2018年11月15日

遊ばない父親?



本日の担当は、川本正秀です。


たまたま、電車の中で楽しそうに話している子どもと父親の隣に座りました。
近隣の珍しいものを見て回っている話が聴くともなしに聞こえてきます。

「この〇〇は、江戸時代中ごろに作られたらしい」
「いまからどれぐらい前なの?」
「そうだなあ・・・」
父親のややオタクな話を子どもは熱心に聞き入っています。
子どもの質問が父親に熱を呼び、さらに話が盛り上がる、という感じです。


最近、子どもと遊ばない父親が多いという声をあちこちで聞きます。
自分の父親と遊んだ経験がないから遊び方がわからない、というのが真相のようです。

以前は魚釣りやキャッチボールなど、父親から伝授される遊びは多くありました。
しかし、遊び=楽しむものと考えると、数限りがありません。

今なら、アニメや電車、カブトムシの飼育などオタク的なものまで含め、夢中で楽しめる世界は広がっているので、そこに子どもを引き込んで魅力を伝えるだけでも遊びになります。

ガチャガチャでも豊洲でも、遊び心さえあれば、何でも遊びになり得るのです。


一つ大事なことがあります。
イクメン、とか言って子育てをがんばっている感じの人もいますが、子どもは動物的感が鋭いので、親が本気かどうか、本当に好きだ!というものかどうかすぐ見抜いてしまいます。

子どもとの時間をつぶすために楽し気につきあってるぜ、的な態度ではいけません。
もちろん、スマホを気にするなどもってのほかですよ!

思い出してみましょうよ。かつてあなたが、時間を忘れて楽しんだことを!
ご飯を食べるのも忘れて夢中になったあの遊びを!

それが、泥警、イカ釣り、けん玉、ドッチボール、UNO(カードゲーム)、モデルカーレース・・・・何でもいいのです。
童心になって、本気で遊び楽しむ父親の姿を子どもに見せてやることが重要です。

子どもは、あなたの姿ともコミュニケーションしています。
好きなことに真剣に、夢中になって遊ぶ父親の姿をカッコイイと感じるのです。


自分の好きだったことを思い出していると、隣の父親が地図を取り出してまた、さらに熱く子どもに語りだしました。

全国のお父さん、「遊び方改革」も大事ですよ!
もっと、子どもと遊んでくださいね〜!




お待たせしました!
『コミュニケーション広場5』開催のご案内です。

◆11月25日(日)開催◆
『コミュニケーション広場5』

「子どもとの会話がもっとスムーズにできるようになりたい」
「苦手な人とも気兼ねなく、会話がはずむようになりたい」
「人と関わる時、もっと気楽に、スッキリできないかなあ」
最近、出会う人たちからこんな声を聞くことが以前より増えています。
あなた自身は、人との関わり方やコミュニケーションについて、うまくいっていると感じていますか?

「コミュニケーション広場」は、集まった人と一緒に創っていく体験と学びの空間です。
毎回のプログラムはコーチングなどのコミュニケーションスキルや、実際に会話をしながら体験的に関わり方のコツを身に付けられる内容で構成されています。
参加されるみなさんの「こんなことがあった・・」「こんな時はどうするの?」という具体的な課題をもとに、人との関わり方や伝え方についても深め、学んでいく時間を毎回設定する予定です。

開催日:2018年11月25日(日)10:00〜12:00(受付9:45〜)
第5回のプログラム:第5回は午前のみのプログラムです。
【1】「初対面の人とすぐに打ち解けられる人は、何をしているか?」
私、初対面の人とはなかなか話ができないんです。という方がいます。
一方で、誰ともすぐ話が弾むという人も。その違いはどこから生まれてくるのでしょうか。

【2】「子育て 男親と女親の視点の違い」
子育てについて夫婦で話し合うとき、お互いの考え方や接し方でどうも違いがあるなあと感じる。
男親と女親では、何かとらえ方に違いがあるのでしょうか?

会場:東京ウィメンズプラザ
参加費:2,000 円(学生は1000円)(定員20名)
問い合わせ:HPのお問い合わせフォームより(担当:川本)

詳細・お申し込みはHP http://www.ciie.jpからお願いいたします。
高校生以上のどなたでもご参加になれます。

紅葉の表参道に来てみませんか?
きっと、素敵な時間になると思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************




ciie001 at 05:00|PermalinkComments(0)川本 正秀 

2018年11月12日

使いこなせていますか?

今日の担当は山村です。

先日乗った電車で、制服姿の女子高生をみかけました。
職業柄、他校の高校生に目が向いてしまいます。
勤務校の生徒だったら目があわないようにしてしまうかも知れません。(笑)
スマホを片手にメールかラインをしている様子でした。
しばらく見ていると、二人は手話を使って会話をしはじめました。
よく見ると、二人の女子高生の耳には小さな補聴器が付いていました。


そして、ある生徒のことを思い出しました。

だいぶ前の卒業生です。
一人っ子の彼女は、耳の不自由な両親に育てられていました。
まだメールやラインなどない時代だったので、
ご家庭と学校との連絡はすべてFAXでのやりとりでした。
保護者面談のときには彼女が手話通訳をしていました。
講演会などは手話通訳のヘルパーさんと親御さんが
一緒に参加されていたのを思い出します。

