2016年05月27日05:00学習効果を高める質問
本日の担当は竹田慶です。

どうすれば、学習効果を高めることができるでしょうか?
どうすれば、漫然と学ぶのではなく、意識を集中して学ぶことができるのでしょうか?

今回は、「学習効果を高める質問」を1つ紹介します。

意識することで効果が高まる


数か月前、私は身体を鍛えるべく、ジムに通い始めました。
「どうすれば、トレーニングの効果が高まりますか?」とトレーナーに尋ねると、
「筋肉にしっかり効かせることだ」と彼は答えました。

やみくもに、重量を増やしたり、回数を増やしたりするのではなく、
「この筋肉を使っている」と意識して、鍛えたい筋肉に負荷をかけることが大事だと言うのです。

確かに、意識して取り組むと、筋肉に負荷がかかっているのがわかります。
逆に、やみくもに動かしたり、フォームがくずれていたりすると、鍛えたい箇所以外の筋肉を無理に使ったり、勢いで動かしたりして、なかなか効果がありません。

確か、長尾オリンピック金メダリストの清水宏保選手は、
スケートを滑っているときも、どの筋肉を使っているのか意識していると言っていました。

ハンマー投げの室伏広治選手は、次のように言っています。
「人間には、普段知覚しない筋肉がまだあるんですよ。
腸を覆っている腸腰筋などもそのひとつかもしれない。
知覚されていないから鍛えることはできないと思うかも知れないけど、
そこに意識を集中させることによっていくらでも鍛錬することが出来るんです。」

意識することで、鍛えることができるのですね。

そしてこれは、筋力トレーニングだけでなく、学習トレーニングにも言えることです。

「何を意識して取り組みますか?」


何かを学習する前に、この質問を投げかけると、学習効果が高まります。

例えば、中学生が計算トレーニングをするときに、
「何を意識して取り組む?」と質問します。

すると、
「カッコ()を外すときに、プラスとマイナスの符号に気を付ける」
「形を見て、どの公式を使うのか見当をつけてから計算し始める」
「先ほど学んだ、計算の工夫を使ってみる」
「正確さを下げないレベルで、スピードアップすることに意識する」
など、何らかの答えが変えてきます。

もし質問されなかったら、ただ漫然と練習するだけかもしれません。
それでは大した効果は望めません。

しかし、質問されることで、自分の課題を考え、言葉にします。
言葉にすることで、課題を具体的に意識して取り組むようになります。
こうして、学習効果が飛躍的に高まるのです。


早速使ってみました!

先日、この話を聞いた講師が、数学を苦手としている中学生に使ってみました。
応用問題を解く前に、「何を意識して取り組む?」と聞いたのです。
すると、普段は解けないレベルの応用問題を、自力で解けるようになったと喜んでいました。

「何を意識して取り組みますか?」
この質問は、シンプルですが、飛躍的に学習効果を高めます。
ぜひ、学習前に使ってみてください。
自分自身に問いかけても効果的ですよ♪


************************************
共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!

6月19日(日)『コーチング基礎講座1』のご案内
  「コーチング基礎講座」は、コーチングに興味をお持ちの方が
  その基礎的なことについて知り、学ぶことができる講座で、
  コーチングを知りたい方、以前学んだコーチング・スキルを
  もう一度チェックしたい方々のために企画されたセミナーです。

  コーチングを学び始めたばかりの方にとっては実践を通して
  体験的に学ぶことができます。すでに学んだ方にとっても、
  これまでに身につけたことを具体的に確認できる機会になります。

  基礎講座は1クール4回構成(1〜4)で、今年は3クールを
  繰り返し実施する予定です。講座の1〜4回に自由に参加できます。

  ★今回は、第2クールの講座1です。新たに参加される方も、
  以前他のプログラムに参加した方も歓迎いたします。今回の講座の
  主な内容は以下の予定です。

  ・コーチングとは何か
  ・基本スキル体験
  ・コーチングエクササイズ
  ・Q&A など

  これまでこの基礎講座に参加した方からは、以下のようなことに
  役立ったと感想をいただいています。

  >子どもや人との関わりが良くなりました
  >落ち着いて話が聞けるようになりました
  >自分のコミュニケーションのとり方の傾向が分かりました
  >ものごとの捉え方のレパートリーが広がりました
  >目標達成が早まりました

  高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。

  ☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆

  なお、次回第2クールの「基礎講座2」は7月に実施予定です。
  詳しくは、ホームページで確認してください。

【日 時】平成28年6月19日(日)9:15〜11:45(9:00より受付開始) 
【参加費】2000円(学生1000円)*当日会場でお支払いください。
【対 象】高校生以上なら、どなたでもご参加いただけます。
【定 員】20名 (定員になり次第締切りますので、ホームページでご確認ください。) 
【申込み】共育コーチング研究会HP http://www.ciie.jp より
     (HPが新しくなり、申し込み方法が変わりました。
     受付期間なら、ご自分でHP上で申込みやキャンセルが可能です。)
【会 場】東京ウィメンズプラザ 東京都渋谷区神宮前5−53−67
     http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html

 お問い合わせは ciie.basic2014@gmail.com
 企画/共育コーチング研究会 基礎講座プロジェクト/
 ご参加をお待ちしています。詳しくは共育コーチング研究会のHPをご覧ください。 

 共育コーチング研究会 http://www.ciie.jp
************************************
 


2016年05月25日05:30「やってみたい」「みてみたい」を育てること

今日の担当はやまざきみどりです。

人工知能(AI)が碁で世界最高棋士に勝ったというニュースを見た時、
私は人工知能(AI)に「すごい」という気持ちと恐怖心を持ちました。

子どもの頃「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の
看板からジョーズが飛び出て来たり
テレビ電話があったりの世界をすご〜いと思いながら見ていましたが
今は当たり前になっていますよね。
また、人間と会話できるロボットや、自動運転の車が開発され
あったらいいな、欲しい、見ていたいと思っていたものがドンドン開発されています。

便利になってよかったと思いながらも
人間の仕事はどうなっていくんだろうと不安もあります。

筑波大助教でメディアアーティストの落合雄一さん
(昨年、TIME誌とFortune誌による、技術分野の世界的研究者を選ぶ
「ワールド・テクノロジー・アワード」を受賞)の講演会に行き、
“コンピュータと人が協調する未来”とはどんな世界なのか?
コンピューター社会で活躍するためには何が必要なのかというお話を聴いてきました。

