February 29, 2012

野望Part2(海外への第一歩)

またまた、間が開いてしまいました。申し訳ありません。

海外へ出ようという考えを持ったのは前回の記事で掲載させていただいた通りなのですが、もちろん考えるだけでは何も始まりません。
そのきっかけをくださったのがお客様の一言でした。
『海外に出てみたら?』
本当にただその一言でした。

それ以降、お客様からいろいろと海外のお話しをうかがったり、自分で調べたりもしてみました。

それも私の意識をどんどん変えていきました。

最初の考えが浅はかだった頃はUSAやヨーロッパなどを考えていましたが、根拠のないイメージや感覚的な判断で決めてしまうのではなく、自分の野望や目標をしっかり達成できる場所を選ぶべきだと思いたどり着いたのが、この香港でした。
397906_2776463377968_1449609669_2813952_562123579_n

●国際都市で幅広く多くの国々の外国人居住者が多くVISAの取得も比較的しやすい。
●物価バランスがよく生活がしやすい。
●実質上の第二公用語が英語であることと、第一公用語ではないので私の未熟な英語でもどうにかやっていけそうだということ。
●そして、同じアジアであることと香港の人達は日本人に対して非常に好意的で完全にアウェーな状態ではないということ。

以上のような理由で、香港が最適な場所だと判断しました。
後に実際に他国にも行って飲食店事情や現地物価による収支予測などをしてみましたが、やはり香港が一番理想的であり、何よりも私の野望を達成するための多くの条件が揃っているのです。

自分の野望を達成させる為には、所属するお店もしっかり成功させなくてはなりません。
お店を繁栄させることこそ、バーテンダーとしての一番の実力証明になると思っています。

世界中のオーナー達に日本人のバーテンダーを雇用するメリットをしっかり感じてもらう必要があると思っています。





トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