2017年03月27日05:00誰のための声掛け?
今日の担当は成安蓮美です。

みなさん おはようございます。



もうすぐ中学生になる我が家の息子は
 
思春期な? 年頃になり、声掛けに気を使い始めています。


宿題
持ち物
給食の白衣
習い事
就寝時間


1年1年成長する息子への対応の仕方が変わり

手を出すことが少なくなる反面

気忙しくしているのは、いったい誰のためなのかと考えることがあります。


それは当然 「息子のため」 と思っていましたが、


実を言うと


後で尻拭いをしたくない私のためであったり
 
管理できない親だと思われたくない私のため


なことに気が付きました。



あなたのためにやって(言って)いるのよ!

あなたの宿題なんだから
 
あなたが恥ずかしい思いをしないために・・・



と言いつつ 実は自分のために言っているわけです。



本当に、子ども自身を信じて、自分の力でやってごらんと思えるのなら

手出しや口出しはしなでいられるはず



まだ小さいから

まだできないから

手をかけてあげないと と思うのはこちら側の事情なんですね。




親力・母力なんて言葉を聞きますが、

もちろん親もそうですが

そもそも自分力がなによりも重要な地盤を作っています。



自分軸を保ち揺らがない生き方




人はいつまでも成長してますから

ずっと付き合っていく、自分と向き合う生活はまだまだ続きます。
(*^_^*)


自分への声掛け、問いかけを気にかけていこうと思うこのごろです。


************************************
共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!

2017年4月16日(日)9:15〜11:45
新・基礎講座4-4のご案内
「コーチングスキルを使えるようになろう〜その2〜」

「新・基礎講座」は、コーチングの基礎的なこと(スキルやマインドなど)
について知り、学ぶことができる講座です。
コーチングの基礎を知りたい方、以前学んだコーチング・スキルなどを
もう一度チェックしたい方々のために企画されたセミナーです。
昨年実施した「基礎講座」を進化させ、座学的な憶える研修ではなく、
具体的な事例、コーチとしての在り方や考え方もお伝えできるように
実践的なプログラムを提供しようと考えています。
コーチングを学び始めたばかりの方にとってはもちろん、すでに学んだ方にとっても
これまで身につけたことを再度見直すよい機会になります。
新・基礎講座は1クール6回構成(1〜6)で、
今年も原則として毎月1回で2クールを実施する予定です。
講座の1〜6回に自由に、何度でも参加できます。
詳しい内容等については、講座の中でお伝えしていきます。

★今回は、第4クールの講座4です。
新たに参加される方も、以前他のプログラムに参加した方も歓迎いたします。
今回予定しているテーマは、「コーチングスキルを使えるようになろう〜その3〜」

1.やりたいことを実現する 〜身近な人との会話が行動を後押し〜
2.親と子、互いを尊重した対話 〜つい声をかけたくなる(口をだしたくなる)
  それをどうする?〜

参加者からリクエストのあった状況を基に、具体的な会話事例を使って、
さまざまな展開方法で、コーチングスキルの使い方や考え方を学ぶ実践的なプログラムです。

なお、前回4-3の参加者は4名で、新しい内容・展開に、終了後のアンケートから
「とても満足」という評価をたくさんいただきました。
詳しくは、ホームページの実施報告をご覧ください。

高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。
☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆


開催概要
◆日時:4月16日(日)9:15〜11:45 受付開始9:00より
◆会場    :東京ウィメンズプラザ(JR渋谷駅徒歩12分、地下鉄表参道駅徒歩7分)
◆参加費:大人2,000円 学生1,000円(当日受付にてお支払いください)
◆定員:20名(申込先着順)
◆お申込み:HPからエントリーをお願いします
 http://ciie.jp/
◆お問い合せ:HPから送信をお願いします(担当:川本)

なお、今後の「新・基礎講座4−5」は5月21(日) 9:15〜11:45に
東京ウイメンズプラザで実施予定です。
内容は、「全部まとめて使ってみよう 〜これが基本のコーチングスキルだ〜」
詳しくは、ホームページで確認してください。
************************************


2017年03月23日05:00やり方次第で面白い介護事業
寒い春が続いていますが、
このコラムがUPされる23日には開花宣言があるでしょうか?

