February 14, 2013

ブログ移転のお知らせ

ブログを移転しました。
http://ameblo.jp/samuraibar
今後もこちらのほうでよろしくお願いいたします。

March 11, 2012

ファッション誌の撮影

私の働くお店で撮影がありましたので掲載
fashion101

http://www.igafencu.com/gm/content_en.php?is=48&cat=25
fashion103


fashion104

前半はシガーラウンジでの撮影です。後半はバーでの撮影です。


February 29, 2012

野望Part2(海外への第一歩)

またまた、間が開いてしまいました。申し訳ありません。

海外へ出ようという考えを持ったのは前回の記事で掲載させていただいた通りなのですが、もちろん考えるだけでは何も始まりません。
そのきっかけをくださったのがお客様の一言でした。
『海外に出てみたら?』
本当にただその一言でした。

それ以降、お客様からいろいろと海外のお話しをうかがったり、自分で調べたりもしてみました。

それも私の意識をどんどん変えていきました。

最初の考えが浅はかだった頃はUSAやヨーロッパなどを考えていましたが、根拠のないイメージや感覚的な判断で決めてしまうのではなく、自分の野望や目標をしっかり達成できる場所を選ぶべきだと思いたどり着いたのが、この香港でした。
397906_2776463377968_1449609669_2813952_562123579_n

●国際都市で幅広く多くの国々の外国人居住者が多くVISAの取得も比較的しやすい。
●物価バランスがよく生活がしやすい。
●実質上の第二公用語が英語であることと、第一公用語ではないので私の未熟な英語でもどうにかやっていけそうだということ。
●そして、同じアジアであることと香港の人達は日本人に対して非常に好意的で完全にアウェーな状態ではないということ。

以上のような理由で、香港が最適な場所だと判断しました。
後に実際に他国にも行って飲食店事情や現地物価による収支予測などをしてみましたが、やはり香港が一番理想的であり、何よりも私の野望を達成するための多くの条件が揃っているのです。

自分の野望を達成させる為には、所属するお店もしっかり成功させなくてはなりません。
お店を繁栄させることこそ、バーテンダーとしての一番の実力証明になると思っています。

世界中のオーナー達に日本人のバーテンダーを雇用するメリットをしっかり感じてもらう必要があると思っています。





February 16, 2012

野望Part1(自分が日本を離れた理由)

ブログ再開してマメに更新するつもりが1週間以上空けてしまいました。(反省f^^:)

今回は自分が日本を離れ海外で何をしたいのか、何のために今香港にいるのかをお話ししたいと思います。
以前mixiの中では日記として書いたことはあるのですが、今回はあらためて今までの流れや現状もふまえて書かせていただこうと思います。

日本にいたころからずっと考えていたのが、年々悪くなっていくBarを含めた日本の飲食業会の業績。(個々ではなく、全体的に見て)
これにはたくさんの要因があると思います。

ひとつは若い世代(主に独身社会人)の外食離れ。これは携帯電話やインターネットなどの普及などの影響が多々あると思います。人と会って飲食をする必要性が減ったのと同時にお給料などの使い道が外食費ではなく通信料などに回ることが多くなったというのが一つの要因としてあると思います。

そして、私が一番気になったのが近年急激に進む飲食店の増加。
これは日本において飲食店の開業は他の先進国に比べ比較的容易で、飲食店に従事したことのないような方でもどんどん飲食店を出店していってます。そして日本の料理人やサービスマンもどんどん独立していきます。
問題はここです。

ここから私の従事するバー業界というものにしぼってお話させていただきます。

我々バーテンダーの世界では、「いずれ独立を」と考えるバーテンダーはかなり多いです。
バーテンダーという仕事に真剣に従事する人ほどその思考は強いと思います。
バーテンダーとしての修行を積むうちに自分の思い描く理想のサービススタイルやお店を現実のものにしたいと思う上昇志向はとても素晴らしいことですし、それを実現してどんどん独立していくバーテンダーがいるのも素晴らしいことだと思います。
これは日本に向上心のあるバーテンダーが多いという現実以外のナニモノでもないと思います。
しかし、独立するバーテンダーが増えることに比例してお客様は増えているのでしょうか?
これはどう見ても答えはNoだと思います。

