばっていたと・・「可愛がる事を勘違いしないように、可愛がってると言うけれど、死んだ子を見てどう思うの?どうして埋めてあげなかったの?可愛いって感じても可哀想とは感じないの?それじゃあ、苛めているのと同じでしょ?」・・辛抱して接し、どう解いてもその中で非をつくと、徐々に彼女は狂っていくのです。混乱して絶叫して・・。やがて、又来なくなります。

そして傍らで、いつもの団体さんと相談しました。数日後、私達の連携だとは判らないよう、指導センターの職員二名が出向いてくれました。そのうちフードが足りなくて再び私の所へやってくるのは必至です、それまでに対策を。

二日後に彼女がいつもと変わらぬ態で池ワンへ来ました。「池田さんのさしずでセンターの人が来ました。」「私は指図などしていないわよ」「とってもニコニコして、子犬が産まれたことを喜んでくれて、どこへもやらなくていいし、もう、働かなくてもいいから池田さんの所へ行ってわん子達のご飯だけもらって来なさいと言われましたよ、だからもう働かないから、ご飯だけちょうだい!!今日は犬たちのご飯もって帰りますから早くして」と言いました。私は子犬が大きくなってしまうことに苛立ちもしながら、センターが笑って池田さんにご飯だけもらいに行けと話すはずはないし、母犬を連れてこなくては助けられないことを頑として言いました。

彼女は到頭切れ始め、訳の分からないことを口走り「池田さん知ってるぞ、ここじゃ、犬を殺してゴミ箱に捨てているって、知ってるんだ知ってるんだ、ゴミ屋も見た、国連が空から見ている、私は秘密警察を知ってるんだぞ」と始まった。「それじゃ今すぐ警察に電話してみましょう、貴方の事もあるしね」と言うと気まずそうに話を逸らします。


あとで判ったことですが、センターは私の名前を一切出さなかったそうで、彼女の方から池田と言い始めた・・・、なんとセンターには「池田さんの所は犬達がミイラになって白骨が散らばっている」と言い、「だから、あそこに犬はやらない」と言ったそうです。もちろん、センターもその話を信じはしませんけど、私が感心したと言うと語弊がありますが、彼女の脳裏では自分の所の「虐待・白骨・遺骸を散らばせている」と云うキーワードがちゃんとインプットされ、先制攻撃のようにその言葉を他に当てはめて自分に矛先が来ぬよう、自衛の知恵としてと口走る事。

まともな人間だったらこのような支離滅裂なことは言わないでしょうが、意地の悪い人間とか、喧嘩とか、憎んで相手のイメージを下げようとか何かの戦いで卑怯な者だったらこういうやり方は考え得る、日常的に起こる人の心理と比較すれば、彼女が狂っていると判っても親切にかまってくれる人はそうそういないのである。普通でない彼女もこうして受け答えできる以上、やたらに強要はできないとセンターの判断?それではあの中にいるワン達はどうなるの、無責任でしょうと言いたいけど、結局センターは何かの方法があれば協力しますとの返事で現場はそのまま。


今回の出来事を書くにはとってもエネルギーがいるようでなかなか書けませんでした。私は事態を告げ口的に「ね?ひどいでしょう」と皆さんの同意を集めることが目的に書いているのではないです。人の不思議を訴えたい、脳から湧き出る知恵がどうしてマイナスの方向へと働いてしまうのか、解決でない方向へと向いてしまうのか、たとえ彼女が狂っているにしても、何故素直な方向でないのか、何故僅かな岐路で間違った方へと行ってしまうのか。小さな事かもしれない、世界中が新しい年に向けて大忙しでそれどころでないかもしれない。でも、こんな小さな出来事の中に、大きな不幸が存在している。生ける者全ての幸せなどは人類のすべてが善として存在しない限りあり得ないのだと云う根源を見出してしまう切ない事実です。

やっている事がどこかの北の国とうり二つ・・・、

ミサイルや拉致問題・・、国を挙げて偽札を作ったり武器や麻薬を売る、・・先頭に立ちはだかっている僅かな人間によって、その向こうには自由を奪われ、大勢の飢餓に瀕している人間がいても助けようにも誰も手も足も出ない、無意味に敵を作り、人を下に置き、差別的先導を取っている傲慢さが当然のような人種。・・・飢餓現場の震えるワン達を思うと、その前に立ちはだかっている無意味な彼女も同じに見える。