こんにちは このコラムは大石稜子が担当しています。


最近、教え子の嬉しい報告が続きました。


その中の一人は今年不惑の年になる男性。

デイサービスをいくつも経営しているようで、

それだけでも驚いたのですが、

考案したサービスシステムが実に面白いのです。


ちなみに、

デイサービスとは

要介護の認定を受けた方が通所して

身体機能訓練 認知機能向上 脳機能活性化

などの機能訓練と昼食、入浴、談話などのケアを受けられる場所です。


母も何年か通所したので、

大体のサービスは知っているつもりです。


男性には物足りなさを感じさせるであろうと思っていたので、

教え子のデイサービスは実にユニークで

男性にも人気がありそうです。



彼の施設に着くと

まずは機能訓練のストレッチを楽しみます。


ストレッチに参加するとパスポートと仮想通貨がもらえます。

それを持って

施設内の仮想賭博場???へとなります。


あるデイサービスの案内にあったサービス内容を以下に転機します。

現在のところ、全自動麻雀卓が2台、

パチンコ台が2台、スロットが2台、

カードゲームテーブルが1台ありますので、やりたいゲームを選んで遊んで頂けます。
 
スタッフがご一緒に参加させて頂いたり

ディーラーを担当させて頂きますので、

初めての方でも安心して楽しく遊んで頂けます。
 
ゲームの勝敗や獲得ベガス(仮想通貨)はパスポートに記録させて頂きます。

獲得したベガスは加算されていきますので、

勝ち続ければ、貯まったベガスを見て大富豪気分も味わえるかも。

以上。

更にカラオケはほとんどのデイサービスにあるようです。


どうですか、男性陣にも刺激的ですよね。

前から、

麻雀が男性のケアに喜ばれていることは知っていましたが、

映画の中で見たことがある仮想賭博場だなんて

すごい発想ですね。


介護を経験している方には共感されやすいサービスのようで、

あっという間に全国に広がっていた仮想ラスベガスのデイサービス。


話題と言えば職員の薄給や人手不足の苦労話で明け暮れる介護現場ですが、

パラダイムシフトで生まれた仮想ラスベガスのデイサービスは実に楽しそう。


ラスベガス的白い介護ケアがぐんぐん増殖することを願っています。


教え子のアイデアが全国に広がっていたなんて

なんとも嬉しい報告でした。。


************************************
共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!

2017年4月16日(日)9:15〜11:45
新・基礎講座4-4のご案内
「コーチングスキルを使えるようになろう〜その2〜」

「新・基礎講座」は、コーチングの基礎的なこと(スキルやマインドなど)
について知り、学ぶことができる講座です。
コーチングの基礎を知りたい方、以前学んだコーチング・スキルなどを
もう一度チェックしたい方々のために企画されたセミナーです。
昨年実施した「基礎講座」を進化させ、座学的な憶える研修ではなく、
具体的な事例、コーチとしての在り方や考え方もお伝えできるように
実践的なプログラムを提供しようと考えています。
コーチングを学び始めたばかりの方にとってはもちろん、すでに学んだ方にとっても
これまで身につけたことを再度見直すよい機会になります。
新・基礎講座は1クール6回構成(1〜6)で、
今年も原則として毎月1回で2クールを実施する予定です。
講座の1〜6回に自由に、何度でも参加できます。
詳しい内容等については、講座の中でお伝えしていきます。

★今回は、第4クールの講座4です。
新たに参加される方も、以前他のプログラムに参加した方も歓迎いたします。
今回予定しているテーマは、「コーチングスキルを使えるようになろう〜その3〜」

1.やりたいことを実現する 〜身近な人との会話が行動を後押し〜
2.親と子、互いを尊重した対話 〜つい声をかけたくなる(口をだしたくなる)
  それをどうする?〜

参加者からリクエストのあった状況を基に、具体的な会話事例を使って、
さまざまな展開方法で、コーチングスキルの使い方や考え方を学ぶ実践的なプログラムです。

なお、前回4-3の参加者は4名で、新しい内容・展開に、終了後のアンケートから
「とても満足」という評価をたくさんいただきました。
詳しくは、ホームページの実施報告をご覧ください。

高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。
☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆


開催概要
◆日時:4月16日(日)9:15〜11:45 受付開始9:00より
◆会場    :東京ウィメンズプラザ(JR渋谷駅徒歩12分、地下鉄表参道駅徒歩7分)
◆参加費:大人2,000円 学生1,000円(当日受付にてお支払いください)
◆定員:20名(申込先着順)
◆お申込み:HPからエントリーをお願いします
 http://ciie.jp/
◆お問い合せ:HPから送信をお願いします(担当:川本)

なお、今後の「新・基礎講座4−5」は5月21(日) 9:15〜11:45に
東京ウイメンズプラザで実施予定です。
内容は、「全部まとめて使ってみよう 〜これが基本のコーチングスキルだ〜」
詳しくは、ホームページで確認してください。
************************************



2017年03月20日05:00子どもは鏡
こんにちは やまざきみどりです。

子どもが話している言い方を聞いて
「自分の言い方にそっくり!」とゾッとすることないですか?

息子がまだ小学校3年生の時です。
実家で飼っているトイプードルのルー君を
ソファーに座らせ、自分はフローリングに座り
ルーと目線が同じになるようにして
ルーの両腕をつかんで
「ルー ダメでしょう」とルーを怒る息子を見て
ゾッとしたことがあります。

そうなんです。当時、私は
息子と目線が同じになるようにしゃがみ
息子の両腕をもって怒っていたんです。

子どもは親の鏡とも言いますが
親のしていることをそのまま、たぶん無意識に
再現してくれるんですよね。


先日も、現在、大学生となった息子に
「こんな仕事のオファーが来て欲しいんだ」
と夢を語ったところ

息子「そのために何しているの?」
私 「…… 仕事くるのを待ってる。。。」
息子「他には?」
私 「……………ん、、、、
        祈ってる。。。」
息子「他には?」
私 「・・・・・・・・・・ 」
   ”そういえば、何もしていない( ;∀;)”

息子「で、何するの?」
私 「え〜〜〜〜と・・・
   こんな仕事をしたいって周りの人に話してみようかな(;'∀')
   そしたら誰かが仕事紹介してくれるかも(汗)」

という会話をされて、
私は、夢だけ語っていて何も行動していない現状に気づかされました。

子どもに「こんな人になりなさい」「こんなことを言ってはいけません」
と強要するより 
してほしいと思っている言動を
親がその言動を心がけてお手本になるといいのかもしれません。


