2016年06月29日05:30先が見えれば・・・

今日の担当は、柳原達宏です。


突然ですが、

私、歯医者さんに行くのが大嫌いでした。
 

あの、キィーンという歯を削る機械の音!

想像するだけで、憂鬱になり、胃が重く、

晴れた空も曇ったような気分になります。


生まれてからこれまで、

1度だけ手術台というものにのったことがあります。
それがなんと、某大病院の口腔外科で
親知らずを抜くとき!

歯が真横に生えていて、

さらにあごの骨と親知らずが接しているところが
虫歯になっており
抜歯と処置で3時間近くかかりました。

それが今から25年位前。

 
以来、できるだけ、歯医者さんには近寄らない生活?
を心がけておりました。
 
ところが、昨年末に、
奥歯にかぶせたものが取れてしまい
ああ、いよいよ年貢の納め時・・・

どこか良い歯医者さんは・・・と思いながら、

家の近くの、これまでお世話になってきた医院に
足を運びました。

そして、こ
れをきっかけに、
あんなに嫌だった歯科通院が楽しみになりました。

どういうことかというと

昔は「はい治療しましょう」で
よくわからないうちに削られたり
抜かれたりした(ような気が私にはしていた)。

それがこのたびは、

患部の映像やレントゲン写真を見せてくれながら
先生が今の状況について説明し
これから予定されるであろう治療の内容と手順、
そしてかかる日数・費用などを
選択肢を提示しながらていねいに
話してそのうえで治療してくれるのでした。

なので、今日これから何があるかわかるし、

自分が納得して治療も始められ、
終わると、こんな仕上がりですと確認できて
行くたびに着々と治っていくのがわかる。

なんだ、そんなのあたりまえじゃん!と

おっしゃるかもしれませんが、
少なくとも歯医者さんではそういう経験が
私はなかったのです。

こうして、

診療席に座ると目を固く閉じて
体中に力が入り、先生から
「柳原さん、まだ何もしてませんよ〜」
と言われていた私は
治療中にリラックスして寝てしまいそうになる
くらいに変化しました。
 
これから何が自分に起こるのかが明確になると
こんなにも安心するのか。
こんなにも恐怖から解放されるのかと驚いています。


この経験を通して私が考えていることの一つは、
自分が誰かをコーチしたり、
あるいは誰かの相談に乗ったりする際に
相手の方の話したいことや話の流れを尊重しつつも
あなたのためにこんな質問がありますよ」とか
「こんな方法・手順があるけど、今日はどんな風にしましょうか?
どれがお好みでしょうか?」と
こちらの用意しているものを明らかにして、
相手に選択権をゆだねることで
相手が安心できるのではないだろうかということです。

そうすれば、相手の方も

「あ、こんなにいろいろあるんだ」と
コーチとの対話がさらに楽しく効果的なものに
なるかもしれませんね。

************************************
共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!

7月31日(日)『教師のためのコーチング講座 優位感覚を活用しよう』のご案内
  ある人にとっては簡単な学習の仕方は、必ずしも他の人にとっては
  簡単な学び方ではないことがあります。
  つまり、私たちには得意な学び方(優位感覚)があります。
  
  この講座では、コーチングの基本スキルを学んでいる先生向けに、
  優位感覚の特徴について理解を深め、授業でどう活用すれば
  効果的な学習につながるか、またどのような点に意識して
  コミュニケーションをとると相手との面談がスムーズになるかなど、
  優位感覚を現場で実践するためのヒントを持ち帰っていただく、
  体験型のセミナーです。

  2学期から子どもたちとかかわることが楽しみになりますよ。
 
【日 時】平成28年7月31日(日)10:00〜16:00(9:45より受付開始)
【参加費】3000円 *当日会場でお支払いください。
【対 象】コーチングの基本スキルを学んだ学校および塾の先生
【定 員】24名 (定員になり次第締切りますので、ホームページでご確認ください。)
【申込み】共育コーチング研究会HP http://www.ciie.jp より
     (受付期間なら、ご自分でHP上で申込みやキャンセルが可能です。)
【会 場】東京ウィメンズプラザ 東京都渋谷区神宮前5−53−67
     http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html

 お問い合わせは ciie.teacher@gmail.com
 企画/共育コーチング研究会 基礎講座プロジェクト/
 ご参加をお待ちしています。詳しくは共育コーチング研究会のHPをご覧ください。

 共育コーチング研究会 http://www.ciie.jp
************************************
 





2016年06月27日05:00「うまくいかない」を見守る

こんにちは!
今日の担当は、石川りつこです。

新年度になり、早3カ月が経とうとしていますね。
新生活を始めた皆さん、環境が変わった皆さん、
その方のそばにいるご家族の方、新しい環境・状況には慣れてきましたか?

