企業における身障者の受け入れコミュニケーション広場1

2018年07月05日

話して教養アップ!

おはようございます。

今日の担当は、柳原達宏です。

 

これまで、人材成長支援の

仕事をさせていただいていたこともあり、

コーチングに限らず

様々な内容のセミナーやワークショップを

担当する経験をしました。

 

その中で私が実感していることの一つは

話すことによって得るものが

非常に多いということです。

 

たとえば、
初めてコーチングに触れる方を対象に

セミナーを行う時に

進行する立場としては、

次のようなことを説明します。

 

・コーチングとはなにか

・何を目的として行われるのか

・どのようなプロセスをたどるのか

・コーチと呼ばれる人たちは、

どのようなスタンスで相手と接するのか

・コーチは、相手との対話の中で

何を目的にどのようにスキルを使うのか

などなど。

 

これらについて話しているとき、

参加者の多くは熱心にメモを取っています。

 

これらのことは、知識としてはもちろん必要なわけですが

それに経験がプラスされないと有効性が確認できません。

 

そこで、まず試しにやってみましょうということで

2人組や3人組になって今聞いた話をもとに

エクササイズをしてみる。

それにより、体験がプラスされます。

 

さらに、やってみてどうだったかを

相手の方と話し合う。

 

すると、「なるほどそうだよね〜」「なんだかうまくいかない」

というようなことがあったり

「へえ、そんなことを感じたんだ」

というようなことが出てきて、

共有した体験でも

人によっては共通することも

まったく違う観点を持つこともあることを

理解できます。

 

これがさらに、

セミナーにリピーターの方が混じっていたりすると

「私の場合は、こんな時には、こうしてみたらうまくいったよ」

というような情報提供もあったりします。

 

そうこうしているうちに、

これまでの自分の体験や他の人の体験、

その場で学んだことなどが融合し、

そうか!と気がつくようなことが出てくる。

 

実際、セミナーの最後で振り返りをすると

その日の講師の話したことが役に立ったなんていうことより

参加者同士で話してみて○○○に気がつけた!

というようなことが多いのです。

 

これはまさに、対話の産物と言えるでしょう。

 

作家の浅田次郎さんが、

ある新聞社の取材に答えて

次のようなことをお話しされています。

「今はスマートフォンやタブレットなど、

すぐに結論がわかるものをみんな持ち歩くようになりました。

調べてすぐにわかるというと

あの(スマホの)中に教養が詰まっているような気もするんですが、

それは誤りです。

教養というのは、与えられたものを丸覚えすることではありません。

その過程でどれぐらい考えるかということですから、

本当はそれまでに至る議論とか意見の交換というのが

一番重要な部分なんです」

 

この話をもとに言うなら、

セミナーの中で学んだことを実際に使い、体験し、

うまくいったこともそうでなかったことも考えながら

他の方たちと意見を交わす方法は、

参加される方のコミュニケーションの教養向上に、

多少なりとも貢献しているのだなと感じます。

 

7月からは、私たちの研究会で

新たに「コミュニケーション広場」というのをスタートします。

みなさんも、たくさん話してコミュニケーションの教養アップ!

ご参加をお待ちしています。



お待たせしました!
新講座、『コミュニケーション広場』のご案内です。
夏休みに、新しい学びをはじめてみませんか?

◆7月29日(日)開催
『コミュニケーション広場1』

「コミュニケーション広場」は、
集まった人と一緒に創っていく学びの空間。
毎回のプログラムはコーチングなどの
コミュニケーションスキルや、
実際に会話をしながら体験的に関わり方の
コツを身に付けられる内容で構成されています。
参加されるみなさんの「こんなことがあった・・」
「こんな時はどうするの?」という具体的な課題をもとに、
人との関わり方や繋がりについても深め、学んでいきます。

開催日:2018年7月29日(日)10:00〜16:00(受付9:45〜)
第1回のプログラム:
午前中:「最近、あなたのコミュニケーションは
うまくいっていますか?
コミュニケーションの課題を具体的に深めていきます。
午後:「自分のコミュニケーションスタイル、わかりますか?」
自分のコミュニケーションの特性を理解し、
相手との関わり方を考えます。
ともにロールプレイなどで体験的に学んでいきます。
会場:東京ウィメンズプラザ
参加費:3,000 円(学生は1500円)(定員20名)
※午前のみ、午後のみの参加も可能です
問い合わせ:HPのお問い合わせフォームより(担当:柳原)

詳細・お申し込みはHP http://www.ciie.jpからお願いいたします。
高校生以上のどなたでもご参加になれます。あなたのご参加をお待ちしています。


↓こちらも受付中です。
コーチング初めての方は、ぜひコミュニケーション広場1とあわせてご参加ください。
◆8月11日(土・祝日)開催
教師のためのコーチング講座
『パーソナル・ファウンデーション
   〜自己基盤を整える(基礎編)〜』

コーチングの基本スキルを学んでいる先生向けに、
パーソナル・ファウンデーション(自己基盤)の理解を深め、
実践するためのヒントを持ち帰っていただく体験型のセミナーです。
普段の教育活動やコーチングの中に
パーソナル・ファウンデーション(自己基盤)
の視点を取り入れることに興味関心がある先生におススメです。

開催日:2018年8月11日(土・祝日)10:00〜16:00
内 容:
(1) パーソナル・ファウンデーションの理解(講義+ワークショップ)
(2) ワールドカフェ(形式)による意見交換
(3) 実践にどう取り入れていくか(コーチング)
会 場:東京ウィメンズプラザ
対 象:教師および教育関係者でコーチングの基礎
(聴く・承認・質問程度)のセミナーを受講して、
教育現場で実践している方
※未履修の方は7月29日に開催予定のコミュニケーション広場1を
受講してからお申し込みください。
ご都合がつかない場合は事前にご相談ください。
参加費:3,000 円(定員24名)
問い合わせ:ciie.teacher@…(担当:山村)

詳細・お申し込みはHP http://www.ciie.jpからお願いいたします。

なお、どちらの講座もHPからチラシをダウンロードすることが出来ます。
どうぞお誘い合わせのうえ、お申し込みください。

*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@…
*********************



ryucoach at 05:00│Comments(0)柳原 達宏 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
企業における身障者の受け入れコミュニケーション広場1