答えは無限

2019年12月05日

アースデイ

おはようございます。

今日の担当は、
柳原達宏です。

 

今から20年ほど前、

私は当時勤務していた学校が

ソーラーカーを研究・開発して

オーストラリアを縦断する大会に

出場するという先生方と学生の取り組みに

サポートメンバーとして関わっていました。

 

その新しいソーラーカー開発を通した

環境教育をアピールするために

日比谷公園で開催されたイベントに参加。

 

それが、私にとっての初めての

アースデイとの出合いでした。

 

アースデイとは

1970年アメリカのG・ネルソン上院議員が、422を”地球の日”であると宣言、アースデイが誕生しました。学生 運動・市民運動がさかんなこの時代に、アースデイを通して環境のかかえる問題に対して人々に関心をもってもらおうと、それは当時全米学生自治会長をしていたデニス・ヘイズ氏による、全米への呼びかけへとつながりました。そうして、1970年の最初のアースデイは、延べ2000万人以上の人びとが何らかの形で、地球への関心を表現するアメリカ史上最大のユニークで多彩なイベントとなりました」

― アースデイ東京のホームページより ―

 

アースデイは

地球のことを考えて行動する日。

 

私が日比谷公園のイベントに参加した

翌年から運営組織が変わって、

現在は毎年、代々木公園で

アースデイ東京として開催され、

来年4月には20周年。

その前の運営組織の時からだと30年、

アメリカでスタートしてからは

50周年を迎えます。

 

日本国内では、東京に限らず

各地でも開催されています。

 

私はこのイベントに

20年ぶりに参加しようと考えています。

 

地球のことを考えるというと

温暖化の問題や、戦争、環境破壊、

資源の再利用、異常気象、人権

など、

いろいろなキーワードがありますが

環境を作っているのが

人間であることを考えると

人のあり方やかかわり方

コミュニケーションというものも

環境に大きな影響を及ぼすもの

という思いが、参加の理由です。

 

アースデイ東京の開催日は

来年の418日(土)と19日(日)。

 

計画が具体化したところで、

みなさんにご覧いただければと

思っています。

 



ryucoach at 05:00│Comments(0)柳原 達宏 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
答えは無限