北村 和夫

2019年10月14日

傘寿(さんじゅ)

本日の担当は北村和夫です


先月傘寿を迎えた。つまり80歳になった。
自分でもビックリである。昔「人生僅か50年」と言われていたのが、少し前だったような気がする。
それから30年も余計に生きてきたということになる。


厚生労働省が今年の7月に公表したニュースを見ると、2018年の日本人の平均寿命は、男性81歳
女性87歳で過去最高になったようだ。
国際比較で見ると、女性は世界ランキングは香港についで2位、男性は第3位である。

平均寿命のうち、衰弱、病気など介護期間を差し引いた健康で活動的に暮らせる期間を「健康寿命」という、WHOが提唱した指標で見ると、日本人の健康寿命は男性が(平均寿命ー9、0)最高は山梨県、女性が(平均寿命ー12.4)で愛知県だ。
最長と最短の差は、男性2.0年女性は2,7年、健康寿命は健康への気配り、働き方、人とのかかわり、食生活などさまざまな要因が関係すると思われるが、良くわからないようだ。

最近「幸福寿命」と呼ぶ言葉を耳にする。幸せを感じていられる期間のことだ。
誰もが加齢による衰え(老化)を経験する超高齢社会では、生活に多少の制限が生じても健康だと
自覚できる期間を延ばすことが重要ではないか。

今年5月、OECDは加盟34か国にロシアとブラジルを加えた36か国の幸福度(well-being)
指標である「Better Life Index-BLI」を公表した。
BLIは生活の11分野の指標から構成されており、総合順位で20位になった日本は、「安全」「所得」「教育」などの分野で高いスコアを獲得しているが、「ワーク・ライフ・バランス」や
「生活満足度」「健康」などで低い評価となっている。

「ワーク・ライフ・バランス」は、「長時間労働者の比率」と「余暇時間の長さ」で評価されており、
日本の順位が低いことは実感できるが、「健康」分野で日本が36か国中28位というのは?である。
「健康」の内訳を見ると、「平均寿命」が36か国中1位となる一方、「主観的健康(Self-reported 
health)について、日本は(非常に)良い」と答えた人の割合が最下位になっているのも?である。

この統計は誰もが疑問に思うが、主観的健康寿命すなわち「健康」と「幸せ」の良い関係を伸ばしたい
のは、全ての日本人の希望だと思う。





mozart1301 at 05:00|PermalinkComments(0)

2019年09月16日

リハビリ

今日の担当は北村和夫です

5月に加齢によるギックリ腰になって、8月末までの四ヶ月リハビリに精力的に取り組み、今では大分良くなり痛みも大分取れてきました。
先日は渋谷であった宴会にも杖なしで行き、何の問題もなく帰って来ました。
夜の渋谷の凄い雑踏にびっくりしました。

リハビリは殆ど毎日病院に行き、電気機器による患部の照射、刺激、ウオーターベットによる患部のマッサージを10分ずつ計30分行いますが、沢山の患者が同じようにリハビリを行うので、ときには大変な混雑で長い時間待つことになります。

このため病院の開院時間の9時には、相当数の患者が玄関前に並ぶのですが、暑い季節なので病院側も
早めに玄関を開けるのですが、私は要領が悪いのでいつも長時間待つことになります。
しかし、時間が経つにつれ、この先頭集団は殆ど毎日同じ人達が占めることがわかり、殆どが定年退職したおじいちゃんとヒマなおばあちゃんで、私も先頭集団の一員になりました。

待合室でこの先頭集団はおしゃべりに終始し、私も話しに入ってきいていると、自分の仕事の話、趣味の話、家族の話、友人の話、など範囲が広いが、良く聞いていると他人の悪口は聞かれない。
皆さん、教養豊かな話ばかりだ。
政治の話も出てきて、今の日本と韓国の話など良くニュースを把握し、一番感心したのは他人の話を良く聞くことだ。

一人のお爺ちゃんは、マスコミ関係の仕事をしていたらしく、皆にニュースの解説をしてくれ、おばあちゃんたちも盛んに質問したり、意見を言ったりして盛り上がっている。
そろそろ私のギックリ腰も良くなっているので、病院通いも後わずかと考えているが、このお爺さん、
お婆さんのお話を聞いていると、名残惜しい感しきりである。



いよいよ秋ですね。今年の実りは何でしょうか?
あなた自身を振り返る良い時期でもあります。
本日は『コミュニケーション広場13』開催のご案内です。

◆2019年9月29日(日)開催◆
『コミュニケーション広場13』

今回のテーマは『ありがとうの気持ちを伝えよう』
私たちが、日常生活でよく使っている言葉「ありがとう」が今回のテーマです。
あなたが感謝の念を抱いている人や出来事とそれらにまつわる体験、あなたが感謝された時のこと、私たちが受け取っているギフト、ありがとうを伝えそびれていることなど、一緒にお話しいたしましょう。

★みなさんが持ってきてくださるコミュニケーションについての話題も時間の許すかぎり取り上げたいと思います。
お申し込みの際に、その話題も一緒にお聞かせください。

開催日:2019年9月29日(日)10:00〜12:00(受付9:45〜)
テーマ:【ありがとうの気持ちを伝えよう】
会 場:東京ウィメンズプラザ(渋谷・表参道)
参加費:2,000 円(学生は1000円)(定員20名)
問い合わせ:HPのお問い合わせフォームより(担当:川本)
詳細・お申し込みはHP http://www.ciie.jpからお願いいたします。

高校生以上のどなたでもご参加になれます。

なお、「コミュニケーション広場14」は10月27日(日)に、昨年に引き続き、「東京ウィメンズプラザフォーラム」参加事業として、特別な内容で実施します。
詳細は、後日お知らせします。どうぞ、お楽しみに!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。


*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************



mozart1301 at 05:00|PermalinkComments(0)

2019年08月19日

シンデレラ・ストーリー

本日の担当は北村和夫です。

女子ゴルフのメジャー最終戦の全英女子オープンで、20歳の渋野日向子(しぶの・ひなこ)さんが優勝した。初めて聞く名前だ。
我々おじさん達が昔応援した、樋口久子さんの優勝以来42年ぶりとのこと。
両親は陸上の投てき選手、8月5日付けの朝刊一面に大きな写真と活字が躍る。

早速パソコンのYouTubeで試合振りを見る。
ゴルフの中継はテレビでよく観るが、この渋野さんのプレー振りは他の選手と全く異なりビックリ。
まず、緊張感が全く無く、ニコニコ笑いながら、周りのファンとハイタッチしながらコースを進み、
先日の冬のオリンピックのカーリングで、話題になったモグモグタイムよろしく、渋野選手の地元のスナックをキャディと一緒にモグモグ。

ラウンド中笑顔が絶えない。
優勝を決めた最終ラウンドも、結構難しそうなスライスパットだったが、これも難なく決め、
ギャラリーから大喝采を受けた。
樋口久子さんが、「素晴らしいプレー。全然しびれない(硬くならない)というのが、驚いている」
とたたえた。

渋野さんは、プロテストを初受験をした2017年には合格を逃がすなど、決してスムースに歩みを進めてきたわけではない。
しかし周囲の人々に恵まれ、豊かな環境で選手としての土台を培ってきたことが実り、プロとして実質
一年目で一気に大輪の花を咲かせた。
岡山県職員の父、地元で体操教室の講師を務める母の次女として育った。
父親は大学時代砲丸投げと円盤投げ、母親は同じ筑波大学の一年後輩で、やり投げの選手だった。


両親譲りの高い身体能力を持った渋野さんは、幼い時から母親の教室に通い、ダンスやさまざまな運動を楽しんだ。全日本ソフトボールの上野選手に憧れ、ゴルフに加えてソフトボールも始めたが、中学校では学校にソフトボール部がなく、学校に相談して男子しかいない野球部に入った。

来年のオリンピックに間に合うのだろうか?
母親は「東京オリンピックに出られなくても、その先がある。常に高い目標を持ち、前進できるよう
がんばってくれればいい」と着実に歩み続けることを願っている。

地元の英メディアも、「シンデレラストーリー」(BBC放送)「無名選手がスターになった」などと
快挙を速報した。
BBCは渋野を「メジャーに出るのはもちろん、海外での大会にも初めて出場する新人」だと紹介。
にもかかわらず、優勝のかかる最終18番ホールに向かう際に笑顔で観客に手を振り、ウィ二ング
パットを決める際にも「緊張するそぶりも見せなかった」と、その強心臓ぶりを驚きをもって伝えた。

緊迫した試合の最中でもファンと気さくに触れ合ったり、キャディと冗談を言ったり様子から、
彼女が「笑顔のシンデレラ」と呼ばれているのもうなずけるとし、新聞の「ガーディアン」も
「スターが誕生した」と興奮ぎみに報じたそうである。





mozart1301 at 05:00|PermalinkComments(0)

2019年07月22日

ぎっくり腰

本日の担当は北村和夫です。

5月のある朝、目覚めた瞬間、体全体が動かず、腰が猛烈に痛い時があった。寝返りも打てない。
初めての経験で、今日も友人との約束もあり、その後も予定がかなり入っており困った。
取り合えず、朝一番で病院へ行き、診てもらうことにした。特に気になるのは6月初旬に友人Tさんとの
ヨーロッパ旅行だ。

特に今回は、Tさんに旅程を全て任せた結果、相当気合を入れて音楽家の足跡を中心に調べ上げ、一週間後会って旅程を確認し、私が交通機関とホテルの手配を行うことになっていた。
彼とはこれが最後のヨーロッパになるだろうと、話し合っていたのでなおさらだ。

タクシーで近所で評判の良い整形外科の病院に行き、待合室で待って周りを見回すと、医者が一人の割には病院のスタッフが多いことに気付いた。
リハビリのためのスタッフらしい。リハビリ用電子機器の操作要員、手作業であるマッサージの担当、
その他レントゲンの操作員、総勢20人〜30人ぐらいの大所帯だ。
私が通っている内科の医師は、「整形外科の病院は、江戸時代のお風呂やさんに例えられる」と言っていたのを思い出した。