変化って、それだけでストレスになるんだそうです。
たとえ、それが望んでいた変化であったとしても、ストレスになるのだとか。
どうぞ無理なさらず、体の声に敏感になってくださいね。

かくいう私も、新年度で変化があった1人です。

春から次女が大学生になりまして、大学のチームに入れていただき、約3カ月。
朝練がある日は4時過ぎには起きて、その日1日に消化するおにぎりを作ってます。
(朝練後、お昼、夕練前、夕練後、で5〜8個ぐらい)

早起きは大変ですが、本人がもっと大変そうなので、ちょろいもんです。
これは、私にとってはストレスではないです。

が、当の本人はちょっと様子が違って…。
彼女は、トレーニングもかねて、学校まで片道1時間弱、往復で
約2時間の距離を自転車で通学していて、朝練、授業、夕練と、フルコースな日は
朝5時半前には家を出て、夜は9時前に帰ってきます。

望んで選んだライフスタイルのはず、でしたが、これがまた、ストレスいっぱいなようで
私は自宅で彼女といるときは、ほぼ毎日、不平・不満・愚痴を聞いており…(^^;

最初の頃は、見方を変えたら楽になるんじゃないか、と思って
「それってさ〜、こうとも言えるよね」とか
「その人もさ〜、そんなつもりで言ったんじゃないと思うよ〜」
とかって言っていましたが、

そのたびに彼女から
「…ってかね、さらにはね」
と、話を遮られたり、
「そんなはず、ない!絶対ない!」
と、頭から否定されたりして、先月あたりから
「彼女がほしいのは正論じゃないみたいだ…。まずは、出尽くすところまで話を聞こう」
と、スタンスを変え、彼女と向き合っています。

ただ、これ、
私にとっては、大変な苦行であります。

まず、
「聞く」こと自体も労力がいる上に、そのトピックがすべて不平・不満・愚痴だから、です。
そんなトピックを、理解しながら聞くのがしんどい。

さらには、
私が愛してやまない彼女が、つらいところにいる、という事実がしんどいです。

できることなら、いつでもどこでも笑っていてほしい、と願っています。

願ってますけど、これは彼女のテリトリーの中での話なので、口出しはできません。

出来たとしても、しないと思います。

それは私なりの意図があります。

学生のうちに、「しんどいところを経験する、そこから脱出する」を経験してほしいから、です。


私は仕事で、彼女と同じぐらいの年の大学生・専門学校生に授業をすることがあります。
その現場で強く思ったり、他の先生方とよく話題に上ることがあって、それは
「学生がもろい。打たれ弱い。ストレス耐性がない」
ということなんです。

これは、学生たちが悪いんじゃなくて、学生たちが育ってきた環境
(周りの大人が先回りをして、失敗や嫌な思いを経験させないできたこと)に因るもの、と
私は推測しています。

先行きが不透明で、誰も経験したことのない「現在」を生き切るためにも、彼女には
「生きる力」「打たれても立ち直る力」
を、今のうちに培ってほしい、そんな願いがあるので

私は、差し出したい手をぐっとこらえて、彼女の
「うまくいかない」「ストレスいっぱい」な状況を、見守りたいと思っています。

朝早起きな皆さん、子どもがうまくいかない状況を見守っている皆さん、
一緒に頑張りましょうね!!

************************************
共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!

7月31日(日)『教師のためのコーチング講座 優位感覚を活用しよう』のご案内
  ある人にとっては簡単な学習の仕方は、必ずしも他の人にとっては
  簡単な学び方ではないことがあります。
  つまり、私たちには得意な学び方(優位感覚)があります。
  
  この講座では、コーチングの基本スキルを学んでいる先生向けに、
  優位感覚の特徴について理解を深め、授業でどう活用すれば
  効果的な学習につながるか、またどのような点に意識して
  コミュニケーションをとると相手との面談がスムーズになるかなど、
  優位感覚を現場で実践するためのヒントを持ち帰っていただく、
  体験型のセミナーです。

  2学期から子どもたちとかかわることが楽しみになりますよ。
 
【日 時】平成28年7月31日(日)10:00〜16:00(9:45より受付開始)
【参加費】3000円 *当日会場でお支払いください。
【対 象】コーチングの基本スキルを学んだ学校および塾の先生
【定 員】24名 (定員になり次第締切りますので、ホームページでご確認ください。)
【申込み】共育コーチング研究会HP http://www.ciie.jp より
     (受付期間なら、ご自分でHP上で申込みやキャンセルが可能です。)
【会 場】東京ウィメンズプラザ 東京都渋谷区神宮前5−53−67
     http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html

 お問い合わせは ciie.teacher@gmail.com
 企画/共育コーチング研究会 基礎講座プロジェクト/
 ご参加をお待ちしています。詳しくは共育コーチング研究会のHPをご覧ください。

 共育コーチング研究会 http://www.ciie.jp
************************************



2016年06月24日05:00雨降って地固まる
こんにちは。木下尚子です。

先月、爽やかな風が吹く晴天の日に、母の納骨を終えることが
できました。3人の姉妹とその配偶者6名、笑顔で両親のお墓の前で
ひとつの区切りをつけることができました。私の心は本当に
晴れやかでした。

10年ほど前、コーチングを学び始めたころに両親に変化が
見られ 、遠距離の介護が始まりました。母親の違う姉との
確執、物事ひとつとっても捉え方の違い、思いのすれ違い。
どれをとってみても、私にとっては苦い薬でした。まさに、
自分の弱さをあぶり出されるような状況の連続でした。

それでもポキッと折れずに、しぶとくしなやかにやり過ごせたのは
「人が成長するってなんだろう」という自分の課題をもって、コーチングを
学び続けたことと、とても前向きな仲間に出会えたことです。

いろいろな具体的なことを学びましたが、ふりかえって10年前の自分と
違うところを3つあげるとすると

・自分の強さも弱さも客観的に受け入れられるようになってきたこと
・明日のことはわからないけれど、前向きに自分をもっていける
 ようになってきたこと
・起こるすべての結果を引き受けられるようになってきたこと 

まだまだ、進行形です。親の残した課題も、子どもの成長に役立つ
ことがあるとつくづく思うこのごろです。



************************************
共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!

7月31日(日)『教師のためのコーチング講座 優位感覚を活用しよう』のご案内
  ある人にとっては簡単な学習の仕方は、必ずしも他の人にとっては
  簡単な学び方ではないことがあります。
  つまり、私たちには得意な学び方(優位感覚)があります。
  
