お金持ちの義務成長には経験が欠かせません

2020年06月25日

雑談不足かな


本日の担当は、川本正秀です。

自粛解除になりましたね。マスクも消毒薬も並び始めましたね。外に出てますか?



この数か月、不要不急でない外出はやめていた方が多いと思います。

感染の可能性を考えて、よく我慢強く対応してきたなあ、という方は多いでしょう。

医療・福祉関係者など、生活に直結したサービスを提供する方々(キーワーカー)のご努力には深く感謝します。



誰もが自分が感染しないことはもちろん、他人にうつさないように注意してきました。

がんばった方や自分に拍手を送りたいと感じます。

しかし、コロナウイルスのせいにしていいのかなあ、ということもいろいろ気になります。



病気になって健康のありがたさに気づくように、こういう状況だから気づくことはいろいろありました。



第一は、意識のオートマチック化です。

今日も昨日と同じように、当たり前に生活できるというのは幻想でしたね。

明日のことはわからない!という現実がハッキリしました。

あんな小さなウイルスによって、地球全体が右往左往しています。



第二は、不安やストレスで心に穴が開いたために、それを埋めようと何かに依存する人が増えたことです。

お酒、薬物、ギャンブル、ゲーム、ネットでの買い物、・・・・

理由はさまざまでも、外に救いを求めようとするのは2番目以下の方法だと思います。

冷静に考えれば、コロナさんが原因なのか、その人自身の問題なのかわかるんじゃないかなあ・・。



第三は、テレワークは万能ではないということ。

日本は仕事の仕方に問題があるから、欧米のようにテレワークが浸透せず生産性も低い、と新聞にありました。

でも、機械のように働くことで生産性を上げると、逆に人間性はすり減っていくのではないでしょうか?

チャップリンの映画を思い出します。機械に追いまくられていたあの姿・・。



ほかにもたくさんあると思いますが、友人たちとのオンライン飲み会での会話から、お互いにいろいろな気づきがありました。


・こうやってどうにか生きられてることに感謝したい。多くの人に助けられているなと実感する。

・いつまで生きられるかわからないから、やりたいことをやらないと後悔すると思った。

・自分のことだけ考えているとやっていけない。他人のための小さな行動が巡り巡って帰ってくる気がする。

・自分が弱いと自覚した。今後も恐れず、威張らず、あきらめず、くさらず、無理せず、やれればいいかな。

・正解などどこにもなくて、その都度考えないと答えに近づけない。それを助けてくれるのが友達かな。お互い様だけど・・。

・強がったり臆病で孤立してると生き残れない気がした。すこしでも知り合いがいれば、安心と安らぎが得られると感じた。

・健康第一!免疫力を高める食事と睡眠。毎日汗をかければ、シアアセだ!ナンチャッテ・・。

・こんなに手を洗ったのは子どもの頃のおやつをもらう前以来だ、と思い出したよ。アライグマになった気分がした。

・「ニューノーマル」って変じゃないかな。今考えれば、例えば、前だって異常な通勤や働き方だったよね。

・家と病院だけの往復。帰ればすぐに入浴して、すべて洗濯。がんばってるけど、まだしばらく続くんだろうね・・。



どうでもいいようなことを、うだうだ言いながら時間が過ぎていきますが、実はこういう「雑談」をできることが最重要なことの一つだと感じます。

心の中のものを外に出すことでホッとできるなら、こんなたわいのない雑談も、いつかはどこかで役立つ種や実になる「実談」と言えるかもしれません。



ところで、あなたは「雑談不足」じゃありませんか?

「いろいろ話したいなあ」という方、安心して自由に話せる「広場」を用意しています。どうぞ、お出かけください。


ciie001 at 05:00│Comments(0)川本 正秀 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
お金持ちの義務成長には経験が欠かせません