2012年10月13日

13たぬき最近、畑や石崖の根元などアチコチに小動物が掘った穴がある。また畑を耕すと翌朝には必ず沢山の足跡があり、所々に糞もある。檻を仕掛けて置いたところ、昨朝(12日)タヌキが入っていた。夏にキュウリを食べたのもこれだろう。
近づいても平然とこちらを見ており、アナグマやイタチと違っておとなしい。
以前、捕らえたタヌキ、アナグマ、イタチなど小動物を、山奥へ連れって行って逃がすとブログに書いたことがある。それを見た農業塾OB会の仲間の一人から云われた。「山奥といっても必ず近くの民家でワルサをするから、ちゃんと狩猟許可を取って処分しなければだめだ。」
彼は銃も持っておられる。
小動物の引越屋では、他人に迷惑をかれることになるという事。
依然として無許可での捕獲、誰か処分してくれる人いませんか?
小さな川を挟んだ向うの側の藪は、イノシシが耕したのでは無いかと思うほど、掘り返している。この近郊でも鹿、サル、クマの被害もよく耳にする。


これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



chuunouchuunou at 06:40│コメント(2)トラックバック(0)鳥獣対策 │

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 島爺   2012年10月13日 09:20
先日,真っ昼間にタヌキかアナグマが出現。島の庭。
写真を撮ってやろうと出かけたら,逃げ足の速いこと。
床下に潜りこんだ。早速に蓋をして少し脅してやれと,
床をどんどん踏み荒らしながら走り回った。
音沙汰が無いから覗いてみると,別の側に穴があった。
根太が緩んだために,修理すべく私の空けた穴だった。
あいつらの隠れ家を作ってやったようなものでした。
おそまつ。外が落ち着いたら修理にかかりましょう。
2. Posted by 中農   2012年10月14日 05:57
奴らは床下が好きな様ですよ。
我が家でも数年前床下に住み着かれた事があり、通気口に金網を張りました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字