まず患者は毎日来院し、指定されたリハビリをいくつか受けるので、患者同士すぐ友達になり、一つの機器での治療時間は10分程度であるので、全体ではかなりの患者数だ。
費用は国民保険で一日一時間ていどで、300円ぐらいだ。
私は医師との面談は、5〜10分程度で、骨の状態、骨密度を調べるレントゲン検査を受けた。

病名は「変形性腰推症」(へんけいせいようすいしょう)との診断であった。
何か難しい病名であるが要は「ぎっくり腰」である。
重いものを持ち上げるときにビリッと痛くなるのが、ギックリ腰と聞いたことがあるが、原因は?
と聞く私に、医者は「加齢ですよ」と涼しい顔。
完治はどれぐらいかかるか、良く分かりませんが、2〜3週間に一度私と面接しましょう。

大量の飲み薬と長さが25センチもある、腰に貼り付ける薬を貰い、しばらくリハビリに通ってください。リハビリは3種類しましょう。運動療法と物理療法をやりますので、通院をお願いします。
と言われ、浮世風呂に通うことになった。
運動療法の担当は若いお嬢さんになったが、体型からも凄い力持ちの感じであったが、コミュニケーションスキルは歳の割には良く心得ていて、何とか療養士の資格を取る際、コーチングに似たようなスキルを勉強されたようだ。

通い始めてびっくりしたのは、腰の痛みは移動するのである。通院してから一週間で腰の痛みは無くなり、今度は股関節が痛くなってきた。筋肉の痛みは移動することが分った。その後太もも、次に
足、現在は足の甲が痛い。

この次は移動する場所が無いので、直るんだよ。と友人のTさん曰く。
「秋のヨーロッパは良いんだろうな」とまだ諦めていない。




◆2019年8月04日(日)開催◆
『サマーフェスティバル2019
ストレスを知り、乗り越えるために 〜クールに学んでワハハと解消しよう!〜』

この夏、共育コーチング研究会では「ストレス」をテーマに、学び・話す機会を企画しました。
ストレスとの上手なつきあい方は、ご自身の健康、そして人付き合いにも大切ですね。
学びを通して、あなたの毎日をスカッとさわやかにしてみませんか?

午前と午後の二部構成。
午前は理論派の山村真理子コーチ、
午後は天才派(?)の川本正秀コーチが担当します。
ワークショップ形式でやさしく楽しく進行します。
午前のみ、午後のみの参加も可能です。

開催日:2019年8月04日(日)10:00〜15:30(受付午前9:45〜 午後13:15〜)
テーマ:【ストレスを知り、乗り越えるために 〜クールに学んでワハハと解消しよう!〜】
 午前の部:『ストレス・コントロール』 10時〜12時
 午後の部:『ストレスをユーモアと笑いで吹き飛ばそう』13時30分〜15時30分
会 場:東京ウィメンズプラザ(渋谷・表参道)
参加費:午前・午後いずれも2,000 円 (当日受付にて)
    一日を通してご参加は3000円とお得。(定員20名)
   (学生は半額となります。学生証をお持ちください。)
問い合わせ:HPのお問い合わせフォームより(担当:川本)
詳細・お申し込みはHP http://www.ciie.jpからお願いいたします。

高校生以上のどなたでもご参加になれます。

年に1回のスペシャルな内容です!
皆さまと会場にてお目にかかれることを楽しみにしています。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************










mozart1301 at 05:00|PermalinkComments(0)

2019年06月24日

難聴は認知症最大のリスク

今日の担当は北村和夫です

先日、都内で開かれた医者による講演会に行ってきた。最近の話題は認知性だそうで、講演の内容は認知性をいかに防ぐかというもので、会場は満員で関心の高さが理解できた。

人生100年時代と言われるようになった。
一方で、ただ長生きするだけでなく、健康寿命を延ばし、死ぬまでできるだけ健康で医療費のかからない生活をするかが重要だ、と講師は力説する。
筋肉を鍛え、自立した生活ができるようにすることは大切である。しかし、機能が弱らないように鍛えることができないものもある。

耳、つまり聴力はその最たるものと言えるだろう。
講師は若いときにうっかり高音量の音楽を聴きながら通勤を続けて、60歳を過ぎたころから難聴に見舞われ、気付いた時には取り返しのつかないことになっていた人を、沢山知っているがこのようなことがないように注意したい。

難聴を予防するにはどうすればよいか?
→やはり大きな音を聞くのは耳に良くないので、若いころから避けないといけない。カラオケで大騒ぎ
 も楽しいですが、ほどほどにして、酷使した耳を休めないといけません
 耳の神経はいったん傷ついたら治らないので、耳の神経を傷つけないようにする、傷ついたら手当て
 することが肝心。
 イヤホンで音楽を一日10時間も聴いているような生活も、絶対に良くないです。
 大きな音でなければ良いのではないかと思うかもしれませんが、ずっと音楽を聴いているだけで
 少しずつ耳の組織は痛みます。
 世界保健機関(WHO)が推奨している「60・60」運動は、目安になります。
 スマホで音楽を聴くにしても、最大音量の「60%」、せいぜい1日「60分」にしよう。

では、自分が難聴かどうか知るには、普通の健康診断の聴力検査でいいのでしょうか
→健康診断の聴力検査で数値が悪ければ、やはり専門の病院で調べたほうがいいですね。
 そしてもし必要ならば、生活の質の向上という意味でも、早い時期から補聴器を使って慣れた方が
 いいですね。歳を取ると共に、高音域から確実に聴力レベルは下がります。
 聴力検査では40デシベル以上が中等度難聴とされていますが、30デシベルを超えていたら生活
 に不自由が出てくるはずです。
 本当はその段階から補聴器を試すほうがよく、おそらく50代の人でも1割くらい不自由を感じてい
 る人がいるのではないかと思います。徐々にくる難聴は意外と気がつかないものです。

認知性の一番のリスクファクターは「難聴」

 国際委員会が2017年に発表した研究で、認知性の9つの危険因子の一つに難聴が挙げられ、予防
 できる要因の中で最も大きな危険因子とされました。
 又、フランスで行われた大きな研究で、数千人を対象に難聴のある人と無い人の経過を20年くらい
 観察した結果、難聴の人の方が認知機能低下の症状が進み、認知検査のスコアが悪化したのですが、
 難聴の人の中でも補聴器をつけていた人は、難聴がない人とスコアは変わりませんでした。

 日本では残念ながら、歳を取って見られるのが嫌だという風潮が強く、白髪は染めるし、補聴器も
 つけたくないという人が多く、放っておくとコミュニケーションが取れなくなり、寂しい孤独な
 老人生活を送ることになります。

 以上が講演会の簡単なメモですが、この講演会の後、私は聴力検査に行き、補聴器を必要あれば装着
 する予定です。

 


mozart1301 at 05:00|PermalinkComments(0)

2019年05月27日

人に優しく

本日の担当は北村和夫です。

先日、いつもの散歩をしていると、お母さんと小学生ぐらいの娘さん、そして可愛い子犬二匹を連れた4人の家族に会いました。
二匹のトイプードルは私に興味を持ったらしく、私の足元に来て頭を摺り寄せてきます。
あまりに可愛いので、私も二匹を交互に頭、あご、お腹を撫で回しお母さんに「兄弟ですか?」と
お聞きすると、「いえいえ、全く血の繋がりは無いんですよ」続けて「一緒に仲良く暮らしていると
似て来るのですかね?」「どうなんですかね?」といい加減な返事。

一匹をこねくり回していると、他の一匹が強引に割り込んできて、同じことの繰り返しとなる。
娘さんに「お嬢さんはワンちゃんの面倒を見ていますか?」と聞くと「ウン、時々ね」とお母さんの
顔を見る。
私は「凄い、偉いねえ!きっと他人に優しい素敵な女性になれるとおじさん思いますよ」と返した。

二三日後、このワンちゃん達と再会、今回はお母さんだけで娘さんは居なかった。
思い出したようにお母さん「先日、お会いしたとき、あなた様が娘に犬の面倒を見ると、優しい素敵な女性になれると仰ってくれましたよね。娘はこのお言葉は大きなインパクトがあり、帰ってから私に質問攻めで、私だけでなく会社から帰ってきた夫にも、盛んに質問していました。」

「ご主人何とお答えになっていました?」と私。「そのおじさん、ママよりもパパよりもずっと長く生きていて、ワンちゃんを面倒見た人を沢山知っているんだよ。その人達が皆「他人に優しく素敵な女性になったんだと思うよ」と答えていました。さすが。

お母さん曰く、その後娘さん、ワンちゃんの面倒を良く見るようになったと、笑顔で語ってくれました。





mozart1301 at 05:00|PermalinkComments(0)

2019年04月29日

令和の時代は幸福度をグーンと上げたいですね

今日の担当は北村和夫です

平成31年もあと数日ですね。この平成の30年間皆さんは幸せでしたか?
平成元年(1989年)年は、私は第二回目の海外転勤の年でしたので、良く覚えています。
平成元年はバブルの頂点に向かって80年代を、駆け上がってきた日本が、そこに達した途端に一転
その崩壊に向かって転がり込んで行く、まさに光と影が瞬く内に交錯した年でした。

この年12月29日証券取引所の大納会の株価の終わりが、3万9千円の市場最高値を記録し、同年の
全世界の株価時価総額の半分以上を日本が占めるという、誰もが「信じられない」と言い合うような自体が出現したのでした。

その年の全世界の企業の株価時価総額ランキングでは、ダントツのトップのNTT、第2位以下5位まで
日本の銀行が並び、7位9位11位も日本の企業が、そして上位50社の内なんと32社を日本企業が
占め、米国はIBM、エクソン、GEなど15社である。
それが29年後の世界ランキングでは、トップがアップルで米国企業が並び、さらに中国勢が10位以内に食い込み、日本企業はトヨタが上位50社の内35位に入っているだけである。

歴代の政治家もこの30年間がんばったが、結果が出ておらず自分の21世紀を見出せないで居る日本である。例えば平成初めの日本のGDPは、全世界の15%を占めていたが、今は6%だ。
一人当たりのGDPは1990年世界で9位、2017年にはなんと世界25位。
そして、もっとがっかりするのは国連が発表する「世界幸福度」ランキングで、日本は58位で54位
の今話題の韓国より下位にある。

幸福度ランキング58位でしかない日本人が、54位の韓国の人に向かって偉そうなことを言っているのは、ほとんどお笑いで先方からは「何か勘違いしているのじゃない」と言われそう。
日本人も外からそのように見られているとは、自覚していない。

幸福度はお金だけではないけれど、明後日からの令和の時代はこの幸福度がグーンとアップするのを
祈らざるを得ない。


『コミュニケーション広場10』開催のご案内です。

◆2019年5月26日(日)開催◆
『コミュニケーション広場10』

あなたは今、毎日さわやかな気分で生活していますか?
新しい環境でがんばっている方、思ったようにいかない方もいるでしょう。
人との関わり方やコミュニケーションについて、立ち止まって考えてみませんか?