そんな彼女は在学中のある時、こんなことをぽつりと言ったのです。

「みんなは良いな。
家に帰ってお父さんとかお母さんに、今日はこんなことがあったって言えるでしょ。
相談も出来るでしょ。
私は、お父さんもお母さんも耳が聞こえないから、手話で話すしか無いんだよね。
でも、やっぱ、面倒なんだよ。
微妙な声の感じとかで、「元気が無いね」とか言ってもらいたいな〜って思うこともあるよ。
みんなが、「親がいろいろ聞いてきてうざい」とか言っていると、
私はうらやましくてね…。
こんなこと、お父さんとお母さんには言えないけどさ。」

そう言って、時々、放課後になると相談室にやってきて、
雑談とも相談ともとれるような他愛も無いおしゃべりをしていく生徒でした。
手話にも、性格や感情が表れるということを
教えてくれたのも彼女でした。


一人っ子の彼女が、耳の不自由な両親に育てられて、
どうやって言葉を獲得していったのか聞くことはなかったけれど、
きっと彼女が生まれたときには
ご両親は子どもの耳が聞こえるか心配だっただろうし、
ご両親がご苦労をされて、そして周りの人のサポートもあって
彼女に言葉を獲得させたのだと想像していました。
いつかご両親のそんな思いにも気づくときが来るかなあと思いながら…。


時々愚痴をこぼしたり、泣いていたりしたこともあったけど、
彼女は両親の耳代わりとなって成長していきました。
そして、福祉関係の大学へ進んでいきました。


楽しそうにスマホ片手に手話をしている高校生。
今はスマホがあるから、メールやラインも活用しているんだよね。

あの卒業生も、ご両親とメールやラインで、会話しているのかなあ。
スタンプ使って、感情も伝えているかなあ。
もう立派な社会人だろうなあ。

文字だけのコミュニケーションって難しいこともあるから、
メールやラインで傷つくこともあります。
生徒の中にもメールやラインの誤解でトラブルになったり、
振り回されて疲れてしまうなど、問題となるケースも増えています。

でも、耳の不自由な方にとっては、とっても便利なものなんですよね。
もちろん、耳の不自由な方だけで無く、
使い方によっては、メールやラインを使ったコミュニケーションは
便利でなくてはならないものでもあるのだろうなあ。

そんなことを思い出しながら、
『便利であっても、振り回されないように使いこなすことって大事。』
そう考えながら電車にゆられていました。


あなたはメールやラインに振り回されないように使いこなしていますか?



お待たせしました!
『コミュニケーション広場5』開催のご案内です。

◆11月25日(日)開催◆
『コミュニケーション広場5』

「子どもとの会話がもっとスムーズにできるようになりたい」
「苦手な人とも気兼ねなく、会話がはずむようになりたい」
「人と関わる時、もっと気楽に、スッキリできないかなあ」
最近、出会う人たちからこんな声を聞くことが以前より増えています。
あなた自身は、人との関わり方やコミュニケーションについて、うまくいっていると感じていますか?

「コミュニケーション広場」は、集まった人と一緒に創っていく体験と学びの空間です。
毎回のプログラムはコーチングなどのコミュニケーションスキルや、実際に会話をしながら体験的に関わり方のコツを身に付けられる内容で構成されています。
参加されるみなさんの「こんなことがあった・・」「こんな時はどうするの?」という具体的な課題をもとに、人との関わり方や伝え方についても深め、学んでいく時間を毎回設定する予定です。

開催日:2018年11月25日(日)10:00〜12:00(受付9:45〜)
第5回のプログラム:第5回は午前のみのプログラムです。
【1】「初対面の人とすぐに打ち解けられる人は、何をしているか?」
私、初対面の人とはなかなか話ができないんです。という方がいます。
一方で、誰ともすぐ話が弾むという人も。その違いはどこから生まれてくるのでしょうか。

【2】「子育て 男親と女親の視点の違い」
子育てについて夫婦で話し合うとき、お互いの考え方や接し方でどうも違いがあるなあと感じる。
男親と女親では、何かとらえ方に違いがあるのでしょうか?

会場:東京ウィメンズプラザ
参加費:2,000 円(学生は1000円)(定員20名)
問い合わせ:HPのお問い合わせフォームより(担当:川本)

詳細・お申し込みはHP http://www.ciie.jpからお願いいたします。
高校生以上のどなたでもご参加になれます。

紅葉の表参道に来てみませんか?
きっと、素敵な時間になると思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************




schoolcoach at 05:00|PermalinkComments(0)山村 真理子 

2018年11月08日

余韻

おはようございます。

 

今日の担当は、柳原達宏です。



1029日の本研究会・西川コーチのコラム

5秒待ってくれたなら・・・」

みなさん、お読みいただけましたか。

 

ここに表現されている

花火大会が終わった後の余韻をしばし味わう時間

共感しました。

 

私にとって、この花火大会の後の余韻というのは

心に響く映画を見た時に、

エンドロールを目で追いながら音楽に浸り

その時間の中で映画のいくつかのシーンが

ふっと湧き上がってくる

そんな感じに似ています。

 

中には、エンドロール開始とともに

荷物をガサゴソかき回して

慌ただしく館内から出ていく方もいらっしゃって

ちょっと勘弁してほしいなあ・・・

と感じます。

 

西川コーチは「5秒待ってくれたなら」と

寛容さをもって表現されていますが

私の場合は、

館内が明るくなるまで待って

というのが願いです。

 

まあ、映画の楽しみ方は人それぞれですから

仕方ないでしょうが

この余韻を味わうという行為は、

何かその人の持つ余裕とでもいうか

優雅な楽しみ方というか

そういったものだと思います。

 

かくいう私も、

若いころはエンドロールが面倒くさくて

「はいっ、おしまい! 次の予定!」

とすぐに席を立っておりました、はい。

 