コンピューターは、
 こんなことをしたい、
 こんなものを作りたい
  こんなのがあったらいいな
  こんなのを見てみたい   など
人が思ったことをプログラミングされると仕事することができるようになります。

コンピューターに仕事させるには人の夢や思い、創造が必要みたいなんです。

落合さんは、プログラミングするためには
“何をやりたいのかが明確であること”“少しのプログラミングの知識”
そして“やる気”(根性論のやる気ではなく「やりたい!」と思う気持ち)が
必要とお話しされていました。

この時、私のしているコーチの仕事ってまさしくここだ!!
ここを応援しているのが私の仕事だ!! と思いました。

「これはムリ」「そんなことできるわけないでしょ」など
親が子どもの天井を決めるのではなく、
子どもの自由な発想や「やってみたい」「みてみたい」「こうなりたい」を
応援していくことの楽しさや大切さを伝えていきたいなと思いました。



************************************
共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!

6月19日(日)『コーチング基礎講座1』のご案内
  「コーチング基礎講座」は、コーチングに興味をお持ちの方が
  その基礎的なことについて知り、学ぶことができる講座で、
  コーチングを知りたい方、以前学んだコーチング・スキルを
  もう一度チェックしたい方々のために企画されたセミナーです。

  コーチングを学び始めたばかりの方にとっては実践を通して
  体験的に学ぶことができます。すでに学んだ方にとっても、
  これまでに身につけたことを具体的に確認できる機会になります。

  基礎講座は1クール4回構成(1〜4)で、今年は3クールを
  繰り返し実施する予定です。講座の1〜4回に自由に参加できます。

  ★今回は、第2クールの講座1です。新たに参加される方も、
  以前他のプログラムに参加した方も歓迎いたします。今回の講座の
  主な内容は以下の予定です。

  ・コーチングとは何か
  ・基本スキル体験
  ・コーチングエクササイズ
  ・Q&A など

  これまでこの基礎講座に参加した方からは、以下のようなことに
  役立ったと感想をいただいています。

  >子どもや人との関わりが良くなりました
  >落ち着いて話が聞けるようになりました
  >自分のコミュニケーションのとり方の傾向が分かりました
  >ものごとの捉え方のレパートリーが広がりました
  >目標達成が早まりました

  高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。

  ☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆

  なお、次回第2クールの「基礎講座2」は7月に実施予定です。
  詳しくは、ホームページで確認してください。

【日 時】平成28年6月19日(日)9:15〜11:45(9:00より受付開始) 
【参加費】2000円(学生1000円)*当日会場でお支払いください。
【対 象】高校生以上なら、どなたでもご参加いただけます。
【定 員】20名 (定員になり次第締切りますので、ホームページでご確認ください。) 
【申込み】共育コーチング研究会HP http://www.ciie.jp より
     (HPが新しくなり、申し込み方法が変わりました。
     受付期間なら、ご自分でHP上で申込みやキャンセルが可能です。)
【会 場】東京ウィメンズプラザ 東京都渋谷区神宮前5−53−67
     http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html

 お問い合わせは ciie.basic2014@gmail.com
 企画/共育コーチング研究会 基礎講座プロジェクト/
 ご参加をお待ちしています。詳しくは共育コーチング研究会のHPをご覧ください。 

 共育コーチング研究会 http://www.ciie.jp
************************************



2016年05月25日05:00常識を離れて心開く

爽やかな初夏の陽気に喜びもつかの間、
梅雨入りの湿気が近づいてきましたね。

こんにちは、今日の担当は大石稜子です。

最近の新聞に『大人になるためのリベラルアーツ』という

難しいですが深く納得させられる記事を見つけました。


東京大学の教育改革で新設された

教養科目「異文野交流・多分野交流論」全12回の授業

授業は具体的なテーマについて掘り下げるための議論を毎回するそうです。


テーマ例には

「議論によって合意に達することは可能か」

「差異を乗り越えることは可能か」があります。


複数の団体に所属していると

上の2テーマが特に面白く感じます。


ガラパゴス社会と言われる日本社会、

組織や制度をいったん確立すると壁をつくってしまい、

相互交流できなくなる特徴をもつ社会や組織に風穴を開ける力を

育成する目的の教養科目だそうです。


この研究会も

セミナーのテーマ別グループ会議や

全体会議が重ねられているので

上記テーマは常に裏テーマで寄り添っています。


みんな似たような立場、考えや趣味趣向の人ばかりの集まりだと、

話し合いがすんなり進んで楽でしょうが、

すぐに理解できないような論旨を持ちだしてくる仲間がいると

大変だけど学びも大きくて面白いです。


異論は宝!


複数の立場を自由に往復する思考力を養うチャンスになりますね。


面倒くさいほど異論を掲げる人は

自分にとっての貴重な存在です。


と、頭で理解できるところまでは来たのですが、

議論はまだまだ疲れの方が先行しやすいです。


ただ最近は、

外国人のお婿さんと異文化で育つ孫のお陰で

複数の立場を行き来しながら考えられるようにはなってきました。



そう言えば、

教師時代に多くの子どもたちや保護者のみなさんと出会い、

なんとしても協力しあって子どもの成長に役立てて行こうとした時、

相手の言葉から受ける印象や主観を越えて思いや考えを聴くに徹して融合を試み、

協力し合うことがいかに重要かを体得しました。



その経験を重ねるうち、

自分の常識(主観や判断)は絶対か?