  この講座では、コーチングの基本スキルを学んでいる先生向けに、
  優位感覚の特徴について理解を深め、授業でどう活用すれば
  効果的な学習につながるか、またどのような点に意識して
  コミュニケーションをとると相手との面談がスムーズになるかなど、
  優位感覚を現場で実践するためのヒントを持ち帰っていただく、
  体験型のセミナーです。

  2学期から子どもたちとかかわることが楽しみになりますよ。
 
【日 時】平成28年7月31日(日)10:00〜16:00(9:45より受付開始)
【参加費】3000円 *当日会場でお支払いください。
【対 象】コーチングの基本スキルを学んだ学校および塾の先生
【定 員】24名 (定員になり次第締切りますので、ホームページでご確認ください。)
【申込み】共育コーチング研究会HP http://www.ciie.jp より
     (受付期間なら、ご自分でHP上で申込みやキャンセルが可能です。)
【会 場】東京ウィメンズプラザ 東京都渋谷区神宮前5−53−67
     http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html

 お問い合わせは ciie.teacher@gmail.com
 企画/共育コーチング研究会 基礎講座プロジェクト/
 ご参加をお待ちしています。詳しくは共育コーチング研究会のHPをご覧ください。

 共育コーチング研究会 http://www.ciie.jp
************************************


2016年06月22日05:00163キロ大谷くんは礼儀正しい謙虚な青年でした

6月5日(日)の共育コーチング研究会の定例会議の午後、

友人から東京ドームのプロ野球セパ交流戦の良い席が手に入ったから、

一緒に行かないかとのお誘い。

巨人が昔から大好きな友人は、時々巨人戦の無料招待券を二枚手に入るようだ。

 

その度にお誘いの電話が入るが、大磯から遠いし、ほとんど関心がなかったが、

今回は定例会議の後の午後で時間もあるし、

いまプロ野球の話題を独占している日本ハム球団の大谷くんが予告先発投手として登場するので、

初めて彼の申し出を受けることにし、東京ドームに行ってきました。

席は三塁側ベンチの直ぐ上で、日ハムファンの私としては最高の席だ。

選手たちの表情も手に取るように見えた。

 

このため普段テレビでは見られない生の大谷くんの表情・しぐさなど、

興味シンシンで眺めてきました。

大谷くんは現在21歳、身長193センチ、体重96キロ、イケメンである。

現在年収は2億円であるが、月々のおこずかいはほんの数万円らしく、

球団の札幌の寮に入っているので、ほとんど生活費はかからず、

おこずかいの使い道は近所のコンビニでチョコレートやアイスクリームを買うことだそうだ。

大谷くんめざして若い女の子が寮の周りをいつもウロウロしているので、

外出禁止令がでているそうだ。

両親は父親が実業団の野球選手、母親は国体出場レベルのバトミントン選手である。

 

試合は大谷くんの活躍で6対2で日ハムが勝利。

この試合で日本で最速の163キロを出したが、

この時は巨人の応援席も含め球場全体が異様な雰囲気となった。

試合内容よりもっと私には興味があったのは、

大谷くんが審判からボールを直接貰うたびに、右手で帽子を取って審判に感謝の意を示し、

これを試合中続けたのである。

 

加えて9回完投後に行われたヒーローインタビューで、勝因を聞かれると自分のことは口にせず、

同僚のファインプレーやホームランをまず上げ、

自分のことを聞かれると「チームが勝てて良かった」とだけ答え、

自分の功績には触れないのである。

 

まだ21歳の青年であるのにこの謙虚さはどこから?

私はスポーツ選手である両親や高校時代の監督の影響だと思っている。

やはり子どもの教育は親と先生である。

この試合から1週間後の昨日の日曜日、札幌での阪神戦に再び登場。

163キロを5回も投げ、次は164キロと夢は広がる。

 

同じように「今日の勝利は中田さんのファインプレーと3人の選手のホームラン」と

ヒーローインタビューで述べ、

自分のことを聞かれると「チームが勝てて良かった」と同じセリフ。

 

本人は優勝してアメリカに渡るのが夢だそうだ。


************************************
共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!

7月31日(日)『教師のためのコーチング講座 優位感覚を活用しよう』のご案内
  ある人にとっては簡単な学習の仕方は、必ずしも他の人にとっては
  簡単な学び方ではないことがあります。
  つまり、私たちには得意な学び方(優位感覚)があります。
  
  この講座では、コーチングの基本スキルを学んでいる先生向けに、
  優位感覚の特徴について理解を深め、授業でどう活用すれば
  効果的な学習につながるか、またどのような点に意識して
  コミュニケーションをとると相手との面談がスムーズになるかなど、
  優位感覚を現場で実践するためのヒントを持ち帰っていただく、
  体験型のセミナーです。

  2学期から子どもたちとかかわることが楽しみになりますよ。
 
【日 時】平成28年7月31日(日)10:00〜16:00(9:45より受付開始)
【参加費】3000円 *当日会場でお支払いください。
【対 象】コーチングの基本スキルを学んだ学校および塾の先生
【定 員】24名 (定員になり次第締切りますので、ホームページでご確認ください。)
【申込み】共育コーチング研究会HP http://www.ciie.jp より
     (受付期間なら、ご自分でHP上で申込みやキャンセルが可能です。)
【会 場】東京ウィメンズプラザ 東京都渋谷区神宮前5−53−67
     http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html