この「余韻」は、

誰かと会って別れた後にも感じられるものです。

 

「面白い話がたくさん聞けたな・・・」

「考え方が全く違っていて、興味深かった・・・」

「自分が困って相談しようと思ってたことは

何も話さなかったのに、さよならした後は

すべて解決してた・・・」

 

相手から響いてくるもの

相手からの影響で

自分の中に振動のようなものが起こり

それが自分にも感じられるもの

思い返して、

そうかと気づけるものに出合えたこと

などなど。

 

さよなら、またね! のあとに、

今日の相手との時間は

自分にとってどのようなひと時だったか

じっくりかみしめてみると

これまで気づかなかったようなことに

出合えるかもしれません。



AさんとBさんの出会いと対話の時間の

エンドロール

 

対話:AさんとBさん

語り:AさんとBさん

共有:AさんとBさん

 

自己主張:AさんとBさん

理解:AさんとBさん

共感:AさんとBさん

寛容:AさんとBさん

忍耐:AさんとBさん

 

信頼:AさんとBさん

協力:AさんとBさん

喜び:AさんとBさん

 

行動:AさんとBさん

 

 

   余韻・・・


お待たせしました!
『コミュニケーション広場5』開催のご案内です。

◆11月25日(日)開催◆
『コミュニケーション広場5』

「子どもとの会話がもっとスムーズにできるようになりたい」
「苦手な人とも気兼ねなく、会話がはずむようになりたい」
「人と関わる時、もっと気楽に、スッキリできないかなあ」
最近、出会う人たちからこんな声を聞くことが以前より増えています。
あなた自身は、人との関わり方やコミュニケーションについて、うまくいっていると感じていますか?

「コミュニケーション広場」は、集まった人と一緒に創っていく体験と学びの空間です。
毎回のプログラムはコーチングなどのコミュニケーションスキルや、実際に会話をしながら体験的に関わり方のコツを身に付けられる内容で構成されています。
参加されるみなさんの「こんなことがあった・・」「こんな時はどうするの?」という具体的な課題をもとに、人との関わり方や伝え方についても深め、学んでいく時間を毎回設定する予定です。

開催日:2018年11月25日(日)10:00〜12:00(受付9:45〜)
第5回のプログラム:第5回は午前のみのプログラムです。
【1】「初対面の人とすぐに打ち解けられる人は、何をしているか?」
私、初対面の人とはなかなか話ができないんです。という方がいます。
一方で、誰ともすぐ話が弾むという人も。その違いはどこから生まれてくるのでしょうか。

【2】「子育て 男親と女親の視点の違い」
子育てについて夫婦で話し合うとき、お互いの考え方や接し方でどうも違いがあるなあと感じる。
男親と女親では、何かとらえ方に違いがあるのでしょうか?

会場:東京ウィメンズプラザ
参加費:2,000 円(学生は1000円)(定員20名)
問い合わせ:HPのお問い合わせフォームより(担当:川本)

詳細・お申し込みはHP http://www.ciie.jpからお願いいたします。
高校生以上のどなたでもご参加になれます。

紅葉の表参道に来てみませんか?
きっと、素敵な時間になると思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************




ryucoach at 05:00|PermalinkComments(0)柳原 達宏 

2018年11月05日

あなたは観察されている



本日の担当は、川本正秀です。


横浜の山下公園バラ園にいる時に見かけたことです。

中学生の5人グループが外国人カップルに話しかけました。

一人の女子が積極的に行動して、話の内容をノートにメモしたり、近くにいた通行人に撮影してもらうよう頼んでいます。
英語でインタビューし、共に写真を撮るという課題のようです。


戸惑うカップルや男子生徒にテキパキ並び方を指示した彼女は、
写真を撮り終わると2人にしっかり礼を言い、握手を交わして仲
間と仲良く話しながら移動していきました。


人の言動は日々の生活習慣に影響されている、と考えています。
毎日の生活そのものが無意識に出やすい、ということです。


また、子どもはモデルである大人(親)のまねをついしています。
本を読む親の子はやはり本を読むでしょう。
帰宅時に手洗い・うがいをする親の子は同様にするでしょう。

親を見れば子がわかるので、親の面接があると言われています。


特に女子の多くは、母親の言動をよく観察しているので、「ああ、家では母親がこのように言っているんだな」とわかります。

何事もきちんとやろうという能力はすばらしい強みなので、お手伝いを頼み、きちんとできたら認めてほめてあげてほしいです。

山下公園の中学女子もきっと、お母さんを見習ったのでしょう。


コミュニケーションの基本は、気を利かせて段取りを考え、言葉や行動に変換できる能力も含んでいると感じます。

子どもはあなたの言動をどのように観ていると思いますか?



お待たせしました!
『コミュニケーション広場5』開催のご案内です。

◆11月25日(日)開催◆
『コミュニケーション広場5』

「子どもとの会話がもっとスムーズにできるようになりたい」
「苦手な人とも気兼ねなく、会話がはずむようになりたい」
「人と関わる時、もっと気楽に、スッキリできないかなあ」
最近、出会う人たちからこんな声を聞くことが以前より増えています。
あなた自身は、人との関わり方やコミュニケーションについて、うまくいっていると感じていますか?

