お昼休みの過ごし方一人の時間  みんなとの時間

2018年09月24日

インバウンド


本日の担当は北村和夫です

 

研究会の部会も電話での会議が多くなり、大磯の田舎から都心に出かける回数もめっきり少なくなった。

昔は部会以外にも都心での用事が多かったが、今年の夏の暑さで出かけるのが億劫になったのに加え、都心の混雑が酷いからだ。

都心のビルは冷房をギンギンにしており、電車内の寒さ→電車を降りてからの暑さ→ビル内の寒さ→再び道路での暑さ→再び電車での寒さで、これでは体調の維持は難しい。

 

都心に出かける回数が少なくなった理由の一つに、電車が混んでいるのと都心の人混みが

酷いからである。最近特に目立つのが外国人の数である。

昨年の統計によると、日本への外国人訪問者数(いわゆるインバウンド)は約2千8百70万人で、世界の12位でアジアでは6位である。

 

ちなみに世界一位は、フランスの8千2百80万、二位はスペインの8千百80万で、日本の人口は1億2千7百万、フランスは6千万ですので、人口に対するインバウンド数はフランスは1.363人日本は0.226人である。

つまり日本は人口の5分1程度の外国人が来日し、フランスは人口の1.36倍の外国人が来た勘定になります。

 

私は都心でも渋谷に行く機会が多いのですが、渋谷に行くと必ず寄るところがあります。

渋谷のデパ地下での立ち食いのアイスクリーム屋です。

ここはデパ地下で売っている食料品何でも直ぐ食べられるコーナー、先日私が買ったアイスクリームを食べていると、隣で外国人男性がたこ焼きをおいしそうに食べていました。

 

私が「おいしい?」と聞くと「デリシャス(うまい)」「どこでこの場所を知ったの?」

「カナダで買った東京のガイドブック」。

そういえば、サルが温泉に入っている写真を週刊誌のグラビアで見たことがあるが、

そこに行くには雪道を20分歩く必要があるが、沢山の外国人が隊列を組んで雪道を歩いている写真があった。これだけインバウンドが増えると彼らの訪問地もいつまでも、

京都・奈良ではなく、日本中に広がるのでしょう。

 

先日、出雲大社で会った外国人女性五人組、日本式に手をパチンと叩き、頭を垂れ参拝し、

乗り合いバスで出雲駅に出て、駅のそば屋で盛りそばを上手に食べていた。

東北で会った中国人のグループは、奥入瀬渓流を歩きながら、「コンニチハ」と、日本の挨拶をして通り過ぎていったが、私は「ニイハオ」と返した。

 

私は昨今のインバウンドの急激な伸びは、まだまだ増えると思うがわれわれの「おもてなし文化」の方はどうだろうか?

小学生からの英語教育、民宿の拡大などなど、インバウンドの受け入れ態勢は、はじまったばかりである。

 

 

 

***************************************************************************************
パワハラ、セクハラが話題になる現状で、女性はたくさんの役割をがんばっています。
もちろん、男性もです。しかし、なぜ、お互いの思いがうまく伝わらないのでしょうか?

あなたは、「まいにち まいにち 気持ちがうまく伝わらない」と感じていませんか?
自分の気持ちをしっかりと相手に伝える「さわやかな自己主張ができたらいいな」と思いませんか?

  「相手に気を使いすぎてしまう」
  「どうしても苦手な相手がいる」
  「上司や後輩に意見を言えない」
  「思っていることを口に出せない」・・・。

 夫婦間、親子間、職場の同僚や上司間、ママ友や友人間で、

  コミュニケーションに困っている方がいます。
 また、自分の気持ちをうまく伝えられない、伝え方がわからない、

  というストレスをお持ちの方もたくさんいます。


そこで、こんな ワークショップ を開催します。

「言いたいことを上手に伝えて毎日をイキイキさせよう!
    〜自分も相手も大切にするさわやかな自己主張〜 」

さわやかな自己主張で人間関係を好転させたいあなたを、強力に応援します!

今回は、平成30年度・東京ウィメンズプラザフォーラム・参加事業、
また、コミュニケーション広場4 としての実施です。
高校生以上の方ならどなたもご参加になれます。

★今回のプログラムは、あなたの自己表現を振り返ることに役立つ内容です。     
1.コミュニケーションがうまくいかない理由を知る 
2.あなたの「自己表現タイプ」をチェックしよう 
3.あなた特有の「思い込み」を知って改善する 
4.さぁ、練習しましょう!

☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆

開催日時:2018年10月28日(日)14時〜16時(受付13時40分〜)
定  員:40名(定員になり次第しめきりますのでHPでご確認ください)子ども不可
申し込み:共育コーチング研究会HPより申し込んでください
     → http://www.ciie.jp/     
参 加 費:500円 (当日受付でお支払いください)
会  場:東京ウィメンズプラザ 視聴覚室B

*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************



mozart1301 at 05:00│Comments(0)北村 和夫 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
お昼休みの過ごし方一人の時間  みんなとの時間