こんばんは。

業界人です。

最近、ブログのアクセスが伸びてきて嬉しいです。

皆様有り難うございます。

今回は悪徳中古車屋です。

よく昔は

「メーター巻き戻し」や「ニコイチ(二台の事故車を合わせて一台にする)」「冠水車」などを売りつける車屋ありましたよね~

最近はどうなんでしょう?

実際問題、かなり激減しています。

やはり悪いことしていると淘汰されるんですよね。

でも、次から次へと湧いてきます(笑)

だいたいそういうお店はカーセンサー やGOOでは取引拒否されるのでヤフオクで販売していますよね。


「メーター巻き戻し」
は特にヤフオクで多いです。
巻き戻しの手口としては、デジタルメーターでもROMの書き換えなどで容易にできます。
これは、カーセンサー認定車やGOO鑑定車、オートオークションから仕入れた車であれば走行管理システムでチェックしていますのでかなりの確立で防げます。

「ニコイチ」
はめっきり見なくなりました。
実際、手間とコストを考えると作るほうもメリットがあまり無いんですよね。
年に1台見かけるかどうかです。
最近、僕が見かけたのは200系ハイエースですかね。
多分、国内で販売できないので輸出されます。
国内で販売しようとすると、だいたいオートーオークション場やカーセンサー認定等でバレるんです。
バレるとその業者はペナルティを受けるのでリスクを負ってまで無理に販売しません。

「冠水車」
はたま~に見かけます。
但し、冠水車の定義が曖昧なんです。
オートオークション会場によっては「車内に浸水したら冠水車」というところもあれば「シート上まで浸水したら冠水車」等、基準が明確ではありません。
見分ける方法は
臭い→カビ臭いです
錆→シートの裏側をよく見ましょう。錆びている場合はそこまで水が来た証拠です
記録簿や説明書→通常、グローブBOXにしまってありますが、浸水したら水でふやけてます。又は捨てられてます

等です。

でも、こういった車を隠してまで売ろうという車屋さんはホント減りました。
むしろ、車屋さんも業販等で仕入れて気付かずに販売してしまった
というのはあるかと思います。

そういった車を掴まないためにも

認定中古車・鑑定車  の記事にあるように
品質評価のある車を選び


の記事にあるように
契約の際には「修復歴やメーター交換等が発覚した際は返金します」って契約書に一筆を貰い

の記事にあるように
納車後に日本査定協会(JAAI)http://www.jaai.or.jp/でチェックして予防をしましょう。






これから車を買う予定の人はブックマークをお願いします。
また、知人や友人で車を買う予定の人がいればシェアをお願いします。
車を買う流れを順番に書いていこうと思いますので 古い記事から 順に読むことをオススメします。

ブログランキング参加中です。クリックして頂けるとかなり嬉しいです!クリックするだけですので是非ご協力をお願いします。

自動車 ブログランキングへ

にほんブログ村


中古車掲載台数NO.1 検索もメール問い合わせも完全無料。
個人情報も安心。押し売りも無し。見るだけ問い合わせるだけならタダなのでオススメです。


購入時期が未定でもまずは無料見積もりや問い合わせをして中古車が乗り出しでだいたいいくらいになるのか調べておきましょう。