Unreal Engine 3


UE3は最近ではGOWで使われた有名なグラフィックエンジン。
正直ムービーゲーしか作らないスクエニがどんな作品に使うのか疑問。

以前からスクエニは自社製のホワイトエンジンと呼ばれるミドルウェアを作っていたらしい。
ではそれはどーなってるのかと思うがこの辺りに今後のスクエニの戦略が見て取れる。


UE3はPS3での相性が悪いらしく、今現在UE3で作られたPS3ソフトは存在しないし、UE3を使って開発予定だったソフトは軒並み開発中止に追い込まれている。

UE3の開発元の米エピック・ゲームズ社(GOWの開発元)が当初メモリが256Mだった箱○の仕様を事前に聞いた時、「メモリが256MではUE3は動かない。絶対に512Mにするべき」、と言われ512Mにスペックアップした経緯がある。

PS3はCPU、GPUそれぞれが個別に256Mの領域を使う仕組みなのでまずこの辺からして無理があるっぽい。
箱○の方も512M+αをCPUとGPUで共用する仕組みなので、常に512M使える訳では無いんだろうけど。


この事からしてスクエニはUE3をPS3の為に買ったのでは無く、これまで以上に箱○に力を入れますって事なんでしょうな。
かと言ってPS3を疎かにする訳にもいかないからそっちはホワイトエンジンで頑張ると。
もしくはE3のノウハウを自社のホワイトエンジンに転用したい思惑があるのか・・・。

GOWの製作に携わった人数が約30人、期間が2年半、制作費1000万ドル、300万本売れて売り上げ1億5000万と言われているが、スクエニが倍以上の人数、期間、金を掛けて同レベルの売り上げ(それ以下?)ではそりゃぁUE3下さいって言いたくもなるよね。

まぁスクエニのお得意の製作者のオナニープリレンダムービーゲーでは出ても買う気しないけど。

JUNKMETALの新しいのでも作ってくれるならスクエニは神。
ってか神。