様子を見ましょうで、それでどうするの? −大学入試ー

2020年01月30日

Rさんのスタート地点

おはようございます。
本日の担当は柳原です。

 

先日、親しくご一緒させていただいている
方たちに
久しぶりに会う
うれしい機会がありました。

 

そのうちのお一人、Rさんは40代の男性。
来月からの新しいお仕事に向けて
自分はどの道を選ぼうかと熟考中です。

 

昨年の秋から次の仕事を探し始め
いよいよ絞り込みをというところ。


すでに手中にしている
複数の選択肢からどれを選ぶか、
それとも、別の選択肢を考えるか、
迷います。

 

私などは、

「人生はニャンとかなる」

(なんか、そんな本がありましたね)

「何やったって、メシ食っていけるわい!」

というような根拠のない自信というか
そういう
感覚がまさっている人間なので、
こうした場面ではササッと感じるままに決めて
あとは動きながら考える。

 

そういう点では、彼は逆のタイプで

仕事の内容

将来性

社風や仕事仲間

勤務条件

など、丹念に見ている様子。

 

彼自身も会社を見学し、人と会い
感覚的につかんでいる部分も多くあるのですが
それでもすぐに決めない慎重さは
自分の妻や息子との生活を
しっかり支えていきたいという
彼の責任感・決意によるものと見ました。

 

帰りの電車の中で祈りました。

(私は、特に何かの信仰を
持っているわけではないですが
毎日祈ることをしています。)

 

「Rさんが自信をもって

結論を出せますように」

「Rさんが喜びをもって新しい仕事に

取り組んでいけますように」

 

やりたい仕事を見つける・選ぶには
何のためにその仕事を選ぶのか
そして、仕事を決めた後、
それにどのように取り組むのか
具体化していることが
大切だと
思っています。

 

あと4日ののちには
その結論を出すことになっているそう。

 

どこに身を置こうと結局は
自分の決断次第・行動次第だし
とらえ方次第。

 

私がこれまでのRさんを見ていて思うのは
人を大切にする彼は、
そういう仕事をするだろうし
周りからも大切にされることは
間違いないだろうということです。

 

Rさん、あなたが選ぶスタート地点では
あなたと親しい人たちが集まって
声援を送ってます!


スタート地点の先には
何が見えますか?

 

 



ryucoach at 05:00│Comments(0)柳原 達宏 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
様子を見ましょうで、それでどうするの? −大学入試ー