好奇心は思考の老化を救うかアースデイ東京2020に参加します!

2020年02月24日

人生は人との出会いで変わる

の担当は山村です。

お子さんが不登校で、相談にいらっしゃっている親御さんから
「お役にたつのであれば、私達のことを他の親御さんに話してくださっても良いですよ。」とおっしゃっていただけることがあります。

守秘義務があるので、
本来はケースについて話したりすることは無いのですが、
こうやっておっしゃっていただけるのは信頼していただいているのだなあと、ありがたく感じます。

どのケースでもお伝えしているのは、お子さんのことについてまずはご夫婦で良く話し合うこと。
特に祖父母と同居している場合は、お祖父ちゃんやお祖母ちゃんの理解と協力も必要です。

例えば、母親は「休んで良い」と言っているけど、
父親は「学校へ行け」と本人に伝えているなんていうことがあります。
役割分担としては、まあ間違いとは言えないのですが、
特に不登校の初期段階ではこれはNG。

お子さんはいつまで経っても不安定な状態が続きます。
なので、「今は、ゆっくり休んで良い」と伝えてあげられるようにご夫婦でしっかり話し合えると良いですね。

その次には、学校以外のいろんな選択肢があることを親御さんが、調べてみて欲しいのです。
本を読むことでも、不登校関連の講演会へ出かけるでも良いです。
いろんな情報がありますから、どうぞ良質と思われる情報を求めてください。

高校の場合ですが、以前よりずっと全日制の高校以外で学ぶ場が増えました。
高校生の20人に一人が(約5%)通信制で学んでいるという調査結果もあります。
小中学生でも、適応指導教室やフリースクールなど学校以外の学ぶ場はあります。

高校では、ある一定期間のお休みを経て学校に復帰出来る生徒もいれば、一年留年して学校に戻る生徒もいるし、
別の学校(通信制や定時制、単位制などいろいろあります)やアルバイトなど、進路変更を選択して新たな道に進む生徒もいます。
留学や地方の学校への転校など親元を離れる選択をする生徒もいます。

どの親御さんも調べたり、いろんな方のお話を聞いたりして感じてくださるのは、
学校に戻ることだけが不登校の解決ではないのですね。」ということ。
(ここは大事なポイント!)

親御さんが腹をくくることが出来ると、子どもの選択肢は大きく広がります。
そして、しばらくすると子どもから何らかの動きが出てくることが多いと感じています。

しかし、あくまでも実際に決めるのはお子さんです。
(ここも大事なポイント!)

初期段階では、お子さんが求めてきた時に選択肢を提案出来るようにするため、
親御さんがご自身で調べておくこと、見ておくことで、安心出来ると思います。

そして最も大事なのは、家庭の中で、子どもと良い関係を保つこと。
(これも大事なポイント!)

平成29年度の文科省の調査では小中学校の14.4万人が不登校といわれていますが、
この数は子どもの数が減少しているにもかかわらず、増加傾向です。

それでも不登校の親御さん同士が出会うことは、
親の会などの集まりにでも行かない限り、なかなか無いのですよね。

親御さんのお話をうかがっていると、子どもが不登校であることを仕事関係でも、友人関係でも、言いづらいのだとおっしゃいますし、「うちの子だけ、なぜ学校へ行けないのだろう」と思っていらっしゃるのです。

こういう思いを持ったまま、子どもと接しているのは辛いでしょう。
どうぞ、親御さんご自身が一緒に伴走してくれる専門家と出会ってください。
子どもも大人も、支えてくれる人がいるからこそ、自分の人生を歩むことが出来るのです。

多くの親御さん、そして子どもから私は「人生は人との出会いで変わる」と教えていただいています。


あなたには、支えてくれる伴走者がいますか?


本日は『コミュニケーション広場18』開催のご案内です。
◆2020年3月01日(日)開催◆
『コミュニケーション広場18』
テーマは『人とのかかわり、出会いと別れ、ありがとう』
春は出会いと別れの季節です。
あなたの出会いと別れを振り返ってみると、何か気づくことがありませんか?
考えたことは、言葉にして話すと行動しやすくなると言われています。
皆さまのご参加をお待ちしています。
みなさんが持ってきてくださるコミュニケーションについての話題も時間の許すかぎり取り上げたいと思います。
お申し込みの際に、その話題も一緒にお聞かせください。
開催日:2020年3月01日(日)10:00〜12:00(受付9:45〜)
テーマ:【人とのかかわり、出会いと別れ、ありがとう】
会 場:東京ウィメンズプラザ(渋谷・表参道)
参加費:2,000 円(学生は1000円)(定員20名)
問い合わせ:HPのお問い合わせフォームより(担当:川本)
詳細・お申し込みはHP http://www.ciie.jpからお願いいたします。
高校生以上のどなたでもご参加になれます。
次回の「コミュニケーション広場19」開催日はまだ未定です。
後日お知らせします。どうぞ、お楽しみに!
*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************




schoolcoach at 05:00│Comments(0)山村 真理子 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
好奇心は思考の老化を救うかアースデイ東京2020に参加します!