もし仮にBar業界の需要が伸びていたとしても、近年急激に増える店舗数に対して同じようにお客様が増えているでしょうか?
しっかりとした修行を積んで、しっかりとした技術と知識を持って、素晴らしい理想のお店を開店する人が増えると同時に業界の競争は激化していってると思います。

日本のバーテンダーの向上心とレベルは非常に高いものだと常々思っています。
日本にはいいBarがたくさんあります。
それなのに業界全体の景気はどうでしょうか?
今まだ、修行を積む若いバーテンダーもたくさんいます。その中に独立を夢見る人もたくさんいると思います。
今後、日本のBar業界はどうなると思いますか?
需要に対してかなりの供給過多になっていくのではないかと思います。

この問題を解消する方法はないのでしょうか?
みんなが独立の意識を持って前向きにやればやるほど、業界が厳しくなっていくことを考えるとちょっと悲しくありませんか?

私は思いました。
「日本のバーテンダーはもっと世界に出るべき」だと
我々日本人バーテンダーはどこの国の人にも負けない技術と向上心を持っているんです。
コンペティションなどの大会の結果でも日本の選手はいい成績を残しています。
でもこれからはそんなことではなく、営業の中でのサービスレベルの高さや技術の高さ、そして素晴らしい集中力を発揮してアピールするべきなんです。
あくまでもバーテンダーは競技するスポーツなどではなく、サービス業なのですから。
もちろん大会や競技で結果を出す人々は素晴らしいと思います。でも海外のバーオーナーたちが海外のBarを楽しむお客様たちが、直接その素晴らしさを感じられるかと言ったら、そうではないと思います。

日本のバーテンダーのサービスを提供するカクテルを実際に多くの方々に知ってもらうためには自分たちが外に出てアピールしていくしかないのです。

ひとつの例をあげるならば
1995年に渡米してロサンジェルスドジャースに入団した野茂 英雄投手の活躍をご存知の方は多いかと思いますが、彼が活躍する前はメジャーリーグ内での日本人選手の需要はほとんどありませんでした。それが現在はどうでしょうか?現在どれだけ多くの日本人がメジャーリーグで活躍していますか?1995年以前では考えられなかった日本人選手への需要があるではないですか。
サッカーの世界でも同じことが言えます。カズ選手や中田選手が挑戦して活躍して以降ヨーロッパのリーグにどんどん日本人選手が出て行ってます。
日本国内のリーグでアピールしてもなかなか伝わるわけはありません。
実際にその中に飛び込んでいかなければ、アピールできないんです。
そして、飛び込んでしっかりアピールができれば日本国内の人たちにも海外の人たちの目は向いていくのです。

我々のバー業界はメディアでの伝達がしにくい業態です。
テレビなどで放映される機会なんてほとんどないうえに、映像や音声では味や香りは伝わりません。なによりもサービスを多くの人に肌で感じてもらうことが一番大事なのです。
だからスポーツ業界よりも直接的なアピールが必要なのです。実際に世界の人々に自分たちの精神を伝えなければならないのです。

多くのお客様が「●●で日本人のバーテンダーが作ったカクテルがおいしかった」とか「日本人のサービスは素晴らしかった」という風に感じてもらい、多くの人たちに知ってもらわなければならないのです。
それがいずれ世界のBar業界、世界のBarに行くお客様たちに伝わっていけば、おのずと日本人バーテンダーの需要は増えていくはずなのです。
そうなれば日本のバー業界はどうなっていくでしょうか?
多くの若い人たちが世界に出る機会が増えていき、たとえ現在のBarオーナーが閉店せざるおえない状況になったとしても、彼らを必要とする海外のホテルやBarはあるでしょう。