「コミュニケーション広場」は、集まった人と一緒に創っていく体験と学びの空間です。
毎回のプログラムはコーチングなどのコミュニケーションスキルや、実際に会話をしながら体験的に関わり方のコツを身に付けられる内容で構成されています。
参加されるみなさんの「こんなことがあった・・」「こんな時はどうするの?」という具体的な課題をもとに、人との関わり方や伝え方についても深め、学んでいく時間を毎回設定する予定です。

開催日:2018年11月25日(日)10:00〜12:00(受付9:45〜)
第5回のプログラム:第5回は午前のみのプログラムです。
【1】「初対面の人とすぐに打ち解けられる人は、何をしているか?」
私、初対面の人とはなかなか話ができないんです。という方がいます。
一方で、誰ともすぐ話が弾むという人も。その違いはどこから生まれてくるのでしょうか。

【2】「子育て 男親と女親の視点の違い」
子育てについて夫婦で話し合うとき、お互いの考え方や接し方でどうも違いがあるなあと感じる。
男親と女親では、何かとらえ方に違いがあるのでしょうか?

会場:東京ウィメンズプラザ
参加費:2,000 円(学生は1000円)(定員20名)
問い合わせ:HPのお問い合わせフォームより(担当:川本)

詳細・お申し込みはHP http://www.ciie.jpからお願いいたします。
高校生以上のどなたでもご参加になれます。

紅葉の表参道に来てみませんか?
きっと、素敵な時間になると思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************




ciie001 at 05:00|PermalinkComments(0)川本 正秀 

2018年11月01日

10年後の仕事で活躍するためには?

やっとの青空を仰いで
こんにちは。

今日の担当は大石稜子です。


瞬時に広がるという産業革命IOT時代を迎え、

子どもにとっての10年後は

どんな力が強みになるのでしょうか?


IOT(Internet of Things) とは、


ヤフーで検索すると
あらゆる物が

インターネットを通じてつながる

新たなサービス、ビジネスモデル、

またはそれを可能とする要素技術の総称だそうです。



「ITがはびこって10年後はどうなるんだー!!?」

そう叫びたくなりますが、

誰にもわからない未来です。


ホリエモン&落合陽一著

「10年後の仕事図鑑」

をかみしめながらゆっくりゆっくり読みました。



学校や先生のお仕事の1番目は

先人の知恵や研究結果を子どもたちに

教え伝える役目です。

これってそれこそヤフーなどで検索すれば

ほとんどが間に合ってしまう役割ですね。


まあ、

出てきた資料を読み込む理解力が

必要ではありますが、

2歳の子どもでもタッチして遊べるiPhoneのように、

タッチを繰り返して知識を得られる時代に

なってしまいそうです。


また、すべてではなくても

先人の知識を基礎学力として学ぶ場所としての

学校は変わってくるかも知れません。


人類が5000年積み上げた知識も

データとして保存されていて一瞬で引き出され、

操作する人間すらよくわからいのに

プログラミング上で

ロボットができちゃうなんてことも

あるかも知れません。


鉄腕アトムを

お茶の水博士が作り出すような時代とは

まったく違う世界になっちゃうのですね。


3Dプリンターなどによって

ロボットがロボットを作り出す時代が

そこまでやってきています。


「じゃあ、子どもを
 どう育てれば活躍できるようになりますか?」


なんて、

ホリエモンや落合陽一さんに訊いている場面が

本やYouTubeにありました。


お二人の考えとして

「好きなことをどんどんやらせてあげる」

「アートしていればいい」

というキーワードが繰り返し出てきました。


最近出てきた

「非認知能力を高めよ」に通じるのです。


はて、もしかして

認知能力の高い記憶力優秀者が(学力優秀者が)

優越感に浸るのは受験だけになったりして!!

いやいやクイズ番組でも目立つ存在にはなる。

でも、知識の振りかざし方が突出した

林先生のような人以外、

辞書みたいな人はもう重宝されなくなるかも?!

ふーむ、知識や教養は

土台としてやっぱり必要なはず?

そうか、ただ学力優秀だけでは

やっぱり不十分というわけか?

(これって言われて久しい)



なんて、未来像が想像できていない

私のつぶやきが生まれました。



産業革命時代にさしかかている時代に生きる私たち。


落合陽一さんがおっしゃるには

そういった社会では、

問題を発見して解決するために

行動に移せる人材が必要とされます。

他の人と異なるモチベーションをもち

審美眼、教養をもって、

ITの力を借りながら

課題解決に尽力する力を持った人材です。

だそうです。


そういう人材にするために

幼い時から

好奇心のままに行動させ、

対象と向き合いながら学びを発見していくスタイルを

取り入れてみてください。


と、ありました。



あれやってみたい

あれをしたいという意識をもって

行動する子、

あれなんだ?

触ったらどうなるんだ?

温めたらどうなるんだ?

なんて好奇心で行動する子。


そこで課題を発見して解決するために

調べたり、学んだり、練習したりと

行動を起こせる子。


そんな今に夢中になって生きる子どもが

どうやら10年後も活躍できそうですね。


ITO時代は一気に駆け寄ってきています。

私たちには想像もつかない

操作や作業に意識高く向き合いながら

活躍する若者が増えているのでしょうね。



お待たせしました!
『コミュニケーション広場5』開催のご案内です。

◆11月25日(日)開催◆
『コミュニケーション広場5』

「子どもとの会話がもっとスムーズにできるようになりたい」
「苦手な人とも気兼ねなく、会話がはずむようになりたい」
「人と関わる時、もっと気楽に、スッキリできないかなあ」
最近、出会う人たちからこんな声を聞くことが以前より増えています。
あなた自身は、人との関わり方やコミュニケーションについて、うまくいっていると感じていますか?