今回のテーマは、『 あなたの元気の素は、何?〜歌? 食べ物? それとも…〜 』
生活の中で、ちょっと頑張る必要があったり、きびしい局面に置かれたりした時、あるいは、なんか疲れたなあ…という時に、あなたを元気にしてくれる「元気の素」は何でしょうか?
みなさんの「元気の素」をシェアしながら、お話しいたしましょう!
みなさんが持ってきてくださるコミュニケーションについての話題も時間の許すかぎり取り上げたいと思います。
お申し込みの際に、その話題も一緒にお聞かせください。


開催日:2019年5月26日(日)10:00〜12:00(受付9:45〜)
テーマ:【あなたの元気の素は、何?〜歌? 食べ物? それとも…〜】
会 場:東京ウィメンズプラザ(渋谷・表参道)
参加費:2,000 円(学生は1000円)(定員20名)
問い合わせ:HPのお問い合わせフォームより(担当:川本)
詳細・お申し込みはHP http://www.ciie.jpからお願いいたします。

高校生以上のどなたでもご参加になれます。

なお、「コミュニケーション広場11」は6月23日(日)、「コミュニケーション広場12」は7月14日(日)に同じ時間・会場の予定です。
詳細はHPにてご確認ください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************






mozart1301 at 05:00|PermalinkComments(0)

2019年04月01日

定年後のコミュニティへの参加

本日の担当は北村和夫です

会社を定年退職して早や15年が経過しました。

退職後の20年以上をどのように過ごすのか、どこに自分の拠り所を見つけるのかといったテーマを退職時に真剣に考えたが、「人が生きてゆくためにはコミュニティが重要だ」とか「仕事以外に何らかのコミュニティに参加すべき」とか今でもこの種の主張が沢山出てくる。

昔は共同体としてのコミュニティは、必ずしも美しいものではなく、かっての農村社会のように長きに渡り個人を束縛し、異質のものを排除する「隣組」と呼ばれる相互監視のシステムとして機能した。
しかし、阪神淡路の震災、東日本大震災を期に日本全体が喪失感を共有するなか、「絆」「つながり」の重要性が再認識された。

一方私も今になって、会社は従業員にとって「理念」「ミッション」「仲間意識」「協働意識」を共有していると、認識できるコミュニティとして存在していたと気がつくが、数年以内に私が住んでいる湘南地区も巻き込まれる大地震が来ることが確実視され、避難訓練も周りのおじさん達と熱心に取り組み、今や町会の役員も引き受け自分自身のコミュニティの醸造に熱心に取り組んでいる。

わが国では2025年あと6年であるが、670万人を超える団塊の世代が全て75歳の後期高齢者となり、一人暮らし高齢者は増え続け、また高齢者の5人に一人が認知症になるという試算もあり、明らかに介護や福祉サービスへのニーズが高まる。たとえば介護の現場で働く者は、現在の約180万人から、2025年には約253万人が必要になると試算されているが、少子化による労働人口の減少で、支える人材不足が始まっている。

このような背景から我々はどのように、コミュニティを捉え、どう向き合ったらよいのだろうか?
私は好きなこと、心が満たされえることを前提に、第一歩が踏み出せれば一番良いと考えている。
趣味、同窓会、生涯学習、地域貢献、アルバイトなど、人の輪に参加するのもよし、一人で好きなことをするのもよし、「自分が社会の一部として存在しているという認識」や「つながっていると感じる気持ち」を持てれば良いのでは。












mozart1301 at 05:00|PermalinkComments(0)

2019年03月04日

葬儀も個性豊かに


 

本日の担当は北村和夫です。

 

今年に入ってから僅か1ヶ月半で、私が住むテラスハウスの住人13軒の内3軒で所帯主または奥様が亡くなった。

 

明るい奥様であるAさんは、ひまわりの花が大好きで、ご主人は季節外のひまわりの花を葬儀の祭壇に集めるのに苦労したそうで、ごく普通のセレモニーホールで、僧侶の読経のもとに行われた。

 

聖路加病院の医者で先日亡くなった日野原先生が建てたホスピスに、数日前から入院されていたが、その昔友人がボランティアで働いていたことがあり、家内と見学に行ったことがあるが、入院希望者が多いのでエイズとガンの患者だけを受け入れているそうだ。

 

まだ60歳の若さでAさんと同じすい臓ガンで亡くなったBさん、近くのセレモニーホールでの葬儀ではあったが宗教色は全くなく、最初から終わりまでBさんが最も愛したマーラーの交響曲が流れ、花を一輪づつ手向けただけで、僧侶の姿はなし。

しかし、マーラーの交響曲の荘厳な雰囲気で葬儀は進み、未だ現役であったため、勤めていた会社関係の男性の出席者が多く、技術屋のBさんらしく技術的な功績が司会者から紹介され、正に会社のために一生を捧げたBさんらしい葬儀であった。

 

よき時代の時代劇の映画の監督であったCさんの葬儀は行われなかった。

奥様より各戸に文書が配布され、Cさんの強い希望でモーツアルトの全曲を亡くなる数日前から自宅の寝室で聞き始め、「全曲は聴くには時間が足らないだろう」と言っておられたようだが、「レクイエム」を最後に息を引き取られたようで、遺言により遺灰は相模湾に散骨され、香典の類は貧しい子供たちへの寄付

されたようである。

 

僅か一ヶ月半の間に個性豊かな葬儀を経験したが、私も今年80歳になるし、

色々な病気持ちだし、この三人の葬儀の様式を経験し、そろそろ自分の葬式も考えなければと思うこのごろである。

しかし、自分勝手に言わせていただければ、Cさんの形式が良いな、と考えるが、オリンピックも見たいし、エンジェルスの大谷君の活躍も見たいし、未だ行っていない世界の美術館も、あと三箇所あるし、楽しかったウィーンへも行ってモーツアルトも聞きたいし、神様!もう少しだけで結構ですので、生かせていただけますか!

 

 好評をいただいている『コミュニケーション広場8』開催のご案内です。

◆2019年3月24日(日)開催◆
『コミュニケーション広場8』

私たちは、人との対話や読書を通して、自分が出合ったことのないような言葉やお話に巡り合うことがあります。
そしてそれらは、自分の今と将来に良い影響や変化をもたらすことがあります。
今回は、きっとみなさんのお役に立つであろう、そんな言葉やお話を用意してお待ちしています。
また、参加されるみなさんの、感動したり大事にしている言葉やお話のご披露も歓迎です。
一緒に楽しくお話しいたしましょう。
みなさんが持ってきてくださるコミュニケーションについての話題も時間の許すかぎり取り上げたいと思います。
お申し込みの際に、その話題も一緒にお聞かせください。

開催日:2019年3月24日(日)10:00〜12:00(受付9:45〜)
テーマ:【これって、みなさんのお役に立つような言葉、お話では?】
会 場:東京ウィメンズプラザ(渋谷・表参道)
参加費:2,000 円(学生は1000円)(定員20名)
問い合わせ:HPのお問い合わせフォームより(担当:川本)
詳細・お申し込みはHP http://www.ciie.jpからお願いいたします。

高校生以上のどなたでもご参加になれます。

なお、「コミュニケーション広場9」は4月14日(日)、「コミュニケーション広場10」は5月26日(日)に同じ時間・会場の予定です。
詳細はHPにてご確認ください。



*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************



mozart1301 at 05:00|PermalinkComments(0)

2019年01月28日

個人の能力か、システムの能力か?

本日の担当は北村和夫です

 

阪神・淡路大地震の際、避難所に行ったあるボランティアの方の本を読んだ。

 

毎日大量に届く救援物資を仕分けし、種類と数量を完全に把握し、被災者に配る量を即座に計算し、不足が予想される物資を他のボランティアに告げ、補給を指示し、その正確無比な活躍を見て、いつしか「歩くコンピュータ」とあだ名されるようになった。

しかし、激務がたたって、10日ほどでぶっ倒れてしまった。

かりにこの人をAさんと呼ぶことにする。

 

Aさんの物資担当を引き受けたのは、同じ年齢だけど、若くして建設業を継いだBさんは

高卒の青年。Aさんは有名な国立大学卒である。

Bさん「とても前任者のマネは出来ません。僕なりのやり方に変えさせてもらっていいですか?」もちろん、「歩くコンピュータ」のマネができる人間なんかいないので、だれも異を唱えなかった。

 

Bさんは物資を種類ごとの「島」に分けた。インスタントラーメンの島、ミネラルウオータ

の島、使い捨てカイロの島、その島が低ければ「あ、調達しなきゃ」というのが一目瞭然。

物資の仕分けも簡単で、それぞれの「島」に積めばよいだけ。物資の種類の量も、ザックリとだが、誰の目にも分かりやすくなった。

 

「歩くコンピュータ」が健康を回復し、再び救援物資の管理をしようとしたら、その必要もなくなっていた。皆が誰の指示を仰ぐことなく、自主的に仕分けし、調達してくるようになっていたからだ。

 

この本の著者が「思えば、このときの経験が「指示待ち人間」はなぜ生まれてしまうのか?