この話は長くなるので何回かに分けていきたいと思います。次回以降は自分が実際に海外に出るまでのことや海外に出てからの経験、そして変化していった価値観や現状を書いていこうと思います。

未来を考えるバーテンダーの方に少しでも多くのことをお伝えできればと思っています。


この考えをいろんな人に知っていただき、多くのバーテンダーならびにサービスマンの方々に海外挑戦への意識を持っていただけたらうれしく思います。
少しでも同意して伝達にご協力していただける方がおられましたら、ぜひともブログランキング↓のクリックよろしくお願いします。リンク貼付けなどもできる方がおられましたらよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 トラックバックテーマ バーテンダー論へ
バーテンダー論

IMG_1555


February 08, 2012

グランドオープニングとモヒートメイキング動画

おかげさまで無事グランドオープニングを終えることができました。
グランドオープニングの様子は新聞などでも取り上げられ、予想を遥かに超える盛大なイベントとなりました。
949002690714

二月一日と二日のグランドオープニングと二月五日のF&B関係者のための日曜日の招待を行ないました。
最初の二日間のすし詰め状態の賑やかなパーティーとは違い、日曜日はゆっくりして落ち着いていましたので皆さんといろいろお話しすることもできました。
IMG_1555

少し時間がかかりましたが、本当に素晴らしいグランドオープニングを迎えることができて幸せです。
このお店のオープンに関わったすべての方々に心より感謝申し上げます。

というわけで今日はそんな挨拶だけでは終わらせません。
久々にカクテルメイキング動画をアップいたします。

Mojito
45ml White or gold rum
Half fresh lime
7 leaves of Mint
10ml Molasses
私の作るモヒートの特徴はシュガーケーン(サトウキビ)だらけということです。
まず特徴的なのはモラセズを使うということ、モラセズが何かわからない方もおられると思うので簡単に説明いたします。

英和辞典などでは糖蜜と書かれていたりもしますが糖蜜とは別物です。モラセスと呼んだりモラッセズと呼んだりすることもあります。
すごく簡単にいうとサトウキビのジュースなのですが、砂糖の結晶を取り除いた(砂糖を製造した後に残る)廃糖蜜という形になります。
しかし、これには糖分が残っております。そして糖蜜に比べ甘みが少ない分多く使っても甘くなりすぎず、サトウキビ由来の味わいとコクが非常に強いので、これを砂糖やシュガーシロップの代わりに甘味付けに使うと非常にサトウキビのフレーバーの強いコクのある味わいが出るのです。
色も味わいも濃い割には甘さは控えめのカクテルも作れたりします。

ラムの原料となるモラセズを使っているので当然ラムとの相性は抜群ですし、すっきりとしたライムの酸味、ミントのさわやかな香り、ライムピールのスパイシーな香り、モラセズのコクのある味わいがラムの味わいを引き立てます。
ホワイトラムを使っているのに高級なダークラムを使っているのではないかと勘違いしてしまうほどです。
動画をご覧になってわかる通り非常に粘性が強いので、素早く混ぜるためにはシェークする必要があります。またそれも演出のひとつとなります。
そして最後にミントトップを飾り、シュガーケーン(さとうきび)のスティックをマドラー代わりに添えます。
私の作り方の場合、少し甘さが控えめですので甘さが欲しい方はシュガーケーンをかじりながら飲むとまたひと味違った面白い味わいが楽しめると思います。

あ、それと私の作り方はソーダウォーターを使いません。
コクのある贅沢な味わいを楽しんでいただきたいからです。

これが我々の提供するモヒートのスタイルです。

というわけで、今後もいろいろなことをアップしていきますので当ブログをどうかよろしくお願いします。

あ、左上のブログランキングのクリックもよろしくお願いいたします。

February 01, 2012

ご無沙汰しております。

長い間放置して申し訳ありません。
日本を離れ三年半、ようやく自分の場所をつくることができました。
無事香港でグランドオープンを迎えることができました。
この場をお借りしてこれまでお力をいただいた皆様にお礼申し上げます。
L'Etage Entrance