「コミュニケーション広場」は、集まった人と一緒に創っていく体験と学びの空間です。
毎回のプログラムはコーチングなどのコミュニケーションスキルや、実際に会話をしながら体験的に関わり方のコツを身に付けられる内容で構成されています。
参加されるみなさんの「こんなことがあった・・」「こんな時はどうするの?」という具体的な課題をもとに、人との関わり方や伝え方についても深め、学んでいく時間を毎回設定する予定です。

開催日:2018年11月25日(日)10:00〜12:00(受付9:45〜)
第5回のプログラム:第5回は午前のみのプログラムです。
【1】「初対面の人とすぐに打ち解けられる人は、何をしているか?」
私、初対面の人とはなかなか話ができないんです。という方がいます。
一方で、誰ともすぐ話が弾むという人も。その違いはどこから生まれてくるのでしょうか。

【2】「子育て 男親と女親の視点の違い」
子育てについて夫婦で話し合うとき、お互いの考え方や接し方でどうも違いがあるなあと感じる。
男親と女親では、何かとらえ方に違いがあるのでしょうか?

会場:東京ウィメンズプラザ
参加費:2,000 円(学生は1000円)(定員20名)
問い合わせ:HPのお問い合わせフォームより(担当:川本)

詳細・お申し込みはHP http://www.ciie.jpからお願いいたします。
高校生以上のどなたでもご参加になれます。

紅葉の表参道に来てみませんか?
きっと、素敵な時間になると思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************



ryokograndma007 at 05:00|PermalinkComments(0)大石 稜子 

2018年10月29日

5秒待ってくれたなら・・・

本日の担当は西川ゆうこです。

先日花火大会に行ってきました。

1キロぐらい離れたビルの屋上から見たのですが 

花火の大きさ、音、数ともに 素晴らしく

色も透き通った青や、ゴールド、薄いピンクなどは

特に美しく 私の目に入ってきました。

広い空の一部に 咲く花火を見ていると

今までみた花火のことを 思い出しました。

遊園地で観覧車の上に上がる花火だったり、

海辺で潮風にあたり、少し夜風が寒いと思いながら見る花火だったり、

高いビルの窓の正面に上がる花火をみたこともあったな〜。

と それぞれ親だったり、友達だったり、仕事の同期だったり

などなど たくさんのことを 思い出して 心はすっかり

暖かく なんとも言えない メレンゲのような気持ちになっていました。

そして だんだん終盤に近づいて これで最後かな?と思っってから

その後  5分以上も フィナーレの 盛大な花火が上がり

そして そして 大輪の花火でフィニッシュ。

なんと気持ちのすっきりしつつ 晴れやかで、心地よ〜い

その感覚に浸って 自分の世界に入り込んでいました。

目の前の綺麗な出来事ととともに 自分の記憶が蘇る心地よさを

味わうのは久しぶりでした。

まだまだ このままで・・・と思っていたら

「西川さん」 と 大輪の花びが終わるか終わらないかの時に

声をかけられてしまいました。

浸っていたかったので ちょと無視したのですが また声をかけられて

振り向くことに、、、その時の私の がっかりしたことと言ったらありません。

暖かい気持ちだったのがちょっと不機嫌になってしまうぐらいな気持ちでした。


その人は 綺麗だったこの一瞬を 逃さずに一緒に分かち合いので

声を すぐかけたのだと思うのです。

ただ私は じっくり味わってから 一緒に分かち合いたかった。。

多分 あと5秒待っててくれたなら、、、そして声をかけてくれたなら、、、

この時間を一緒に過ごせたことを 言葉で表現しながら ともに味わえたなあと。

本当に ちょっとした タイミング。


コーチングで相手を観察するっていうのは 大切だと言われていますが、

こういうタイミングを見逃さず 相手のことをサポートすることで

効果は全く違うだろうなあと、まして子どもの感性はもっとしなやかで純粋で

柔らかいから 1秒違うだけでも 違う結果を引き出すこともあるなあと

いうことを 改めて 今回のあと5秒待ってくれたらなという体験で思いました。


 



arigato3desu at 05:00|PermalinkComments(0)西川 ゆうこ 

2018年10月25日

5つの誓い

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。

 

講演家の腰塚勇人さんには、

公私共に良い学びをいただいています。

 

元中学校の保健体育科の先生ですが

スキーで転倒し、首の骨を骨折、

全身麻痺の大怪我をされました。

それでも、負けず嫌いの性格を発揮してリハビリに励み、

現役復帰を果たします。

 

その後、学校現場を離れて

命の大切さを訴える講演活動を行っています。

腰塚勇人さんが決めた5つの誓いを紹介します。

 

   口は人を励ます言葉や感謝の言葉を

   言うために使おう

 

   目は人のよいところを

   見るために使おう

 

   耳は人の言葉を最後まで

   聴いてあげるために使おう

 

   手足は人を

   助けるために使おう

 

   心を人の痛みが

   わかるために使おう

 

 

わたしもこの5つの誓いを

大切にしていきたいと思います。

 


***************************************************************************************
パワハラ、セクハラが話題になる現状で、女性はたくさんの役割をがんばっています。
もちろん、男性もです。しかし、なぜ、お互いの思いがうまく伝わらないのでしょうか?

あなたは、「まいにち まいにち 気持ちがうまく伝わらない」と感じていませんか?
自分の気持ちをしっかりと相手に伝える「さわやかな自己主張ができたらいいな」と思いませんか?