という疑いの目を持つことが一つのスタンスになっています。


ビジネスの世界でも、と言うか、ビジネスこそ、

多種多様の立場や人材とつながり、

情報をゲットして、

収益性の高いビジネスを生み出すことが求められていますよね。


要は多様性を追求しながら、

グローバルな人材を育成することが

東京大学のプログラムなのでしょう。


異論に接した時、(めげずに)

自分の枠を超える情報として

面白がって得られると嬉しいですね。



また、誰かに反論したからと言って、

「馬鹿じゃないの」とか

「それはおかしい」位は言われるかもしれませんが、


「あなたのせいで死にたくなる」

などと脅されることもないでしょうから、


合意形成へ貢献する目的で

どんどん異論・反論を出し合って争論していけたらと思うこの頃です。


常識を離脱して心開き、

自ら調べて考えながら知識を活用して判断し、

多様な考えを往復する。


そのような術で他者と協力してこそ

藤垣裕子副学長提唱の大人と言えそうです。



日経新聞 東京大学 藤垣裕子副学長の記事

後期教養科目は

専門分野や時代の枠を超えて複数のコミュニティーを往復する力を付け、

みずからを解放することだという。から引用



2016年05月23日05:00ピンチは学びのチャンス

今日の担当は、古田倫子です。

 

今、小学校教諭をしています。今年度は4年生の担任です。

最近、子どもたちとのかかわりの中で、感じていることの中から。

 

「先生―!スープこぼしちゃった!」

「先生、算数の教科書、忘れました。」

「先生―!トイレー!」

「先生―、のりがないー!」

 

日常の学校生活の中で、よく言われるセリフです。

 

私は、必ず言います。

 

「そっか、で、あなたはどうしたいの?」

 

「えっ?!」

子どもたちは、一瞬戸惑った表情をします。

 

「スープがこぼれちゃったんだよね。で、あなたはどうしたいの?」

「教科書忘れちゃったんだよね。だから、あなたはどうしたいの?」

「私はトイレではありませんよ、トイレがどうしたの?」

「のりがないんだね。それで、あなたはどうしたいの?」

 

つまり、自分がどうしたのか?何を伝えたくて私のところへ来ているのかを、自分の言葉で話させています。

 

一緒に片づけてほしいのか、ふく台ふきんがほしいのか、教科書を貸してほしいのか、報告にきているのか、のりを貸してほしいのか。

 

最近、親子のやりとりを見ていて、何でも与えすぎていることが多いのではと感じています。

ジュースをこぼしたら大人が全部片づけてしまう、忘れ物やないと言われたらすぐに物を与えてしまう、大人から見て「困った」経験を子どもがしたときに、すぐに手を出してしまう傾向が強いのではないだろうかと思います。


もちろん、ケガや病気の時は、すぐに手をさしのべるべきですが、命に別条のない普段の生活の中のごく当たり前に困る経験をした時ですら、大人が解決してしまっていることが多いんじゃないかなと。

子どもたちは、「困った時にはどうしたらいいのか?」を経験を通して学ぶ機会が少なくなっている気がしてなりません。

「ピンチは学びのチャンス!」ぜひ、手を出したいのをグっとこらえてみてはどうでしょうか。

 

新学期が始まって2ヶ月経とうとしています。

最近、子どもたちのセリフが変わってきています。

「先生、教科書を忘れました。となりの子からみせてもらおうと思っています。明日からは連絡帳を見て、忘れないように気をつけます。」

「先生、のりがなくなりました。今日帰ったらお母さんにそのことを伝えようと思うので、今日だけ貸してください。」

 

 

 これからの子どもたちとのかかわりが楽しみです。




************************************

共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!


6月19日(日)『コーチング基礎講座1』のご案内

  「コーチング基礎講座」は、コーチングに興味をお持ちの方が

  その基礎的なことについて知り、学ぶことができる講座で、

  コーチングを知りたい方、以前学んだコーチング・スキルを

  もう一度チェックしたい方々のために企画されたセミナーです。


  コーチングを学び始めたばかりの方にとっては実践を通して

  体験的に学ぶことができます。すでに学んだ方にとっても、

  これまでに身につけたことを具体的に確認できる機会になります。


  基礎講座は1クール4回構成(1〜4)で、今年は3クールを

  繰り返し実施する予定です。講座の1〜4回に自由に参加できます。


  ★今回は、第2クールの講座1です。新たに参加される方も、

  以前他のプログラムに参加した方も歓迎いたします。今回の講座の

  主な内容は以下の予定です。


  ・コーチングとは何か

  ・基本スキル体験

  ・コーチングエクササイズ

  ・Q&A など


  これまでこの基礎講座に参加した方からは、以下のようなことに

  役立ったと感想をいただいています。


  >子どもや人との関わりが良くなりました

  >落ち着いて話が聞けるようになりました

  >自分のコミュニケーションのとり方の傾向が分かりました

  >ものごとの捉え方のレパートリーが広がりました

  >目標達成が早まりました


  高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。


  ☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆


  なお、次回第2クールの「基礎講座2」は7月に実施予定です。

  詳しくは、ホームページで確認してください。


【日 時】平成28年6月19日(日)9:15〜11:45(9:00より受付開始) 

【参加費】2000円(学生1000円)*当日会場でお支払いください。

【対 象】高校生以上なら、どなたでもご参加いただけます。

【定 員】20名 (定員になり次第締切りますので、ホームページでご確認ください。) 

【申込み】共育コーチング研究会HP http://www.ciie.jp より

     (HPが新しくなり、申し込み方法が変わりました。

     受付期間なら、ご自分でHP上で申込みやキャンセルが可能です。)

【会 場】東京ウィメンズプラザ 東京都渋谷区神宮前5−53−67

     http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html


 お問い合わせは ciie.basic2014@gmail.com

 企画/共育コーチング研究会 基礎講座プロジェクト/

 ご参加をお待ちしています。詳しくは共育コーチング研究会のHPをご覧ください。 


 共育コーチング研究会 http://www.ciie.jp

************************************




2016年05月20日05:00私の中のチームワーク


本日の担当は西川ゆうこです

 


岡崎選手が所属するチームが優勝したことが「レスターの奇跡」として話題になっていますが

サッカーというとチームワークという言葉が私の頭でイメージされます。 

以前に研修講師の方が チームワークが結果としてアップしたのよ〜

というワークのことを教えてくれたことを思い出しました。

 


職場に「こんな事があったらいいなあ」ということを

何でもよいから参加者全員が 各々書いてみる。

どんなことでもいい。無理だろうけどあったらいいなあということ大歓迎と!

という講師の説明も加えることがポイント。

 


書いたことを グループで話し合った後に グループシェアーをする。

出てきたことは 出来そうな範囲の中での「あったらいいなあ」が

事が多く上がってきた。

 


そんな中、ポイントである無理だろけどを書いた参加者がいた。

みんなでハワイに行く!ということ。

研修の場が  お〜あったらいいなあ 行きたいね!