お店のことやこれまでの海外での経験やお酒の話など様々な報告をここでしていきたいと思います。
本日よりしっかりこのブログを更新していきたいと思いますので、どうか皆様今後ともよろしくお願いします。
DSC_8262

あ・・・今知りましたが、こんなにいろんなところに掲載されてたんですねf^^;
http://www.letage.com.hk/
http://hk.asia-city.com/nightlife/hong-kong-bar-club/letage
http://www.neonpunch.com/the-humidor-letage-in-soho/
http://hk.lifestyleasia.com/en/features/entertainment/l-etage-cigar-and-cocktail-lounge-in-soho-10538/?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter
http://necescity.com/nightlife/item/1872-letage-bar-cigar-lounge-opens-in-soho-hong-kong.html
http://www.ilovesoho.hk/bars-and-clubs/letage
https://www.chainavi.cn/hongkong/user.html?sid=12116299

あ、デカデカと新聞に出てしまったことも・・・自分でも大きすぎてびっくりでした。
IMG_0694

http://hk.apple.nextmedia.com/template/apple/art_main.php?iss_id=20111222&sec_id=15307&art_id=15915420

コメントなどもちゃんと返信していこうと思いますので、コメントならびにブログランキングへのクリックのご協力よろしくお願いします。

クリックのご協力をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 酒ブログへ
↑クリックよろしくお願いします。。。

June 26, 2009

飛び立ちます。


シガーバーロブスト時代によく流していた曲ですが・・・

素晴らしい曲ですよね。

まずは自分を信じることです。

無理と思ったら無理なんです。

できると信じることが大事なんです。

もし不安があるなら、それができるように努力することです。

可能にするためにとことん努力すれば、不安は消えていくはずです。

自分を信じなければ始まりません。

I Believe I Can Fly


全ての方々に本当に感謝です。



今後のことはまたあらためて日記として書かせていただきます。

June 23, 2009

自分の価値観を見つめなおす・・・

皆様ご無沙汰してます。
かなり更新が滞っていましたが、ボチボチ再開しようと思ってますm(。。)m



先日、妹の命日がありました。
15回目の命日でした。
(妹のことの詳細は↓こちらです。)
http://blog.livedoor.jp/cigarbar/archives/713734.html

今でも私は妹から学ぶことがたくさんあります。
バーテンダーという仕事を始めたのも妹の影響は非常に大きかったですし・・・
いい大人になった今でも13歳という若さで死んでしまった妹の影響は非常に大きいです。

香港に来て一年・・・
いろいろな文化の違いや価値観の違いに直面したり・・・
逆に今まで住んでいた日本の素晴らしさを再認識させられたり・・・

私の考え方に対して甘いという方もいますが・・・
ここ最近いろいろ考えてみました。
目の前のお金だけを求める考え方なら私が甘いといわれるのは納得できます。

以前にも日記などに書いたことあるのですが・・・
私は北風と太陽という話の太陽スタイルが好きです。

お金を追いかける仕事よりも・・・
自分のやった仕事についてくる結果を求めたいのです。
このやり方だと多少のタイムラグはあるかもしれませんが・・・
結果的にはお金を追いかけるより多くのものを得ることができると思います。
根気と時間は必要ですが長く安定したものが得れると思います。

お金が欲しいだけならバーテンダーなんて仕事もしてませんし、日本を離れてもいません。
でも、私は幸せです。
バーテンダーという仕事を選んだこと、日本を離れて海外に来たこと・・・
全く後悔していません。

もっとお金になる仕事があったかもしれません、日本にいたほうがオファーいただいたサラリーも断然に大きかったです。。。

でも、お金以上のものを得ています。

これは全くの負け惜しみでもなんでもありません。
決してお金に執着する人を悪く思っているわけではありませんが・・・
それは人それぞれ、価値観が違うので・・・

「お金さえあれば」という人はそれはそれで幸せならそれでいいと思います。

もちろんお金を得る人には素晴らしい才能や知恵、技術、能力などいろんなものがあると思います。
尊敬できる人はたくさんいますし、素晴らしい人だからこそお金がついてきたという人々もたくさん知っています。

