今回の担当は、山後珠貴です。

私が尊敬するO先生からお聴きした、

心と心をつなぐ架け橋となる挨拶の大切さを振り返るきっかけとなったお話です。

「私が感動した話」

 私が駒澤大学野球部監督に就任して間もない頃のことである。

 大勢いる部員の中に、「こいつはどこか、人と違う挨拶の仕方をするな」

 という選手がいた。

 後に読売ジャイアンツに入団し、「絶好調男」の愛称で人気者になった中畑清である。

 当時の彼は、率直に言って、田舎からそのまま出てきたような垢抜けない顔をしていたが、
声だけは人一倍でかくて、何よりも人懐っこい性格をしていた。

 まるで、見知らぬ人と出会っても、平気で話をするし、お年寄りにも実に自然に声をかける。

 言葉というものには、これくらい「心」が表れていなければ駄目だと感じたのは、

 おそらく中畑と出会ってからのことになるだろう。

 

 彼のしていた挨拶とは、次のようなものだった。

 例えば、誰かに「こんにちは」と、声をかける。

  普通ならこれでおしまいだが、中畑は、必ずその後に

 「おばあちゃん、いつも元気ですね」

 と、『もう一言』の挨拶を付け加えるのだ。

 私はこれを

 「二言(にげん)挨拶」

 と名付け、普通の挨拶をただの挨拶に終わらせないように心掛けてきた。

 この「二言」は、必ずしも言葉である必要はない。

 すれ違った相手のために立ち止まっても二言。手振りや微笑であってもいい。

 上級生のほうから、

 「おはよう。今日も元気でいこうぜ」

 なんて声をかければなおのこと。

 そこに人間同士も心と心の通い合いが生まれてくるのだ。

 

太田誠(駒沢大学野球部監督)

月刊『致知』2,0063月号より


**********************************
新基礎講座第5クール講座6のご案内です。
いよいよ今年最後の講座のご案内となります。
本日より、お申し込み受付を開始しました。

講座6:2017年11月26日(日)9:15 〜 11:45

「新・基礎講座」は、コーチングの基礎的なこと(スキルやマインドなど)について学ぶことができる実践的な講座です。
コーチングの基礎を知りたい方、以前学んだコーチング・スキルやコーチとしての在り方などをもう一度チェックしたい方々におすすめです。

★第5クール講座6のテーマは「 コーチってどんな人 〜 コーチの基礎・基本的な在り方 」
と題して、コーチのファウンデーション(基盤)について深めます。
けっこう、興味深いと思います。
高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。

開催概要
◆日時:講座6 11月26日(日)9:15〜11:45(受付9:00〜)
◆会場:東京ウィメンズプラザ(JR渋谷駅徒歩12分、地下鉄表参道駅徒歩7分)
◆参加費:大人2,000円 学生1,000円(当日受付にて)
◆定員:20名(申込先着順)
◆お申込み:HPのお申し込みフォームからエントリーをお願いします
 http://ciie.jp/
◆お問い合せ:HPのお問い合わせフォームから送信をお願いします
(担当:川本)

新しいクールとなる、「新・基礎講座6-1」は来年、
平成30年1月14日(日)に東京ウィメンズプラザで開催予定です。
時間や内容など詳しくは、事前にホームページでご確認ください。

みなさまのご参加を、心よりお待ちしております。

*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************