2011年07月12日

ヤンギッシュ

なんとはなしに英和辞典を眺めていたら、なかなか味わい深い単語を見つけた。
それは“youngish”。
意味は「どちらかというと若い;中年には間がある」。
ほかの辞書では「(服装・行動などにおいて)やや若い;まだ中年にならない」との表記も。
これは…揶揄するようなニュアンスが含まれているんだろうか。
どういうふうに使うんだろうか。
わたしyoungishだろうか。

ci_ca_co at 23:07|PermalinkComments(4)TrackBack(0)できごと 

2011年07月10日

夜の街の昼下がり

北新地で見かけた看板。
北新地1
端的すぎる店名。ちょっと哀愁っぽい。ドナドナっぽいからか。

北新地2
どこの怪人だ。これで、会員は集まってるんだろうか。

日曜日、15時過ぎ。
堂島から梅田への移動のために通り抜けた北新地は、まったく、完全に、人気がなかった。



ci_ca_co at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)できごと 

2011年07月03日

過剰なあいさつ

若い女性ターゲットのカジュアルな服屋に行くと、ほぼ100%、スタッフが声を張り上げている。
「いらっしゃいませぇ〜〜、どうぞご覧くださぁ〜ぃ」
ひとりが言い終えると、すかさず他の人が同じフレーズを繰り返す。そんでエンドレス。
あれはマニュアル?2人が同時に言い始めるのを聞いたことがないが、順番が決まっているのか?
あれを聞かされるたび、心で「言われなくても拝見してます」とつぶやいてしまう、いやなオバハンのわたしだ。
だって、うるさいんだもの。

いつの間にか始まっていた夏のセール、どこの店でも、普段以上に叫んでいるショップスタッフの方々だった。

ci_ca_co at 23:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0)つっこみ 

2011年06月25日

販促物…

友人に誘われ、クラランスのフランス人エステティシャンのトークショーへ。
クラランスの顧客向けの招待イベントで、来場者全員に手みやげが用意されていた(顧客じゃないわたしにも)。
内容は、製品の試供品、携帯ミラー、エステの割引券、会場となったホテルの焼き菓子、そしてこれ。
クラランス飴
クラランスの名入りキャンディー。
…なぜ、金太郎あめ…。
フレンチのはずが一気に和風だ。ウケ狙いなのか?

ci_ca_co at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)できごと 

2011年06月24日

『告白』

告白重い。しんどい。救いがなさすぎ。登場人物全員が自分勝手で、自分勝手に振る舞っている。予想外にスプラッターだし。観終わってため息が出た。疲れた。
でも、おもしろかった。なんていうか…ハデな映画。
ツッコミどころも多々あるけれど、映画全体の勢いのほうが勝っている。やり過ぎとも思えるパワーでゴリ押しされた感。
元気があるときに観ないと、負けてしまいそうだ。

ci_ca_co at 23:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0)いろいろ鑑賞 

2011年06月10日

ローカル!

今さらながら、有川浩『阪急電車』を読んだ。
今津線の1往復で(往路と復路に時間差はあるが)、登場人物がちょっとずつ絡んでいく展開は、なかなかうまいなぁと思った。
ストーリー自体は、何か大事件が起こるでもなく地味なんだけど、そりゃ阪急今津線なのだから地味で当然とも言える。
ほのぼの小説で、悪くなかった。

しかし、よくこんなピンポイントな“ご当地小説”がヒットしたことよ…。

ci_ca_co at 23:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)いろいろ鑑賞 

2011年06月01日

だぶち

マクドナルドでのオーダーで、ギャルが「ダブチのセットで〜…」とか言ってた。
ダブチ。
ダブルチーズバーガーのことをそう略すのは、一般的なのか、単にそのギャル独自の語彙なのか。
レジのスタッフがふつうに受けていたのを考えると、ある程度は使われている言葉なのだろう…たぶん。

知らないことは いくらでもあるなぁ。

というか、世代の違い?


ci_ca_co at 13:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)できごと 

2011年05月29日

校正は…?

tea
記事本文、こんなに短い文章の文頭に堂々の誤字。
ノーチェックにも程がある。
茶teaライブ。

河村隆一の丸さには、また別の驚き。

ci_ca_co at 22:19|PermalinkComments(2)TrackBack(0)つっこみ 

2011年05月23日

チラ見で判断してはならない

平日昼はだいたいの客がサービスランチをオーダーするようなファミレスにて、私の隣に先に座っていた若い女性ひとり客。
単品サラダとスープだけを楚々と食べ、お皿の横には何やら薬が3錠ほど置かれているのを見て、「ああ、からだ弱い、食の細いひとなのかなぁ」なんて勝手に納得していたら。
しばらく後に、鉄板に乗ってジュージューいってる肉っぽいものとライスが がっつりやって来た。
豪華なランチだった。
なんだ。元気だ。私の思い込みが過ぎただけだ。

