ぎっくり腰大学駅伝の指導

2019年07月25日

AI時代が来ると


本日の担当は、川本正秀です。
夏休みにラジオ体操をやらないんですね。いつからだろう?


AIが仕事を奪う、と不安に感じている人が多いようです。


大学生と話をしていると、就職の話になりました。

「AI導入で銀行の大量リストラが話題です」
「そうらしいね。どう思うの?」

「機械は人件費かからないから、しょうがないかなあ」
「ほかにはどう思う?」

「大量採用する会社が減ると、競争が厳しくなるかも」
「そうかもしれないね」

「でも、AIを導入しないような会社じゃ将来が心配だしなぁ・・」
「機械に置き換わりやすい仕事や、ホワイトカラーはきっと減るだろう。でも先のことは予想できないから、安心な進路なんて考えても意味がないかもね」

「じゃあ、どうすればいいのかなあ・・・」
「いまの君にできることは何だと思う?」
「う〜ん、専門的な能力を身に付けることですかねえ」

「もし、君が経営者なら、今後どんな人を採用したい?」
「う〜ん、先のことを思うととても考えられません」


先日拝聴した母親向け講演会の講師は、集中力と言葉の力が高い学力や思考力の根幹、と言っていました。

背景が違うので人によって少しずつちがいますが、文章や話を読み解く力=読解力や言葉が大事と考える人は多いようです。


AIの専門家は、教科書を集中してきちんと読めれば、学力が伸びることがハッキリ調査結果に出ていると書いています。

どういう意味かを考えながら、一字一句をじっくり読めるか。
結局、基礎基本となる力が近道ということのようです。

ただ指を動かして、ぼ〜っと画面を見てるんじゃないよ〜!!!ということでしょうかね。


「デスクワークや自動化しやすい仕事はAIが得意だね。残る仕事といえば?」
「作ったり運んだり、アレンジする仕事、人と対応する仕事などですか・・」

「さあ、どうだろう。変化の速い社会になると地道な普遍性のあるものしか生き残れないそうだよ」
「公務員とかはどうでしょうかね」

「絶対安全も正解もないさ。自分でじっくり考えてごらん。一つヒントがあるとすれば、何かに夢中になってやった体験があるかどうか、かな」

「そうなんですか?」
「そう言う人は多いね。例えば穴掘りとか、イカ釣りとか」

「え、本当ですか?ゲームとかはどうですか?」
「もちろんダメ!自動的に反応してるだけではね」

話は、もう少し続きましたが・・。


自分の考えをぶつけられる年上の知人、あなたにはいますか?

さらに、どんな人とでも普通に話せるようなコミュニケーション能力があれば、どんな世の中になっても怖くないと思います。



◆2019年8月04日(日)開催◆
『サマーフェスティバル2019
ストレスを知り、乗り越えるために 〜クールに学んでワハハと解消しよう!〜』

この夏、共育コーチング研究会では「ストレス」をテーマに、学び・話す機会を企画しました。
ストレスとの上手なつきあい方は、ご自身の健康、そして人付き合いにも大切ですね。
学びを通して、あなたの毎日をスカッとさわやかにしてみませんか?

午前と午後の二部構成。
午前は理論派の山村真理子コーチ、
午後は天才派(?)の川本正秀コーチが担当します。
ワークショップ形式でやさしく楽しく進行します。
午前のみ、午後のみの参加も可能です。

開催日:2019年8月04日(日)10:00〜15:30(受付午前9:45〜 午後13:15〜)
テーマ:【ストレスを知り、乗り越えるために 〜クールに学んでワハハと解消しよう!〜】
 午前の部:『ストレス・コントロール』 10時〜12時
 午後の部:『ストレスをユーモアと笑いで吹き飛ばそう』13時30分〜15時30分
会 場:東京ウィメンズプラザ(渋谷・表参道)
参加費:午前・午後いずれも2,000 円 (当日受付にて)
    一日を通してご参加は3000円とお得。(定員20名)
   (学生は半額となります。学生証をお持ちください。)
問い合わせ:HPのお問い合わせフォームより(担当:川本)
詳細・お申し込みはHP http://www.ciie.jpからお願いいたします。

高校生以上のどなたでもご参加になれます。

年に1回のスペシャルな内容です!
皆さまと会場にてお目にかかれることを楽しみにしています。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************



ciie001 at 05:00│Comments(0)川本 正秀 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ぎっくり腰大学駅伝の指導