2011年07月12日

ヤンギッシュ

なんとはなしに英和辞典を眺めていたら、なかなか味わい深い単語を見つけた。
それは“youngish”。
意味は「どちらかというと若い;中年には間がある」。
ほかの辞書では「(服装・行動などにおいて)やや若い;まだ中年にならない」との表記も。
これは…揶揄するようなニュアンスが含まれているんだろうか。
どういうふうに使うんだろうか。
わたしyoungishだろうか。

ci_ca_co at 23:07│Comments(4)TrackBack(0)できごと 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ヤマモト   2011年07月18日 16:34
私の感覚だと…
自分自身はミドルエイジとかな…

ヤンギッシュは 20代後半〜30前半くらいのイメージかなぁ。
ネイティブな方に例文含め、ニュアンスを聞いてみる〜。

響きがいいなぁ、ヤンギッシュ。
2. Posted by じまこ   2011年07月18日 20:51
>ヤマモト
そうか…やはり私はヤンギッシュじゃないのか。
しかし、20代後半で「中年にはまだ間がある」とか言われちゃうのかねえ。
“現代の日本”の精神年齢が若すぎるだけなのかな。

まー、ネイティブさんのお答えが分かったら教えてね。

知ってはいたが、辞書、おもろいわ。
3. Posted by ヤマモト   2011年08月01日 12:28
聞いたわ〜。

説明するには、びみょー過ぎて… 難しい言葉だなぁと思った。

ずばり年代別で分けて使用するというよりも、それぞれの人に対しての単語かなぁ〜ということだった。

中年以上の年の人でも、活発に動いて、ポジティブに人生を生きている人にヤンギッシュを使用することもあるとかで。
また、その逆で、若くてもネガティブで老け込んで生きてるとold before one's timeを使う、とのこと。

たぶん、辞書の『まだ中年にならない』との表記はそぐわないような…。

なかなか言語は面白いねぇ。
4. Posted by じまこ   2011年08月03日 01:31
>ヤマモト
ほうほうほう。
単語自体は褒め言葉でもネガティブでもなく、状況によってニュアンスが変わるという
ことなのか?
例えば「若作り」のような、完全なマイナスイメージというわけではない……と?

ことばはおもしろいし、難しいねえ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字