しかしまぁ、薬の小道具効果はなかなかのものだと思う。

ci_ca_co at 14:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0)できごと 

2011年05月15日

“〜”の軽さよ

尼崎
「音引き」が「波ダーシ」になるだけで、警察からの注意もへなちょこな感じになる。
スケ〜トボ〜ド♪

ci_ca_co at 23:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)つっこみ 

2011年05月14日

伊勢の名物

JR大阪三越伊勢丹に赤福のイートインスペースがあり、あこがれの「赤福氷」が食べられると知り、どうでもよいと思っていた伊勢丹に急に興味が出てきた。
行かなければ。

ci_ca_co at 22:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)できごと 

2011年05月05日

GWシメの浮世絵

歌川国芳展大阪市立美術館で『没後150年 歌川国芳展』を鑑賞。
決して大きくはない画面に、みっしり細かい描写。武者やら役者やらネコやら。見ごたえがあった。おもしろかった。会期の前・後半で相当数の作品が入れ替えになるようなので、後期も見に行こうかと考え中。
しかし、展示数が多くて疲れた…。

美術館からの帰り、JR大阪駅で降りたので「せっかくだから覗いて行こうか」と思い、昨日オープンした「大阪ステーションシティ」へ。
でも、本当にチラ見程度に覗いただけ。ウロウロすることなく、すぐに出て来てしまった。伊勢丹には入ってもいない。
当然だけど混んでいて(昨日よりはマシだったのかもしれないけど)、ちょっと…がんばれなかった。
再来月くらいに改めて伺います。

ci_ca_co at 21:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)いろいろ鑑賞 

2011年05月03日

狂言初体験

ゑんま堂狂言

京都・千本ゑんま堂 引接寺で『千本ゑんま堂大念佛狂言』を鑑賞。
これは京都三大念仏狂言のひとつで、登録無形民俗文化財に指定されている…とのこと。よくわからんけど、何やら歴史と伝統のあるものらしい。
狂言についてほとんど無知で、観て理解できるんだろうかと少し心配だったけど、全然問題なかった。
演目はどれも単純でわかりやすく、気楽に楽しめるものだった。
演者が本業を別に持つアマチュアの人々なので、より分かりやすい構成だったのだろうか。
来年もまた観てみたい。
そして、一度プロの舞台も観てみたい。
和泉元彌じゃなくてよい。

ci_ca_co at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)いろいろ鑑賞 

2011年04月30日

予測できない子どもの動き

2日間、7ヶ月児&3歳児&5歳児のいる家庭に滞在した。
7ヶ月児はおとなしいものだけど、上の2人の元気ハツラツっぷりといったら。もう。
幸いお子たちには存分になつかれて、心身ともに ふだん動かしていない神経と筋肉を使った感じ。
子どもがいる家におじゃまするたび、親業をこなしている人達はすごいなーと感心する。
まあ、慣れの問題のような気もするが。

そして今回、女児に『ジュエルペット』とかいうキャラクターが人気だということを知った。
プリキュアばっかじゃないのね…へー。

ci_ca_co at 22:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)できごと 

2011年04月24日

ザ・伝統芸能

京都四條 南座で『第十九回 南座 歌舞伎鑑賞教室』を鑑賞。
歌舞伎鑑賞はほとんど初めてのわたし、この催しはタイトル通り初心者向けで、ちょうど良かったと思う。
落語家・桂九雀氏の解説等40分+短めの歌舞伎上演(釣女[つりおんな])40分。
これを観たことで、通常の歌舞伎を鑑賞することに興味を持ったけど、でも、チケット代以上に上演時間に腰がひける。
2回の休憩をはさんで4〜5時間だと。
長い…。
長くないのか?

ci_ca_co at 23:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)いろいろ鑑賞 

2011年04月21日

お菓子に盛り上がり過ぎ

アーモンドポッキー
わたしが“ポッキー類の中でナンバー1”と考えるグリコのアーモンドポッキーが昭和の復刻デザインで売られているのを見つけ、大喜びで購入したのが2週間ほど前のこと。
その後もう一度買い、さらにもっかい(しつこい)と思ってお店をまわってみたが、どこも売り切れだった。
同時発売のノーマルポッキー復刻版はたくさん残っているというのに。
ああ……アーモンドポッキーは人気者だなあ。うまいもの。

