February 08, 2012

グランドオープニングとモヒートメイキング動画

おかげさまで無事グランドオープニングを終えることができました。
グランドオープニングの様子は新聞などでも取り上げられ、予想を遥かに超える盛大なイベントとなりました。
949002690714

二月一日と二日のグランドオープニングと二月五日のF&B関係者のための日曜日の招待を行ないました。
最初の二日間のすし詰め状態の賑やかなパーティーとは違い、日曜日はゆっくりして落ち着いていましたので皆さんといろいろお話しすることもできました。
IMG_1555

少し時間がかかりましたが、本当に素晴らしいグランドオープニングを迎えることができて幸せです。
このお店のオープンに関わったすべての方々に心より感謝申し上げます。

というわけで今日はそんな挨拶だけでは終わらせません。
久々にカクテルメイキング動画をアップいたします。

Mojito
45ml White or gold rum
Half fresh lime
7 leaves of Mint
10ml Molasses
私の作るモヒートの特徴はシュガーケーン(サトウキビ)だらけということです。
まず特徴的なのはモラセズを使うということ、モラセズが何かわからない方もおられると思うので簡単に説明いたします。

英和辞典などでは糖蜜と書かれていたりもしますが糖蜜とは別物です。モラセスと呼んだりモラッセズと呼んだりすることもあります。
すごく簡単にいうとサトウキビのジュースなのですが、砂糖の結晶を取り除いた(砂糖を製造した後に残る)廃糖蜜という形になります。
しかし、これには糖分が残っております。そして糖蜜に比べ甘みが少ない分多く使っても甘くなりすぎず、サトウキビ由来の味わいとコクが非常に強いので、これを砂糖やシュガーシロップの代わりに甘味付けに使うと非常にサトウキビのフレーバーの強いコクのある味わいが出るのです。
色も味わいも濃い割には甘さは控えめのカクテルも作れたりします。

ラムの原料となるモラセズを使っているので当然ラムとの相性は抜群ですし、すっきりとしたライムの酸味、ミントのさわやかな香り、ライムピールのスパイシーな香り、モラセズのコクのある味わいがラムの味わいを引き立てます。
ホワイトラムを使っているのに高級なダークラムを使っているのではないかと勘違いしてしまうほどです。
動画をご覧になってわかる通り非常に粘性が強いので、素早く混ぜるためにはシェークする必要があります。またそれも演出のひとつとなります。
そして最後にミントトップを飾り、シュガーケーン(さとうきび)のスティックをマドラー代わりに添えます。
私の作り方の場合、少し甘さが控えめですので甘さが欲しい方はシュガーケーンをかじりながら飲むとまたひと味違った面白い味わいが楽しめると思います。

あ、それと私の作り方はソーダウォーターを使いません。
コクのある贅沢な味わいを楽しんでいただきたいからです。

これが我々の提供するモヒートのスタイルです。

というわけで、今後もいろいろなことをアップしていきますので当ブログをどうかよろしくお願いします。

あ、左上のブログランキングのクリックもよろしくお願いいたします。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by mm   February 09, 2012 20:20
5 ロブさんおひさしぶりです。mmです♪( ´▽`)
グランドオープン、おめでとうございます(o^^o)
なかなか気軽に行きます!と言えないですが、もし機会があれば、ぜひぜひお邪魔させていただきたいです♪
ブログの記事、とても興味深く読ませていただきました♪あと動画も、楽しく見させていただきました。同じ名前のカクテルでも、人によって色んなこだわりがあるんですね。ロブさんのカクテルを飲みたくなりました(((o(*゚▽゚*)o)))
また新しい動画や記事、楽しみにしてます!
2. Posted by ロブストこと平川   February 11, 2012 11:45
MMしゃん
あなた遠征得意でしょw
SMK気分で気楽に遊びに来てください。
できるだけマメにアップしていくのでよろしくです^^

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