  「相手に気を使いすぎてしまう」
  「どうしても苦手な相手がいる」
  「上司や後輩に意見を言えない」
  「思っていることを口に出せない」・・・。

 夫婦間、親子間、職場の同僚や上司間、ママ友や友人間で、コミュニケーションに困っている方がいます。
 また、自分の気持ちをうまく伝えられない、伝え方がわからない、というストレスをお持ちの方もたくさんいます。

そこで、こんな ワークショップ を開催します。

「言いたいことを上手に伝えて毎日をイキイキさせよう!
 〜自分も相手も大切にするさわやかな自己主張〜 」

さわやかな自己主張で人間関係を好転させたいあなたを、強力に応援します!

今回は、平成30年度・東京ウィメンズプラザフォーラム・参加事業、
また、コミュニケーション広場4 としての実施です。
高校生以上の方ならどなたもご参加になれます。

★今回のプログラムは、あなたの自己表現を振り返ることに役立つ内容です。     
1.コミュニケーションがうまくいかない理由を知る 
2.あなたの「自己表現タイプ」をチェックしよう 
3.あなた特有の「思い込み」を知って改善する 
4.さぁ、練習しましょう!

☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆

開催日時:2018年10月28日(日)14時〜16時(受付13時40分〜)
定  員:40名(定員になり次第しめきりますのでHPでご確認ください)子ども不可
申し込み:共育コーチング研究会HPより申し込んでください
     → http://www.ciie.jp/     
参 加 費:500円 (当日受付でお支払いください)
会  場:東京ウィメンズプラザ 視聴覚室B

*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************




ciie at 05:00|PermalinkComments(0)佐藤 昌宏 

2018年10月22日

運動会に行ってきた

みなさま、おはようございます。

今日の担当は、柳原達宏です。

 

9月から10月は、

あちこちで運動会が開催されますね。

 

私は、小学校のすぐ隣に住んでいますが、

今日はその校庭を借りての町内会の運動会。

(なんだか、参加賞の景品がたくさん出てるようです。)

 

私も、先日、

孫の通う区立幼稚園の運動会を

見に行ってきました。

 

幼稚園の運動会を見るのは

自分の娘たちが幼稚園の時以来なので、

もう25年ぶり。

 

当時、娘たちの通っていた、

お寺が経営する私立の幼稚園では

近所の公立小学校の校庭を借りて

運動会を開催していました。

 

子どもと保護者・家族で校庭はいっぱいになり

校庭の脇の方には

焼き鳥やビールの屋台なども出ており

神社のお祭りのような賑わい。

 

今思うと、公立学校の校庭を借りているのに

よく火気使用やアルコール販売の許可が出たな

と思います。

(古くから地元に住んでる人が多いからか?)

 

とはいえ、何かトラブルが起こるわけでもなく

大人たちも園児と一緒になって

運動会を楽しんでおりました。

(ちなみにこの時、私は

保護者参加競技のパン食い競走で1位!!)

 

それはいいんですが、

先日の孫の運動会、懐かしい感覚と同時に

変化も感じました。

 

孫の幼稚園一つで判断できることではないと思いますが

 

・子どもの担っている役割が多い。

 プログラムの最初の言葉や、使った道具の片づけ、

 年少さんの面倒をみるなど、

 年長の子どもさんたちの出番がたくさんで、

 子どもたちもよくその役割を果たしてる。

 

 演目がきちんとできるだけでなく、

 そういった役割をこなせるように先生方が

 日ごろから子どもに期待し、できるように

 導いているそう。

 

・保護者の会のメンバーの強力サポート

 公立幼稚園で、園児数が少ないため

 先生の数も少ない。

 

 そこで、会場設営から観客席のシート敷き、

 受付、園児の誘導などにお母さんたちが大活躍。

 生後数か月の赤ちゃんを抱っこしたお母さんが

 園庭にリレーのコースのライン引きをしている姿に感動。

 

 聞けば、保護者の会以外に保護者OBの会もあって

 みなさん、嬉々としてお手伝いしているのだと。

 

 そんなお母さんたちの姿によるのか

 お父さんたちも和気あいあいと

 互いの子どもの出番では 撮影の席を譲り合ったり、

 よその子どもさんを預かったりしていました。

 

 そして、リレーなどの競争系プログラムでの

 盛り上がり具合は、

 昔も今もおんなじ、ですね。

 

 今どきは、場所取りでもめたり、

 かけっこの撮影にドローンを飛ばして顰蹙を買うなど

 子どもよりも大人の方に課題を見出すことが多いですが

 そうしたこととは全く無縁の

 気持ちのよい休日のひと時でした。

 

 先生方、保護者のみなさま、ありがとうございます。

 

 

 

 

***************************************************************************************
パワハラ、セクハラが話題になる現状で、女性はたくさんの役割をがんばっています。
もちろん、男性もです。しかし、なぜ、お互いの思いがうまく伝わらないのでしょうか?

あなたは、「まいにち まいにち 気持ちがうまく伝わらない」と感じていませんか?
自分の気持ちをしっかりと相手に伝える「さわやかな自己主張ができたらいいな」と思いませんか?

  「相手に気を使いすぎてしまう」
  「どうしても苦手な相手がいる」
  「上司や後輩に意見を言えない」
  「思っていることを口に出せない」・・・。

 夫婦間、親子間、職場の同僚や上司間、ママ友や友人間で、コミュニケーションに困っている方がいます。
 また、自分の気持ちをうまく伝えられない、伝え方がわからない、というストレスをお持ちの方もたくさんいます。

そこで、こんな ワークショップ を開催します。

「言いたいことを上手に伝えて毎日をイキイキさせよう!
 〜自分も相手も大切にするさわやかな自己主張〜 」

さわやかな自己主張で人間関係を好転させたいあなたを、強力に応援します!