自分の価値は自分で高めるしかないと・・・
もちろん人々の価値観はそれぞれ違います。
自分がどうあるべきか?
それは自分しかしてない多くの経験の中で自分が考えるべきことだと思います。
他人の評価は後からついてくるもので、先に考える必要はあまりないかな、と個人的には思います。
でも、自分を信じてやっていれば、他人の評価は意外とついて来るものです。


私が妹から一番学んだものは・・・
お通夜の日に集まった大勢の人々を見て感じたものは・・・
まずは自分が人に対して何かをすること・・・です。

自分が人に対してどれだけ幸せを与えられるか・・・
小さな幸せでもいいんです。
そして周りにいる人々が幸せになればおのずと自分も幸せになれるものです。
周りにいる人々が一緒に同じ世界で生きていることに幸せを感じられる、そしてお互いに幸せを分け合い、幸せを共有できる・・・

その人が生きていた価値が何であるか・・・
自分が生きている価値が何であるか・・・

生きているということの意味・・・

↓そして先日、この動画を見て再認識しました。









この動画の彼にも妹にも言えることなんですが・・・
死と隣り合わせにいる人の持つ価値観は人間の究極の価値観なんじゃないかな?って思います。
自分が生きている証を残そうとしているのでしょうか・・・

彼らが目指した価値観をすごく今は理解できますし、共感しています。
それが人から見てわかってもらえなくてもいいと思います。

生きているということの大事さ、生きているからこそできること、あらためて考え直しました。

生きている間にやれる限りのことをやっていきたいな・・・と思ってます。

August 16, 2008

香港のワイン、ビールは酒税免税

香港ワインショップ1今私のいる香港ではワインやビールなどの低アルコールは無税です。
ビール350mlも日本円で40円程度で買えたりします。
ビールは下手したら水より安いので、今は飲料水代わりに毎日昼からビール飲んでます^^



香港ワインショップ2
先月の香港ポストより・・・

立法会で6/26「二〇〇八収入条例草案」が可決した。
これにより、〇八/〇九年度財政予算案にもとづいて、ホテル宿泊税を免除する条例改正が七月一日に施行されることとなった。

また所得税や法人税などの一%引き下げられ、前年度の所得税・法人税・不動産税は納入済み税額の七五%が還付されることも承認された。
いずれも消費活性化と海外からの投資誘致を狙ったものだ。

すでにワインや低アルコール類の酒税免除が即日実施されており唐英年(ヘンリー・タン)政務長官は先ごろ「発表から2ヶ月あまりでワインの輸入が倍増した」と免税効果を語っている。

香港ワインショップ3上記記事の通り・・・
香港ではワインの需要が伸びているようです^^
ちなみに免税となるのはアルコール30%未満のもののようです。
香港ワインショップ4その他ワインの最新情報はこちらにも↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村 酒ブログへ
↑クリックのご協力よろしくお願いします。

August 12, 2008

爆発物騒動

爆発物騒動1北京オリンピック開幕の日である8月8日いつもどおりに仕事場に向かうと・・・
私が住む銅鑼灣の地下鉄の駅周辺でたくさんの警察官や消防車が・・・
好奇心に駆られて近くで見てみると・・・
爆発物騒動2こんな不思議な機械が・・・
実はこれ爆発物処理のEOD(explosive ordnance disposal:爆発物処理)ロボットらしいのです。
まぁ、今回のニュースは治安のいい香港で起きただけにビックリでしたが・・・
たいしたことは無いニュースだったようで助かりました。

Infoseek ニュース
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/world/n_hongkong__20080810_2/story/080809jijiX777/

goo ニュース
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/jiji-080809X777.html

時事ドットコム
http://jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2008080900017


ぼちぼちお酒関連の記事も書いていきますので今後ともよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 酒ブログへ
↑どうかクリックのご協力をf^^;