と ちょっと盛り上がったそうです。

それで そのあったらいいなあを実現させる策を練ることにしたそうです。

とはいえ 出来ない理由が出てきます。

まず 誰がお金を出すの?

そんなに長くみんなで休みは取れないではないか?というできない理由が

数多く意見が出てきた。

そして そもそも論として

なぜハワイにみんなで行けたらいいのか?ということを聞くと

「だって みんなで行けたら楽しそうじゃない!」という

シンプルな理由。

それを 聞いてそのワークは終了。

 


後日、その職場でこんなことがおきたそうです。

ハワイに行く策までには至らなかったのですが

みんなでハワイアンセンターに行くことはできたそうです。

 


お金のハードルのために 月々の積み立てを開始。

みんなで行って楽しい場所だったら 他にもあるよね!と

ハワイアンセンターが候補にあがって

予定を合わせて行ったそうです。

ハワイ ではなかったですが

ちょっと似てるハワイアンセンターにみんなでは行けたのは

ハワイという無理だろうなと思うけど書いてみた人がいたおかげだと

盛り上がった。

 


災害時に、いかにその場を安全に過ごすかは瞬時のイメージ力が左右することがある

ということで、イメージ力が大切ですねということで

まずは、自分たちのイメージ力がどのぐらいかの現状を知ることがワークの意図だったんだけど

結果としてチームワークが高まったと好評だったと。


「みんなでハワイに行く」という参加者がイメージしやすくて

しかも 誰しもがワクワクすることが出てきたことで、

自然と課題を乗り越える力が出てきて、

乗り越える過程で、主張しがちな人が人の意見を受け入れたり、

個人プレイが多い人が役割を引き受けたりしながら
チームワークが高まったというフィードバックをもらったと。

 

さてさて タイトルの私の中のチームワークのことですが、

私の体の選手紹介は 脳・心・手・足・内臓(上部・中部・下部) 7名
それぞれに意識を向けてみることで、その日によく働いてくれた選手に
この1カ月ほど 寝る前にエールを送っています。
疲れた選手がしっかり疲れたよ〜と主張してくれるようになったと感じています。



************************************
共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!

6月19日(日)『コーチング基礎講座1』のご案内
  「コーチング基礎講座」は、コーチングに興味をお持ちの方が
  その基礎的なことについて知り、学ぶことができる講座で、
  コーチングを知りたい方、以前学んだコーチング・スキルを
  もう一度チェックしたい方々のために企画されたセミナーです。

  コーチングを学び始めたばかりの方にとっては実践を通して
  体験的に学ぶことができます。すでに学んだ方にとっても、
  これまでに身につけたことを具体的に確認できる機会になります。

  基礎講座は1クール4回構成(1〜4)で、今年は3クールを
  繰り返し実施する予定です。講座の1〜4回に自由に参加できます。

  ★今回は、第2クールの講座1です。新たに参加される方も、
  以前他のプログラムに参加した方も歓迎いたします。今回の講座の
  主な内容は以下の予定です。

  ・コーチングとは何か
  ・基本スキル体験
  ・コーチングエクササイズ
  ・Q&A など

  これまでこの基礎講座に参加した方からは、以下のようなことに
  役立ったと感想をいただいています。

  >子どもや人との関わりが良くなりました
  >落ち着いて話が聞けるようになりました
  >自分のコミュニケーションのとり方の傾向が分かりました
  >ものごとの捉え方のレパートリーが広がりました
  >目標達成が早まりました

  高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。

  ☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆

  なお、次回第2クールの「基礎講座2」は7月に実施予定です。
  詳しくは、ホームページで確認してください。

【日 時】平成28年6月19日(日)9:15〜11:45(9:00より受付開始) 
【参加費】2000円(学生1000円)*当日会場でお支払いください。
【対 象】高校生以上なら、どなたでもご参加いただけます。
【定 員】20名 (定員になり次第締切りますので、ホームページでご確認ください。) 
【申込み】共育コーチング研究会HP http://www.ciie.jp より
     (HPが新しくなり、申し込み方法が変わりました。
     受付期間なら、ご自分でHP上で申込みやキャンセルが可能です。)
【会 場】東京ウィメンズプラザ 東京都渋谷区神宮前5−53−67
     http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html

 お問い合わせは ciie.basic2014@gmail.com
 企画/共育コーチング研究会 基礎講座プロジェクト/
 ご参加をお待ちしています。詳しくは共育コーチング研究会のHPをご覧ください。 

 共育コーチング研究会 http://www.ciie.jp
************************************







2016年05月18日05:00本を読む人だけが手にするもの

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。
 

朝の10分間読書を行っている学校が増えています。

以前にも紹介しましたが朝読書の原則は次の4点です。

  ・みんなでやる

  ・毎日やる

  ・好きな本でよい

  ・ただ読むだけ

感想文を書かせたり、本の内容を評価したりしません。

ただし、漫画や写真雑誌は不可となっています。

 

本校でも数年前からこの朝読書を行っています。

クラス担任は生徒と一緒に読書をしていますが

職員室に残っている私はもろもろの仕事をしていました。

これではいけないと気付かされ、

今年度からはこの時間に自分も読書することにしました。

 

最近読んだ本から一冊紹介します。

「本を読む人だけが手にするもの」藤原和博著 日本実業出版社

著者の藤原和博さんはリクルートから東京都で義務教育初の

民間人校長になった方です。

よのなか科の創設など校長就任後の活躍も有名です。

本書で興味をもったのは各章の見出しです。

・成熟社会では本を読まない人は生き残れない

・本を読むと、何が得か?

・読書とは「他人の脳のかけら」を自分の脳につなげること

・読書は私の人生にこんなふうに役立った

・正解のない時代を切り拓く読書

・本嫌いの人でも読書習慣が身につく方法

付録・藤原和博の「これだけは読んでほしい」と思う本・50

 

 

この本には生徒たちに能動的な動きを促す仕掛けが

各所に散りばめられています。

様々な切り口で刺激を与えてくれるので

一通り読んだ後で、各章に戻って読み返しをしています。

子どもに関わる方には読んでもらいたいと思います。


************************************

共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!