を考えるきっかけになったと。

 

Aさんは間違いなく優秀だった。

ただ、彼一人が辣腕を振るう中で、周囲は皆「指示待ち人間」になったのも確かだった。

Bさんは、やり方をガラリと変えた。

だから、物資調達役のボランティアは、低い島の物資を調達してくればよかった。物資を仕分けする担当者も「島」を眺めて、似ている物資の島に置けばよいだけ。自立的、自主的にボランティアたちが活動できるようになった。指示を待つ必要もなく、皆、自分の頭で考えて、動くようになったのだ。

 

学力という意味では「歩くコンピュータ」のAさんの方がはるかに上だったろう。

記憶力、論理能力、計算能力、等「お勉強」の方は、誰よりも卓越していた。

しかし、特別な能力がなくても皆が自主的に判断することができ、自主的に活動し、集団がトータルとして活性化した知恵者は、Bさんの方だった。

 

個人の能力が優れているよりも、システムとして優れていることの方が大事なのかもしれない。一人の能力が輝く一方で、他の人達が指示待ちになってしまう仕組みより、誰もが自主的自立的に能力を発揮する仕組みの方がすぐれているのかもしれない。

 

最近、トップダウンという言葉を良く聞く。日本の政治もそのようになってきたと

私は思う。はやり言葉に「忖度」(そんたくー他人の心をおしはかる)という表現が新聞に踊っている。自分の意見を言わず忖度が強くなれば、この日本も確実に弱体化してゆくであろう。

 

 

 



mozart1301 at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年12月24日

坊やのお陰


 

クリスマスイブの今日の担当は北村和夫です

 

私は毎月持病の診察に田園都市線の駒沢大学駅に出かけています。

先月の通院の帰りに乗り変えた小田急線が、相互乗り入れをしている地下鉄の故障で間引き運転されて到着した急行電車は、ものすごく混んでいました。

 

この相互乗り入れというシステムは、途中乗換えしないで便利ですよと、盛んに鉄道会社は宣伝しているが、利用者にとって便利なのは順調に運行されている時のみで、ひとたびどこかで故障すると、とんでもない事態になる。

 

全く関係ない場所でのトラブルも、相互乗り入れなるが故に関係する全ての駅に影響がある。私が良く利用する東海道線は高崎線と相互乗り入れをしているため、群馬県の全く知らない場所でのトラブルが、関係する全部の駅に影響するのである。

また、東海道線はもともと15両の電車で、高崎線は10両であるが、相互乗り入れのために長さが異なる電車が不規則にくるため、電車が来るたびにホームをうろうろしている。

 

当日は病院近くの薬やで沢山もらった薬をぶら下げ、電車に乗ろうと思ったが、相互乗り入れの関係で、大幅に遅れるとのアナウンスがあり、超満員電車は年寄りには酷なので、次を待とうと思った。

 

しかし、来た電車に乗らないと次の電車は30分後とのアナウンス。

どうしようかと考えたが、超満員電車は20年間乗っていないので、怪我でもしたら損だなと思ったが、列の後ろの人に押され体が勝手に突撃体制となり、体が勝手に電車に突進した。

 

電車の中は想像通り物凄い混み方で、足が地に着かず、あちこちで悲鳴が上がっており

まさに修羅場であった。ところが、ところがである。旧約聖書に出てくるモーゼの十戒のように私の前に空間と空席が現れたのである。

私は周りに年寄り(私も年寄りであるが元気なので)が居ないか?子供は居ないか?と探したが、見つからずそのまま座ってしまった。一寸心苦しかったが。

 

しばらくして、回りの混雑に目が慣れてきたか、大人たちの足の間から小さい男の子が見えた。連れとは離れてしまったようだ。しかし、ほっておくと危ないと思いとっさに「僕

いらっしゃい!」と手を伸ばすと、こちらに歩いてきた。

顔が見えるように抱っこすると、2歳ぐらいの男の子で活発そうな坊やだ。

「僕、いくつかな?お名前は?」といろいろ聞いてみたが、応えてくれなかった。

私には孫は居ないので、抱いていてどうすれば良いのか分からず、そのまま抱っこを継続。

坊やはじっと私の顔を見ている。私が笑い掛けてもノーレスポンスである。

 

ところが、いきなり私のヒゲを触り始めた。昔、電車の中で子供にサンタクロースと間違われたことはあるが。鼻の下のヒゲに続いてアゴのヒゲ、ここは結構濃いので手が痛いのではないかと心配した。そして、今度は引っ張り始めた。そこで周りの人たちが笑い始め、

坊やは私の顔を見ながら、興味深げにせっせと引っ張っている。

この坊やの行動で周りの大人たちは、笑いに包まれ超満員の電車の中は皆さんの笑顔が、終点の藤沢まで続いていた。

 

終点で「どうもすみません」と言ってお父さんが現れた。女の子を抱いていたので坊やの妹なんでしょう。「坊やのお蔭様で満員電車の中でも、皆さんが笑顔で我慢できました。坊やのおかげです」とお父さんにお礼を言って、すがすがしい気分で坊やにバイバイしました。

 

 

 

 



mozart1301 at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年11月19日

面接練習

本日の担当は北村和夫です。

 

先月、埼玉県の私立高校へ大学への推薦&AO入試の面接の練習に、面接官として行ってきました。

人間の能力をたった一つの尺度ではかるのは間違っている、と長い間、言われ続けてきました。

小学校から始まって、どの学校段階も例外ではなかったのですが、その象徴が学科試験の点数という、「たった一つの尺度」で評価を下す大学入試のスタイルでした。

 

その様相は激変しました。今や選抜方法の主流にもなろうとしている面接試験重視の公募制推薦入試やAO入試などには、極端にいえば、面接官の個性の数だけ(一応、基準の観点はあるが)評価の尺度があるとも言える。

 

また、「落とすこと」を主目的にしていた学科試験にたいして、面接試験には「多様な能力や可能性を持った人を見つけよう」という目的があります。

面接官は大変であるが、受験生たちにとっては良いことだと、私は思う。

 

面接ではまず、調査書や志望動機書(エントリーシート)に書かれた受験生のプロフィールと実物とを「照合」します。良いことばかり書いても、ここで見破られます。

さらに、「大学で学ぶ」という姿勢を受験生が備えているかどうかを入念にチェックするのも面接の重要な目的です。

目的意識、社会的関心、知的好奇心、意欲など総合的に判断します。

従って、質問に対する答えの内容だけでなく、態度や言葉づかい、受験生から溢れる情熱も評価の対象になります。

 

私は企業で入社試験を担当したことがあり、全く同じような目的で大学四年生を面接をした経験がありますが、入社後の成績とのマッチングもされ、我々の面接の評価もされたようでした。

 

面接練習では三年生の男子、女子二人計四人を担当しましましたが、男子生徒の二人は

相当面接の練習をしてきたようで、それなりに一生懸命答えてくれましたが、面接の応答の仕方に大分関心があり、大学に対する知的好奇心や意欲はいまいちでしたので、その旨指摘しておきました。

 

女子生徒二人は面接という感じではなく、ごく自然な会話が出来ました。

最初の学生は「カノン」さんというお名前で、当然名前の会話から始まりましたが、

400年ぐらい前にバッヘルベルが作曲した「カノン」は、大変有名な音楽ですが、私たちが昔音楽の時間に習った声楽の「輪唱」という同じメロディを、時間差で歌う形式と似ている音楽で、その学生にこれからの人生、貴女の名前が会話の話題になることが沢山あると思われるので、カノンにつての知識をもっと豊富にしておくといいのかな、とアドバイスしておきました。

 

最後の女子学生は、管理栄養士の資格を大学でとりたいとし、その理由、意欲、面接での会話は完璧でした。

管理栄養士の資格は、学校給食を担当するのに必須の資格でしたが、昨今の健康ブームで

病院での管理栄養士のニーズが一層高まり、将来引っ張りだこが予想される状況から、

自信を持って勉強されることをお話しておきました。

 

 

お待たせしました!
『コミュニケーション広場5』開催のご案内です。

◆11月25日(日)開催◆
『コミュニケーション広場5』

「子どもとの会話がもっとスムーズにできるようになりたい」
「苦手な人とも気兼ねなく、会話がはずむようになりたい」
「人と関わる時、もっと気楽に、スッキリできないかなあ」
最近、出会う人たちからこんな声を聞くことが以前より増えています。
あなた自身は、人との関わり方やコミュニケーションについて、うまくいっていると感じていますか?

「コミュニケーション広場」は、集まった人と一緒に創っていく体験と学びの空間です。
毎回のプログラムはコーチングなどのコミュニケーションスキルや、実際に会話をしながら体験的に関わり方のコツを身に付けられる内容で構成されています。
参加されるみなさんの「こんなことがあった・・」「こんな時はどうするの?」という具体的な課題をもとに、人との関わり方や伝え方についても深め、学んでいく時間を毎回設定する予定です。

開催日:2018年11月25日(日)10:00〜12:00(受付9:45〜)
第5回のプログラム:第5回は午前のみのプログラムです。
【1】「初対面の人とすぐに打ち解けられる人は、何をしているか?」
私、初対面の人とはなかなか話ができないんです。という方がいます。
一方で、誰ともすぐ話が弾むという人も。その違いはどこから生まれてくるのでしょうか。

【2】「子育て 男親と女親の視点の違い」
子育てについて夫婦で話し合うとき、お互いの考え方や接し方でどうも違いがあるなあと感じる。
男親と女親では、何かとらえ方に違いがあるのでしょうか?