アーモンドポッキーとカプリコのヨーグルト味は復活させたほうが良い。うまいから。
「レギュラー商品だったらそんなに買わないだろ」という図星なツッコミは不要です。

ci_ca_co at 23:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)できごと 

2011年04月17日

今期最後の花見

造幣局

なんとなく、大阪・造幣局の『桜の通り抜け』へ。
混雑は予想していたけど、想像を上回るすごい人出で、桜の印象がいまいち薄い。
でもまあ、先週の京都花見で「桜はおなかいっぱい」とか思っていたけど、桜もソメイヨシノでなければ、印象が違って また良し。

造幣局横の大川沿いには多くの出店が並んでいて、その中に
「おたますくい」
という店があり、のぞいてみたら、それは おたまじゃくしすくいだった。
金魚すくいと同じような水槽に、ちっこいおたまじゃくしが、それはもうウヨウヨと。
あの様子は“キモイ”と言っても過言ではなかった。
そして不思議と人気があった。
1回300円。高いのか安いのか。
みんなカエルを飼うつもりなのか。

ci_ca_co at 22:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)できごと 

2011年04月10日

観桜デー

京都・山科の毘沙門堂と醍醐寺で花見。
どちらも初めて訪れたけど、なかなか良い雰囲気だった。
特に毘沙門堂は、狭すぎず・広すぎず、のんびりするのにちょうど良い感じ。また秋にも行ってみたい。

たぶん今年最後の“花見日和な週末”だった今日、それはもう どっさり桜を満喫しきった。
今年はもう結構です。
毘沙門堂山科醍醐寺1醍醐寺2醍醐寺ゆず

ci_ca_co at 21:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0)できごと 

2011年04月09日

間違ってはいない

デパートのフィットネスウェア売り場を見て、おばちゃんが、
「体操服 売ってるわ」
と言っていた。
たいそうふく……久しぶりに耳にしたことば。

ci_ca_co at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)できごと 

2011年04月02日

ラッキーかしら

京都をうろうろしている時に、四ツ葉のヤサカタクシーを発見した。
一度見かけたことはあったけど、自分で見つけたのは初めてだ。
いいことあるかしら。
なんてな。

ci_ca_co at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)おどろき 

今年の京都

春の陽気に誘われてか、京都は人がいっぱいだった。
遠方からのツアー団体やら、花見客やら、きもの女子やら。
でも、外国人観光客は目に見えて少なかった。
それはもう激減と言えるくらいに。
まあ「やっぱり“フクシマ”だよなぁ…」って感じで納得できるけど。

数少ない外国人観光客のうちの1組が、祇園でコスプレ舞妓7人組を激写していた(日本人も撮影していた)。
舞妓達
舞妓ちゃん、7人もまとまると妙な迫力だ。
あの集団で練り歩いたら、相当な目立ち度だろう…すごい。

ci_ca_co at 23:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)できごと 

2011年03月31日

ひときわ目立ち中

大阪・戎橋あたりのネオンサインは、話に聞いていた通り、多くが自粛/節電で消灯中だった。
戎橋
そんな地味な道頓堀にて、“改源”と“レイク”のあいだでビカビカ光っていたのは、どっかのごはん屋と「スーパー玉出」の看板だ(写真じゃ見えてないけど)。
玉出だもの。そりゃ光るよねー と納得。

ci_ca_co at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)できごと 

2011年03月29日

『エリン・ブロコビッチ』

エリンブロコヴィッチ法律を学んでいないシングルマザーが型破りな方法で、大企業の環境汚染問題について住民集団訴訟に持ち込み、アメリカ至上最高額の和解金を勝ち取った…という実話をベースにした物語。
訴訟のもととなった環境汚染は深刻な問題だけど、映画自体は重くなく、テンポよく、人の絆や成長についても描かれていて、観終わったときにスッキリさわやか気分になれた。
ジュリア・ロバーツの出演作をほとんど観たことがないので比較できないのだけど、この映画の彼女はなかなか魅力的だと思った。
おもしろかった。
「家で何か軽く映画でも…」という気分のときに、いつかまた観よう。

ci_ca_co at 22:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)いろいろ鑑賞 

気付かなかった

甲子園球場は半旗を掲げていた。
甲子園

ci_ca_co at 22:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)できごと 

2011年03月26日

コラボなのは分かったよ

ユニクロで買い物したら、こんな袋に入れられてしまった。
naruto
これを持って梅田を歩かされる、なかなかの恥ずかしさよ。
友人から「外国人にはウケそう」なんて意見も聞いたけど、わたしにはさっぱりウケてない。
勘弁してください。

『NARUTO』…見たこともない。

ci_ca_co at 23:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)できごと