子どもを受験会場に送り出す時期間限定 出前セミナーのお知らせ

2018年01月25日

それって事実ですか?

こんにちは 
みなさま、大雪に見舞われて大変でしたね。
まだまだ寒い日が続きそうですが、
夕暮れは確実に遅くなっています。

今日の担当は「春遠からじ」と期待している大石稜子です。


今年も勝った負けたの大相撲が始まりました。

昨年末来の相撲協会のごたごたでは、
テレビをつければ
「それはこうじゃないか、ああじゃないか?」
と確実性のない話のオンパレードでしたね。


コーチングスキルで言うところの事実と思い込みを区別する
「それは事実ですか?あなたが思っていることですか?」
と問いかけたくなることばかりがテレビから流れていました。

みなさんは不確かな情報を基にした会話の怖さを知っていますか?

不確かな情報がいつの間にか規成事実になって広がることで
大勢から被害を被る人が出る怖さです。

今でいうSNSの炎上に通じることです。

私には、大勢からいじめにあった少女Aちゃんの思い出があります。

Aちゃんは突然周りの女の子から極端な仲間外れにされました。

ご自分の娘たちが極端な態度でAちゃんを仲間外れにしている場面に
遭遇した一人のお母さんは
「良くないですが、娘の話しを聴くと仕方がないとも思うし」
と言いました。

娘のバレエ教室で起こったことですが、
こじれた関係の修復を支援しようと努めていた私は、
噂のような情報で親までがいじめの片棒を担ぐのかとやるせない気もちになりました。

そのお母さんが言う仕方がないこととは
「Aちゃんが誰かの悪口を言ったらしい」
というものでした。

伝言ゲームのように
無責任で不確かな情報が広がり、
それを糾弾しようと思った子どもの声かけに集団が膨らみ
極端な仲間外れに発展させていったのです。

私は、
親までが事実を確かめずにいじめを容認するのかと暗澹たる思いでした。

でもですね、
そんな自分もテレビから流れるコメントに流される痛い大衆の一人になりやすいので、
事実は何かと問い続ける必要性を痛感させられています。


Aちゃんの場合は普段から悪口を言わない子でしたから、
変わらない態度の先輩や親友が居たことや、
仲間外れにする側の子どもたちよりも信頼されていたのか?
1か月ほどで誤解が解けていきました。

面白いことに、
普段の生活に戻ったAちゃんは
「ところで、私はなんで仲間外れにされたの」
と、友達に真相を訊いたそうです。

やっぱり事実を知りたかったようですね。
Aちゃんは逆境をバネにして強くなったのでしょうか。

当時私はあっぱれだなあと思いました。



教員時代の私にも笑い話のようなエピソードがありました。

職場では特に必要がなかったので、
成人した子どもたちのことはあまり話していませんでした。

(話題に出していない意識も特にありませんでした)

ある日、若い先生と二人で研修に向かっていました。
そこへ娘からの電話が入りました。

親友と一緒に受験した面接試験に一緒に合格したという喜びの知らせでした。
「おめでとう」
と、電話をきった後に
「お嬢さんどうしたんですか?」
と、若い先生に訊かれました。

受験に向かった娘と友達の目指してきたことを伝え、
「〇〇の面接に受かっちゃったって声が弾んでいたわ」
と、答えました。

次の日からの職員室。

どういう訳か、私の子どものことを質問してくる先生が増えました。

別に秘密にする必要もないので答えていたのですが、
「え??なんだろう?何か雰囲気が違う?」
と、考えていると、
ある先生から次のように打ち明けられました。

「実はね、大石先生って家庭のことは話さないでしょ。
 だから、子どもに悩んでいるとか相当苦労しているんじゃないかって評判だったのよ」

「ギャハ〜!!あら、そうだったんだ!」

大笑いするしかありませんでした。

着任してから3年もの間、
そんな風に思われていたなんて・・・・

噂が噂を呼んで、
うちの子は非行に走っているか?
引きこもりか?
反抗期で悩んでいるか?
そんな風に思い込んでいる同僚たちだったそうでした。

その時は私に実害はありませんでしたからよいものの、
私の就職の時と同じように、
子どもたちの素行調査が職場で行われようなものなら、
とんでもない結果を招いていたかもしれません。

不確実な情報については取扱要注意ですね。

今あなたが話そうとしていることは
事実ですか、噂ですか?それともあなたが思っているだけのことですか?



**********************************
新基礎講座第6クール講座2のご案内です。

講座2:2018年2月18日(日)9:15 〜 11:45

「新・基礎講座」は、有効なコミュニケーション手法の一つであるコーチングンの
基礎的なことについて学ぶことができる実践的な講座です。
コーチングの基礎を知りたい方、日常生活の中でさまざまに活用したい方、
以前学んだコーチング・スキルやコーチとしての在り方、背景となるマインドなどを
もう一度チェックしたい方のために企画されたセミナーです。

以前の「基礎講座」を進化させ、座学的な憶えるだけの研修ではなく、具体的な事例、
コーチとしての在り方や考え方もお伝えできるように、ロールプレイや体験のシェアなどを
まじえた実践的・体験的なプログラムを提供して、わかりやすくてすぐ使えるようになる
研修をめざしています。

コーチングを学び始めたばかりの方にとってはもちろん、すでに学んだ方にとっても
これまで身につけたことを再度見直すよい機会になります。

新・基礎講座は1クール6回構成(1〜6)で、今年は原則として毎月1回で
今年は2クールを実施する予定です。参加者やプログラム内容は毎回変わるので、
講座の1〜6回のどの回にも自由に、何度でも参加できます。

★今回のご案内は、第6クールの講座2です。新たに参加される方も、以前他のプログラム
 に参加した方も歓迎いたします。今回予定しているテーマは
 「 コーチングの基礎2 〜 あなたはキャッチボールが上手ですか?(仮題) 」
 と題して、基礎の基礎について深めます。今回も会話事例やあなたの人との関わり方の
 課題等を題材として活用し、さまざまな展開方法で、基礎的なスキルの使い方や
 考え方などを学ぶ実践的なプログラムです。

★これまでこの新・基礎講座に参加した方からは、
 以下のようなことに役立ったと感想をいただいています。
 ・子どもや人との関わりが良くなりました。
 ・以前より、誰の話も落ち着いて聞けるようになりました。
 ・自分のコミュニケーションのとり方の傾向が分かりました。
 ・ものごとの捉え方のレパートリーが広がりました。
 ・相手と自分の関係性を深く理解できるようになりました。


高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。
☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆

なお、今後の実施予定は、以下の通りです。
「新・基礎講座6−3」は、3月11日の日曜日に東京ウィメンズプラザで、
「新・基礎講座6−4」は、4月8日の日曜日に東京ウィメンズプラザで実施
予定です。内容など詳しくは、事前にホームページで確認してください。

みなさまのご参加を、心よりお待ちしております。

開催概要
◆日時:講座2 2月18日(日)9:15〜11:45(受付9:00〜)
◆会場:東京ウィメンズプラザ(JR渋谷駅徒歩12分、地下鉄表参道駅徒歩7分)
◆参加費:大人2,000円 学生1,000円(当日受付にてお支払ください)
◆定員:20名(申込先着順)
◆お申込み:HPのお申し込みフォームからエントリーをお願いします
 http://ciie.jp/
◆お問い合せ:HPのお問い合わせフォームから送信をお願いします
(担当:川本)


*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************




ryokograndma007 at 05:00│Comments(0)大石 稜子 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
子どもを受験会場に送り出す時期間限定 出前セミナーのお知らせ