************************************
共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!

2017年4月16日(日)9:15〜11:45
新・基礎講座4-4のご案内
「コーチングスキルを使えるようになろう〜その2〜」

「新・基礎講座」は、コーチングの基礎的なこと(スキルやマインドなど)
について知り、学ぶことができる講座です。
コーチングの基礎を知りたい方、以前学んだコーチング・スキルなどを
もう一度チェックしたい方々のために企画されたセミナーです。
昨年実施した「基礎講座」を進化させ、座学的な憶える研修ではなく、
具体的な事例、コーチとしての在り方や考え方もお伝えできるように
実践的なプログラムを提供しようと考えています。
コーチングを学び始めたばかりの方にとってはもちろん、すでに学んだ方にとっても
これまで身につけたことを再度見直すよい機会になります。
新・基礎講座は1クール6回構成(1〜6)で、
今年も原則として毎月1回で2クールを実施する予定です。
講座の1〜6回に自由に、何度でも参加できます。
詳しい内容等については、講座の中でお伝えしていきます。

★今回は、第4クールの講座4です。
新たに参加される方も、以前他のプログラムに参加した方も歓迎いたします。
今回予定しているテーマは、「コーチングスキルを使えるようになろう〜その3〜」

1.やりたいことを実現する 〜身近な人との会話が行動を後押し〜
2.親と子、互いを尊重した対話 〜つい声をかけたくなる(口をだしたくなる)
  それをどうする?〜

参加者からリクエストのあった状況を基に、具体的な会話事例を使って、
さまざまな展開方法で、コーチングスキルの使い方や考え方を学ぶ実践的なプログラムです。

なお、前回4-3の参加者は4名で、新しい内容・展開に、終了後のアンケートから
「とても満足」という評価をたくさんいただきました。
詳しくは、ホームページの実施報告をご覧ください。

高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。
☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆


開催概要
◆日時:4月16日(日)9:15〜11:45 受付開始9:00より
◆会場    :東京ウィメンズプラザ(JR渋谷駅徒歩12分、地下鉄表参道駅徒歩7分)
◆参加費:大人2,000円 学生1,000円(当日受付にてお支払いください)
◆定員:20名(申込先着順)
◆お申込み:HPからエントリーをお願いします
 http://ciie.jp/
◆お問い合せ:HPから送信をお願いします(担当:川本)

なお、今後の「新・基礎講座4−5」は5月21(日) 9:15〜11:45に
東京ウイメンズプラザで実施予定です。
内容は、「全部まとめて使ってみよう 〜これが基本のコーチングスキルだ〜」
詳しくは、ホームページで確認してください。
************************************



2017年03月16日05:00問題の意味が理解できない子どもたち

今日の担当は、古田倫子です。


先日の新聞記事に「問題の意味が理解できない子どもたち」という見出しの記事が載っていました。

内容を簡単に言うと、「問題が解けないのではなく、

何を問われているのか、何を考えたらいいのかが理解できない子が増加している」というものです。


実は、ここ数年、私もまったく同じことを学校現場で感じてきました。

答えがわかっていないのではなくて、何を聞かれているのかがわからない・・・ということは、

何もテストの答案用紙上だけではなく、授業の中でも感じています。

1クラスに30人以上いるわけですから、

なんとなくわかったような表情をしておけば、その先突っ込まれることもなく、

でも、結局は問われている意味が理解できていないのですから、

あいまいな思考にしかならない。

(今、私のクラスでは、一人ひとりに辞書を持たせ、常に机の横に辞書バッグをぶら下げさせて、

授業中わからない言葉がでてきた時には、恥ずかしがらずに辞書をひくことを指導しています)


先日も、学年朝会である先生が、

「みなさん、今日は中庭が大勢の人で“ごった返す”ので、帰る時、裏門を使って下校してください。」

という話を子どもたちにしていました。

教室に戻ってから、クラスの子どもたちに、“ごった返す”の意味がわかる子と聞くと、

約半分の子の手は挙がりませんでした。(小学4年生)


言葉の意味理解が浅かったり、

言葉そのものを知らない(語彙力が乏しい)と

普段の会話の中でも不具合は出てくると思います。

例えば、自分にとってめんどくさかったり、都合が悪かったりすると今の子は

「うざ!」だけで片付けてしまう傾向にあります。

相手が自分に合わないと「きも!」一言で片づけてしまったり。

ネットの普及により、言葉での表現を考えずに

「スタンプ」ボタン1つでのやりとりも日常化している現代。

子どもたちは、ますます語彙を手に入れる努力をしなくなるのではと私は大変危惧しています。


5歳の娘と今日公園に行きました。

水筒を持っていくのを忘れたので、近くのコンビニで「麦茶」を買いました。

そのラベル表示のところに「カフェイン成分0」と書かれているのを娘が見て、

「ねぇママ、成分ってなぁに?カフェインってなぁに?」と聞いてきました。

成分とカフェインについて、かみくだいて話しました。

言葉を教えるのに、早い遅いはないと思っています。

子どもが興味をもった時がチャンス。


自分の思いや考えを表現する力が、これから先も変わらず求められます。

たくさんの言葉を知っていることで、表現する語彙が豊かになり、

より的確な表現ができるようになります。


どの子もすすんで読書をしてくれればいいのですが・・・・
だからこそ、やっぱり日常の子どもとのコミュニケーションを大切にしてほしい。
日々の生活の中でのささいなことの中に、

子どもの語彙力を育てるヒントはたくさん眠っていると思います。

スマホもいいけど、ゲームも全否定はしないけど
機器ではなくて
対ヒトとのかかわりを意識して大切にしたいものです。


 