 お問い合わせは ciie.teacher@gmail.com
 企画/共育コーチング研究会 基礎講座プロジェクト/
 ご参加をお待ちしています。詳しくは共育コーチング研究会のHPをご覧ください。

 共育コーチング研究会 http://www.ciie.jp
************************************



2016年06月20日05:00オキシトシン・ハグ
こんにちは。今日の担当は、藤沢由美子です。


前回、自分のパートナーとの関係を改善する方法を紹介しました。
「ほめほめゲーム」
関係を良くしたいと思っている相手への毎日のアプローチ方法です。


この方法を、ある企業の人事担当の男性にお話ししたところ
「これは、もらったら男性はうれしいですね!僕もやって欲しい!!」
…と言っていただきました^^

まだ試していない方は、ぜひご参考に。


今回は、10秒で幸せな気分になれる方法をご紹介します。


このコラムの読者ならば、タイトルでお分かりの方もいるはず。
赤ちゃんを抱っこしたときなどの、あの言いようもない幸せな感覚−肌感覚は、
体の中で「オキシトシン」というホルモン分泌を促進します。

「オキシトシン」は、出産後におっぱいを刺激してお乳を分泌させるとともに、出産後の子宮収縮(いわゆる産後の肥立ち)を促進します。

でも、このホルモンって、出産しない男性にもあるんですね。
「オキシトシン」が分泌されると、闘争心、恐怖心を減らし、信頼感、免疫力を上げることができます。

どういうことかというと、職場や家庭での不協和音を減らし、社会活動を安心して営めるようになること。
これはストレスフルな生活で、ストレスを減らし、病気にかかりにくく(病気にならない訳ではありませんが)なるということなのです。

実際に臨床研究も進んでいます。


朝、出かける家族に「10秒頂戴!オキシトシン・ハグするから!!」

「オキシトシン…なに、それ?」と言い終わらないうちに、
私に羽交い絞め(?)にされて、抵抗できず…
10秒後、ちょっと表情をやわらかくして出かけていきました。


このような抱擁はもちろん、スキンシップ、握手、ハイタッチ、ぬいぐるみの抱っこ、セックス…
気持ちの良い肌感覚であれば、OK。

なにより、お手軽に自分がハッピーになれるのがお勧めなところです。

ただ「相手は誰でも良いのか?」というと、経験上そうでもなくて
欲しい人から与えてもらえるのが、一番パワフルに感じていますが。

みなさまは、いかがでしょうか?


コーチングだけでなく、仕事や学習も良好な関係によって促進されます。
…ってことは、お給料や成績が上がるってこと?

お試しあれ^^

 
藤沢由美子
Points of You™ Certified Trainer


 

2016年06月17日05:00思い込み
今日の担当は山村です。

今週、偶然にも相談に来た生徒二人に同じ話をする機会がありました。
一人は「前からテストで悪い点数をとっているから、どうせ私、英語はできない。」 と勉強することを諦めてしまっている生徒。
もう一人は「人と話すのは苦手」と自分から話しかけることをあきらめて、 学校では人とかかわることをさけ、一人で過ごす生徒。

二人にこんな話(寓話)をしてみました。


あるサーカスに、その大きな体といろんなものを持ち上げる力で人気のゾウがい ました。
そのゾウは、演技が終わって次の出番を待つ間、 小さな杭に鎖でつながれていました。
そのゾウの力ならば簡単に杭を引き抜くか、鎖を引きちぎって逃げることができ るのに、逃げようとはしません。

ゾウは逃げたくないわけではありません。
逃げたいのに、逃げないのです。

なぜだと思いますか?

実はこのゾウは、とっても小さいときから同じような杭と鎖につながれていました。
小さいころからつながれていたら、逃げようとしないしないのはなぜか。

ゾウは、小さくてまだ力がないころに、何度も鎖を切ろうと、杭から逃げようと して失敗した結果、「逃げるのは無理だ」とあきらめてしまったのです。
そして、二度とその記憶を疑わず、自分の力を試してみようとしなかったのです。
ゾウは、杭や鎖に束縛されているのではなく、「自分は無力だ」という過去の体験から来る「思い込み」に縛られていたのです。

英語のテストで悪い点を取ったから英語は苦手と「思い込み」に縛られているのは誰?
人と話すのは苦手と「思い込み」に縛られて、自分から話しかけることを諦めてしまっているのは誰?

そう質問してみました。
二人とも黙って考えていました。


私たちには誰でもこのゾウと似た部分があるのではないでしょうか?
できない、無理、と思ったとき、自分の足下を見直してみて下さい。
あなたをしばりつけている杭は、 ちょっとやり方を工夫すれば抜くことが出来る杭なのかもしれない。
少し頑張れば切れる鎖なのかもしれない。

できるかどうかは、もう一度、全力で自分の力を試してみるか否かにかかっているのです。
二人がどんな思いでこの話を聴いてくれていたのか、 少ししたらまた話を聴いてみたいと思います。

あなたをつないでいる鎖、杭があるとしたらどんなことですか?


