正解が無いこともある、が正解! 自分かるた その2

2018年12月17日

答えは相手が持っている(その1)

今日の担当は山村です。

高校一年生のAさんは、明るく優しい女の子です。
中学から続けていた運動部で頑張っていました。
9月下旬の大会前、ささいなことから部活動の友達とトラブルをおこしてしまいました。
大会前で、練習も気になりつつ、友達との仲直りは上手くいかずに、Aさんはだんだんと学校を休みがちになっていました。
家でもふさぎがちとなり、元気が無くなっていくAさんの様子を心配して、お母さんが相談にやってきました。

「そんなに辛かったら、部活を休部したら?」
「友達と仲直りするのに、先生に助けてもらったら?」

Aさんの話を聞き、お母さんなりに様々なアドバイスをしていたようです。
しかしAさんはお母さんがアドバイスをすればするほど、口をつぐんでしまい、部屋に閉じこもっていきました。

「少し、アドバイスは中止しましょうか?」
苦しそうなAさんの様子から、私はそう、お母さんに提案しました。

一生懸命なお母さん。
「では、私は何をすれば良いでしょうか?」

「お母さんがもし、今のAさんの立場だったら、どうして欲しいかちょっと想像してみませんか?」

お母さんは一瞬「ハッ」とした表情を見せました。
そして
「私が一生懸命になっても、本人がその気にならないとですよね。」
ちょっと寂しそうにおっしゃいました。

「良かれと思って、いろんなことを言っていたけれど、もしかしたら、Aはそんなこと言われなくたってわかっているって思っていたかもしれないです。
あの子は思ったことをためてしまう方ですから…。
Aがどうして欲しいか…。そうですね…。」

お母さんは聞きたい伝えたいという自分の気持ちを、少し脇におくことにしました。
Aさんの気持ちに寄り添うように、学校の話は極力せず、家ではお手伝いをさせながら、Aさんが穏やかに過ごせるように心がけてくださいました。

時々、
「先生、いつまで見守れば良いでしょう?
ちょっとしたときに、つい、学校はこれからどうするの?って言ってしまいそうになるんです。」
と本音を話し、どんなときに登校刺激をしたらいいか相談にいらっしゃっていました。

私は、どんなに小さな事でも家族の役に立っていることを伝えることはAさんの「心のエネルギー」をためていくのに役に立つということをお母さんにアドバイスしていました。
そして、どんなことが出来そうかお母さんと一緒に考えていきました。
登校刺激はエネルギーがたまってからだということも説明しました。

Aさんの生活リズムを崩さないように、朝の犬の散歩に誘ってくれました。
洗濯物を干す、買い物に行く、料理を一緒に作るなどAさんの調子を見ながら取り組みました。
お母さんは意識して
「手伝ってくれてありがとう」
「味噌汁、上手になったんじゃない?」と声をかけてくれていました。

「人の役に立っている。」ということを感じていると、人はなんだか元気になってくるものなのです。
お母さんにも「その調子ですよ」と私からお伝えしていました。
お母さんのされているサポートは、確かにAさんの心のエネルギーを増やす役にたっているのです。



そして、2学期が終わりに近づく頃、Aさんはついに動き出しました。


つづく…。


※ご本人の了解を得ていますが、個人が特定できないように内容を一部改変して記載してます。

お待たせしました!
『コミュニケーション広場6』開催のご案内です。

◆あなた自身は、人との関わり方やコミュニケーションについて、うまくいっていると感じていますか?

「コミュニケーション広場」は、集まった人と一緒に創っていく体験と学びの空間です。

毎回のプログラムもコーチングなどのコミュニケーションスキルや、実際に会話をしながら体験的に関わり方のコツや考え方、新たな視点などを身に付けられる内容で構成されています。参加されたみなさんからは、
「心の美容室に通っているようだ」「たくさん話せてけっこうおもしろい」「いろいろな年齢の方とも話せてうれしい」「心の中にあったことが話せて、スッキリできた」「すぐ使えそうなことがたくさんある」「否定されないから、会話がはずんで楽しい」 
などの声とともに、日常生活や子育て、仕事の場での関わり方の課題に関して、様々なリクエストが寄せられてきました。

「困っていることがあります・・・」「こんな時はどうしたらいいの?」
という具体的な課題をもとに、人との関わり方や伝え方についても深め、ともに考えていく時間を毎回設定する予定です。

子どもは大人の、後輩は先輩の関わり方をよく観て、まねをしています。いろいろなコミュニケーションスキル、参加される方々がシェアする体験談、そこから得られる知恵や視点などを活用することで、あなたがさまざまな人と関わる時にも必ず役立つヒントが見つかることと思います。
高校生以上なら、どなたでもご参加になれます。

次回「コミュニケーション広場6」は、1月27日(日)10時〜12時に東京ウィメンズプラザで実施します。
今回のテーマは、(1)今年の私を、漢字一字であらわすと・・・ 新年に向けて、何か目標を決めましたか?「今年はこんなことをしてみたいな」とか、「こんな私でいたい」など、いろいろとお考えかもしれません。2019年最初の時間は、「漢字1文字」です。お話ししながら、今年の私をイメージしましょう。
(2)変えるとしたら、やめるとしたら・・・ 学ぶことに一生懸命な時、人によっては、自分のやることばかり増やして負担を感じたり疲弊することがあります。自分に変化を起こすためのSSC(Start, Stop, Change)について、一緒にお話ししましょう。
どうぞ、あなたのお悩みを教えてください。今後のテーマになるかも・・・

なお、「コミュニケーション広場7」は2月17日(日)、「コミュニケーション広場8」は3月24日の予定です。                     

 <開催概要>
◆日 時 1月27日(日)10:00〜12:00(受付開始9:45)
◆会 場 東京ウィメンズプラザ(JR渋谷駅徒歩12分、メトロ表参道駅徒歩7分)
◆参加費 大人2,000円、学生1,000円(当日受付にてお支払いください)
◆定 員 20名(申込先着順)
◆お申込み ホームページのお申込みフォームからエントリーをお願いします
◆お問い合わせ 担当:河本

☆★あなたのご参加をお待ちしています。 お気軽にご参加ください ★☆


*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************





schoolcoach at 05:00│Comments(0)山村 真理子 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
正解が無いこともある、が正解! 自分かるた その2