6月19日(日)『コーチング基礎講座1』のご案内

  「コーチング基礎講座」は、コーチングに興味をお持ちの方が

  その基礎的なことについて知り、学ぶことができる講座で、

  コーチングを知りたい方、以前学んだコーチング・スキルを

  もう一度チェックしたい方々のために企画されたセミナーです。


  コーチングを学び始めたばかりの方にとっては実践を通して

  体験的に学ぶことができます。すでに学んだ方にとっても、

  これまでに身につけたことを具体的に確認できる機会になります。


  基礎講座は1クール4回構成(1〜4)で、今年は3クールを

  繰り返し実施する予定です。講座の1〜4回に自由に参加できます。


  ★今回は、第2クールの講座1です。新たに参加される方も、

  以前他のプログラムに参加した方も歓迎いたします。今回の講座の

  主な内容は以下の予定です。


  ・コーチングとは何か

  ・基本スキル体験

  ・コーチングエクササイズ

  ・Q&A など


  これまでこの基礎講座に参加した方からは、以下のようなことに

  役立ったと感想をいただいています。


  >子どもや人との関わりが良くなりました

  >落ち着いて話が聞けるようになりました

  >自分のコミュニケーションのとり方の傾向が分かりました

  >ものごとの捉え方のレパートリーが広がりました

  >目標達成が早まりました


  高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。


  ☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆


  なお、次回第2クールの「基礎講座2」は7月に実施予定です。

  詳しくは、ホームページで確認してください。


【日 時】平成28年6月19日(日)9:15〜11:45(9:00より受付開始) 

【参加費】2000円(学生1000円)*当日会場でお支払いください。

【対 象】高校生以上なら、どなたでもご参加いただけます。

【定 員】20名 (定員になり次第締切りますので、ホームページでご確認ください。) 

【申込み】共育コーチング研究会HP http://www.ciie.jp より

     (HPが新しくなり、申し込み方法が変わりました。

     受付期間なら、ご自分でHP上で申込みやキャンセルが可能です。)

【会 場】東京ウィメンズプラザ 東京都渋谷区神宮前5−53−67

     http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html


 お問い合わせは ciie.basic2014@gmail.com

 企画/共育コーチング研究会 基礎講座プロジェクト/

 ご参加をお待ちしています。詳しくは共育コーチング研究会のHPをご覧ください。 


 共育コーチング研究会 http://www.ciie.jp

************************************

 



2016年05月16日05:00ガーデニング

今日の担当は、柳原達宏です。

 


5月は気持ちのよい季節、

緑も深まって、
初夏の装いへと変化しつつありますね。

さて、わたくし、ガーデニングが趣味です。

植物に興味を持って始めたのが小学校4年生のとき。

今から50年近く前!

まだ、ガーデニングなんていうしゃれた言葉はなくて、

園芸とか庭いじりとか言っていたころ。


何が好きかというと「シダ」。

ワラビとかゼンマイとか、

みなさんにもなじみがあると思いますが

あの、新芽がくるくると展開して広がっていく

そのみずみずしさがたまりません。


近所の林に出かけて行って

直径1メートルくらいに葉を広げる

「オシダ」の株をいくつも掘ってきて、

自宅の庭に植えておりました。

そのほかにも庭に
20種類くらいのシダのコレクション。


ついでにヒガンバナの球根も
バケツに3杯ほど掘ってきて

庭に植えておりました。


とても小学生の趣味じゃありません。

 


前置きが長くなりました。

最初はシダ植物からスタートしたガーデニングも

その後、トロピカルな観葉植物、

山野草、洋ランなどと広がり

今日に至っております。

 

ある一時期、

20代の前半頃でしょうか、

花が咲く植物を育てていたころ

花が咲くのが待てなくて、

植物を育てることを面倒くさく感じていたことがあります。

 


種をまいたら2か月くらいで花を見られるのですが、

とにかく咲くまで待てない。

しかたないので、つぼみ付きの苗を買ってきて

庭先で育てていました。

 


そんな私の植物との付き合い方が大きく変化したのは

自分に子どもが生まれてからだと思います。

 


日々刻々と変化する子の姿が
かわいくて仕方がない。

昼間は仕事に出かけているので、

帰ってくると今日はどんな変化があったか

子に触れて、眺めまわしていました。

それに伴って、

植物に対しても同様のことをするようになりました。

「観察する」

植物は、子どもと違ってことばを話さないから

ひたすら観察して対応するしかないわけですが

よくよく見ると、子どもと同じように

植物も1日でかなり変化している。

 


それまでは、

花が咲くことばかりを待ち望んでいたのが

芽が出て枝が広がりつぼみが膨らんでくる

成長の様子を見るのがとにかく楽しい。

 


命のプロセスに寄り添う。

対象が、人間でも、植物でも

これは喜びですね。

 


もう一つは、環境を整える。

日光、温度、湿度、風通し、水やり、肥料、土壌、

植物の種類によっても、

また、個体によっても、鉢の置き場所によっても

ずいぶん違うものです。

 


観察したら、次は環境整備。

シダだけでなく他の植物もうまく育つようになりました。

 


人間にとっても環境はとっても大切ですよね。

命あるものは

動物でも植物でも

共通していることがいっぱいあります。

 


そういえば、

ベトナム出身の仏教者ティック・ナト・ハンが
次のようなことを言っています。

 


「レタスを植えたけれどよく育たなかった場合

そのレタスを責めることはしないはずです。

 


よく育たない理由をいろいろと探します。

 


もっと肥料が必要かもしれない。

もっと水をあげる必要があるかもしれない。

日当たりがよすぎるかもしれない。

 


レタスを責めることは絶対にしないはずです。

 


しかし、友人や家族に問題があるとその人を責めます。

よく面倒をみてあげれば、人もレタスのようによく育つのです」

 


植物はしゃべらないから

ただひたすら観察して世話するしかないですが

人の場合はしゃべってくれるのでわかりやすい!

 


と思ったら、これが実は落とし穴かもしれません。

 


それに、言葉が通じるから観察する前に

言わなくてもいいことを言ったり

命令したりしますから!

 

************************************

共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!


