7月30日(土)に入ったリサイタル感想を
書かせていただきますー。
まずはセトリ感想で
流れのままにつらつらと行きますね。

毎回言ってますがこれからご覧になる方は
なるべく回避していただいて
ご自身が受ける印象を大切にしてください。

今回も私の偏った感想が存分に入りますので
ご意見が違うという方はサラッと流すなりして
それぞれのリサイタルを大切にしつつ
少しでも思い出の共有やレポとして
エイトの姿を伝えるお手伝いができれば嬉しいです。


オープニング、【エイトエイターOH!】が流れて
舞台向かって右から1列になって行進しながら
登場したエイト。真ん中でまっすぐ前を向くなり
マルがノーマイクの地声で選手宣誓。
「罪な男がメロメロにさせるぞ」的なことを
まっすぐに伝えてくれる。↑セリフ忘れちゃった

マルの声に盛り上がるままに【罪と夏】からスタート。
明るく夏らしくて1曲目にふさわしい。
だが歌い踊り初めて気がついた、
座席が狭く大きなペンラがあまり振れず
気持ちが動きに反映せずムズムズする。

しかも一曲目からショートバージョンで
楽しみにしていた「ワッショイ」が思ったより早く、
いきなりきたからタイミングがズレて
「ワ、ワ、ワッショイ」 って言っちゃって意気消沈。

なんでや?待ちに待った夏の新曲で
テーマにもなっている曲なのにショートバージョンて、と
短い時間の間に言えなかた「ワッショイ」に対する不満を
構成のせいにしながらふてくされていると、なんと
【1秒KISS】がスタート!!間違いなくエイトが音楽的に
大きくステップアップしたと思える「PUZZLE 」の中でも
大好きな曲。手振りの記憶はかなり薄れているものの
ワッショイショックが完全に吹っ飛んだ。

バクステに移動してきて【キングオブ男!】。
実はバクステ近くの席だったのでここでまず
最初の興奮を迎える。亮ちゃんは相変わらず
しぶやんとの「突っ張って」での手合わせはニヤニヤで
しぶやんへの熱い愛がほとばしる。

そしてそのまま【Dear Summer 様!】へ突入。
ここも歌い出し、JB当時と変わらぬクラヤスの
イチャつきを見せつけられるも夏らしい曲にハッとした、
そうだ、今更だが罪作りなエイトの夏の曲あれこれが
選曲されているはずなのだ。

それは十祭で祭りらしい曲が怒涛のように来た感じと
同じだろうかと夏曲に対する期待に想いを馳せながら
サビでタオルを回すイメージでひまわりペンラの重さを
必死にごまかした。
どうせならと二の腕引き締めを意識しながら回してやった。

前に戻って挨拶。しぶやんが自分の挨拶終わりに
「次はお腹の弱い人」と忠義さんを紹介すると
会場からも笑いが起こりながらも温かい雰囲気が漂う。
「元気ですか!?」といつものように叫びながら
自分のお腹にも「元気ですか!?」と声をかける忠義さん。
ああ…おかえりなさい。待ってたよ、とても嬉しいよ。

気がつくと最後は他の6人は全員ハケてて
残っちゃしんちゃんが一人なぜか英語で挨拶。
「グッドボイス、プリーズ」みたいなことも言ってたな。
途中で英語表現の限界に気付いたみたいだったけれど
可愛かった。

舞台裏?映像に帽子をかぶってきっちりした衣装を着た
ヤスが一人で登場。なんでも「YASUDER LAND」
といい、完全にディズニーランドをパクっているが
ヤスが支配人というだけで説得力がある。
そして遊びに来たというメンバーを待つ間
「暑いから熱中症に気をつけて水分とってね」と
優しく語りかけながら時間を稼ぐ。

メンバーを引き連れて登場してきたヤスダー支配人。
みんなでSMAP兄さんの【バンバンバカンス】を開始。
合間のメンバーの名前を入れる歌詞部分も
〜なんていない〜みたいに楽しげに歌うエイトたち。
↑また覚えていない

このまま恒例となった事務所の名曲が続くのかと
喜んでいたが…残念ながらあまり知らない曲ばかり。
エイトバカな私にとっては相当有名曲じゃないと
他グループ曲は知らんのだが、みんなよく知ってるよね。

