なんで勉強しないといけなの?一緒に経験していく

2018年08月13日

ゴールは誰が決めたらいいかな?

暑い夏からこんにちは

今日の担当は大石稜子です。

夏休みに入り、
炎天下でテニスの練習に励む中学生を
50年ぶりに見学してきました。

日陰を利用した素振り練習、
15分間で終了するストローク練習やゲームと、
熱中症対策にも心を配った
抑制のきいたトレーニングに安堵しました。


日本一に何度も導いた経験豊かなコーチが指導に入り、
システマティックなトレーニングに励めることへの、
安心感と期待感が真っ黒な面々に伺えました。

「さあ、.魁璽箸AB対CD、
 ▲魁璽箸EF対GHでゲーム、
 他は球拾い」

と、コーチの声がかかりました。

この瞬間にふと

「このゲームに入るに当たり、
 生徒一人一人はどんな目標を掲げただろうか?」

そんなことが頭をよぎりました。

もちろん大会に勝てるように強くなりたい、
このゲームに勝ちたいという目標は
潜在的にあるでしょうが、
それを目的とすると、

ペアではどんな戦術を試すのか?
一人一人はどんなストロークを目指すのか?


例えば、
深いところを狙って打つ、
思い切って飛び出してボレーを決める、

などのように!!

こんなゴール像を
一言二言伝えあってゲームに入れば
この時間での成長状態が自分自身で感じられる。
ペアの相手にも感じとれる。

ゲームの中で二人の呼吸があってくるきっかけになる。

普段の練習を
大会中とイメージして
打ったら???

その一打は技術&メンタルの強化につながります。

どんな気持ちで(集中の仕方で)
どういう風にラケットを振れば
どんな球筋になりやすいか。

そういうことがつかめて
勝つ以外にも楽しくなるものです。

本番の大会で計画的な戦術を持てるようになりますし、
大きなことを言えば、
生き方に活かせる
価値ある練習になるのではないでしょうか。

学習もスポーツも
長時間やれば
成長が促進される訳ではありません。


今やることへの意気込みだとか、
解決を欲する課題意識だとか
目標だとか、
本人自身が
ゴール像を描きながら試行錯誤を繰り返すことが

効率的なトレーニングです。

まじめにトレーニングに励んでいる生徒たちだからこそ、
やはり活躍してほしいし応援したくなります。

「一人一人常に目標をもって練習に励んでほしい」

とエールを贈って帰りました。


さて、
やはり昔のテニス仲間である6大学のある監督が
夏休みの合宿写真を公開しました。


「学生さんはどんなゴールをお持ちなんだろ」

と、質問を投げかけました。

すぐのお返事は

文武両道

    平日は授業に出て夕方8時まで練習
 土日は朝から練習(一年は必修科目出てから午後から練習)
 三年から就活で、OBOGがバックアップしています


就活までバックUPされて
テニスに打ち込める環境があって
この大学の学生さんは幸せだなあと思います。


文武両道は大学にとっても保護者にとっても
大事なゴール像です。


学生さん一人一人は
今この瞬間の戦術や一球に
どんなゴール像を描いているのでしょうか?


この大学では既にやっていらっしゃるかもしれませんが、
ほんの30秒位でできることをお薦めしたいと思います。

一人一人が
ゴール像を伝え合う。
そうすれば
お互いに学び合い高め合い、
更に価値あるトレーニングや合宿になることを!!


お待たせしました!
本日は『コミュニケーション広場2』開催のご案内です。
夏休みスペシャルとして、午前・午後のプログラムで、2部構成になっています。

◆8月19日(日)開催
『コミュニケーション広場2』

「コミュニケーション広場」は、集まった人と一緒に創っていく学びの空間。
毎回のプログラムはコーチングなどのコミュニケーションスキルや、実際に会話をしながら体験的に関わり方のコツを身に付けられる内容で構成されています。
参加されるみなさんの「こんなことがあった・・」「こんな時はどうするの?」という具体的な課題をもとに、人との関わり方や繋がりについても深め、学んでいきます。

開催日:2018年8月19日(日)10:00〜16:00(受付9:45〜)
第2回のプログラム:
第1部(午前):
◆「あなたと話したら元気・やる気出てきた!」聞き方・話し方。
 話してると気持ちが明るくなって元気が出てくる人。
そういう人は、相手とのコミュニケーションの時に何をしているでしょうか。
◆子育てする中で、私が大切にしていること
 子育てや会社での部下の成長支援など私たちには人の成長に関わる場面が多くあります。
そういうときに大切にしていることを持ち寄って自分の行動やありかたをバージョンアップしましょう。

第2部(午後):
子どもに関わる方必見!「アッと驚く、優位感覚の使い方」
 同じように伝えても、伝わらない人がいるなぁ、という体験ないですか?
あなたの「伝わらない!」を解消する関わり方です。
もちろん、大人、職場でも活用できます。

会場:東京ウィメンズプラザ
参加費:3,000 円(学生は1500円)(定員20名)※午前のみ、午後のみの参加も可能です
問い合わせ:HPのお問い合わせフォームより(担当:川本)

詳細・お申し込みはHP http://www.ciie.jpからお願いいたします。
高校生以上のどなたでもご参加になれます。あなたのご参加をお待ちしています。

*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************



ryokograndma007 at 05:00│Comments(0)大石 稜子 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
なんで勉強しないといけなの?一緒に経験していく