 ************************************
共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!

6月19日(日)『コーチング基礎講座1』のご案内
  「コーチング基礎講座」は、コーチングに興味をお持ちの方が
  その基礎的なことについて知り、学ぶことができる講座で、
  コーチングを知りたい方、以前学んだコーチング・スキルを
  もう一度チェックしたい方々のために企画されたセミナーです。

  コーチングを学び始めたばかりの方にとっては実践を通して
  体験的に学ぶことができます。すでに学んだ方にとっても、
  これまでに身につけたことを具体的に確認できる機会になります。

  基礎講座は1クール4回構成(1〜4)で、今年は3クールを
  繰り返し実施する予定です。講座の1〜4回に自由に参加できます。

  ★今回は、第2クールの講座1です。新たに参加される方も、
  以前他のプログラムに参加した方も歓迎いたします。今回の講座の
  主な内容は以下の予定です。

  ・コーチングとは何か
  ・基本スキル体験
  ・コーチングエクササイズ
  ・Q&A など

  これまでこの基礎講座に参加した方からは、以下のようなことに
  役立ったと感想をいただいています。

  >子どもや人との関わりが良くなりました
  >落ち着いて話が聞けるようになりました
  >自分のコミュニケーションのとり方の傾向が分かりました
  >ものごとの捉え方のレパートリーが広がりました
  >目標達成が早まりました

  高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。

  ☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆

  なお、次回第2クールの「基礎講座2」は7月に実施予定です。
  詳しくは、ホームページで確認してください。

【日 時】平成28年6月19日(日)9:15〜11:45(9:00より受付開始)
【参加費】2000円(学生1000円)*当日会場でお支払いください。
【対 象】高校生以上なら、どなたでもご参加いただけます。
【定 員】20名 (定員になり次第締切りますので、ホームページでご確認ください。)
【申込み】共育コーチング研究会HP http://www.ciie.jp より
     (HPが新しくなり、申し込み方法が変わりました。
     受付期間なら、ご自分でHP上で申込みやキャンセルが可能です。)
【会 場】東京ウィメンズプラザ 東京都渋谷区神宮前5−53−67
     http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html

 お問い合わせは ciie.basic2014@gmail.com
 企画/共育コーチング研究会 基礎講座プロジェクト/
 ご参加をお待ちしています。詳しくは共育コーチング研究会のHPをご覧ください。

 共育コーチング研究会 http://www.ciie.jp
************************************


2016年06月15日05:00よく言われますが、、「子育ては自分育て」 続編ず能回!〜自分の気持ちを伝える

みなさん、こんにちは。

畑さち子です。


昨年の12月11日から3回にわたり、
家族との関係を劇的に変化させたAさんの話を書きました。

(「ああ、そういえば。。」って思い出してくださいましたか??)


「春ごろには、12月にこんな(穏やかな)気持ちでいられるなんて、想像もしていなかった。」
と言ったAさんです。


で、家庭を家族が安心できる場にするためにAさんがやったこと4つ。

夫、娘、息子に対し

1、信じる

2、受け入れる

3、きいてみる(質問する)

4、自分の気持ちを伝える


過去3回で一項目ずつ書いてきました。

今日は4の「自分の気持ちを伝える」ということについて、書いてみたいと思います。



私もそうですが、っていうか、けっこうたくさんの人がそうかもしれないけれど、

「これくらい気づいてよ!」

「ふつう、察しがつくでしょう!」

みたいに考えることないですか?


相手が自分の気持ちをわかってくれる、を大前提に話が進んでいる事、ないですか?


職場や友達の間でもありますが、特に身近な家族の場合、

「長い間、一緒に暮らしているんだから。」

「同じような事、何べんも言ってるでしょ。」

のように、思うからでしょうか。


「なんでわかってくれないのよ!?」

となること、ないですか?。



Aさんもそうだったそうです。

が、Aさんは”あるきっかけ”で、自分の気持ちは伝えなければダメなんだ!と痛感し、
それから穏やかに冷静に、

「私は○○と思っているの。」

「今、こんなふうに感じているんだよ。」

と伝えるようになったそうです。



へえ〜、すごいな〜。

じゃあ、”あるきっかけ”って??



ある夕方、Aさんは腹にすえかねることがあり、家出を決行したそうです。

友人宅に行き、話を聞いてもらい

「泊っていってもいいよ。」と言われたそうですが、

「家族が心配しているから・・」と

夜遅くに帰宅すると、TVを見ていた子どもたちが振り返り、のんきな声で

「あ、おかえり〜。」



Aさんは家出を決行するほど怒っていたのに、子どもたちは気づいていない。

「家出するほど、お母さんは怒ってたんだ。」とわかってほしかったのに、
ちっともわかっていない。


「なんだこれは。。

私の独り相撲じゃないか。。。」


気づいてもらうには、わかってもらうには、言葉で伝えるしかないんだな、と
身に沁みてわかった次第、だったのですって。


それから、Aさんがつとめて冷静に穏やかに(←ここはポイントですね!)

「私は○○と思ってるの。」

と言うようにすると、お子さんやご主人は

「お母さんは○○と思ってるんだ。わかった。」

「お母さんは○○と思ってるんだ。でも、私はちょっと違うと思う。」

と家庭内で穏やかな話ができるようになったそう。



「今だっていろいろあるけど、
でも、家族みんながお互いを思いやり、できているところを見ているので、
家庭が居心地の良い場になりました。」
とさ。


めでたし。



「私の体験がどなたかのお役に立つなら、、」と承諾を得てのAさんの実体験を
4回に分けて、お届けしました。


少しでもお役に立ったのであれば、Aさんも私もうれしいです。

長い間おつき合いいただき、ありがとうございました。



************************************
共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!

6月19日(日)『コーチング基礎講座1』のご案内
  「コーチング基礎講座」は、コーチングに興味をお持ちの方が
  その基礎的なことについて知り、学ぶことができる講座で、
  コーチングを知りたい方、以前学んだコーチング・スキルを
  もう一度チェックしたい方々のために企画されたセミナーです。

  コーチングを学び始めたばかりの方にとっては実践を通して
  体験的に学ぶことができます。すでに学んだ方にとっても、
  これまでに身につけたことを具体的に確認できる機会になります。

