2012年07月26日

現代アートと緻密レゴと

リアルジャパネスク大阪・中之島の国立国際美術館で『リアル・ジャパネスクー世界の中の日本現代美術』展を鑑賞。
若い日本人アーティスト9名を取り上げた展覧会で、興味深く見入ってしまう作品から、まったく理解できないものまでいろいろと。南川史門、泉太郎、佐藤克久が良かった。
館内は、平日だし企画も地味だし、ものすごく空いていた。心配になるくらいに。余計なお世話ですが。

国立国際美術館のあと、近くの堂島リバーフォーラムで開催中の『PIECE OF PEACE レゴで作った世界遺産展 PART-2』も観てみた。
タイトル通り、レゴでいろんな建造物がつくられていて、努力のあとがうかがえる展示物だった。たまにそうは見えないヤツもあったけど(モンサンミッシェルとか )。

酷暑の中、美術館はなかなか良い塩梅の避暑地だ。

ci_ca_co at 23:00│Comments(0)TrackBack(0)いろいろ鑑賞 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字