引き出し屋人それぞれに学びの価値が違う?

2019年07月04日

ユニフォーム

おはようございます。

今日の担当は柳原達宏です。

 

このところ、サッカーでは

男子も女子もゲームで苦戦し残念でした。

 

あの、青いユニフォームが

活躍してくれることを楽しみに

応援したいと思います。

 

みなさんにも、お気に入りの

チームや選手がいるでしょうか。

 

そういう方なら、

ユニフォームを見ただけで気持ちが高揚し、

ゲーム当日は同じユニフォームを着て

会場に出かけ、あるいはテレビの前に陣取って

応援していることと思います。

 

自分が実際にプレーするわけでなくても、

チームの一員となったような気持ちで

大きな声を出し、時には解説したり

評論したりしながら、一喜一憂です。

 

ユニフォームは

選手にとっては着ることで、連帯感が強くなる。

当然のことですが、仲間がわかりやすくなる。

仲間と相手の区別がつきやすい。

そして、所属する集団における

役割の自覚が芽生える。

 

スポーツでなくても、

たとえば私の友人の一人は

コンビニでアルバイトをするとき

ユニフォームに着替えると

さあ、仕事するぞ!と、

スイッチが入るのだそうです

 

また、看護師をしている知人によれば

白衣を着ているときは

看護師としての使命感に燃えて

仕事をしていると感じるそうです。

 

かつて、私が母親の介護をしていた時

同じ要介護の親を持つ彼女に

「あなたは看護師だからお母さんの介護も

手際よくされているのでしょう?」

とたずねたら、

「いいえ、自分の親の介護は

介護士さんにお任せ。

これって、他人だから

お世話できるんですよ。

それに、家では白衣着てないし」と

おっしゃっていました。

 

まあ、これは、

白衣というユニフォームだけの

問題ではないと思いますが。

 

さて、このユニフォームについて

淀川キリスト教病院チャプレン(院内牧師)の

藤井理恵さんは彼女の著書

「たましいのケア 病む人のかたわらに」の中で

次のように書いていらっしゃいます。

 

「私はいつも病棟に行くときには、聖書や讃美歌を手にすることはありますが、医療スタッフのようにカルテや聴診器、検査結果などを手にしていくことは、当然のことながらありません。そして、そのようなものを手にもって患者さんのもとを訪れることのできる医療スタッフをうらやましいと思うこともありました。なぜなら、患者さんと初めて関わるとき、この方とどのような話をしようか、どのような会話から始めようかと迷うことがあったからです。自分と患者さんを媒介してくれるものがあったら、もっと訪問しやすいだろうと思ったからです。

ところがカルテを前に置いて患者さんと向かい合ったとき、意外なことに気づきました。患者さんをより患者さんとして見ている自分に気づかされたのです。一瞬のうちに患者さんと医療者との間でしばしばみられるような上下関係を感じてしまいました。


〜このことからふと考えました。もし医療スタッフが白衣やそのユニフォームを脱いで患者さんと向かい合ったとき、いつもと同じような態度で接することになるのだろうか、もしかしたら、もっと人間同士で話せるのかもしれない、と。

人間は弱く、いつも自分を守るために身にまとうものを欲しがっており、私もそれを欲しがっていたのではないかと思わされました」

 

藤井さんが書いてくださったことは、

私たちが自分の子どもと関わるときにも

当てはまるのではと感じます。

 

「親」とか「大人」というユニフォーム

ずっと着たままだと、

汗をかいてしまうかも。

 

時にはそれを脱いで

人間同士で話すことが大切かもしれません。

 

 

本日は『コミュニケーション広場12』開催のご案内です。

◆2019年7月14日(日)開催◆
『コミュニケーション広場12』
テーマは『あなたならどうする? 私ならこうする!』

私たちが日常生活で遭遇する、コミュニケーションにおけるさまざまな「どうしよう!?場面」での言葉や行動について、一緒にお話していきます。
コーチング・スキルの活かし方についてもさらに学べるチャンスかと思います。
参加される皆様も、よろしければご自身の「こんなときどうしよう?」をお持ちください。みんなで考え話していると様々なアイデアが出てくるものです。

開催日:2019年7月14日(日)10:00〜12:00(受付9:45〜)
テーマ:【あなたならどうする? 私ならこうする!】
会 場:東京ウィメンズプラザ(渋谷・表参道)
参加費:2,000 円(学生は1000円)(定員20名)
問い合わせ:HPのお問い合わせフォームより(担当:川本)
詳細・お申し込みはHP http://www.ciie.jpからお願いいたします。

高校生以上のどなたでもご参加になれます。

8月4日(日)には、「サマーフェスティバル(仮称)」として、スペシャルな内容で実施する予定です。
詳細は、後日お知らせします。どうぞ、お楽しみに!
さらに「コミュニケーション広場13」は9月29日(日)に、「コミュニケーション広場14」は10月27日(日)に同じ時間・同じ会場の予定です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************



ryucoach at 05:00│Comments(0)柳原 達宏 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
引き出し屋人それぞれに学びの価値が違う?