店頭で売れ残った「赤福餅(もち)」の再利用が新たに発覚した老舗和菓子店、赤福、、
 「赤福餅」好きだったのに。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン しかも後からも出てくる悪質な行為(T_T)
 もうここまで悪辣な行為が判明しては、責任者である社長は責任を取って辞めるべきですね
(ノ`Д´)ノ

それにしても、、まき直しって??老舗和菓子店、赤福、、って、日本の菓子メーカーって??

 食べ物の恨みって恐ろしいのだぞーゴ━━━(#゚Д゚)=○)`Д)、;'.・━━━ルァ!!


以下は参考にした記事と★の後に自分の意見です
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
[赤福]立ち入り時、虚偽説明 「返品まき直しない」
2007年10月19日16時44分トラックバック(5)
 老舗和菓子メーカー「赤福」(三重県伊勢市)の商品偽装問題で、三重県や農水省が9月に実施した立ち入り調査の際、同社が名古屋工場(名古屋市)について「冷凍工程自体がない」と虚偽の説明をしていたことが19日、分かった。同社は製品を冷解凍して再包装する「まき直し」を広く行っていたが、食品衛生法違反に問われる返品商品については否定。しかし名古屋工場では、店に出す前の商品と返品商品の区別なく日常的にまき直しを行っていたため、発覚を恐れ、まき直し自体を否定したとみられる。【田中功一、飯田和樹】
★なにー、するってーと、オイラは消費期限の切れた冷凍餅を「おいしい」って言って食べていたのか?
ゴ━━━(#゚Д゚)=○)`Д)、;'.・━━━ルァ!!


 県と農水省の立ち入り調査は9月中下旬に2回ずつ実施された。赤福は本社と大阪の両工場での「まき直し」は認めたものの、売れ残りや返品商品は「すべて焼却処分し、まき直しは絶対にしていない」と説明。
★おい、絶対と言っているぞ
(ノ`Д´)ノ


名古屋工場については「冷凍庫はあるが、使用していない」としてまき直し自体を否定した。これを受け、同県は食品衛生法上は問題ないと判断していた。


 店頭に出す前の商品をまき直す行為については、農水省がJAS(日本農林規格)法違反に当たるとして改善指示を出す一方、三重県は「(店頭に出すまでは)企業の管理下にあるので食品衛生法違反とは言えない」としてきた。しかし、関係者によると、名古屋工場では店に出す前の商品と返品商品を分けずに、まき直しを続けていたという。


 同社は18日深夜の記者会見で、返品商品についても名古屋工場でまき直しを行っていたことを認めた。調査に当たった県薬務食品室は「赤福の説明すべてが信じられなくなった。あらゆる観点から徹底的に再調査したい」としている。
★ですね。(`・д・´)


 ◇無期限営業禁止に…三重県


 三重県は19日朝、赤福の浜田典保社長を伊勢保健所に呼び、食品衛生法に基づく無期限の営業禁止処分を通告。同県と農林水産省、名古屋市などは本社、名古屋、大阪の各工場への立ち入り調査も始めた。返品された赤福餅のうち、あんの部分(むきあん)を赤福から購入していたグループ会社の「和菓子の万寿や」にも同日、調査に入った。
★正に滅茶苦茶ですね(`・д・´)




毎日新聞 / 提供元
http://news.livedoor.com/article/detail/3351507/
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


更に
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
赤福、不正を認識? 不二家問題発覚直後に偽装を中止
10:07

 店頭で売れ残った「赤福餅(もち)」の再利用が新たに発覚した老舗和菓子店、赤福(三重県伊勢市)が冷解凍による製造日偽装や売れ残りの再利用の大半を、今年1月下旬に中止していたと農水省に報告していることが19日、分かった。大手菓子メーカー、不二家の期限切れ原料使用が明らかになった直後で、同社は会見で関係を否定しているが、自社の不正を十分に認識していたとみられる。
★ですね。(`・д・´)


 三重県伊勢保健所は19日午前、赤福に対し、無期限の営業禁止処分を通達した。農水省も同日、本社工場と名古屋工場(名古屋市中川区)、大阪工場(大阪市淀川区)の3カ所に、各保健所と合同で、JAS(日本農林規格)法と食品衛生法に基づく立ち入り検査に入る。

 農水省によると、同社は当初、製造後に出荷ヤードにある商品を冷凍▽配送車で出荷した後に余った商品を持ち帰り冷凍していたことを認めていたが、18日夜に提出した文書で、店頭に売れ残った商品を回収して再出荷のため冷凍したり、餅を分離した餡(あん)を再利用していたことなども認めた。
★なにー(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?


 農水省の質問に対し、同社が回答した書類によると、店頭売れ残りや配送車内の商品の冷凍は1月26日、餡の再利用は1月13日をそれぞれ最後に中止したと釈明。その後、冷解凍による再出荷は出荷ヤード内の商品だけにとどめていたという。

 赤福の浜田典保社長は18日夜の会見で、1月上旬から報道が相次いだ不二家問題と自社の偽装・再利用中止との関係について否定したが、餡の再利用の中止は不二家問題発覚の数日後で、同社が不正を認識していた可能性をうかがわせている。
★浜田典保社長、、ここまで判明しては保身を図るよりも、潔く、自らの非を認めて、辞任してください。最低限、辞任をしないと事態の収拾は図れないでしょう(ノ`Д´)ノ


 また、同社が売れ残りを再利用した餡を卸していた「和菓子の万寿や」は、浜田社長の弟が社長を務めており、グループ全体の責任に発展するのは避けられない状況になっている。
★構図が何処かと似てるねー、


イザより
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/92198/
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


そして虚しい謝罪会見、、
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
顔ゆがませ「申し訳ない」 営業禁止命令で赤福社長
10:58

 老舗和菓子メーカー赤福による新たな表示偽装の発覚から一夜が明けた19日、三重県からの営業禁止命令を受け、同社の浜田典保社長は「申し訳ありません」と、顔をゆがませた。観光客からは「あまりにずさん」とあらためて憤りの声があがった。
★まあ、でも雲隠れするよりもは数段上ですがね、、(T_T)


 浜田社長は午前8時半ごろ三重県伊勢市の伊勢保健所に到着。「営業禁止とします」。会議室で田畑好基保健所長が命令書を読み上げる間も、浜田社長ら幹部3人は腰を深く折り曲げ頭を下げたまま命令に聞き入った。

 命令書の交付後、報道陣に囲まれた浜田社長は「(県の)指導に従っていきたい」と述べ、足早に立ち去った。

 赤福本店のある伊勢神宮の門前町は、平日の午前中ということもあり、人影もまばら。千葉県柏市から来た小田昇さん(65)は「大手だから、老舗だからといって全くあてにならない」とあきれ顔。「当分は伊勢でしか売らないということにして、出直しては」と苦言を呈した。
★しかし、この状況で出直しが可能なのか?
 少なくとも、赤福餅などによる健康被害者が無かったことを厳密に確認し、責任者の厳正な処分をしてからの出直しが必要であろう、、
 が、それでも消費者が許してくれるか??
 全ては、関係者の処分を含めたスピードであろう、、

 それにしても、赤福は伊勢神社の関連商品では??、、結局、宗教がカラムと全ての人間の心は劣化するのか、、金、金、金、、そして宗教、信教、詐欺、、
 それでも天罰はくだらないのネ、、
(´;ω;`)
 

 ちなみに、小生個人としては真の赤福餅の復活?を望んでいる
( -д-)ノ



イザより
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/92211/
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─



ランキング

皆様、チョクのブログ  ブログランキングへのご協力お願い致します。