2017年03月13日05:00北村さんのコラムを読んで

 

本日の担当は西川ゆうこです。

 

32日の研究会のこのコラムで大先輩の北村さんが
あなたは運がいい人ですか?という記事の中で

http://blog.livedoor.jp/ciie/archives/cat_10006505.html

「人間万事塞翁が馬」のことを書いていらっしゃいました。

この言葉に助けられたり、身を引き締めてきたりしながら

学んできたことを思い出していました。

 

会社に入って2年目頃に私の記憶違いのせいで、

多くの人に迷惑をかけてしまって、
会社に行くのが辛かった時。

(未来につながっている事柄の時には

 確認がとても重要であると肝に銘じて、
 メモがない時などはそばにいる人に声をかけて

 一緒に記憶してもらったりするようするなどして
 同じ失敗をしないように頑張ろうと鼓舞しました。)

 

その後に学生の頃から付き合ってた人が

二股をしていたことを知らなくて、

その彼女の前で思い切り振られた時。

(ユーミンの「ダンデライオン」という歌の歌詞


♪ きみはダンデライオン
傷ついた日々は 彼に出逢うための
そうよ 運命が用意してくれた
大切なレッスン
今 素敵なレディになる ♪

の「レッスン」の部分と「人間万事」を

重ねてこれはただのレッスンなのだから

これからが本番!と思って自分を慰めたこと。)

 

念願かなって犬を飼えるようになった時。

 (落馬したように犬に引っ張られて
  怪我しない
ように 心がけたこと。

  14歳の老犬になりましたが
  転んだして
怪我をしないで来られました。

  ・・・とここで老犬だからと

身を緩めないように・・・ですね。)

 

ことわざは自分の出来事を重ね合わせることで

未来の自分を創造することの手助けをしてくれる。

 

何かあったとき、ことわざに出会うことで

自分の心をニュートラルに導く力をもらえる。

このコラムが今の私への大きなプレゼントとなりました。

 

北村先輩 どうもありがとうございます!

    このコラムを読めた私は

     「運が良いです」です。

        !(^^)!










                                              

 



2017年03月09日05:00手帳の更新

おはようございます。今日の担当は佐藤昌宏です。

 

年度末なので今年の振り返りをしたり、

来年度の予定を立てたりする毎日が続いています。

その中でも私が毎年行っていることが「手帳の更新」です。

 

私が使っているのは、4月始まりの年度手帳です。

学校は年度で物事が動きますので1月始まりよりはるかに便利。

しかも、使い勝手が良いので20年以上同じものを使っています。

 

手帳の最初にあるひと月が1ページになっている部分には予定を書きます。

見開きで2ヶ月の予定を見ることができます。

メインの1週間が1ページになっている部分は、実際の行動を書きますが、

見開きの右側がフリースペースなっているので日付に関係なく気付いたことなどを書き込んでいます。

最後の部分は見開きすべてがフリースペースなので会議や研修会のメモ用として利用しています。

 

私がモットーとしているのは、毎朝前日のことを書き込むことです。

学校に行く前に、昨日を振り返り、今日の予定を確認します。

 

この時期は、1年前や3年前の手帳を見ながら来年度の予定を書き込みます。

自分の記憶の曖昧さが分かるのがこの時です。時期や内容を間違えて覚えていることが記録を見るとすぐ分かります。

その意味でも、毎日少しずつ記録を残しておく大切さを実感しています。

 

さあ、来年度はどんなことが起こるかな?


************************************
共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!

2017年3月12日(日)9:15〜11:45
新・基礎講座4-3のご案内
「コーチングスキルを使えるようになろう〜その2〜」

「新・基礎講座」は、コーチングの基礎的なこと(スキルやマインドなど)について知り、
学ぶことができる講座で、コーチングの基礎を知りたい方、以前学んだコーチング・スキルなどを
もう一度チェックしたい方々のために企画されたセミナーです。
昨年実施した「基礎講座」を進化させ、実践事例やコーチとしての在り方や考え方も
お伝えできるように実践的なプログラムを提供しようと考えています。
コーチングを学び始めたばかりの方にとってはもちろん、すでに学んだ方にとっても
これまで身につけたことを再度見直すよい機会になります。
新・基礎講座は1クール6回構成(1〜6)で、今年も原則として毎月1回で2クールを実施する予定です。
講座の1〜6回に自由に、何度でも参加できます。
詳しい内容等については、講座の中でお伝えしていきます。

★今回は、第4クールの講座3です。
新たに参加される方も、以前他のプログラムに参加した方も歓迎いたします。
今回予定しているテーマは、「コーチングスキルを使えるようになろう〜その2〜」

1.話を引き出す、思いを広げる質問力: 質問されたら、いろいろ考え、やる気出てきた。さあ、やるぞ!
2.自分と違う考えの人と話す: 自分と違う考えの人と話すって苦手でも、本当に違うの?

