2010-12-18
見回り中のブログで気になってつぶやいたら、む様からもオススメがあったので、お取り寄せしてみました。
福井名物「えがわの水ようかん」。
一般的に水羊かんは夏のイメージだけど、福井県では冬の食べ物。
福井の冬はこたつに入って水ようかんを食べる”ものなのだそう。
黒糖の優しい甘さと寒天の食感がいい感じ~。シンプルで、後を引く美味しさでした。

2010-12-29


こちらも北陸の冬の味覚「かぶら寿し」。
塩漬けにしたカブに塩漬けにしたブリの薄切りを挟み込み、細く切った人参や昆布などとともに、米麹(糀)で漬け込んで醗酵させたもの。

北陸出身な親の影響で、この季節の食べ物と刷り込まれています。子供の頃は麹が苦手で洗って食べるぐらいだったけど、お酒を嗜むようになってからは、この麹がたまらない~。日本酒に合うんだな。


2010-12-29-2


番外編。
季節ものではないけど、今回はじめて食べた「長まし」。
お饅頭を薄くのしたような物。お祭りや娘の嫁入り先里に届けたお菓子だそう。「えがら饅頭」と同じ系統のあっさりこし餡。