唯一バクステでヨコクラが歌ってくれたキンキ兄さんの
【ジェットコースターロマンス】は近くにも来てくれたし
二人が美しく踊ってくれるし、知ってる曲だし
嬉しくってちょっと泣けるほどに嬉しかったわ。
ところどころヨコがフワフワしていたけれど、
初日だし、いつものことだし、気にしないわ。

支配人のヤスダーがマルスバクラリョを引き連れ
「クイズの館」をやると言って登場。
「一番熱いのはどれでしょう」という問題に
秋元様と山下達郎様に頂いた少年隊様の名曲
【湾岸スキーヤー】がかかり、並んだ一人一人が
「spring、summer、autumn、winter…」と言っていくと
「and YOU!」でセリから上がってきた横山YOU。
ここで爆笑しすぎた私は2度目の興奮を迎える。

なぜかイマイチ乗り切れずしんどそうなヨコだが
途中、羨ましかったのかヨコの場所に立って
「RYU」と言ってセリ上がってきたマルも可愛かったが
やはり名前に無理がありしっくりこない。
結果的に何のクイズだったかわからなかったものの
「YOU」という名前と舞台装置をうまく使った集団コントは
見事に成功だったと言えよう。

急に雰囲気が変わり黒いマントに仮面を被り
【Dye D?】が始まる。あまりに急なので
どう受け止めていいのかわからず戸惑うも
渋いダンスに酔いしれていると、ここからというところで
様子がおかしかったヨコが急に倒れ込み
「Never let you go」部分で「熱中症」という字幕が出た。

ヨコ、熱中症で倒れる。顔色悪い(白い)からという理由に
また爆笑。そういえば支配人ヤスダーが初っ端に
「熱中症に気をつけて」と声をかけていたのは
単に時間稼ぎの語りかけだと思っていたのに騙された。
フリが長く大規模すぎる。素晴らしい。
まさかDye D?の踊りの途中でもってくるとは大胆な。

「熱中症」で倒れたものの、ヨコが大丈夫だというので
また歌い始めたエイトだがこの流れには見覚えがある。
前回食べ続けた「ナポリタン」再びの気配がムンムンするが
その後2回ほどヨコが「熱中症」になった後
ヨコではなくまさかのしんちゃんが倒れてまた爆笑。

このままメンバーが交代で倒れていくとしたら
何回続くのだろうと覚悟していると
そのまましんちゃんが死んだ設定になり
普段呼んだことないくせにこんな時だけ
「シンゴー!シンゴー!」と心配する設定で叫ぶヨコ。 

シンゴはそのまま担ぎ上げられ舞台から運ばれる。
その時に手を広げて十字架的に形作りながら
見事に去って行くシンゴはさすがジャニーズ。
シンゴを想い悲しくなりながら歌う【夜空のムコウ】。
SMAP兄さんの曲が多めに出てくるところに
何かの強い意志を感じるが
ギャグにしているのがエイトらしい。

そして数年後?みんなで集まりシンゴを思い出していると
始まった【台風ジェネレーション】でキングなシンゴが登場。
「生きてたんかーーー」というベタなオチだが
シンゴはサクラップを披露しつつ、他メンバーも踊り
無事に事務所曲を取り入れたコントタイムが終了。

なんとここまででまだ半分だが、すでに泣くほど笑い
リサイタルの良さが存分に出て堪能。
なかなかライブでは聞けないアルバム曲も聴けて
本当に選曲がいい。

いい…だが、私にとっては事務所曲が乗り切れなかった。
どうせならもっと誰もが知る有名曲を選んで欲しかった。
これは何回か続けてきた事務所メドレーでも
「またこの曲?」と言われることを裂けた結果だろうか。

でもそのメドレーをうまく取り込み
コントをやりきったのは新しい試みで素晴らしいが
ただでさえ楽しいコントタイムも多いのに
他グループの知らない曲を聴くなら
エイトの普段聞けない曲がもっと聴きたいと思うのは
わがままなのだろうか。

ほんと、事務所曲に無知でごめん。

あとね、キング衣装に着替えるせいか
しんちゃん不在時間が長い。
クイズの館にもいなかったしね、
なるべく全員が見たいわがままもごめん。

とりあえずセトリ感想前半終了です。


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。