2017年04月03日05:00今も、向き合える夫婦ですか?

ご愛読ありがとうございます。本日の担当は、川本正秀です。


あなたは普段、夫婦でどのくらい話をしますか?


いろいろな方が子育ての相談にみえます。
ある方は、自分のことを理解しようとしない配偶者をなじり、
不平不満を口にします。

そんな時、私は冒頭のように尋ね、答えを待ちます。


子どもの生き方のモデルは、両親です。じっと観察しています。
したがって、子どものコミュニケーション能力の一部は親の会話の反映だ
と言えるのではないでしょうか。

確かに子どもが小さい時は、子どもを前に父親と母親が肩を並べ必死に
考え、協力しあっています。

しかしある時、これだけでは不十分であることに気づきます。

子どもが自立し、夫婦二人になって初めて話がかみ合わないことを発見し、
どうしたらいいかと悩むそうです。

恋人時代は向き合ったのに、子育てを経てまた二人に戻ると、なかなか向き
合って話そうとしないからです。

テーブルを間に椅子の両側で見つめ合った二人は、子どもをが生まれると、
同じベンチに座って目の前にいる子に関わるからでしょうか。


子育ての時から、時には言い争っても真剣に向き合い、互いを補おうと努力
する姿は子どもの心に刻まれ、自分も親となれば子育てに励むでしょう。

逆に、役割として関わる親の姿をモデルにする子どももいるでしょう。

いつでも相手の目を見て話し合える夫婦は子どもの理想であり、結婚する
ことを面倒くさいと思わない大人になるのではないかと思います。


夫婦のお話を聴くとき、こんな江戸の都都逸を思い出します。

ハラの立つ時この子をごらん 仲のいい時できた子だ〜♪



************************************
共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!

2017年4月16日(日)9:15〜11:45
新・基礎講座4-4のご案内
「コーチングスキルを使えるようになろう〜その2〜」

「新・基礎講座」は、コーチングの基礎的なこと(スキルやマインドなど)
について知り、学ぶことができる講座です。
コーチングの基礎を知りたい方、以前学んだコーチング・スキルなどを
もう一度チェックしたい方々のために企画されたセミナーです。
昨年実施した「基礎講座」を進化させ、座学的な憶える研修ではなく、
具体的な事例、コーチとしての在り方や考え方もお伝えできるように
実践的なプログラムを提供しようと考えています。
コーチングを学び始めたばかりの方にとってはもちろん、すでに学んだ方にとっても
これまで身につけたことを再度見直すよい機会になります。
新・基礎講座は1クール6回構成(1〜6)で、
今年も原則として毎月1回で2クールを実施する予定です。
講座の1〜6回に自由に、何度でも参加できます。
詳しい内容等については、講座の中でお伝えしていきます。

★今回は、第4クールの講座4です。
新たに参加される方も、以前他のプログラムに参加した方も歓迎いたします。
今回予定しているテーマは、「コーチングスキルを使えるようになろう〜その3〜」

1.やりたいことを実現する 〜身近な人との会話が行動を後押し〜
2.親と子、互いを尊重した対話 〜つい声をかけたくなる(口をだしたくなる)
  それをどうする?〜

参加者からリクエストのあった状況を基に、具体的な会話事例を使って、
さまざまな展開方法で、コーチングスキルの使い方や考え方を学ぶ実践的なプログラムです。

なお、前回4-3の参加者は4名で、新しい内容・展開に、終了後のアンケートから
「とても満足」という評価をたくさんいただきました。
詳しくは、ホームページの実施報告をご覧ください。

高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。
☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆


開催概要
◆日時:4月16日(日)9:15〜11:45 受付開始9:00より
◆会場    :東京ウィメンズプラザ(JR渋谷駅徒歩12分、地下鉄表参道駅徒歩7分)
◆参加費:大人2,000円 学生1,000円(当日受付にてお支払いください)
◆定員:20名(申込先着順)
◆お申込み:HPからエントリーをお願いします
 http://ciie.jp/
◆お問い合せ:HPから送信をお願いします(担当:川本)

なお、今後の「新・基礎講座4−5」は5月21(日) 9:15〜11:45に
東京ウイメンズプラザで実施予定です。
内容は、「全部まとめて使ってみよう 〜これが基本のコーチングスキルだ〜」
詳しくは、ホームページで確認してください。
************************************



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字