会場:東京ウィメンズプラザ
参加費:2,000 円(学生は1000円)(定員20名)
問い合わせ:HPのお問い合わせフォームより(担当:川本)

詳細・お申し込みはHP http://www.ciie.jpからお願いいたします。
高校生以上のどなたでもご参加になれます。

紅葉の表参道に来てみませんか?
きっと、素敵な時間になると思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************




mozart1301 at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年10月18日

大活躍して今年のシーズンも終了ー大谷翔平選手

 

本日の担当は北村和夫です。

 

アメリカのプロ野球の大リーグもそろそろ終わりに近づき、現在も優勝を争う試合が続いているが、今年大リーグにルーキーとしてアメリカに渡った大谷君は、右腕の靭帯(じんたい)を2度も損傷したため、投手としては僅か10試合に登場して、4勝2敗、打者としては怪我の影響は投手ほどではなく、本塁打22本、打点61、打率2割8分5厘と見事な成績を残した。

 

最終の試合を終えた翌日、投手として重要な右腕の靭帯再生手術を受けた。

投手としては来年の出場は難しいが、打者としては途中出場は可能らしい。

独身の現在、母親が岩手県の花巻市から駆けつけ、手術後の彼をサポートしているようだ。

 

所属するアナハイム(アメリカのロスアンぜルス郊外60キロの距離にある町)エンジェルスの打撃コーチとマスコミの記者との対談で、大谷君に対する評価が載っていたので、彼のアメリカにおける才能をどう評価されていたかを紹介したい。

 

記者―チームは残念な結果(ビリから2番目)でしたが、大谷の1年目は、間近で見ていてどうでしたか?

 

コーチー彼がやってきたことを振り返ってみると、彼は本当に誇らしい、彼が相手に与えたダメージ、出塁率、ストライクゾーンを支配するし、実に才能溢れる打者なんだ。

彼との毎日の練習も楽しいし、彼の成長を見届けるのも意義深かった。

彼が投げかけてくる質問、もっと知りたいという欲求、そういうのを全部ひっくるめて、

本当に才能があるよ。

 

記者―どんな質問をしてくるんですか?

 

コーチー相手投手について、チームが持っている情報全てを知りたがるんだ。あらゆる確率、カウント、投球内容、それに加えて自分の技術についても、しっかりボールの上をキープしているか?足を下げるスピードは十分か?とか彼は本当に頭の良いバッターで、群を抜いている。

 

記者―彼はチームの中でどんな存在か?

コーチー彼の野球IQは天井を越えている。本当に賢い。常に投手の傾向を確認し、彼らの特徴から大谷対策など。僕が知る誰よりもビデオを研究する、ウルトラ準備力の高い選手。

それは投打どちらもだから、チームにとっても本当に存在は大きい。

 

記者―春に出会ってから今に至るまで、彼に対して感じるものは何か?

 

コーチー彼はルーキーだったんだってことを、皆分かってほしいよ。大リーグの新人は誰にとっても大変なもので、それを彼は素晴らしい対応で過ごし、大きく前進したよ。

 

以上が対談の一部ですが、どんなに才能があっても賢くなければ、超一流にはなれませんよね。大谷君は若いのに(現在24歳)自分のすべきことが分かっているのは凄い。

体格、運動能力、精神力、適応力に恵まれているとよく言われるが、彼の最大の能力は努力する才能だと私は思います。

 

持って生まれたものの上に、あぐらをかいているわけでもありません。

トレーニング、対戦相手の研究も練習も、全て世界一位の選手になるという夢を実現するため、特別扱いと思われる状態でも、日本でもアメリカでもチームメイトから、ねたみややっかみの声が聞こえてこないのは、彼がそんな懸命に努力する姿を、まのあたりにしているからでしょう。

 

 

 ***************************************************************************************
パワハラ、セクハラが話題になる現状で、女性はたくさんの役割をがんばっています。
もちろん、男性もです。しかし、なぜ、お互いの思いがうまく伝わらないのでしょうか?

あなたは、「まいにち まいにち 気持ちがうまく伝わらない」と感じていませんか?
自分の気持ちをしっかりと相手に伝える「さわやかな自己主張ができたらいいな」と思いませんか?

  「相手に気を使いすぎてしまう」
  「どうしても苦手な相手がいる」
  「上司や後輩に意見を言えない」
  「思っていることを口に出せない」・・・。

 夫婦間、親子間、職場の同僚や上司間、ママ友や友人間で、コミュニケーションに困っている方がいます。
 また、自分の気持ちをうまく伝えられない、伝え方がわからない、というストレスをお持ちの方もたくさんいます。

そこで、こんな ワークショップ を開催します。

「言いたいことを上手に伝えて毎日をイキイキさせよう!
 〜自分も相手も大切にするさわやかな自己主張〜 」

さわやかな自己主張で人間関係を好転させたいあなたを、強力に応援します!

今回は、平成30年度・東京ウィメンズプラザフォーラム・参加事業、
また、コミュニケーション広場4 としての実施です。
高校生以上の方ならどなたもご参加になれます。

★今回のプログラムは、あなたの自己表現を振り返ることに役立つ内容です。     
1.コミュニケーションがうまくいかない理由を知る 
2.あなたの「自己表現タイプ」をチェックしよう 
3.あなた特有の「思い込み」を知って改善する 
4.さぁ、練習しましょう!

☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆

開催日時:2018年10月28日(日)14時〜16時(受付13時40分〜)
定  員:40名(定員になり次第しめきりますのでHPでご確認ください)子ども不可
申し込み:共育コーチング研究会HPより申し込んでください
     → http://www.ciie.jp/     
参 加 費:500円 (当日受付でお支払いください)
会  場:東京ウィメンズプラザ 視聴覚室B

*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************



mozart1301 at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年09月24日

インバウンド


本日の担当は北村和夫です

 

研究会の部会も電話での会議が多くなり、大磯の田舎から都心に出かける回数もめっきり少なくなった。

昔は部会以外にも都心での用事が多かったが、今年の夏の暑さで出かけるのが億劫になったのに加え、都心の混雑が酷いからだ。

都心のビルは冷房をギンギンにしており、電車内の寒さ→電車を降りてからの暑さ→ビル内の寒さ→再び道路での暑さ→再び電車での寒さで、これでは体調の維持は難しい。

 

都心に出かける回数が少なくなった理由の一つに、電車が混んでいるのと都心の人混みが

酷いからである。最近特に目立つのが外国人の数である。

昨年の統計によると、日本への外国人訪問者数(いわゆるインバウンド)は約2千8百70万人で、世界の12位でアジアでは6位である。

 

ちなみに世界一位は、フランスの8千2百80万、二位はスペインの8千百80万で、日本の人口は1億2千7百万、フランスは6千万ですので、人口に対するインバウンド数はフランスは1.363人日本は0.226人である。

つまり日本は人口の5分1程度の外国人が来日し、フランスは人口の1.36倍の外国人が来た勘定になります。

 

私は都心でも渋谷に行く機会が多いのですが、渋谷に行くと必ず寄るところがあります。

渋谷のデパ地下での立ち食いのアイスクリーム屋です。

ここはデパ地下で売っている食料品何でも直ぐ食べられるコーナー、先日私が買ったアイスクリームを食べていると、隣で外国人男性がたこ焼きをおいしそうに食べていました。

 

私が「おいしい?」と聞くと「デリシャス(うまい)」「どこでこの場所を知ったの?」

「カナダで買った東京のガイドブック」。

そういえば、サルが温泉に入っている写真を週刊誌のグラビアで見たことがあるが、

そこに行くには雪道を20分歩く必要があるが、沢山の外国人が隊列を組んで雪道を歩いている写真があった。これだけインバウンドが増えると彼らの訪問地もいつまでも、

京都・奈良ではなく、日本中に広がるのでしょう。

 

先日、出雲大社で会った外国人女性五人組、日本式に手をパチンと叩き、頭を垂れ参拝し、

乗り合いバスで出雲駅に出て、駅のそば屋で盛りそばを上手に食べていた。

東北で会った中国人のグループは、奥入瀬渓流を歩きながら、「コンニチハ」と、日本の挨拶をして通り過ぎていったが、私は「ニイハオ」と返した。

 

私は昨今のインバウンドの急激な伸びは、まだまだ増えると思うがわれわれの「おもてなし文化」の方はどうだろうか?

小学生からの英語教育、民宿の拡大などなど、インバウンドの受け入れ態勢は、はじまったばかりである。

 

 

 

***************************************************************************************
パワハラ、セクハラが話題になる現状で、女性はたくさんの役割をがんばっています。
もちろん、男性もです。しかし、なぜ、お互いの思いがうまく伝わらないのでしょうか?

あなたは、「まいにち まいにち 気持ちがうまく伝わらない」と感じていませんか?
自分の気持ちをしっかりと相手に伝える「さわやかな自己主張ができたらいいな」と思いませんか?

  「相手に気を使いすぎてしまう」
  「どうしても苦手な相手がいる」
  「上司や後輩に意見を言えない」
  「思っていることを口に出せない」・・・。

 夫婦間、親子間、職場の同僚や上司間、ママ友や友人間で、

  コミュニケーションに困っている方がいます。
 また、自分の気持ちをうまく伝えられない、伝え方がわからない、

  というストレスをお持ちの方もたくさんいます。


そこで、こんな ワークショップ を開催します。

「言いたいことを上手に伝えて毎日をイキイキさせよう!
    〜自分も相手も大切にするさわやかな自己主張〜 」

さわやかな自己主張で人間関係を好転させたいあなたを、強力に応援します!

今回は、平成30年度・東京ウィメンズプラザフォーラム・参加事業、
また、コミュニケーション広場4 としての実施です。
高校生以上の方ならどなたもご参加になれます。

★今回のプログラムは、あなたの自己表現を振り返ることに役立つ内容です。     
1.コミュニケーションがうまくいかない理由を知る 
2.あなたの「自己表現タイプ」をチェックしよう 
3.あなた特有の「思い込み」を知って改善する 
4.さぁ、練習しましょう!

☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆

開催日時:2018年10月28日(日)14時〜16時(受付13時40分〜)
定  員:40名(定員になり次第しめきりますのでHPでご確認ください)子ども不可
申し込み:共育コーチング研究会HPより申し込んでください
     → http://www.ciie.jp/     
参 加 費:500円 (当日受付でお支払いください)
会  場:東京ウィメンズプラザ 視聴覚室B

*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************



mozart1301 at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年08月27日

再来年から小学校でプログラミングの授業知っていました?

 

本日の担当は北村和夫です。

 

2020年度から小学校でプログラミング教育が必修になるらしい。

これを皮切りに、この先、小中高生にコンピュータ教育が大きく変わろうとしている。

背景にあるのは、諸外国に比べ、後れを取る日本のコンピュータ教育の現状と政府の危機感だ。

パソコンメーカー、ハードウエア・ソフトウエアベンダーなど、業界も同じで矢継ぎ早に施策を打っているようである。

 

なぜ、急ぐのか?

諸外国(アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、スエ−デンなど)における中学生(13歳―15歳)のパソコン所有率が6〜7割であるのに比べ、日本は22.1%と極端に低い。

おそらくスマートフォンやタブレットの普及により、最近はパソコンが使えないまま社会に出る学生が増えており、それを裏付けた格好だ。

 

新学習指導要領では、2020年度から小学校でプログラミング教育が必修となり、中学校では2021年度から、高校では2022年度からパソコンを活用した情報教育強化が

決定し、さらに2024年度の大学入試からは、コンピュータを利用した試験方法(CBT方式)の導入が検討されている。

 

ただし、子を持つ親の反応はまだ全体に鈍く、政府との温度差は大きい。

小中高校生の親に尋ねた調査では、2020年度からの新学習指導要領により、小学校でプログラミング教育が必修化することを知らない親は43.9%、中学校の2021年度から、高校では2022年度から、パソコンを活用した情報教育が強化されることを知らない親は59.5%に上がる。

また、たとえパソコンスキルが必要という意識があったとしても、「家庭内ではどう取り込めばよいのか分からない」という親も多いのではないか。

 

私の心配は親側よりも先生のほうである。大人の世界ではパソコン技術者が担当するのであるが、子供たちへの教育はパソコン技術者にできるであろうか?

私は教えるのに必要なのは技術者ではなく、子供に教える技術を持っている先生であろうと思う。

小学生に対する英語教育についての論議の際、発音が大切だということで外国人が大量に採用された経緯と比べ、パソコンのプログラムの教育はその基礎が学べるツールを

を使い、小学生用のイラスト満載の「楽しいプログラミング」などと称するものを作成し、まず先生方が日ごろの子供に教える技術を使って、「楽しいプログラミング」に応用するのが肝(きも)のように私は思う。

あくまで先生中心の楽しい授業が必要である。

 

小学校での授業開始に伴い、パソコンが一人に一台当然必要になるが、子供用の新しいキーボードが必要であるが、パソコンメーカーにとっては、非常に大きな商売になる機会である。メーカーも安価なパソコンを作成するのは、当然の義務であろう。

 

私個人的には、今回の改革はスマートフォンに押され続けているパソコンメーカーが、

最後の試みとして政府に働きかけた施策ではないのか、とも思っている。

授業に取り入れられれば、自然に家庭にも、塾・予備校にも大量にパソコンが設置される時代が来て、日本中パソコンだらけ(?)になるのではないだろうか?

現在のパソコンの低い所有率など気にすることはない。

 


お待たせしました!
『コミュニケーション広場3』開催のご案内です。

◆9月16日(日)開催◆
『コミュニケーション広場3』

「コミュニケーション広場」は、集まった人と一緒に創っていく学びの空間。
毎回のプログラムはコーチングなどのコミュニケーションスキルや、実際に会話をしながら体験的に関わり方のコツを身に付けられる内容で構成されています。
参加されるみなさんの「こんなことがあった・・」「こんな時はどうするの?」という具体的な課題をもとに、人との関わり方や繋がりについても深め、学んでいきます。

開催日:2018年9月16日(日)10:00〜12:00(受付9:45〜)
第3回のプログラム:第3回は午前のみのプログラムです。

【1】「違う年代の人とうまく話せコツ」
自分より年上の方と話すとき、あるいは、若い方との会話で、あなたはうまくコミュニケーションできていますか?
今回は、自分と違う年代の方との上手な会話について、一緒に話しながらアイデアを共有しましょう。
【2】「体験、グループコーチング」
参加される方自身の達成したい、解決したいテーマについてグループコーチングをします。
あなたは、相談者であると同時にコーチ役!
さぁ、一緒に楽しみましょう

会場:東京ウィメンズプラザ
参加費:2,000 円(学生は1000円)(定員20名)
問い合わせ:HPのお問い合わせフォームより(担当:川本)

詳細・お申し込みはHP http://www.ciie.jpからお願いいたします。
高校生以上のどなたでもご参加になれます。あなたのご参加をお待ちしています。

*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************




mozart1301 at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年07月30日

30年で様変わり理想の夫婦像

 

今日の担当は北村和夫です。

 

広告代理店の博報堂が、1988年から2018年まで10年おき4時点で、家族にまつわる定点「家族調査」を行っており、首都40km圏在住の妻の年齢が20歳〜59歳のサラリーマン対象にさまざまなことを聴取した。

 

このたび、家庭の夫婦についての結果が手に入ったのでお知らせしたい。

昨年は子供を中心とした家族について、このコラムで「子供が尊敬するのは父より母」と

書いたが、今回は「30年で様変わり理想の夫婦像」である。

 

まず、夫婦それぞれに「理想の夫婦像」がどんなものか、それに対して「現実の夫婦像」はどんな具合か、「亭主関白」「友達夫婦」「カカア天下」の三つから選んでもらいました。

 

夫側では、30年間で思い描く理想像が大分変化しているようです。

1988年には過半数が理想として掲げていた「亭主関白」が10年経過するごとにスコアを落とし、2018年には18%ほどに縮小。一方では「友達夫婦」は、1988年の

39%からぐんぐんとスコアを伸ばし、直近では65%を占めるに至っています。

また「カカア天下」は「友達夫婦」ほどではありませんが、経年でじわりじわりと上昇。

 妻側の理想はどうでしょうか。こちらは夫の理想と打って変わって30年間あまり変化がありません。「友達夫婦」が8割前後でずっとトップを保っています。妻たちは夫婦どちらが主従ということではなく、フラットな関係を志向

しつづけている様子がうかがえます。

 

さらに、「現実の夫婦像」も併せて見てみましょう。妻たちが30年前から理想としていた

「友達夫婦」というフラットな関係に、夫側の理想も、そして実際の夫婦の在り方も収斂しています、そんな状況が生じているようです。これは妻側からすれば、社会全体として好ましい方向に向かっているとも言えそうです。

 

このように変化が生じている背景には、いったいどんなことが考えられるのでしょうか?

明らかに関係ありそうな要素としては、30年間で共稼ぎ世帯が増加し、女性の社会進出がかなり進んだことが挙げられるでしょう。

国の統計によれば、1980年に1114万世帯だった専業主婦世帯は直近2017年には641世帯に減少している一方で、共働き世帯は1980年の614万世帯から2017年は1188万世帯まで増加。1990年代に専業主婦世帯と件数が逆転して以降、

経済的な厳しさもあって、今日に至るまで一貫して増加を続けています。

 

また、彼女らが手にする収入も「家計の足しに」というレベルから、徐々に夫と同等なものへと近づきつつあります。

女性の賃金は1998年では男性の賃金の64%でしたが、直近2017年には73%まで上昇し、夫婦共に高い年収を稼ぎ出す「パワーカップル」という言葉も生まれました。

家庭内の決定権は30年間で妻にシフト

 

妻が働きに出ることの決定権は

・夫 1988年 49%→2018年 20%

・妻 1988年 44%→2018年 77%

 

子供の名前の決定権は

・夫 1988年 72%→2018年 47%

・妻 1988年  8%→2018年 31%

 

親と同居することの決定権は

・夫 1988年 59%→2018年 44%

・妻 1988年  9%→2018年 28%

 

妻の友人・知人を家に招くことの決定権は

・夫 1988年 21%→2018年 10%

・妻 1988年 71%→2018年 82%

 

夫の友人・知人と家に招くことの決定権は

・夫 1988年 78%→2018年 48%

・妻 1988年 15%→2018年 43%

 

「決定権が妻にある」事項がこの30年間右肩上がりに伸び続けています。

                           以上



お待たせしました!
新講座、『コミュニケーション広場』のご案内です。
夏休みに、新しい学びをはじめてみませんか?