  基礎講座は1クール4回構成(1〜4)で、今年は3クールを
  繰り返し実施する予定です。講座の1〜4回に自由に参加できます。

  ★今回は、第2クールの講座1です。新たに参加される方も、
  以前他のプログラムに参加した方も歓迎いたします。今回の講座の
  主な内容は以下の予定です。

  ・コーチングとは何か
  ・基本スキル体験
  ・コーチングエクササイズ
  ・Q&A など

  これまでこの基礎講座に参加した方からは、以下のようなことに
  役立ったと感想をいただいています。

  >子どもや人との関わりが良くなりました
  >落ち着いて話が聞けるようになりました
  >自分のコミュニケーションのとり方の傾向が分かりました
  >ものごとの捉え方のレパートリーが広がりました
  >目標達成が早まりました

  高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。

  ☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆

  なお、次回第2クールの「基礎講座2」は7月に実施予定です。
  詳しくは、ホームページで確認してください。

【日 時】平成28年6月19日(日)9:15〜11:45(9:00より受付開始)
【参加費】2000円(学生1000円)*当日会場でお支払いください。
【対 象】高校生以上なら、どなたでもご参加いただけます。
【定 員】20名 (定員になり次第締切りますので、ホームページでご確認ください。)
【申込み】共育コーチング研究会HP http://www.ciie.jp より
     (HPが新しくなり、申し込み方法が変わりました。
     受付期間なら、ご自分でHP上で申込みやキャンセルが可能です。)
【会 場】東京ウィメンズプラザ 東京都渋谷区神宮前5−53−67
     http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html

 お問い合わせは ciie.basic2014@gmail.com
 企画/共育コーチング研究会 基礎講座プロジェクト/
 ご参加をお待ちしています。詳しくは共育コーチング研究会のHPをご覧ください。

 共育コーチング研究会 http://www.ciie.jp
************************************



2016年06月13日05:00思春期はセルフイメージを悪くする時期
 本日の担当は花岡司です。
私の回では私が開催している『思春期反抗期への対応力を磨くセミナー』の中での出来事を紹介しています。
今回はセルフイメージについてです。

 思春期は「僕なら出来る。」と思え巣立ちをする時期でもありますが、いざ外の風に当たると思い通りにいかないことも多く挫折を経験する時期でもあります。
それはそれでとても大事なことだと思うのですが、自信を無くし必要以上にセルフイメージを悪くする子も増えます。
 
 人は期待すればするほど報われなかったときのショックは大きくなります。
なので傷つかないように初めから「きっとダメだもん。」と予防線を張るメカニズムがるのです。
傷つく嫌な経験をするとこの機構が知らず知らずに強くなっていくのものなのです。

 思春期はただでさえ自分の嫌なところが目につき始める時期でもありますし傷つくことも多いのでセルフイメージを悪くする機会には事欠きません。
ですが一旦セルフイメージを悪くする楽な世界に逃げ込むとそのイメージを抜くりは何倍も大変だったりします。

 コーチングへを長年やっているとセルフイメージのに重要性を痛感します。
結局のところ「自分はできる」と思っている人はできるし、「自分はきっとできない。」と思っている人はできないのです。人はそれほどイメージにとても強い影響を受けているのです。
ぜひお母さんの力でお子さんのセルフイメージが悪くならないよう(楽させないよう)サポートしてあげてください。 

あなたのお子さんはセルフイメージが良いですか?  悪くなっていませんか?
あなたはお子さんのセルフイメージが良くなるよう(悪くならないよう)何をしてあげますか?


今日は思春期の子どもの「セルフイメージについて」お話ししましたが、
あなた自身のセルフイメージは如何ですか?


************************************
共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!

6月19日(日)『コーチング基礎講座1』のご案内
  「コーチング基礎講座」は、コーチングに興味をお持ちの方が
  その基礎的なことについて知り、学ぶことができる講座で、
  コーチングを知りたい方、以前学んだコーチング・スキルを
  もう一度チェックしたい方々のために企画されたセミナーです。

  コーチングを学び始めたばかりの方にとっては実践を通して
  体験的に学ぶことができます。すでに学んだ方にとっても、
  これまでに身につけたことを具体的に確認できる機会になります。

  基礎講座は1クール4回構成(1〜4)で、今年は3クールを
  繰り返し実施する予定です。講座の1〜4回に自由に参加できます。

  ★今回は、第2クールの講座1です。新たに参加される方も、
  以前他のプログラムに参加した方も歓迎いたします。今回の講座の
  主な内容は以下の予定です。

  ・コーチングとは何か
  ・基本スキル体験
  ・コーチングエクササイズ
  ・Q&A など

  これまでこの基礎講座に参加した方からは、以下のようなことに
  役立ったと感想をいただいています。

  >子どもや人との関わりが良くなりました
  >落ち着いて話が聞けるようになりました
  >自分のコミュニケーションのとり方の傾向が分かりました
  >ものごとの捉え方のレパートリーが広がりました
  >目標達成が早まりました

  高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。

  ☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆

  なお、次回第2クールの「基礎講座2」は7月に実施予定です。
  詳しくは、ホームページで確認してください。

【日 時】平成28年6月19日(日)9:15〜11:45(9:00より受付開始)
【参加費】2000円(学生1000円)*当日会場でお支払いください。
【対 象】高校生以上なら、どなたでもご参加いただけます。
【定 員】20名 (定員になり次第締切りますので、ホームページでご確認ください。)
【申込み】共育コーチング研究会HP http://www.ciie.jp より
     (HPが新しくなり、申し込み方法が変わりました。
     受付期間なら、ご自分でHP上で申込みやキャンセルが可能です。)
【会 場】東京ウィメンズプラザ 東京都渋谷区神宮前5−53−67
     http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html

 お問い合わせは ciie.basic2014@gmail.com
 企画/共育コーチング研究会 基礎講座プロジェクト/
 ご参加をお待ちしています。詳しくは共育コーチング研究会のHPをご覧ください。

 共育コーチング研究会 http://www.ciie.jp
************************************


2016年06月10日05:0010年後は?

