答えは相手が持っている(その3)葬儀も個性豊かに

2019年02月28日

どんなふうに聴かれたい?

おはようございます。

暖かくなってきて、
花粉が飛んでいますね。

みなさんは大丈夫?

2月も今日で最後。

今日の担当は、柳原達宏です。

 

先日、私の友人2人が会話しているのを

見ていました。

この2人、同じ会社に身を置いています。

 

話しているのはAさん、

彼女は相手のBさん(こちらも女性)に、
新年度の
自分の計画について説明しています。

 

Aさんは仕事に対する思いがいっぱいで

同じ言葉を何度も繰り返しながら

熱心に話しています。

 

Bさんは、何も言わずに

じっくりと相手の話に耳を傾けている様子。

 

自分の話に耳を傾けてくれている

と感じたのか、Aさんは

ますます思いのたけを語る。

 

そのまま15分ほど過ぎて

Aさんの話が済んだところで

Bさんが一言、

「あのね、今話してくれたことが

よくわからないんだけれど、どういうことかな」

 

その後、Aさんの勢いは

すっかりどこかに行ってしまいました。

 

 

今回ご紹介した例、

同じような経験をされた方も

いらっしゃるかもしれません。

 

こういうケースは、会社に限らず

友人との間、親子の間でも

いつでも起こりうることです。

 

この2人のやり取りをとおして

私たちはいろいろなことを学んで

自分の会話に生かせるのではないか

と思います。

 

Aさんについて言うならば、たとえば、


・新年度の計画について、Bさんが
 まず知りたいのは何かを考える。

・Bさんという人にうまく伝わるように、
 話を整理して具体的に伝える。

・途中で、相手にうまく伝わっているか、
 質問はないか確認する。


など。

 

Bさんについて言うならば、

・話を聞きながら、ポイントを整理して
 相手に返す。

・こういう理解の仕方でよかったのかを
 相手に尋ねる。

・会話の途中で、相槌を打つ、相手と
 同じ言葉を繰り返す。

といったことです。

 

そしてとくに、

「わからないんだけれど」
と不明点を指摘する代わりに


「この計画は〇〇〇ということで
 理解したけど、いい?」

「この部分についてもっと
 詳しく聞きたいなあ、聞かせて」

と、
情報を受け取ることについての

前向きな姿勢を伝えると

Aさんも具体的な話ができるし、

もしプランが抽象的であれば

さらに考えるための機会に
つながりやすいかも。


この会話の目的は何か、
それによって話し方・聴き方も
変えることが大切です。

 

もしもあなたがAさんだとしたら

Bさんにどんなふうに話を聴かれたいですか?


好評をいただいている『コミュニケーション広場8』開催のご案内です。

◆2019年3月24日(日)開催◆
『コミュニケーション広場8』

私たちは、人との対話や読書を通して、自分が出合ったことのないような言葉やお話に巡り合うことがあります。
そしてそれらは、自分の今と将来に良い影響や変化をもたらすことがあります。
今回は、きっとみなさんのお役に立つであろう、そんな言葉やお話を用意してお待ちしています。
また、参加されるみなさんの、感動したり大事にしている言葉やお話のご披露も歓迎です。
一緒に楽しくお話しいたしましょう。
みなさんが持ってきてくださるコミュニケーションについての話題も時間の許すかぎり取り上げたいと思います。
お申し込みの際に、その話題も一緒にお聞かせください。

開催日:2019年3月24日(日)10:00〜12:00(受付9:45〜)
テーマ:【これって、みなさんのお役に立つような言葉、お話では?】
会 場:東京ウィメンズプラザ(渋谷・表参道)
参加費:2,000 円(学生は1000円)(定員20名)
問い合わせ:HPのお問い合わせフォームより(担当:川本)
詳細・お申し込みはHP http://www.ciie.jpからお願いいたします。

高校生以上のどなたでもご参加になれます。

なお、「コミュニケーション広場9」は4月14日(日)、「コミュニケーション広場10」は5月26日(日)に同じ時間・会場の予定です。
詳細はHPにてご確認ください。



*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************




ryucoach at 05:00│Comments(0)柳原 達宏 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
答えは相手が持っている(その3)葬儀も個性豊かに