笑って乗り切ろう抵抗勢力

2019年08月05日

なぜ子供の教育に「アート(芸術)」が欠かせないのか?

今日の担当は大石稜子です。


 みなさんはSTEMとかSTEAMという表示を

目にしたことがありますか?


 孫の遊びで買ったスライムをつくるキットには


STEMとありました。

 
STEMとは、
Science(科学)・Technology(技術)

Engineering(工学)・Mathematics(数学)


頭文字をとった言葉です。

 
就任当時のオバマ大統領は

PISA(学習到達度調査)で、

アメリカの子どもたちの成績が低いことに驚き、

STEMにアート(芸術)を加えて

「STEAM」を積極的に教育に取り入れました。

 
なぜなら、現在の子どもたちが将来、

よりよい職を得るために欠かせないと

考えたからです。


今ある仕事がどんどんAIに代わられそうな

時代に入り、

益々欠かせない教育の柱が

アート活動のようです。


夏休みに思いっきりアート活動を

してはいかがでしょうか?



モスバーガーの紙ナプキンのMのロゴマークに


イマジネーションが掻き立てられた幼子が、


食後の数分で


Mの線を利用してパパ、ママ、自分の顔を描き、


周りの背景とhappyという文字を加えました。




こんな風に身の回りの物を利用し、

自分のメッセージと表現を一致させて

寸暇を大いに楽しめるのもよし、


廃材や段ボールを利用して大作づくりを楽しめるのもよし、

大人がアートの活動の価値を知って

子どもたちが大いに楽しめるといいですね。



アート(芸術)?図工?がこれからの時代に

なぜ重要なのか?、



「そもそもアートって何?」

という疑問が私と娘の宿題になって1年余り。



ネットで検索し、


東洋経済の記事を見つけました。

以下添付しながらアートの必要性を紹介します。


 
アートとは、日本の小学校では図工となっていますね。

 


日本で主要教科というと、

国語、算数、理科、社会ですが、


STEAMで世界標準を考えると、

国語、算数、理科、社会、図工です。



ちょっとこれではピンとこないですね。

図工は作業を通して

創造性を培う=クリエイティビティと考えるなら、


日本でも主要教科が

「言語」「数学」「科学」「世界」「創造性」

となります。創造性で培う能力は創造力です。



創造力とは、知識同士の関係性をつなぎあわせ、

それを表現する方法であるとするならば、



ある問題に対して、

国語(言語)算数(「数学」)、

理科(「科学」)、社会(「世界」)という

授業で学んだ知識同士をつなぎ、

どのような手段・方法で解決するかを

考える上で欠かせないものです。



アート(芸術)教育って、

単に芸術家を目指すものではないようですね



 科学に創造性を掛け合わせるから

ノーベル賞級の独創的な研究が生まれる。

クリエイティビティを過小評価してはいけないし、

させてもいけない。

ではなぜクリエイティビティ(創造性)が

大事なのでしょうか?


創造力を刺激する遊びを通して


子供の知識が広げられないと

すでに知っている事柄同士の関係を

築くことはできない。



仮に関係を築くことができたとしても、

それは非常に限定された方法でなされたにすぎず、

それでは子供のファンタジアを発達させるに至らない。



子供を創造力溢れ、

のびのびしたファンタジアに

恵まれた人間に育てたいなら、

可能な限り多くのデータを子供に記憶させるべきだ。



記憶したデータが多ければ、

その分より多くの関係を築くことができ、

問題に突き当たってもそのデータをもとに

毎回解決を導き出すことができる。



創造力とは、知識同士の関係性をつなぎあわせ、

それを表現する方法であるとするならば、

ある問題に対して、

国語(言語)算数(「数学」)、

理科(「科学」)、社会(「世界」)という

授業で学んだ知識同士をつなぎ、

どのような手段・方法で解決するかを

考える上で欠かせないものです。


無知こそが最大の自由を与えると信じるのは

間違っている。


むしろ|亮韻海修自己表現の手段を

完全に操る力を与えるのだ。


それにより、

手段とメッセージに一貫性をもたせ、

明確に自己表現できるようになる。


子どもに対しては、遊びや授業を通して、

様々な表現方法があることを記憶させることによって、

自分が本当に伝えたい・解決したいことができた時に

最も気持ちと一致した表現方法で

表現することができるはずです。


言葉で表現することや絵で表現すること、

映像で表現すること、

写真で表現することなど

様々な表現方法がありますが、

多くの知識をもつことが自己表現に役立つのです。

しかし、それは芸術家になれと言うことではありません。


創造力は生きる上での大事な力になってくれます。

以上でした。

ここでの|亮韻砲弔い道笋考えるに、

単に本を読んで得るような知識だけを言うのではなく、

自分自身が試行錯誤しながら体験で得た表現方法や、

欧州のアート教育の基本理念にある

「知識は対話の中で成長する」

「自分でやってみなければ何も学べない」

という考えを大切にしたいと思います。





ryokograndma007 at 05:00│Comments(0)大石 稜子 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
笑って乗り切ろう抵抗勢力