今から東京に行きたい?!様子を見ましょう

2020年01月23日

必要なのは失敗体験


本日の担当は、川本正秀です。

今年の冬も恐ろしいくらいに暖かいですね。


「私、失敗しないので!」

みなさんも知っている、あの人の有名なセリフですね。

では、あなたは失敗しませんか?



以前、会社の仕事でミスをした男性が相談にみえました。

子どものころから失敗をしないように親が十分気をつけくれたそうです。

有名大学から大企業に就職して、まずまず順調に過ごしてきましたが、今回、厳しい叱責を受けるような大失敗をして落ち込んでいました。

話しているうちに妙な違和感を感じて尋ねました。


「では、今回の失敗から学んだことは何ですか?」

「え?学んだことですか?一つもないと思うけど・・・」


優秀でまじめで、自分に自信がある人はあまり失敗しないようです。

しかし、人間だから時には思いがけない失敗をすることもありえます。

人間としての本当の力量が問われるのは、そんな時ではないでしょうか。



成人式に向けた新聞読者の声にこんな言葉が載っていました。

「失敗しない人よりも、失敗から学べる人になってほしい」


最近は、失敗を恐れるあまり行動しない・できない人も多いようです。

人間関係でも、スマホに頼って直接会話しない人も多いと言われています。



発明王トーマス・エジソンは、こう言っています。

「わたしはしっぱいしたことがない。ただ、1万通りの、うまくいかない方法を見つけただけだ」


恥ずかしながら、私もこれまで数えきれないほどの失敗を重ねてきました。

しかし、逆上がりをはじめ、何度も転んで乗れるようになった自転車など、失敗したからできるようになったこともたくさんあります。

失敗体験は、そんなに恐れることでしょうか?



あの失敗しない医師も、修業時代は厳しい環境で失敗しながら多くのことを学んだようです。

新しいチャレンジをつづける中で失敗も成功も体験するから、だんだん成功が増えていくのではないでしょうか。

初めから成功だけを求めるのでなく、体験の数を増やすことが近道じゃないかと私は感じています。


特に、子どもを失敗させないように気を使いすぎている保護者は、要注意です。


ciie001 at 05:00│Comments(0)川本 正秀 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
今から東京に行きたい?!様子を見ましょう