2011年03月17日

思いつくことつらつら

津波被害のシーンがあることから、映画『ヒアアフター』の日本での上映が中止になった。
この映画を観たけど、まあ確かに、今としては妥当な判断だと思う。
あのビジュアルは、不謹慎とかではなく、今はちょっと…って感じ。

プロ野球 セ・リーグの予定通りの開幕は、まったく妥当じゃないと思う。今はないだろう、今は。

権力のあるじいさんは、人のこころを逆なでる物言いで意見を発したがる。
ま、思い浮かべているサンプルは、よみうりナベツネと しんたろう知事だけだけど。

しかし、まわせる経済はまわした方が良いに決まってる。
被災者ではないわたしは、被災者のジャマにならないように(可能なことなら役に立つかたちで)経済活動をしたい。

阪神・淡路大震災のとき、取材のヘリコプターが上空でうろうろして、そして帰っていくのが、ときに腹立たしくあったことを思い出す。


ci_ca_co at 23:58│Comments(6)TrackBack(0)できごと 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by maa   2011年03月18日 22:40
同感ざんす
2. Posted by ヤマモト   2011年03月19日 09:55
地震に津波に原発損傷…
そしてこれからが長い避難生活。

被災者の方々の邪魔にならないように、
できることをしたい、って 本当にそうだね。
私は募金するくらいしかできないのだけど。

今は嗜好品(贅沢品)を買う気にはなれないが、国内企業を回すことで、経済を動かさないとね。変な買い占めはいただけないが。

アメリカみたいに超お金持ちが日本には居ないから無理なんだろうけど、
自家用機など保持できると、援助物資届けられるのかな、とか考えちゃう。
もしくはヘリからパラシュートで物資配達とか。


3. Posted by じまこ   2011年03月19日 13:06
>maa
だよねー…本当に!

>ヤマモト
いろんな支援の方法があるし、何が必要なのかは個々の事情があるでしょう。
それらのほとんど全てを包括して対応できる、やはりお金の力はデカイと思う。
(あとはマンパワーなのかな)

それにしても、いったいどこがいちばん信用に足る情報を提供してくれるんだろか。
テレビの報道を見過ぎるのも、なんかどうかなぁって感じだし。
webはもう、情報の質の幅が広すぎて“参考程度”っす。
4. Posted by sono   2011年03月21日 22:16
たぶん、同情できる範囲を超えてしまい、容易に想像力が働かない。

自分の領分でできる募金と、心で黙祷しつつ、いつもの日常を頑張って生きようと思います。

ドイツの友人(彼女)は、ドイツで募金活動するらしいよ。素晴らしい。

お金があったら、、
お金があったら、
適切な使い方ができないかもしれないから、相談するかもしれません。

都知事には相談しないだろうな。
5. Posted by リッキー   2011年03月21日 23:10
こんにちは!ニュース見てたら、記者が車で行けてる場所に救援物資がまだ届いてないので、すごくもどかしい。ここは阪神大震災の被害が西宮と同様だったから、救援物資の車がすぐに出発したけど、一刻でも早く温かい服と食べ物届いてほしい。
家が前壊して震災から逃れて来た人達が、関西でも安く落ち着いて眠れる所が増えてほしい。皆が皆探してるからほとんど満室になってる。
すぐに動ける様にもう一度復習しとこうね。
http://www.city.kobe.lg.jp/safety/fire/firehouse/higashinada/shobo/sinsai-top.html 
6. Posted by じまこ   2011年03月22日 02:12
>sono
被害がすごすぎて、被災地の苦しみは想像をはるかに超えていると思う。
んでも、非被災者の私達が可能な範囲でふつうに日常生活を送るのも重要だと思うのよ。
阪神のとき、私は被災地以外の人が生活を自粛すればいいなんて思わなかったし。
(私は軽い被災だったし、もっと大変だった人達の心情はわからないけどさー)
まあ、自分のできることをすればいいのよね。

ドイツの彼女は、本当にすばらしい。すごいよ。

>リッキー
被害の範囲が広すぎるうえに、原発事故だもんなぁ…。
本当に、早くいろんな支援がまわっていけば良いと思う。
でも、村ごと避難とか、関西等遠くに避難とか、みなさん後々どうなっていくんだろう。
その不安感も、私の想像なんかはるか超えているだろうな。ああ。

自分自身の災害対策も要確認よね。
私はメガネを肌身離さず持ち歩くようにしなければ…と思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字