参加者からリクエストのあった状況を基に、具体的な会話事例を使って、さまざまな展開方法で、
コーチングスキルの使い方や考え方を学ぶ実践的なプログラムです。

なお、前回4-2の参加者は6名で、新しい内容・展開に、みなさんから「満足」という評価を
たくさんいただきました。
詳しくは、ホームページの実施報告をご覧ください。

高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。
☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆


開催概要
◆日時:3月12日(日)9:15〜11:45 受付開始9:00より
◆会場    :東京ウィメンズプラザ(JR渋谷駅徒歩12分、地下鉄表参道駅徒歩7分)
◆参加費:大人2,000円 学生1,000円(当日受付にてお支払いください)
◆定員:20名(申込先着順)
◆お申込み:HPからエントリーをお願いします
 http://ciie.jp/
◆お問い合せ:HPから送信をお願いします(担当:川本)

なお、今後の「新・基礎講座4-4」は4月16(日) 9:15〜11:45に東京ウイメンズプラザで実施予定です。
内容は、「コーチングスキルを使えるようになろう 〜その3〜」
詳しくは、ホームページで確認してください。
************************************



2017年03月06日05:00最初の一言で

今日の担当は、柳原達宏です。

 

今から40年も昔、

大学生の私は、カナダ・バンクーバーの

コミュニティセンターにいた。

 

日本から来た学生50人余りを迎えるホストファミリーが

次々と集まってきた。

 

どんなご家族と一緒に・・・?と

ドキドキしながら待っていると

年齢は50歳ぐらいの一人の男性が

近づいてきた。

 

彼はちょっと緊張したような表情で私に尋ねた。

「教えてもらえますか。

日本から来た学生に初めて会ったときは、

日本語でなんていうといい?」

 

「はい、最初は、はじめまして、

 そして、私の名前は〜です。

 お会いできてうれしいです」

 

「よかった、教えてくれてありがとう」

 

彼はにこっとして、家族のところに戻っていった。

 

それから少しして、センターのスタッフが

学生とホームステイ先のファミリーを発表し、

引き合わせた。

 

私に日本語の挨拶を尋ねてきた男性は

なんと、私のホストファザーだった。


「君だったのか!はじめまして!

 いや、これで2度目だね」

 

それから5日間、

この男性ジョンさんと奥さんのグレタさん、

そして3人の息子たちに迎えられて、

心温かな時間を過ごした。

 

今、その時のことをおもいだすと、

5日間のいろいろな体験もさることながら

その最初の出会いの時の一言が一番鮮明だ。

 

その当時はわからなかったけれど、

初めて迎える日本人学生への

その母国語での挨拶(心遣い)が

そのあとの楽しい日々を

すべて決めていた、

そう感じる。

 

 

混雑する朝の駅で、

すれ違う人と体がぶつかるようなことがある。

この「出会い」の瞬間の一言も

その後の展開を間違いなく決める。

 

「なんだこの野郎!」

というのか、それとも

「あ、ごめんなさい。大丈夫?」

というのか。

朝から戦いに入り、気持ちが昂るのか

お互いを気遣い、安らぎを得るのか。

 

初めての人だけに限らない。

毎朝、家族や友人と「出会う」ときに

その人とどうありたいか。

そのためにどういう声掛けをするか。

 

その選択権は「私」にある。



************************************
共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!

2017年3月12日(日)9:15〜11:45
新・基礎講座4-3のご案内
「コーチングスキルを使えるようになろう〜その2〜」

「新・基礎講座」は、コーチングの基礎的なこと(スキルやマインドなど)について知り、学ぶことができる講座で、
コーチングの基礎を知りたい方、以前学んだコーチング・スキルなどをもう一度チェックしたい方々のために企画されたセミナーです。
昨年実施した「基礎講座」を進化させ、実践事例やコーチとしての在り方や考え方もお伝えできるように実践的なプログラムを提供しようと考えています。
コーチングを学び始めたばかりの方にとってはもちろん、すでに学んだ方にとってもこれまで身につけたことを再度見直すよい機会になります。
新・基礎講座は1クール6回構成(1〜6)で、今年も原則として毎月1回で2クールを実施する予定です。講座の1〜6回に自由に、何度でも参加できます。
詳しい内容等については、講座の中でお伝えしていきます。

★今回は、第4クールの講座3です。新たに参加される方も、以前他のプログラムに参加した方も歓迎いたします。
今回予定しているテーマは、「コーチングスキルを使えるようになろう〜その2〜」

1.話を引き出す、思いを広げる質問力: 質問されたら、いろいろ考え、やる気出てきた。さあ、やるぞ!
2.自分と違う考えの人と話す: 自分と違う考えの人と話すって苦手でも、本当に違うの?

参加者からリクエストのあった状況を基に、具体的な会話事例を使って、さまざまな展開方法で、
コーチングスキルの使い方や考え方を学ぶ実践的なプログラムです。

なお、前回4-2の参加者は6名で、新しい内容・展開に、みなさんから「満足」という評価をたくさんいただきました。
詳しくは、ホームページの実施報告をご覧ください。

高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。
☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆


開催概要
◆日時:3月12日(日)9:15〜11:45 受付開始9:00より
◆会場    :東京ウィメンズプラザ(JR渋谷駅徒歩12分、地下鉄表参道駅徒歩7分)
◆参加費:大人2,000円 学生1,000円(当日受付にてお支払いください)
◆定員:20名(申込先着順)
◆お申込み:HPからエントリーをお願いします
 http://ciie.jp/
◆お問い合せ:HPから送信をお願いします(担当:川本)

なお、今後の「新・基礎講座4-4」は4月16(日) 9:15〜11:45に東京ウイメンズプラザで実施予定です。
内容は、「コーチングスキルを使えるようになろう 〜その3〜」
詳しくは、ホームページで確認してください。
************************************



2017年03月02日05:00あなたは運がいい人ですか?

