2017年10月02日05:00「正解」って何?

いつも、ご愛読ありがとうございます。本日の担当は、川本正秀です。


最近、気楽に「正解を教えてください」と言う人が増えたように感じます。


先日、ある方が相談にみえました。

「小学校5年生の子どもを私立中学校にやった方がいいでしょうか?」
「うーん、どうしてそう考えたのですか?」
「周りで、受験する子が多いので、うちもそうしたほうがいいかな、と」
「なるほど。では、お子さんとはこの件でどのように話し合っていますか?」
「いえ。話し合っていません」
「え。お子さんは行きたいとか、行きたくないとか言っているわけではない?」
「はい。行ったほうがいいとなったら、話そうと思います」
「そうすると、行くかどうかの結論は誰が出すのですか?」
「こちらで『正解』を聞いてから決めようと思っています」
「・・・・・」
 ・
 ・

困まったこと、気がかりなことに出会ったとき、どうしたらいいか答えを知りたい、
だれか教えて〜、と思うのは人情ですね。

マニュアルやインターネットなどお手軽な解決法になれてくると、自分の頭を使って
しっかり考えずに、安直に答えを求めてすぎじゃないの、と思うこともあります。

しかし、何でも他人に決めてもらおうとするのはいかがなものでしょう。
うまくいけば自分が決めたから、うまくいかなければあの人が言ったから、
となりやすいものです。
生きている限り、一瞬一瞬判断し、決めているのは自分自身。すべて自己責任です。

日々進歩している社会で、今日の「正解」が明日も通用するとは思えません。
という考え方なので、どう頼まれても私は「答え」を教えることはありません。
(コレステロールだって、最近、それほど悪役じゃなくなったじゃないか!)


コーチの中には、相手を尊重し、答えを見つけるお手伝いをする人ばかりではないようです。
コンサルタントのように、自分の持っている「答えらしきもの」を伝え、相手の役に立った
と誤解しているように感じます。

本来、相手が自分で考えて答えを見つけ、自発的行動を促す、のがコーチの役目です。
安直に答えを教えれば、そこには依存が生まれ、課題に向き合わない人にしてしまいます。

目標達成をめざす一連の流れを体験することで、問題解決の一方法を獲得できれば、
次回からはコーチに頼らずとも、自分でそれを応用して活かすこともできます。
コーチングは、自らの成長を図る機会でもあるのです。


資格を持つ人、少し研修会に参加した人、本を読んで学んだ人など、コーチと名のる人は
世の中にたくさんいます。
「正解」に近づくヒントや考え方を引き出すサポートはしますが、選ぶのはあなたです。

さあ、あなたは、どのようにコーチを選びますか?
ヒントは、自分から答えを言わない人で、時にはあなたのためを思って厳しいことも言える
正直な方。まあ、相性など、あなたの求める条件もあるとは思いますが・・。


保護者は「子どものコーチ役」でもあります。
あなたはどんなコーチですか?


***********************************************************

新基礎講座第5クール講座5のご案内です。
お申し込みの受付を開始しました。

講座5:2017年10月8日(日)9:15 〜 11:45

「新・基礎講座」は、コーチングの基礎的なこと(スキルやマインドなど)
について学ぶことができる実践的な講座です。
コーチングの基礎を知りたい方、以前学んだコーチング・スキルや
コーチとしての在り方などをもう一度チェックしたい方々におすすめです。

★第5クール講座5のテーマは「「 全部まとめて使ってみよう! コーチングスキル 」

今回も具体的な会話事例やあなたの抱えている関わり方の課題等を題材として活用し、
さまざまな展開方法で、基本的なコーチングスキルの使い方や考え方などを学ぶ実践的なプログラムです。
高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。

開催概要
◆日時:講座5 10月8日(日)9:15〜11:45(受付9:00〜)
◆会場:東京ウィメンズプラザ(JR渋谷駅徒歩12分、地下鉄表参道駅徒歩7分)
◆参加費:大人2,000円 学生1,000円(当日受付にて)
◆定員:20名(申込先着順)
◆お申込み:HPのお申し込みフォームからそれぞれの講座にエントリーをお願いします
 http://ciie.jp/
◆お問い合せ:HPのお問い合わせフォームから送信をお願いします
(担当:川本)

なお、今後は「新・基礎講座5-6」は、11月または12月の日曜日に実施予定です。
(会場の都合により現在未定です)
内容など詳しくは、事前にホームページで確認してください。

みなさまのご参加を、心よりお待ちしております。

***********************************************************



コメントする

名前
URL
 
  絵文字