6月19日(日)『コーチング基礎講座1』のご案内

  「コーチング基礎講座」は、コーチングに興味をお持ちの方が

  その基礎的なことについて知り、学ぶことができる講座で、

  コーチングを知りたい方、以前学んだコーチング・スキルを

  もう一度チェックしたい方々のために企画されたセミナーです。


  コーチングを学び始めたばかりの方にとっては実践を通して

  体験的に学ぶことができます。すでに学んだ方にとっても、

  これまでに身につけたことを具体的に確認できる機会になります。


  基礎講座は1クール4回構成(1〜4)で、今年は3クールを

  繰り返し実施する予定です。講座の1〜4回に自由に参加できます。


  ★今回は、第2クールの講座1です。新たに参加される方も、

  以前他のプログラムに参加した方も歓迎いたします。今回の講座の

  主な内容は以下の予定です。


  ・コーチングとは何か

  ・基本スキル体験

  ・コーチングエクササイズ

  ・Q&A など


  これまでこの基礎講座に参加した方からは、以下のようなことに

  役立ったと感想をいただいています。


  >子どもや人との関わりが良くなりました

  >落ち着いて話が聞けるようになりました

  >自分のコミュニケーションのとり方の傾向が分かりました

  >ものごとの捉え方のレパートリーが広がりました

  >目標達成が早まりました


  高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。


  ☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆


  なお、次回第2クールの「基礎講座2」は7月に実施予定です。

  詳しくは、ホームページで確認してください。


【日 時】平成28年6月19日(日)9:15〜11:45(9:00より受付開始) 

【参加費】2000円(学生1000円)*当日会場でお支払いください。

【対 象】高校生以上なら、どなたでもご参加いただけます。

【定 員】20名 (定員になり次第締切りますので、ホームページでご確認ください。) 

【申込み】共育コーチング研究会HP http://www.ciie.jp より

     (HPが新しくなり、申し込み方法が変わりました。

     受付期間なら、ご自分でHP上で申込みやキャンセルが可能です。)

【会 場】東京ウィメンズプラザ 東京都渋谷区神宮前5−53−67

     http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html


 お問い合わせは ciie.basic2014@gmail.com

 企画/共育コーチング研究会 基礎講座プロジェクト/

 ご参加をお待ちしています。詳しくは共育コーチング研究会のHPをご覧ください。 


 共育コーチング研究会 http://www.ciie.jp

************************************

 




2016年05月13日05:00「あなたのため」は、誰のため?
こんにちは!
今日の担当は、石川りつこです。

先日、ゆっくりしたくて、朝からカフェに行った日がありました。
家にいてもゆっくりはできるんですけど、家だと、目に入ったものが気になって
結局何かしてしまうことが多くて、カフェに逃げました(^^;)

コーヒーを飲みながら、本を出したりなんだりしていると、
大学生ぐらいの女の子が、私のすぐ隣の席に来ました。
パソコンを開き、何やら作業をしています。

この時期、大学生ぐらいの子が、就活でしょうか、エントリーシートを
入力したり、企業研究をしている姿をよく見ていたので、
「この子もそうかな〜」と思いながら、私はしばらく本を読んでいました。

読んでいた本がきりのいいところまできたので、一息ついて、コーヒーを飲もうと
顔を上げたら、隣の子のパソコンの画面がちらっと見えて。
(勝手に見てごめんね)

それは、日本語の画面ではなく、英語の文献のようなものが表示された画面で。

勝手に察するに、彼女は就活ではなく、英語の勉強をしている様子、でした。

「休みの日に、英語の勉強か〜。えらいな〜」と勝手に感心し、私はまた本に戻りました。


それから1時間ぐらいしてから、彼女の隣にお母さんと思われる方が来ました。

着席するなり、カバンからたくさんの資料を出して、表情も冷たくて、雰囲気もなんだか険悪で…。
その雰囲気に、本を読む手が止まってしまい。

元来、お節介な私
「お嬢さん、真剣に勉強されてましたよ!
朝だし、天気もいいですし、まあそうカリカリしないで…」と言いたくなる場面。

そんな、お節介が発動しそうになるのを必死にこらえ、
「よそんちのこと。関係ない関係ない…」と思いながら、私は再び本に戻りました。

が、程なくまた隣の彼女に注意が移ってしまいました。
隣なので、話の内容が聞こえてきてしまって…。

彼女は大学在学中に1年間留学したいようで

「卒業したら、空港のグランドホステスか、ホテルで働きたい。
だから、英語を身につけたい。今のうちに、ネイティブに触れておきたい。
できないかもしれない、でもやってみなきゃわからないから、やってみたい」

と、お母さんに一生懸命プレゼンテーションしていました。

それを、要はお母さんは反対なんですね、「今に集中しなさい」と、これまた説得しています。

沢山持ってきた資料は、お母さんなりに留学について調べた資料のようで

「見てみなさい、こんなにお金がかかるのよ」
「今だって奨学金借りてて、その上にこんなお金、どこから出てくるの?」
「こないだ、前期の学費払ったばっかりよ」
「英語なら、海外に行かなくても身に付けられるでしょ?要は本気になるか、ならないか、なの」
「まずは今のところで、本気でやってみなさい」
「留学先でバイトするって言ったって、無理に決まってるじゃない」
「やり直しはきかないんだから、ちゃんと先のことまで考えて」
「あなたのためを思って、言ってるのよ」

と、悉く彼女の言うことに対して、親世代の正論で論破していきます。
ぐうの音も出ないほど。

私も親なので、お母さんの気持ちは推測できます。
大学生になったって、子どものことが心配なんですよね。
少し、子どもたちより長く生きているから、
「こうやったら、こうなるだろう」と推測がつくことがあるんですよね。
だから、あれこれ言いたくなるんですよね…。
それは、理解します。

でも、その正論は、彼女のため?