今日の担当は北村和夫です。

 

中国の古典「淮南子(えなんじ)」に「人生の幸、不幸は転々として、予測がつかない」

ことの例えに「人間万事塞翁(さいおう)が馬」という話がある。

 

中国の北の国境にある城塞の近くに占い上手な老人が住んでいた。

あるとき、その老人の馬が北の胡(こ)の国の方向に逃げていった。

近所の人々は気の毒がって老人を慰めたが、老人は残念がる様子もなく言った。

「このことが不幸であるとは限らない」

 

しばらくして、逃げ出した馬が胡の良馬を沢山連れて帰ってきた。

そこで近所のひとたちがお祝いを言うと、老人は首を振って言った。

「このことが災いにならないとも限らない」

 

しばらくすると、老人の息子がその馬から落ちて足の骨を折ってしまった。

近所のひとたちが慰めに行くと、老人は平然と言った。

「このことが不幸であるとは限らない」

 

その後1年が経ったころ胡の異民族たちが城塞を襲撃してきた。

城塞近くの若者は戦いに行き、胡人から城塞を守ることができたものの、

多くの若者は戦いで命を落とした。

しかし、老人の息子は足を負傷していたため、戦いに行かずに済み、無事だった。

 

この故事からも分かるように、生じる出来事自体が「良いこと」「悪いこと」

といった絶対的な意味を持っているわけではない。

「良いこと」が起きた、「悪いこと」が起きたといった判断は、

すべてその出来事を経験した人間の意味づけによって決まる。

 

そのため、意味づけの傾向がポジティブな人は「良いこと」がたくさん起き、

「運が良い」と感じる機会も多くなる。

逆に、意味づけの傾向がネガティブな人は、「悪いこと」がたくさん起き、

「運が悪い」と感じる機会も多くなる。

 

たとえば、何かをやる際に「きっと上手くいく」と思い込んでいる人は、

「運が良い」と思えるような結果を生じさせる行動をとり、

実際にそういった結果を生じる可能性が高くなる。

「どうせ失敗する」と思い込んでいる人は、

「運が悪い」と思えるような結果を生じさせる行動をとるのであると私は思う。

 

ある心理学者が10年にわたり「運」に関係する研究の結果、

自らを運が良いと思っている人の思考と振る舞いを明らかにし、

その思考と振る舞いを真似る練習プログラムを作り、

任意の参加者に1ヶ月間その練習プログラムを実施してもらった結果、

参加者の80%は

「幸福感や満足感が増え、運が良くなったと感じるようになった」と回答した。」

 

こうしたことから、「運の良い人」「運の悪い人」の差が生じる原因の一つは、

運に対するセルフイメージの違いにあると言えるのではないだろうか。

コーチングの際、クライアントに良いセルフイメージを、

持ってもらえるようなコーチングが我々コーチに必要な能力であろう。

 

あなたの周りには「自分は運が良い」という人はいますか?

そういう人には共通した特徴があるように思える。

・明るく前向きな性格であること

・肩の力が入っておらず、自然体で、柔軟に物事を捉えられること

。人付き合いを大事にし、感謝の気持ちを持っていること

 

経営の神様と呼ばれた松下幸之助氏は、

採用面接のときに「あなたは運がいいですか?」と必ず質問したそうだ。

「運が悪い」と答えた人は、他の回答が良くても不採用にしたらし。

つまり、自分のことを「運が良い」と思っている人を採用していた。

「自分は運が良いと思える人格こそが、組織に成長をもたらす人材に求められる要素である」と思ったのだろう。

 


************************************
共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!

2017年3月12日(日)9:15〜11:45
新・基礎講座4-3のご案内
「コーチングスキルを使えるようになろう〜その2〜」

「新・基礎講座」は、コーチングの基礎的なこと(スキルやマインドなど)について知り、学ぶことができる講座で、
コーチングの基礎を知りたい方、以前学んだコーチング・スキルなどをもう一度チェックしたい方々のために企画されたセミナーです。
昨年実施した「基礎講座」を進化させ、実践事例やコーチとしての在り方や考え方もお伝えできるように実践的なプログラムを提供しようと考えています。
コーチングを学び始めたばかりの方にとってはもちろん、すでに学んだ方にとってもこれまで身につけたことを再度見直すよい機会になります。
新・基礎講座は1クール6回構成(1〜6)で、今年も原則として毎月1回で2クールを実施する予定です。講座の1〜6回に自由に、何度でも参加できます。
詳しい内容等については、講座の中でお伝えしていきます。

★今回は、第4クールの講座3です。新たに参加される方も、以前他のプログラムに参加した方も歓迎いたします。
今回予定しているテーマは、「コーチングスキルを使えるようになろう〜その2〜」

1.話を引き出す、思いを広げる質問力: 質問されたら、いろいろ考え、やる気出てきた。さあ、やるぞ!
2.自分と違う考えの人と話す: 自分と違う考えの人と話すって苦手でも、本当に違うの?