◆7月29日(日)開催
『コミュニケーション広場1』

「コミュニケーション広場」は、
集まった人と一緒に創っていく学びの空間。
毎回のプログラムはコーチングなどの
コミュニケーションスキルや、
実際に会話をしながら体験的に関わり方の
コツを身に付けられる内容で構成されています。
参加されるみなさんの「こんなことがあった・・」
「こんな時はどうするの?」という具体的な課題をもとに、
人との関わり方や繋がりについても深め、学んでいきます。

開催日:2018年7月29日(日)10:00〜16:00(受付9:45〜)
第1回のプログラム:
午前中:「最近、あなたのコミュニケーションは
うまくいっていますか?
コミュニケーションの課題を具体的に深めていきます。
午後:「自分のコミュニケーションスタイル、わかりますか?」
自分のコミュニケーションの特性を理解し、
相手との関わり方を考えます。
ともにロールプレイなどで体験的に学んでいきます。
会場:東京ウィメンズプラザ
参加費:3,000 円(学生は1500円)(定員20名)
※午前のみ、午後のみの参加も可能です
問い合わせ:HPのお問い合わせフォームより(担当:柳原)

詳細・お申し込みはHP http://www.ciie.jpからお願いいたします。
高校生以上のどなたでもご参加になれます。あなたのご参加をお待ちしています。


↓こちらも受付中です。
コーチング初めての方は、ぜひコミュニケーション広場1とあわせてご参加ください。
◆8月11日(土・祝日)開催
教師のためのコーチング講座
『パーソナル・ファウンデーション
   〜自己基盤を整える(基礎編)〜』

コーチングの基本スキルを学んでいる先生向けに、
パーソナル・ファウンデーション(自己基盤)の理解を深め、
実践するためのヒントを持ち帰っていただく体験型のセミナーです。
普段の教育活動やコーチングの中に
パーソナル・ファウンデーション(自己基盤)
の視点を取り入れることに興味関心がある先生におススメです。

開催日:2018年8月11日(土・祝日)10:00〜16:00
内 容:
(1) パーソナル・ファウンデーションの理解(講義+ワークショップ)
(2) ワールドカフェ(形式)による意見交換
(3) 実践にどう取り入れていくか(コーチング)
会 場:東京ウィメンズプラザ
対 象:教師および教育関係者でコーチングの基礎
(聴く・承認・質問程度)のセミナーを受講して、
教育現場で実践している方
※未履修の方は7月29日に開催予定のコミュニケーション広場1を
受講してからお申し込みください。
ご都合がつかない場合は事前にご相談ください。
参加費:3,000 円(定員24名)
問い合わせ:ciie.teacher@…(担当:山村)

詳細・お申し込みはHP http://www.ciie.jpからお願いいたします。

なお、どちらの講座もHPからチラシをダウンロードすることが出来ます。
どうぞお誘い合わせのうえ、お申し込みください。

*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@…
*********************



mozart1301 at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年07月02日

企業における身障者の受け入れ


 

本日の担当は北村和夫です

 

昔会社で本社が採用した身障者を、現場で受け入れる仕事をしていた時がありました。

日本の障害者は身体障害者、知的障害者、精神障害者の合計は国民全体の約6%で、その数は年々増加しています。

 

企業での障害者の法定雇用率も引き上げられており、私の時代は確か1。0%だったが、平成25年から2.0%に引き上げられました。

しかし、民間企業における障害者の雇用数は、毎年増えてはいるが、雇用率は1.82%であり、法定雇用率を達成した企業の割合は44.7%と、依然として半数に満たない。

 

企業において障害者雇用がなかなか進まない理由は、彼らは絶対に口に出して言わないが、

障害者を「戦力」ではなく「コスト」と見ている企業が多いと私は思う。

つまり、法定雇用率を達成するために、止む無く採用するのである。

そのため、採用しても仕事があまりなく、ただ机に座らせて給料を払っているだけのケースが多いと思われるので、しばらくすると仕事がないので面白くなく、退職していくのである。

 

私の知人の息子さんは身障者であるが、募集をする企業はごまんとあり、入社してみると仕事がなく、一人でポツンと机に座っていて、いたたまれなく退社を余儀なくされ、それの繰り返しとなっている。

 

先日、身障者の雇用についてのセミナーに行った際、こんな話を聞いた。

川崎にあるこの会社は、学校などで使われるチョークでは、日本でトップシェアを誇る会社であるが、全社員83名のうち61名が知的障害者で、しかもその半数はIQ50以下の重度の障害者らしい。

 

昔この会社に近くの養護学校の先生が来て、二人の障害者の少女を採用してほしいとの依頼をし、当時の担当役員が採用は無理だが、2週間だけ職場体験として受け入れることにした。

その二人の少女は、単純なシール貼りの作業であったが、毎日朝早くから来て、就業時間まで一心不乱に働いた。

体験が終る日の前日、十数人の社員に取り囲まれ、次のようなことを言われたという。

「あの子達をどうか正社員として採用して下さい。あの子達にできないことがあれば、私たち皆でカバーします」と。

二人の少女は、社員たちの心を動かすほど、本当に幸せそうな顔をして、一生懸命仕事をしたそうだ。皆の願いに応え、会社は二人を正社員として採用した。

 

会社の担当者(後のこの会社の社長)は、施設にいれば大事に面倒見てもらえるのに、なぜ彼らは毎日会社に来るのであろうか?と思い、知り合いの禅寺の住職に尋ねてみたところ、「そんなことと当たり前でしょう」として、人間の幸せは、「人に愛されること」「人に褒められること」「人の役に立つこと」「人に必要とされること」の四つです。

施設にいたら、「あなたがいないと困る」なんて言ってもらえないでしょう。

 

そして、会社であればこそ、「こんな大雨のなか来てくれて助かったよ」「昨日より沢山作ってくれてありがとう」などと言葉をかけられるのです。このことが人間として嬉しい、幸せだから、毎日会社に来るのです。会社は人間を幸せにしてあげられる場所なのです。

 

これを機に社長は一人でも多くの障害者に、働く場を提供できる会社としてがんばろうと

決意したのだという。

社長は知的障害の従業員には仕事熱心な人が多く、ひとたび仕事の手順を納得して覚えると、長時間にわたり高い集中力を保って仕事に打ち込むそうだ。

 

このため同社では、個々人の理解力の範囲内で、安心してできる作業を見極め、一人ひとりに合った作業工程を作り込み、作業工程に人を合わせるだけでなく、人に作業工程を合わせるのだそうだ。

 

これらの試行錯誤を通じて、知的障害者たちは、彼らの理解力の中で安心して作業ができるようにしてあげて、時々見て回って褒めてあげれば、より一生懸命にやってくれる人たちなのだ、と分かってきた。

 

社長は「何度言っても分からないのでさじを投げた、という話を聞くことがありますが、それは相手が悪いのではなく、相手が分かるように伝えていない、できるように段取りをしていない自分がわるいのです。」

「仕事ができないことを彼らの能力が足りないせいにせず、彼らの理解力で安心してできる仕事の与え方を考えることが、管理者の責任なのです」

 

身障者を「戦力」ではなく「コスト」と考える企業の管理者に聞かせたい言葉だ。

 


 お待たせしました!
新講座、『コミュニケーション広場』のご案内です。
夏休みに、新しい学びをはじめてみませんか?

◆7月29日(日)開催
『コミュニケーション広場1』

「コミュニケーション広場」は、
集まった人と一緒に創っていく学びの空間。
毎回のプログラムはコーチングなどの
コミュニケーションスキルや、
実際に会話をしながら体験的に関わり方の
コツを身に付けられる内容で構成されています。
参加されるみなさんの「こんなことがあった・・」
「こんな時はどうするの?」という具体的な課題をもとに、
人との関わり方や繋がりについても深め、学んでいきます。

開催日:2018年7月29日(日)10:00〜16:00(受付9:45〜)
第1回のプログラム:
午前中:「最近、あなたのコミュニケーションは
うまくいっていますか?
コミュニケーションの課題を具体的に深めていきます。
午後:「自分のコミュニケーションスタイル、わかりますか?」
自分のコミュニケーションの特性を理解し、
相手との関わり方を考えます。
ともにロールプレイなどで体験的に学んでいきます。
会場:東京ウィメンズプラザ
参加費:3,000 円(学生は1500円)(定員20名)
※午前のみ、午後のみの参加も可能です
問い合わせ:HPのお問い合わせフォームより(担当:柳原)

詳細・お申し込みはHP http://www.ciie.jpからお願いいたします。
高校生以上のどなたでもご参加になれます。あなたのご参加をお待ちしています。


↓こちらも受付中です。
コーチング初めての方は、ぜひコミュニケーション広場1とあわせてご参加ください。
◆8月11日(土・祝日)開催
教師のためのコーチング講座
『パーソナル・ファウンデーション
   〜自己基盤を整える(基礎編)〜』

コーチングの基本スキルを学んでいる先生向けに、
パーソナル・ファウンデーション(自己基盤)の理解を深め、
実践するためのヒントを持ち帰っていただく体験型のセミナーです。
普段の教育活動やコーチングの中に
パーソナル・ファウンデーション(自己基盤)
の視点を取り入れることに興味関心がある先生におススメです。

開催日:2018年8月11日(土・祝日)10:00〜16:00
内 容:
(1) パーソナル・ファウンデーションの理解(講義+ワークショップ)
(2) ワールドカフェ(形式)による意見交換
(3) 実践にどう取り入れていくか(コーチング)
会 場:東京ウィメンズプラザ
対 象:教師および教育関係者でコーチングの基礎
(聴く・承認・質問程度)のセミナーを受講して、
教育現場で実践している方
※未履修の方は7月29日に開催予定のコミュニケーション広場1を
受講してからお申し込みください。
ご都合がつかない場合は事前にご相談ください。
参加費:3,000 円(定員24名)
問い合わせ:ciie.teacher@…(担当:山村)

詳細・お申し込みはHP http://www.ciie.jpからお願いいたします。

なお、どちらの講座もHPからチラシをダウンロードすることが出来ます。
どうぞお誘い合わせのうえ、お申し込みください。

*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@…
*********************



mozart1301 at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年06月04日

「ただ一つの欠点はやさし過ぎる」二刀流の大谷くん

 

本日の担当は北村和夫です。

 

最近月曜日は朝5時起きなので一日中眠い。大谷くんが投手として登場するので、現地からのテレビ放送を見るためだ。

彼の本拠地のロスアンジェルスと日本の時差の関係で、朝5時の試合開始となる。

 

現地では日曜日のゴールデンタイムのナイトゲームで、野球の大好きな国民性でカナダを含めプロ球団が30チームぐらいあり、アメリカン・リーグとナショナル・リーグに分かれており、各々東地区・中央地区・西地区があり、日本から一番近い西海岸のチームに大谷くんが入ったので、日本から見に行く人も多いらしい。

 

大谷くんは、リーグ戦が始まる前のオープン戦での成績は投打ともに芳しくなく、現地ではやはり二刀流は無理、やはり二軍から始めたらどうか、現地のマスコミは散々大谷くんをこき下ろした。