今日の担当は山口一郎です。

 

5月某日、傾聴ボランティアで、海の見える高台にあるケアハウスに伺いました。

お話相手は毎回変わるのですが、この日はご高齢のご婦人でした。

お話では昭和2年東京下町生まれの89歳だとのこと。

杖をお使いですが、服装もこざっぱりしていて何より滑舌が良いので、若々しく感じました。

色々な楽しいお話を伺っていると、ご婦人はさらに元気になって

「ところで、あなたはお幾つ?」と質問されました。

「誕生日が来ると75歳です。」とお応えすると「あらまあ、お若くていいわね。弟みたい。

これから先 まだなんだってできそうね。10年後は何してたいの?」

と続けてのご質問でした。


「お若くていいわね。」と言われたのも久しぶりでどぎまぎしましたが、

10年後は何してたいの?」とコーチされました。

ご高齢の方からの質問で、改めて自分の思いを巡らせたので、

お応えするまで時間がかかってしまいました。
私の回答はともかく、それを聞いて「本当に実現しなさいよ。

10年後まだ私は生きていますから、報告してほしいわ。」

と笑いながら念押しされました。まさにナチュラルコーチに巡り合ったわけです。

(お相手の方についてはフィクションがあります。)


私自身は、10年後に生きているかどうかわからないと思っているのですが、

大先輩から質問されると、今までと違った意味で深く考えされてしまいました。

それは自分の目標なのか夢なのか、実現可能な目標なのか、

目標達成のために努力が続けられるのか、

目標が達成されたとしてその時私は何を得られるのか。

久しぶりにセルフコーチングをしました。

 

100歳以上が6万人を超えた日本では、

後期高齢者にも10年後を語ってもらうことが大いに意味を持つことになりそうです。

聖路加国際病院理事長の日野原さんの一言「100歳はゴールじゃなくて関所だよ」


************************************
共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!

6月19日(日)『コーチング基礎講座1』のご案内
  「コーチング基礎講座」は、コーチングに興味をお持ちの方が
  その基礎的なことについて知り、学ぶことができる講座で、
  コーチングを知りたい方、以前学んだコーチング・スキルを
  もう一度チェックしたい方々のために企画されたセミナーです。

  コーチングを学び始めたばかりの方にとっては実践を通して
  体験的に学ぶことができます。すでに学んだ方にとっても、
  これまでに身につけたことを具体的に確認できる機会になります。

  基礎講座は1クール4回構成(1〜4)で、今年は3クールを
  繰り返し実施する予定です。講座の1〜4回に自由に参加できます。

  ★今回は、第2クールの講座1です。新たに参加される方も、
  以前他のプログラムに参加した方も歓迎いたします。今回の講座の
  主な内容は以下の予定です。

  ・コーチングとは何か
  ・基本スキル体験
  ・コーチングエクササイズ
  ・Q&A など

  これまでこの基礎講座に参加した方からは、以下のようなことに
  役立ったと感想をいただいています。

  >子どもや人との関わりが良くなりました
  >落ち着いて話が聞けるようになりました
  >自分のコミュニケーションのとり方の傾向が分かりました
  >ものごとの捉え方のレパートリーが広がりました
  >目標達成が早まりました

  高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。

  ☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆

  なお、次回第2クールの「基礎講座2」は7月に実施予定です。
  詳しくは、ホームページで確認してください。

【日 時】平成28年6月19日(日)9:15〜11:45(9:00より受付開始)
【参加費】2000円(学生1000円)*当日会場でお支払いください。
【対 象】高校生以上なら、どなたでもご参加いただけます。
【定 員】20名 (定員になり次第締切りますので、ホームページでご確認ください。)
【申込み】共育コーチング研究会HP http://www.ciie.jp より
     (HPが新しくなり、申し込み方法が変わりました。
     受付期間なら、ご自分でHP上で申込みやキャンセルが可能です。)
【会 場】東京ウィメンズプラザ 東京都渋谷区神宮前5−53−67
     http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html

 お問い合わせは ciie.basic2014@gmail.com
 企画/共育コーチング研究会 基礎講座プロジェクト/
 ご参加をお待ちしています。詳しくは共育コーチング研究会のHPをご覧ください。

 共育コーチング研究会 http://www.ciie.jp
************************************





2016年06月08日10:57考えるのは、めんどくさい?


