2011年03月23日

『英国王のスピーチ』

英国王のスピーチ吃音症に悩む 後の英国王ジョージ6世が、型破りな治療を行う平民の言語聴覚士と共にそのコンプレックスと対峙し、英国民の人心をつかむスピーチをするまでを描いた、実話ベースの人間ドラマ。
“男の友情”ストーリーで、ラブ要素はほぼ皆無。華はなく地味で淡々としているのだけど、上品でしみじみ感じ入る、良い映画だった。

で、ちょっとイラっとしたこと。
隣に座っていたカップルは二人とも、エンドロールが始まった瞬間に、暗い客席でケータイをチェックしだした。
まぶしいっての。ケータイチェックしたいなら、ロビーに出て行けっての。
まあ、面と向かっては言えないんだけどー。あーあ。

ci_ca_co at 22:17│Comments(0)TrackBack(0)いろいろ鑑賞 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字