2011年10月10日

インドア体育の日

京都の展覧会
京都で美術鑑賞デー。
京都市美術館『ー印象派・ポスト印象派 奇跡のコレクションー ワシントン・ナショナル・ギャラリー展』で印象派の数々、
京都文化博物館『ヤン&エヴァ シュヴァンクマイエル展 後期:〜映画とその周辺〜』でチェコのシュルレアリスト/アニメーション作家の作品、
京都高島屋で『ジパング展 −31人の気鋭作家が切り拓く、現代日本のアートシーン。』で日本の現代アートを鑑賞。
どれもけっこう楽しめた。疲れたけど。
3つもハシゴして、がんばり過ぎなのはわかっている。
でも、これだけジャンルが違うと飽きることはなかったのだった。

京都市美術館では『フェルメールからのラブレター展』も開催されていて、入場1時間待ちの行列ができていた。
ワシントン・ナショナル・ギャラリー展なんか、空いてはいなかったけど、待ち時間0分だったというのに。
京都市美術館
みんなフェルメール好きだなあ…。


ci_ca_co at 21:50│Comments(0)TrackBack(0)いろいろ鑑賞 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字