この正論を主張し続けて、押し通したとしたら、
彼女の「やりたい」「やってみたい」の行き場がなくなってしまう、と私は思います。
彼女の自発的な思いが、成仏しない。


私は大学や専門学校で授業を持たせてもらっていて、彼女の世代の学生さんと
接することが多くあります。

その中で痛感していることの1つに
「『やりたいことがない。分からない』という学生が多い」ということがあります。

もっというと、その手前で、「やりたい!」「素敵だな」「こういうのが、いいな」と
感じる心や感じる力が弱い、反応する力が弱い、そんな学生が、とても多いと認識しています。

これらは私の感覚値ですので、正確ではないですし、
私が接している学生に、たまたまそういう学生が多いだけなのかもしれません。

もしかしたら、昔は「やりたい!」「こういうの、いいな」を持ってたのかもしれません。
それらを、周りの大人は丁寧に聞いていて、扱ってくれていたのだろうか…?


今回、彼女は、自分の「やりたい」「こうしたい」を主張していました。
思いの種があって、やってみたい、と思って、英語を勉強するなど、行動につながっています。
私は、これはとっても素敵なことだと思うんです。

もしもう一度、あの親子に会えたら、お母さんと一緒に
彼女の思いを、出尽くすまで聞いてみたい。
その上で、お母さんの不安も出尽くすまで聞いて、双方が納得する
WIN-WINな解決策を一緒に検討したい、なんて思います。


冷えてしまったコーヒーを飲みながら、
すべての子どもの「やりたい」を応援できる社会にしたい、なんて、
大きなことを思った朝でした。


************************************
共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!

6月19日(日)『コーチング基礎講座1』のご案内
  「コーチング基礎講座」は、コーチングに興味をお持ちの方が
  その基礎的なことについて知り、学ぶことができる講座で、
  コーチングを知りたい方、以前学んだコーチング・スキルを
  もう一度チェックしたい方々のために企画されたセミナーです。

  コーチングを学び始めたばかりの方にとっては実践を通して
  体験的に学ぶことができます。すでに学んだ方にとっても、
  これまでに身につけたことを具体的に確認できる機会になります。

  基礎講座は1クール4回構成(1〜4)で、今年は3クールを
  繰り返し実施する予定です。講座の1〜4回に自由に参加できます。

  ★今回は、第2クールの講座1です。新たに参加される方も、
  以前他のプログラムに参加した方も歓迎いたします。今回の講座の
  主な内容は以下の予定です。

  ・コーチングとは何か
  ・基本スキル体験
  ・コーチングエクササイズ
  ・Q&A など

  これまでこの基礎講座に参加した方からは、以下のようなことに
  役立ったと感想をいただいています。

  >子どもや人との関わりが良くなりました
  >落ち着いて話が聞けるようになりました
  >自分のコミュニケーションのとり方の傾向が分かりました
  >ものごとの捉え方のレパートリーが広がりました
  >目標達成が早まりました

  高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。

  ☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆

  なお、次回第2クールの「基礎講座2」は7月に実施予定です。
  詳しくは、ホームページで確認してください。

【日 時】平成28年6月19日(日)9:15〜11:45(9:00より受付開始) 
【参加費】2000円(学生1000円)*当日会場でお支払いください。
【対 象】高校生以上なら、どなたでもご参加いただけます。
【定 員】20名 (定員になり次第締切りますので、ホームページでご確認ください。) 
【申込み】共育コーチング研究会HP http://www.ciie.jp より
     (HPが新しくなり、申し込み方法が変わりました。
     受付期間なら、ご自分でHP上で申込みやキャンセルが可能です。)
【会 場】東京ウィメンズプラザ 東京都渋谷区神宮前5−53−67
     http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html

 お問い合わせは ciie.basic2014@gmail.com
 企画/共育コーチング研究会 基礎講座プロジェクト/
 ご参加をお待ちしています。詳しくは共育コーチング研究会のHPをご覧ください。 

 共育コーチング研究会 http://www.ciie.jp
************************************



2016年05月11日05:00励ます

こんにちは。木下尚子です。

 

子育てにおいても、教育の場においても、職場においても人を「励ます」という行為は、

人生においてとても大切なことだと思います。

私自身、振り返ってみるとたくさんのかたがたに、いろいろな場面で励まされたことで、

乗り越えてきたことがたくさんあります。言葉であったり、態度や行動であったり、

表情ひとつでも「励まし」になったりするものです。

 

不器用な母は、私が数々の挫折を味わっている間、余計なことは言わず

(言えずかも)、じっと見守ってくれました。内向性の私には、

思春期にどんな言葉より、何よりの励ましでした。

 

小学校の時、春になると山から鈴蘭を取ってきてプレゼントしてくれた友人。

今でも故郷から山菜を送ってくれます。「送ったよ」という元気な声に励まされます。

 

初めて異国で生活することになり、途方にくれていた時、自分の時間を惜しまず

サポートしてくれ、クリスマス休暇のときには1ヶ月も自宅に滞在させてくれた

アメリカ人の励ましは忘れません。

 

あえて、言いにくいことを正直に言ってくれた友人。良薬は口に苦いのですが、

自分の殻を破るためには最高の励ましであったりします。

 

メッセージの伝え方はさまざまですが、励まし上手な人は、

「あなたは私にとって大切な存在ですよ」という気持ちが根底にあるから、

それがいろいろなかたちで伝わるのだと思います。私もつい距離を取り間違ったり、

タイミングを逸したり、余計なことをして失敗しますが、動機がそこにある限り

「はげまし」は人が成長する上で大切なコミュニケーションだと思います。



************************************
共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!

6月19日(日)『コーチング基礎講座1』のご案内
  「コーチング基礎講座」は、コーチングに興味をお持ちの方が
  その基礎的なことについて知り、学ぶことができる講座で、
  コーチングを知りたい方、以前学んだコーチング・スキルを
  もう一度チェックしたい方々のために企画されたセミナーです。

  コーチングを学び始めたばかりの方にとっては実践を通して
  体験的に学ぶことができます。すでに学んだ方にとっても、
  これまでに身につけたことを具体的に確認できる機会になります。

  基礎講座は1クール4回構成(1〜4)で、今年は3クールを
  繰り返し実施する予定です。講座の1〜4回に自由に参加できます。

  ★今回は、第2クールの講座1です。新たに参加される方も、
  以前他のプログラムに参加した方も歓迎いたします。今回の講座の
  主な内容は以下の予定です。

  ・コーチングとは何か
  ・基本スキル体験
  ・コーチングエクササイズ
  ・Q&A など

  これまでこの基礎講座に参加した方からは、以下のようなことに
  役立ったと感想をいただいています。

  >子どもや人との関わりが良くなりました
  >落ち着いて話が聞けるようになりました
  >自分のコミュニケーションのとり方の傾向が分かりました
  >ものごとの捉え方のレパートリーが広がりました
  >目標達成が早まりました