こんにちは。本日の担当は、川本正秀です。



先日、ある若い知人と話をしていました。

「うちの子どもが、本を読むのはめんどくさい、というんです」

「へえ、それで何て言ったの?」

「読書は、ゲームと違うんだ。お菓子と同じで食べて終わりじゃ意味がない。
楽しいだけでは残るものがないだろう。読書をすれば、ワクワクする楽しさと
学びがあって、知識を得たり考えることもあるし、後で役に立つかもしれない」

「そうしたら?」

「ゲームと同じじゃないの。考える分だけめんどくさい、ですって」

「そう言われて、どう思った?」

「まあ、ゲームでも考える部分はあるけど、終わった後の感じはまったく違う。
お笑いのテレビを見た後のような『あーあ』とは、確実に違う満足感がある
と思うんだけど・・・」


考えなくても暮らせる社会は豊かなのか?
ベルトコンベアーに乗ってどこかに運ばれていくイメージが浮かびました。


「めんどくさい、ですか?」

「確かに、読書も考えることもめんどくさいところはあるけど、それが大事
なんじゃないかなあと思います。
めんどくさいからって避けていたら、そのうち仕事もめんどくさくなって、
働かない人間になっちゃうかもしれません」

「めんどくさいからやる?」

「親が何でもやってたら、子どもは自分で何もできなくなって依存的な人間に
なっちゃう気がします。ゲームや勉強ばかりさせてたら、どんな大人になる
ことやら・・」

「じゃあ、親の役目とは?」

「楽しいこともめんどくさいこともやらせること。生きてると楽しいこと
だけでも、めんどくさいことばかりでもないのが現実ですから。
やっぱり、自分で体験しないとわからない、学べないことばかりですね」

「経験から、楽しいこととめんどくさいことどっちが役に立った?」

「う〜ん、楽しいことはさっと過ぎちゃうけど、めんどくさいことはその時の
ネガティブな感じや表情、それでも頑張っていこうという気持ち、だんだん好転
してきた時の高揚感、できたときのうれしさ・・いろいろ残ってますね。
だから、めんどくさいことの方が後で活かせますね」


1週間もたくさん頑張って、少し休むから休日を楽しめるのかなあ。
いいバランスでできてるんだなあ、だれが考えたのかなあ・・


「親は子どもにとっては『生き方のモデル』だから、がんばっている親を見て
学んでるんじゃないかなぁ。ところで、あなたは家でどれくらい本を読むの?」

「週に1冊が目標です。スマホは気を付けて朝昼晩にしてますけど・・・」

「読んだ後は?」

「え?どういうことですか?読んだ後?」

「読みながら考えたこととか、感想とかあるでしょう?」

「ええ、もちろん。でも、アウトプットしたこと、ないなあ・・・・・。
そうか、話してみるなんて考えたことないなあ。恥ずかしいし・・・」

「へぇー、そうなんだ。どうしてだろうね?」

「自分のことをあまり話さないからかなあ。説教してると思われるのもいやだし。
これって、子どもとぶつかるのを避けてたってことかな・・」

「めんどくさいしねえ・・」

「そうか。自分もめんどくさいから、子どもと向き合おうと考えなかった。
考えるのを避けてたんだ。これじゃぁ、同じじゃないか・・・」


よく聞こえない小さな声でぶつぶつ言いっています。
ワインが発酵していく感じかなあ。ちょっと、沈黙して待ちました。


「子は親の鏡、なんですね。自分のことを棚に上げて偉そうに言えないなあ」

「親と子どもは同じじゃないと思うけど?」

「だから、親はもっとしっかりしなくちゃいけないんですね、きっと。偉そう
にする必要はないけど、子どもがモデルにしたいなと思える存在!これだな。
そのためにも、面倒がらずに、もっと考えなくちゃ。
今日は、いいお話をありがとうございました」

「え、はあ。こちらこそ・・・」



自分で気づいて、自分で答えを見つけ行動できる人、好きだなぁ。




************************************
共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!

6月19日(日)『コーチング基礎講座1』のご案内
  「コーチング基礎講座」は、コーチングに興味をお持ちの方が
  その基礎的なことについて知り、学ぶことができる講座で、
  コーチングを知りたい方、以前学んだコーチング・スキルを
  もう一度チェックしたい方々のために企画されたセミナーです。

  コーチングを学び始めたばかりの方にとっては実践を通して
  体験的に学ぶことができます。すでに学んだ方にとっても、
  これまでに身につけたことを具体的に確認できる機会になります。

  基礎講座は1クール4回構成(1〜4)で、今年は3クールを
  繰り返し実施する予定です。講座の1〜4回に自由に参加できます。

  ★今回は、第2クールの講座1です。新たに参加される方も、
  以前他のプログラムに参加した方も歓迎いたします。今回の講座の
  主な内容は以下の予定です。

  ・コーチングとは何か
  ・基本スキル体験
  ・コーチングエクササイズ
  ・Q&A など

  これまでこの基礎講座に参加した方からは、以下のようなことに
  役立ったと感想をいただいています。

  >子どもや人との関わりが良くなりました
  >落ち着いて話が聞けるようになりました
  >自分のコミュニケーションのとり方の傾向が分かりました
  >ものごとの捉え方のレパートリーが広がりました
  >目標達成が早まりました

  高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。

  ☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆

  なお、次回第2クールの「基礎講座2」は7月に実施予定です。
  詳しくは、ホームページで確認してください。

【日 時】平成28年6月19日(日)9:15〜11:45(9:00より受付開始)
【参加費】2000円(学生1000円)*当日会場でお支払いください。
【対 象】高校生以上なら、どなたでもご参加いただけます。
【定 員】20名 (定員になり次第締切りますので、ホームページでご確認ください。)
【申込み】共育コーチング研究会HP http://www.ciie.jp より
     (HPが新しくなり、申し込み方法が変わりました。
     受付期間なら、ご自分でHP上で申込みやキャンセルが可能です。)
【会 場】東京ウィメンズプラザ 東京都渋谷区神宮前5−53−67
     http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html

 お問い合わせは ciie.basic2014@gmail.com
 企画/共育コーチング研究会 基礎講座プロジェクト/
 ご参加をお待ちしています。詳しくは共育コーチング研究会のHPをご覧ください。

 共育コーチング研究会 http://www.ciie.jp
************************************