飢餓現場のみち子さんとは多少違いますが、「犬を犬畜生」呼ばわりして「生きているだけでも幸せだと思え」と平然と言い放ち、繋ぎっぱなしで散歩はおろか、食事も残飯以外はろくに与えない人間。・・・まだまだいるのです。私はそうまでして何故この人は生きていたがるのだろうと内心思ってしまいますが当然通じません。

みち子さんの事では誰か解決してくれる人はいないものか、と心から願いますが、いません。このまま放っておくと、あっという間に近親交配によっての子達が鼠算式に数百匹になるでしょう、今までそうならなかったのは、中で殺戮が行われ弱い者、小さき者が殺され殺し合いとなり増えないからです。ともすると、ジキルとハイドのように病的に狂暴となり、突然人に襲い掛かり、殺意をもって噛み付くという症状が出る子も発生しましす。

当てのない子犬を引き取れば池田さんが破滅するという人もいれば、全滅しか方法はないとも言うし、彼女をきちっと病院で診てもらわなくては解決にはならない、と仰る方もいます、では、誰が?誰が病院へ連れて行くのですか?彼女には今述べたような、何の得にもならないような知恵があるのです、そう簡単に保護したり捕まえたりはできない、彼女の治療はある一面解決するかもしれない、だけどそしたら一日たりともワン達は誰が世話をするの?それとも私にその全てをやれと言うのですか?私の状況を知っていて言ってるの?今までのようなやり方ではなくて、もっと適切な方法?・・それは何ですか?そう思うのならばあら探しや文句ばかり言ってないでその人がやるべきです。・・・と、私達の内輪もめになっていくのですか?ね?・・・こうなったら切ないでしょう?泣けてくるでしょう?。

皆さんがあんなに沢山ハウスを送ってくれて、現場でも日よけやフェンスを作ってくれ、親身になってくれて…、それなのにあと一歩及ばない。その一歩をセンターが真剣になりさえすれば解決策はあるのに、本当に痛むことのない心を持っている人が羨ましい。・・・ここまでやったのに、諦めて放っておくことしか方法はないのか。全員の避妊手術を請け負って下さると言う人もいます。

隣の畑を借りて、もう一つ囲いを作り・・男女の区別をつける、・・これだけの事なのです。これで大きな解決の方向へと進みます。どなたか助けてください。私が自由に出来る時間があとほんの少しあれば、出来ます。どなたか助けてください。センターの職員の方達も協力してくれると言ってますが話をする時間もないのです。

ずっと考え込んでいます、やっぱり書かないで皆さんの耳に入れず、何もなかったかのようにした方が良いのかなって。池ワンは歳末募金をお願いして、この三日で銀行と郵貯でそれぞれお一人ずつのご支援。有り難いですがこれではやっていけません、目の前に壊れる自分たちの問題があると云うのに・・・、みなゴッチャになって何とも言い様がありません。この世界は本当につらいです。


【2012年2月16日の日記】

【2012年2月15日の日記】

【2012年2月8日の日記】

【2012年2月12日の日記】

【2012年2月27日の日記】

【2012年3月5日の日記】


≪お知らせです≫
元気になったミジ
ミジは元気になりました。セイちゃんもリリィも写真は撮れなかったけど元気ですよ。ありがとう。




 告 知 ★

歳末募金よろしくお願い致します。


池ワンはにほんブログ村に参加しています
↓↓どうか『ぽちっ』と応援お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

【三四郎がお出迎えします】(三四郎ブログだよ)
↑こちらのHPもご覧になったら『ぽちっ』お願いしますね


※ブログ村のブログ記事反映について
最近、ブログを更新しても、ブログ村のページでの「注目記事」や「ブログ記事」への反映が成されていない事や、かなり時間を空けてから反映される事が多々あります。ですので一度通常池ワンHPをご覧になってからブログ村のクリックして頂けますと幸いです。仮にブログ村から入られて「注目記事」や「ブログ記事」が新着されていなくてもHPは更新されてる場合があるので、覗いてみて下さいね 



Ikewan Yasuko(クリックでメールが送れます)