  高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。

  ☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆

  なお、次回第2クールの「基礎講座2」は7月に実施予定です。
  詳しくは、ホームページで確認してください。

【日 時】平成28年6月19日(日)9:15〜11:45(9:00より受付開始)
【参加費】2000円(学生1000円)*当日会場でお支払いください。
【対 象】高校生以上なら、どなたでもご参加いただけます。
【定 員】20名 (定員になり次第締切りますので、ホームページでご確認ください。)
【申込み】共育コーチング研究会HP http://www.ciie.jp より
     (HPが新しくなり、申し込み方法が変わりました。
     受付期間なら、ご自分でHP上で申込みやキャンセルが可能です。)
【会 場】東京ウィメンズプラザ 東京都渋谷区神宮前5−53−67
     http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html

 お問い合わせは ciie.basic2014@gmail.com
 企画/共育コーチング研究会 基礎講座プロジェクト/
 ご参加をお待ちしています。詳しくは共育コーチング研究会のHPをご覧ください。

 共育コーチング研究会 http://www.ciie.jp
************************************




2016年05月09日05:00目は口ほどにものを言う

本日の担当は北村和夫です。

 


春は入社や人事異動で新たな出会いが多くなります。多くの出会いを迎え、
新たな人間関係を築いていかなければならないという人も多くなりますね。

どのような人間関係が築かれるかは、その人が持つ「魅力」すなわち「対人魅力」
にほかなりません。

 


それではこの魅力とはどんなものなのでしょうか。

まず、分かりやすいのは「身体的魅力」つまり外見ですね。顔立ち、髪型、
スタイル、服装など、外見にかかわる要素は対人魅力に大きく影響します。

この身体的魅力のうち、もっとも大きな要素は、私は「目」だと思います。

 


人間の臓器の中で唯一むき出しになっている臓器、それが目です。

他の臓器はすべて皮膚に覆われていますが、目は脳から極めて近い距離にあり、
視神経という幅1センチ以上もある神経で脳とがっちり結ばれています。

このような構造から、目には脳の状況、言い換えれば内面や内心が出てしまうのでは
と思われます。

 


「眼は口ほどにモノを言う」という言葉のとおり、人は相手の目から直感的に
何かを感じ取ります。どこまで何を感じ取るかは、人によって異なりますが、
目つきや目の雰囲気に自分の内面や内心が出てしまっているということに、
気がつかない無防備な人が結構多いと私は感じます。

 


いくら顔立ちやスタイルが良くても、髪型や服装がおしゃれでも、
目の雰囲気に違和感を覚えると、相手に魅力を感じることはなくなるのでは
ないでしょうか。

私も時々経験しますが、ユーモアを交えた流暢な話し方をされても
「目が笑ってない人」
にどうも魅力を感じません。

 


人間の目は好きなもの、興味のあるもの、面白いと思うものを見ると
瞳孔(どうこう)が
開きます。

この瞳孔の開き具合が人間の魅力に影響を与えるそうです。

 


これは本で読んだのですが、複数の男性に、一人の女性の写真を見せ、
そのうちの一枚だけをその女性の瞳孔を大きくするように加工しておいたところ、
結果は男性のほとんどが瞳孔を大きくした写真を魅力的だと感じたという。

 


前述の通り目には内心が出る。そのため、相手や相手の話にしっかりと興味を持ち、
その場を心から楽しむということは、外見的な魅力を高める上で非常に
大切なこどだと私は思います。

 


コーチングのスキルに、「アイコンタクト」なるものがありますが、
コーチングスキルだけでなく、あなたを魅力的にする重要なスキルだと思います。

 


************************************

共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!


6月19日(日)『コーチング基礎講座1』のご案内

  「コーチング基礎講座」は、コーチングに興味をお持ちの方が

  その基礎的なことについて知り、学ぶことができる講座で、

  コーチングを知りたい方、以前学んだコーチング・スキルを

  もう一度チェックしたい方々のために企画されたセミナーです。


  コーチングを学び始めたばかりの方にとっては実践を通して

  体験的に学ぶことができます。すでに学んだ方にとっても、

  これまでに身につけたことを具体的に確認できる機会になります。


  基礎講座は1クール4回構成(1〜4)で、今年は3クールを

  繰り返し実施する予定です。講座の1〜4回に自由に参加できます。


  ★今回は、第2クールの講座1です。新たに参加される方も、

  以前他のプログラムに参加した方も歓迎いたします。今回の講座の

  主な内容は以下の予定です。


  ・コーチングとは何か

  ・基本スキル体験

  ・コーチングエクササイズ

  ・Q&A など


  これまでこの基礎講座に参加した方からは、以下のようなことに

  役立ったと感想をいただいています。


  >子どもや人との関わりが良くなりました

  >落ち着いて話が聞けるようになりました

  >自分のコミュニケーションのとり方の傾向が分かりました

  >ものごとの捉え方のレパートリーが広がりました

  >目標達成が早まりました


  高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。


  ☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆


  なお、次回第2クールの「基礎講座2」は7月に実施予定です。

  詳しくは、ホームページで確認してください。


【日 時】平成28年6月19日(日)9:15〜11:45(9:00より受付開始) 

【参加費】2000円(学生1000円)*当日会場でお支払いください。

【対 象】高校生以上なら、どなたでもご参加いただけます。

【定 員】20名 (定員になり次第締切りますので、ホームページでご確認ください。) 

【申込み】共育コーチング研究会HP http://www.ciie.jp より

     (HPが新しくなり、申し込み方法が変わりました。

     受付期間なら、ご自分でHP上で申込みやキャンセルが可能です。)

【会 場】東京ウィメンズプラザ 東京都渋谷区神宮前5−53−67

     http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html


 お問い合わせは ciie.basic2014@gmail.com

 企画/共育コーチング研究会 基礎講座プロジェクト/

 ご参加をお待ちしています。詳しくは共育コーチング研究会のHPをご覧ください。 


 共育コーチング研究会 http://www.ciie.jp

************************************