2012年03月31日

ドット ドット ドット

大阪・中之島の国立国際美術館で『草間彌生 永遠の永遠の永遠』展を鑑賞。
国立国際美術館にはよく訪れているが、これまでの5本の指に入る混雑だった(といっても、フェルメール展とかそんなのには及びませんが)。
想像を超える人出に驚く。

草間 彌生展1
3カ所くらい写真撮影可の展示があり、みんな「そんなに撮ってどうする」ってくらいにシャッターを切っていた。私を含め。
草間 彌生展2
南瓜もあった。

草間彌生、やっぱりすごい。
作品はあまり好きではないけれど。
放たれる熱量がすごくてクラクラする。
“いのちを削っている感”が滲んでいるっていうか…。
2〜3人の子どもが泣いていたが、あのパワーにあてられたんじゃないかと思う。

おなかいっぱいです。

ci_ca_co at 23:51│Comments(3)TrackBack(0)いろいろ鑑賞 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ぱんださん   2012年04月02日 23:58
草間展、私も見に行きました〜。水玉のブラウス着て(笑)すごいパワーやったね。すごかった。光の部屋入ったが、すぐに交代〜。もう少し中にいたかったなあ。
2. Posted by いのすけ   2012年04月05日 20:51
ガラガラの日とこみこみの日があると聞きました。泣いた子供の気持ちわからなくもない。
私は知恵熱覚悟ヒエピタ持参で行こうかなと思っているうちに終わりそう。
3. Posted by じまこ   2012年04月08日 11:00
>ぱんださん
水玉着用て!作品と同化!
光の部屋、短かったよね〜。入った瞬間にもう出ろってかんじで。
人が多いから仕方ないけど、でも、ちょっと残念だった。

>いのすけ
今日までだよー。行けたかな?
最終日だし、今日は相当混んでそうな気がする★

コメントする

名前
URL
 
  絵文字