参加者からリクエストのあった状況を基に、具体的な会話事例を使って、さまざまな展開方法で、
コーチングスキルの使い方や考え方を学ぶ実践的なプログラムです。

なお、前回4-2の参加者は6名で、新しい内容・展開に、みなさんから「満足」という評価をたくさんいただきました。
詳しくは、ホームページの実施報告をご覧ください。

高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。
☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆


開催概要
◆日時:3月12日(日)9:15〜11:45 受付開始9:00より
◆会場    :東京ウィメンズプラザ(JR渋谷駅徒歩12分、地下鉄表参道駅徒歩7分)
◆参加費:大人2,000円 学生1,000円(当日受付にてお支払いください)
◆定員:20名(申込先着順)
◆お申込み:HPからエントリーをお願いします
 http://ciie.jp/
◆お問い合せ:HPから送信をお願いします(担当:川本)

なお、今後の「新・基礎講座4-4」は4月16(日) 9:15〜11:45に東京ウイメンズプラザで実施予定です。
内容は、「コーチングスキルを使えるようになろう 〜その3〜」
詳しくは、ホームページで確認してください。
************************************



2017年02月27日05:00真のコーチング
今日の担当は山村です。

数年前に比べたら、『コーチング』は教育現場でずいぶん使われるように
なってきたように感じています。
しかし、だからこそ、教育現場でのコーチングへの誤解を見聞きすることも
あり、ちょっと心配をしています。

共育コーチング研究会のセミナーでお伝えしているコーチングは、
決して特別で新しいものではなく、実践されて効果のあったコミュニケーション
を体系的に集めたものなので、先生方や親御さんでも、すでにやっていることが
たくさんあります。

例えばセミナーではこんなことをお伝えしています。

『聴き手と話し手は対等な関係です。』
→子どもたちの無意識は非常に敏感です。
スキルを使って「コントロールしよう」「変えてやろう」という気持ちが働いて
いては、深い信頼関係は築けません。

『コーチは100%相手を信頼しています。』
→相手を信頼する。表面的なことばや行動を信頼するのではありません。
「この子には、この問題を解決できる素晴らしい力がある。それを引き出すだけ
の潜在的な能力がある。」という深い部分を信じることが本来の信頼であり、
存在そのものを尊重することが、コーチングでいう100%相手を信頼している。
ということです。


他にも、
『双方向のコミュニケーションから話し手のやる気を引き出し、行動をサポート
していきます。』
『スキルだけが重要ではありませんが、「聴く」「承認」「質問」が重要スキル
です。』
『プロのコーチのコーチングは、定期的・長期スパンで、100以上のスキルを戦
略を持って行われています。』

など、文章による説明だけでは「ん?」というようなことも、セミナーでは体験
を通して、誤解のないようにしっかりお伝えしているつもりです。


私には学校現場のコーチングイメージとしてこんな場面が思い浮かびます。
教師と生徒、2人の間にテーブルがあると思ってください。
そこに「おすすめ料理が載っているメニュー」があるとしましょう。
教師と生徒はそのメニューを見ながら、「あなたはどんなものを食べたい?」と生徒自身に選択させていく。
「この料理は栄養があって美味しそうだね」と生徒に提案することはありますが、
あくまでも生徒自身がメニューを決めています。
そんな場面です。
「ほら、あなたは、このメニューの中のこの料理にしなさい。」という指示ではありません。
メニューに気に入ったものがなければ、
「それでは、あなたはどんな料理を食べたいと考えているの?」
「それはどんな材料で、どうやって創るの?」
「うわ〜美味しそうだね。」
と、新しいメニューをワクワクしながら一緒に考える。
教師がそんな役目をしている場面です。

決して、生徒の嫌な物を無理矢理注文させて食べさせる場面ではありません!
でも、コーチングと称して、残念ながらそんなことをしているケースも見受けら
れるのですよね。


私たちは、教育現場でコーチングを活用している先生方と
効果のあった実践例について情報交換をしたり、
コーチングに役立つツールやアセスメントの開発、
コーチングを継続して学べる場の提供、
関連性のある他領域から学ぶことなどを目指して活動してます。

どうぞ一度、セミナーにいらしてください。
あなたも『教育現場で役立つ真のコーチング』を身につけませんか?


************************************
共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!

2017年3月12日(日)9:15〜11:45
新・基礎講座4-3のご案内
「コーチングスキルを使えるようになろう〜その2〜」

「新・基礎講座」は、コーチングの基礎的なこと(スキルやマインドなど)について知り、学ぶことができる講座で、
コーチングの基礎を知りたい方、以前学んだコーチング・スキルなどをもう一度チェックしたい方々のために企画されたセミナーです。
昨年実施した「基礎講座」を進化させ、実践事例やコーチとしての在り方や考え方もお伝えできるように実践的なプログラムを提供しようと考えています。
コーチングを学び始めたばかりの方にとってはもちろん、すでに学んだ方にとってもこれまで身につけたことを再度見直すよい機会になります。
新・基礎講座は1クール6回構成(1〜6)で、今年も原則として毎月1回で2クールを実施する予定です。講座の1〜6回に自由に、何度でも参加できます。
詳しい内容等については、講座の中でお伝えしていきます。

★今回は、第4クールの講座3です。新たに参加される方も、以前他のプログラムに参加した方も歓迎いたします。
今回予定しているテーマは、「コーチングスキルを使えるようになろう〜その2〜」

1.話を引き出す、思いを広げる質問力: 質問されたら、いろいろ考え、やる気出てきた。さあ、やるぞ!
2.自分と違う考えの人と話す: 自分と違う考えの人と話すって苦手でも、本当に違うの?

