2012年07月28日

みたらし祭2012

みたらし祭2012-1参拝を始めてからもう何年目になるか分からない、毎年恒例の京都・下鴨神社「みたらし祭」へ。
年々参拝客が増加しているが、今年は昨年以上の混雑っぷりで、もうこれ以上人気が出ないでほしい…などと勝手なことを思う。
みたらし祭2012-2
うじゃうじゃ…。
しかし、これだけ人が浸かっていても、熱帯夜でも、御手洗池の水は骨や神経が痛いくらいに冷たいのだった。
パワースポットだから…?なんて。湧き水とは冷たいものなんだろう。

みたらし祭のときにセットで楽しんでいるのが、参道のあちこちで見られるセミの羽化観察。
今回も1匹の羽化をしゃがみこんで見ていたのだが。
もうちょっとで羽をのばし始める、まさに見どころ、セミにとっても ようやくここまでたどり着けた!みたいなそんな時に、3歳くらいの子どもに落とされてしまったのだった。
その子どもは母親に怒られていたが、そのセミこそ怒りたかっただろうよ。わたしもガッカリ。
一緒に見ていた友人と、「努力したってアカンときはアカンてことか?」などとしみじみ無情を感じてしまった…。

聖なる水で涼を取り、セミで世の儚さを感じ、今年も終了、夏のイベント。

ci_ca_co at 23:52│Comments(0)TrackBack(0)できごと 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字