今回は、平成30年度・東京ウィメンズプラザフォーラム・参加事業、
また、コミュニケーション広場4 としての実施です。
高校生以上の方ならどなたもご参加になれます。

★今回のプログラムは、あなたの自己表現を振り返ることに役立つ内容です。     
1.コミュニケーションがうまくいかない理由を知る 
2.あなたの「自己表現タイプ」をチェックしよう 
3.あなた特有の「思い込み」を知って改善する 
4.さぁ、練習しましょう!

☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆

開催日時:2018年10月28日(日)14時〜16時(受付13時40分〜)
定  員:40名(定員になり次第しめきりますのでHPでご確認ください)子ども不可
申し込み:共育コーチング研究会HPより申し込んでください
     → http://www.ciie.jp/     
参 加 費:500円 (当日受付でお支払いください)
会  場:東京ウィメンズプラザ 視聴覚室B

*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************




ryucoach at 05:00|PermalinkComments(0)柳原 達宏 

2018年10月18日

大活躍して今年のシーズンも終了ー大谷翔平選手

 

本日の担当は北村和夫です。

 

アメリカのプロ野球の大リーグもそろそろ終わりに近づき、現在も優勝を争う試合が続いているが、今年大リーグにルーキーとしてアメリカに渡った大谷君は、右腕の靭帯(じんたい)を2度も損傷したため、投手としては僅か10試合に登場して、4勝2敗、打者としては怪我の影響は投手ほどではなく、本塁打22本、打点61、打率2割8分5厘と見事な成績を残した。

 

最終の試合を終えた翌日、投手として重要な右腕の靭帯再生手術を受けた。

投手としては来年の出場は難しいが、打者としては途中出場は可能らしい。

独身の現在、母親が岩手県の花巻市から駆けつけ、手術後の彼をサポートしているようだ。

 

所属するアナハイム(アメリカのロスアンぜルス郊外60キロの距離にある町)エンジェルスの打撃コーチとマスコミの記者との対談で、大谷君に対する評価が載っていたので、彼のアメリカにおける才能をどう評価されていたかを紹介したい。

 

記者―チームは残念な結果(ビリから2番目)でしたが、大谷の1年目は、間近で見ていてどうでしたか?

 

コーチー彼がやってきたことを振り返ってみると、彼は本当に誇らしい、彼が相手に与えたダメージ、出塁率、ストライクゾーンを支配するし、実に才能溢れる打者なんだ。

彼との毎日の練習も楽しいし、彼の成長を見届けるのも意義深かった。

彼が投げかけてくる質問、もっと知りたいという欲求、そういうのを全部ひっくるめて、

本当に才能があるよ。

 

記者―どんな質問をしてくるんですか?

 

コーチー相手投手について、チームが持っている情報全てを知りたがるんだ。あらゆる確率、カウント、投球内容、それに加えて自分の技術についても、しっかりボールの上をキープしているか?足を下げるスピードは十分か?とか彼は本当に頭の良いバッターで、群を抜いている。

 

記者―彼はチームの中でどんな存在か?

コーチー彼の野球IQは天井を越えている。本当に賢い。常に投手の傾向を確認し、彼らの特徴から大谷対策など。僕が知る誰よりもビデオを研究する、ウルトラ準備力の高い選手。

それは投打どちらもだから、チームにとっても本当に存在は大きい。

 

記者―春に出会ってから今に至るまで、彼に対して感じるものは何か?

 

コーチー彼はルーキーだったんだってことを、皆分かってほしいよ。大リーグの新人は誰にとっても大変なもので、それを彼は素晴らしい対応で過ごし、大きく前進したよ。

 

以上が対談の一部ですが、どんなに才能があっても賢くなければ、超一流にはなれませんよね。大谷君は若いのに(現在24歳)自分のすべきことが分かっているのは凄い。

体格、運動能力、精神力、適応力に恵まれているとよく言われるが、彼の最大の能力は努力する才能だと私は思います。

 

持って生まれたものの上に、あぐらをかいているわけでもありません。

トレーニング、対戦相手の研究も練習も、全て世界一位の選手になるという夢を実現するため、特別扱いと思われる状態でも、日本でもアメリカでもチームメイトから、ねたみややっかみの声が聞こえてこないのは、彼がそんな懸命に努力する姿を、まのあたりにしているからでしょう。

 

 

 ***************************************************************************************
パワハラ、セクハラが話題になる現状で、女性はたくさんの役割をがんばっています。
もちろん、男性もです。しかし、なぜ、お互いの思いがうまく伝わらないのでしょうか?

あなたは、「まいにち まいにち 気持ちがうまく伝わらない」と感じていませんか?
自分の気持ちをしっかりと相手に伝える「さわやかな自己主張ができたらいいな」と思いませんか?

  「相手に気を使いすぎてしまう」
  「どうしても苦手な相手がいる」
  「上司や後輩に意見を言えない」
  「思っていることを口に出せない」・・・。

 夫婦間、親子間、職場の同僚や上司間、ママ友や友人間で、コミュニケーションに困っている方がいます。
 また、自分の気持ちをうまく伝えられない、伝え方がわからない、というストレスをお持ちの方もたくさんいます。

そこで、こんな ワークショップ を開催します。

「言いたいことを上手に伝えて毎日をイキイキさせよう!
 〜自分も相手も大切にするさわやかな自己主張〜 」

さわやかな自己主張で人間関係を好転させたいあなたを、強力に応援します!