参加者からリクエストのあった状況を基に、具体的な会話事例を使って、さまざまな展開方法で、
コーチングスキルの使い方や考え方を学ぶ実践的なプログラムです。

なお、前回4-2の参加者は6名で、新しい内容・展開に、みなさんから「満足」という評価をたくさんいただきました。
詳しくは、ホームページの実施報告をご覧ください。

高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。
☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆


開催概要
◆日時:3月12日(日)9:15〜11:45 受付開始9:00より
◆会場    :東京ウィメンズプラザ(JR渋谷駅徒歩12分、地下鉄表参道駅徒歩7分)
◆参加費:大人2,000円 学生1,000円(当日受付にてお支払いください)
◆定員:20名(申込先着順)
◆お申込み:HPからエントリーをお願いします
 http://ciie.jp/
◆お問い合せ:HPから送信をお願いします(担当:川本)

なお、今後の「新・基礎講座4-4」は4月16(日) 9:15〜11:45に東京ウイメンズプラザで実施予定です。
内容は、「コーチングスキルを使えるようになろう 〜その3〜」
詳しくは、ホームページで確認してください。
************************************



2017年02月23日05:00目標達成できる子(自分)に育てる

本日の担当は花岡です。

本日は私の主催している『目標達成できる子(自分)に育てるセミナー』のお話しをしたいと思います。
お母さんお父さん、そして先生に
どんな子に育てたいですか?
と聞いたらきっと
「自らの力で目標達成できる子、自らの力で幸せになれる子になって欲しい。」
と答える方が多いのではないでしょうか。
私も共育コーチング研究会のメンバーも

自分で目標を定め、自らの力で達成できる日知たちが増えたら、
どんな状況でも自らの力で幸せになれる力が備わった子が増えたら日本はもっと元気と活気で出てくるのではないかと思っています。
そしてそのための一つの方法としてとても有効だと思えるコーチングを広めていきたいと活動しています。


共育コーチング研究会も15年が経ち、我々メンバーの子どもたちも小学生だった子が社会人になるなど大きくなりました。手前味噌ではありますが我々のメンバーやコーチングを深く身に付けたお母さんたちのお子さんは高確率で、自ら目標達成できる子、幸せになれる力が備わることが証明されつつある気がします。

 ではどこが普通のお母さんと違うか?というと、
本当に些細な違いなのだと感じます。

何故違いが出るかというと「お母さんが持っているマインド」によるところが大きいみたいです。
セミナーをしているとお母さんからよく、
「こんなとき何て声を掛ければよいでしょうか。」
という質問がありますが、ここで成功事例を伝えると
「それいいですね、やってみます。」と言ってくれますが、じっさい家でその通りにやっても大抵は上手くいきません。

 結局のところ言葉を選ぶよりも、お母さんが本当に思っていることマインドが伝わってしまうのだと思います。
つまりマインドがしっかりしていれば、言葉も変わってくるし子どもの心に届くものも変わってくるようです。
コーチングを使うのであればまずはコーチングマインドを持って接しているかが鍵になります。

そしてこのコーチングマインドがしっかりしていると子どもたちに、
自らの力で目標達成できる子や幸せになれる力の備わった子になる確率がとても高くなるようです。


あなたはコーチングマインドと聞いてどんなことを思いつきますか?
あなたはコーチングマインドをもっていますか?




************************************
共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!

2017年3月12日(日)9:15〜11:45
新・基礎講座4-3のご案内
「コーチングスキルを使えるようになろう〜その2〜」

「新・基礎講座」は、コーチングの基礎的なこと(スキルやマインドなど)について知り、学ぶことができる講座で、
コーチングの基礎を知りたい方、以前学んだコーチング・スキルなどをもう一度チェックしたい方々のために企画されたセミナーです。
昨年実施した「基礎講座」を進化させ、実践事例やコーチとしての在り方や考え方もお伝えできるように実践的なプログラムを提供しようと考えています。
コーチングを学び始めたばかりの方にとってはもちろん、すでに学んだ方にとってもこれまで身につけたことを再度見直すよい機会になります。
新・基礎講座は1クール6回構成(1〜6)で、今年も原則として毎月1回で2クールを実施する予定です。講座の1〜6回に自由に、何度でも参加できます。
詳しい内容等については、講座の中でお伝えしていきます。

★今回は、第4クールの講座3です。新たに参加される方も、以前他のプログラムに参加した方も歓迎いたします。
今回予定しているテーマは、「コーチングスキルを使えるようになろう〜その2〜」

1.話を引き出す、思いを広げる質問力: 質問されたら、いろいろ考え、やる気出てきた。さあ、やるぞ!
2.自分と違う考えの人と話す: 自分と違う考えの人と話すって苦手でも、本当に違うの?

参加者からリクエストのあった状況を基に、具体的な会話事例を使って、さまざまな展開方法で、
コーチングスキルの使い方や考え方を学ぶ実践的なプログラムです。

なお、前回4-2の参加者は6名で、新しい内容・展開に、みなさんから「満足」という評価をたくさんいただきました。
詳しくは、ホームページの実施報告をご覧ください。

高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。
☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆


開催概要
◆日時:3月12日(日)9:15〜11:45 受付開始9:00より
◆会場    :東京ウィメンズプラザ(JR渋谷駅徒歩12分、地下鉄表参道駅徒歩7分)
◆参加費:大人2,000円 学生1,000円(当日受付にてお支払いください)
◆定員:20名(申込先着順)
◆お申込み:HPからエントリーをお願いします
 http://ciie.jp/
◆お問い合せ:HPから送信をお願いします(担当:川本)

なお、今後の「新・基礎講座4-4」は4月16(日) 9:15〜11:45に東京ウイメンズプラザで実施予定です。
内容は、「コーチングスキルを使えるようになろう 〜その3〜」
詳しくは、ホームページで確認してください。
************************************