今回は、平成30年度・東京ウィメンズプラザフォーラム・参加事業、
また、コミュニケーション広場4 としての実施です。
高校生以上の方ならどなたもご参加になれます。

★今回のプログラムは、あなたの自己表現を振り返ることに役立つ内容です。     
1.コミュニケーションがうまくいかない理由を知る 
2.あなたの「自己表現タイプ」をチェックしよう 
3.あなた特有の「思い込み」を知って改善する 
4.さぁ、練習しましょう!

☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆

開催日時:2018年10月28日(日)14時〜16時(受付13時40分〜)
定  員:40名(定員になり次第しめきりますのでHPでご確認ください)子ども不可
申し込み:共育コーチング研究会HPより申し込んでください
     → http://www.ciie.jp/     
参 加 費:500円 (当日受付でお支払いください)
会  場:東京ウィメンズプラザ 視聴覚室B

*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************



mozart1301 at 05:00|PermalinkComments(0)北村 和夫 

2018年10月15日

人工知能(AI)とコーチング

今日の担当は山村です。

先日、人工知能(AI)を使った自動会話プログラム「チャットボット」を使ったサービスがSNSや企業で活用されているという記事を目にしました。
その中でも、米スタンフォード大の心理学者が中心となって開発した「AIセラピスト」は、「Woebot」と名付けられ、フェイスブック上に公開されているらしいです。

皆さんはご存じでしたか?

自分の悩みや思いをパソコンやスマホを使って、人工知能に話して解決する時代が本格的に来るのでしょうか?
AIカウンセラーとか、AIコーチなんていうのが出てくるんでしょうか?

もしかしたら、人に話すより、人工知能(AI)相手のほうが話しやすいという方もいるかも知れません。

しかしどうも私には、自分の内面や夢を人工知能(AI)に話すということに抵抗があります。

なぜなんだろう?と考えてみると、
たぶん、カウンセリングやコーチングで行う二人の間にある空気感が感じられないからということ。
→つまり、私は相談している間、二人の間にある特別な空気感を感じていたい。
だからこそ、カウンセリングやコーチングが好き。(笑)

そして、なんでも効率よく解決していこうとする風潮にNOを出したい感じがするから。
→最近、効率化が良いとされているけど、効率的に取り組むことが本当に良いのかなあ?って思うことも多いから。
失敗したり悩んだりする時間って、物事を深く考えて心を豊かにすることもありますよね。

そういえば浪人していた卒業生がこんなことを言っていたことを思い出しました。
「浪人して、自由になる時間が増えて、
もちろん勉強はしなくちゃだけど
何のために大学へ行くんだろうとか、
何のために自分は生きているんだろうっていうことをすごく考えて、
こういう時間がとれただけでも、浪人した意味があったと思う。」
って話してくれたんですね。
彼にとって浪人することは、人生の中でとても豊かな時間だったんだろうなあ。とそのとき感じたんです。

人工知能(AI)はとても優秀で使い方さえ誤らなければとても役に立つことはわかります。
でも私の心(脳)は自分の人生を人工知能(AI)に預けたくないなあ…と言っている。(笑)

優秀じゃない、人のちょっとずっこけたところ(!)や、間抜けなところが(!)が好きなんだろうな。
そして、そういうところから新しい発見があるような気がしています。
これからも人工知能(AI)のことを考えて、うまく付き合っていきたいと思います。


あなたは、人工知能(AI)に自分の悩みや夢について話してみたいですか?


***************************************************************************************
パワハラ、セクハラが話題になる現状で、女性はたくさんの役割をがんばっています。
もちろん、男性もです。しかし、なぜ、お互いの思いがうまく伝わらないのでしょうか?

あなたは、「まいにち まいにち 気持ちがうまく伝わらない」と感じていませんか?
自分の気持ちをしっかりと相手に伝える「さわやかな自己主張ができたらいいな」と思いませんか?

  「相手に気を使いすぎてしまう」
  「どうしても苦手な相手がいる」
  「上司や後輩に意見を言えない」
  「思っていることを口に出せない」・・・。

 夫婦間、親子間、職場の同僚や上司間、ママ友や友人間で、コミュニケーションに困っている方がいます。
 また、自分の気持ちをうまく伝えられない、伝え方がわからない、というストレスをお持ちの方もたくさんいます。

そこで、こんな ワークショップ を開催します。

「言いたいことを上手に伝えて毎日をイキイキさせよう!
 〜自分も相手も大切にするさわやかな自己主張〜 」

さわやかな自己主張で人間関係を好転させたいあなたを、強力に応援します!

今回は、平成30年度・東京ウィメンズプラザフォーラム・参加事業、
また、コミュニケーション広場4 としての実施です。
高校生以上の方ならどなたもご参加になれます。

★今回のプログラムは、あなたの自己表現を振り返ることに役立つ内容です。     
1.コミュニケーションがうまくいかない理由を知る 
2.あなたの「自己表現タイプ」をチェックしよう 
3.あなた特有の「思い込み」を知って改善する 
4.さぁ、練習しましょう!

☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆

開催日時:2018年10月28日(日)14時〜16時(受付13時40分〜)
定  員:40名(定員になり次第しめきりますのでHPでご確認ください)子ども不可
申し込み:共育コーチング研究会HPより申し込んでください
     → http://www.ciie.jp/     
参 加 費:500円 (当日受付でお支払いください)
会  場:東京ウィメンズプラザ 視聴覚室B

*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************




schoolcoach at 05:00|PermalinkComments(0)山村 真理子