 

ところがである。いざ公式戦が始まると緒戦から、ヒットは打つし三日連続ホームランは打つし、初回から7回まで一人のランナーも許さない、準完全試合はするし、ニューヨークヤンキースのエースから、とんでもない当たりのホームランは打つし、二軍から始めるべしとしたマスコミの記者は「ごめんなさい」と手のひら返し。

 

それからは

 

特に目立った論調は、野球での大活躍だけでなく、大谷くんの人間性について褒めちぎる記事が目立つようになった。

第一号のホームランボールを手に入れた少年を探し出し、サインボールを渡したが、未だ悲しい顔をしていたので、バットを控え室まで取りに帰って渡すと、やっと笑顔になった。

翌朝の新聞に少年の家族と一緒の写真が載り、話題になっていた。

 

日本の野球評論家の落合前中日監督は、最初に二刀流にネガティブだった大多数の評論家と異なり、「最初からダメはおかしい、やりたいと言う若者を潰すのは日本ではいつも年寄り、おれは大賛成」とし、いまではほとんどの評論家がアメリカの新聞記者同様手のひら返しである。

 

落合さんは、大谷はすごいが、一つだけ欠点がある、と言い放つ。その欠点は優しすぎることだそうだ。

ヤンキースとの試合で、一塁への走塁で相手側の選手の足がベースの上にあったので、彼はそれを避けてベースを踏もうとして、軽い捻挫をしてしまった。

そんな場合は体をぶつけて相手をひるまさなければダメだと厳しい。

 

テレビで見ると、試合中のベンチの汚さはひどい。色々な食べかすを所かまわず、食い散らかし、ひどいのである。どこのチームも同様だが、大谷くんを見ていると食べかすを紙コップにちゃんと捨てているし、日本人らしく整理整頓しているようだ。

 

大谷くんは、アメリカの球団に入団する際、23歳であったためルール上、契約金上限があり、彼の能力からは考えられない低い金額であったため、日本では後2年待って25歳になってからにしたらどうか、とのアドバイスがあった。

 

2年待てば、200億円に近い契約金を獲得できる可能性があるのに、大谷くんは「子供のころからの僕の夢ですから」と安い契約金でアメリカに渡り、現在ホームチームの球場近くに自炊をしながら下宿している。

 

運転免許を持たない大谷くんを、下宿から球場までのアクセスについての球団との話し合いの席上、彼は「自転車で行くから心配いりません」と言い、球団をびっくりさせたようだ。現在は通訳が彼の車で送り届けている。

 

自分の夢を少年のように眼を輝かせて実現しつつある大谷くんを、拍手で応援したい。

 

 

 

 
**********************************
1.【新基礎講座第6クール講座6のご案内】
2.【出張セミナープレゼントのご案内】
3.【夏の先生向けセミナーのご案内】
**********************************

1.◆新基礎講座第6クール講座6のご案内です◆
HPからのお申し込み受付中!

講座6:6月10日(日)9:15 〜 11:45
「新・基礎講座」は、コーチングの基礎的なことについて学ぶことができる実践的な講座です。
コーチングの基礎を知りたい方、日常生活の中でさまざまに活用したい方、以前学んだコーチング・スキルやコーチとしての在り方、背景となるマインドなどをもう一度チェックしたい方々のために企画されました。
プログラム内容は毎回変わるので、講座1〜6のどの回からでも参加が可能です。
今回のご案内は、第6クールの講座6です。
新たに参加される方も、以前他のプログラムに参加した方も歓迎いたします。

★今回予定しているテーマは、「 人との関わりに私らしさを生かそう 」
私らしさに注目しながら、それを具体的に認識し発揮できるようになるために対話を通して学びたいと思います。
「私には、とくに強みなんてないかも・・・」、「何となく自分に自信がなくて・・・」、というような方にとっても、自分を変える最高のきっかけになるかもしれません。
高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。
内容等、ご不明な点は遠慮なくお問い合わせください。

開催概要
◆日時:講座6 6月10日(日)9:15〜11:45(受付9:00〜)
◆会場:東京ウィメンズプラザ(JR渋谷駅徒歩12分、地下鉄表参道駅徒歩7分)
◆参加費:大人2,000円 学生1,000円(当日受付にて)
◆定員:20名(申込先着順)
◆お申込み:HPのお申し込みフォームより
 http://ciie.jp/
◆お問い合せ:HPのお問い合わせフォームより(担当:柳原)

なお、ご好評をいただいてきた「新・基礎講座」は、今回で終了します。
7月以降は、「コミュニケーション広場」(仮称)として、みなさんの生活場面により密着した内容や方法で、「人と関わる力を高める」新たなプログラムを実施していきますので、どうぞご期待ください。
内容など詳しくは、事前にホームページで確認してください。
みなさまのご参加を、心よりお待ちしております。

**********************************
2.◆出張セミナープレゼントのご案内◆

共育コーチング研究会では、2001年設立よりこれまでに小・中・高校、PTA研修会などで10,000名を超える皆さまにコーチングをお伝えしてまいりました。
長年にわたるみなさまのご協力やご声援にメンバー一同、こころから感謝しております。

この感謝の気持ちを込め、2018年は、出前セミナーをプレゼントすることになりました。
うかがうコーチの講師料は不要です。(交通費等はご負担ください)
講師料の費用面でこれまで依頼を諦めていた皆さま、ぜひこの機会にご検討、ご計画ください。
開催予定日より2ヶ月以上の余裕を持ってご計画、ご連絡ください。

内容等の詳細は共育コーチング研究会HPをご覧いただき、ご興味がございましたら、HPのお問い合わせフォームより、ぜひお問い合わせください。
皆さまのご連絡、お問い合わせを心よりお待ちしています。
↓こちらから
http://ciie.jp/contents/1076/

**********************************
3.★夏の先生向けセミナーのご案内★
毎年、参加された方々から「これは役に立つ!」との感想をいただく、一押しのセミナーです。

8月11日(土・祝日)開催
教師のためのコーチング講座
『パーソナル・ファウンデーション 〜自己基盤を整える(基礎編)〜』

コーチングの基本スキルを学んでいる先生向けに、
パーソナル・ファウンデーション(自己基盤)の理解を深め、
実践するためのヒントを持ち帰っていただく体験型のセミナーです。
普段の教育活動やコーチングの中にパーソナル・ファウンデーション(自己基盤)
の視点を取り入れることに興味関心がある先生におススメです。

◆開催日:2018年8月11日(土・祝日)10:00〜16:00
◆内 容:(1) パーソナル・ファウンデーションの理解(講義+ワークショップ)
     (2) ワールドカフェ(形式)による意見交換
     (3) 実践にどう取り入れていくか(コーチング)
◆会 場:東京ウィメンズプラザ
◆対 象:教師および教育関係者でコーチングの基礎(聴く・承認・質問程度)のセミナーを受講して、教育現場で実践している方
     ※未履修の方は6月10日に開催予定の新基礎講座を受講してからお申し込みください。ご都合がつかない場合は事前にご相談ください。
◆参加費:3,000 円(定員24名)
◆問い合わせ:ciie.teacher@…(担当:山村)
◆詳細・お申し込みはHP http://www.ciie.jpからお願いいたします。

※なお、HPからチラシをダウンロードすることが出来ます。どうぞお誘い合わせのうえ、お申し込みください。

今年も皆さまとたくさんお目にかかれることを楽しみにしています。

*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@…
*********************

 



mozart1301 at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年05月07日

人を引き付ける我が家のチューリップ

本日の担当は北村和夫です

 

 

本日の担当は北村和夫です。

 

今年も我が家のチューリップが満開になった。毎年オランダの友達が球根を送ってくれるのであるが、今年のはとりわけ花が大きく、色が鮮やかだ。

 

沢山の花が咲くのに時間差があるので、長い間楽しめる。

濃い紫色、真紅、ピンクなど珍しい色で、花が赤ちゃんの頭ぐらい大きいチューリップなので、道行く人も時々立ち止まって見ている。

本来は写真を取ってこの欄に載せたいのであるが、やり方がカメラ音痴の私にはわからない。

我が家は小学校の通学路にあるので、毎朝子供たちがグループで、何やらチューリップを囲んで賑やかにおしゃべりしている。。

小学生の次は近くの保育園の子供達だが、先生が子どもを5,6人乗せたトロッコを押したり、手をつないで歩いて来て私とハイタッチ、今年は桜も満開なので隣の公園で過ごす時間が長いそうだ。

 

お昼前は子供達だが、午後はおじいさん、おばあさんの時間である。スキーのストックを持った気品あふれるおばあさんは、散歩の目的はこのチューリップを見るためだと言ってくれている。

先日は私が丁度家から出るときにお会いし、少し話をしたが中々教養溢れる方とお見かけした。

 

「医者から毎日歩けと言われているんですが、辛くて時々サボっているんです。しかし、このチューリップが咲き出してから、今日はどうなっているかな、と楽しみで、この花を見るのが目的で、歩いているんです。

 

家の前のクリーニング屋さんの奥さん、「今日も何人かの人が、写真を撮っていましたよ」と報告してくれる。

 

オランダはほとんどが泥炭地帯で作物が育たないので、トルコが原産のチューリップを植えてみたら、根付いて今や資源の少ないオランダの外貨獲得の、大きな柱になっているようだ。

 

最近はチューリップだけでなく、沢山の種類の花を、空港の近くに植え、朝早くそれを刈り取りスキポール空港からの各国への一番機で、ヨーロッパの主要都市に送られ午前中に花市場を飾るのである。

この花の畑は幾何学的に植えられ、昔オランダに勤務した際、出張の帰りの飛行機からの眺めは素晴らしく、今でもはっきり覚えている。

 

この時期ヨーロッパは未だ寒いので、日本からのツアーの多くがこのチューリップを見にオランダに寄り、本社からの指示により特定の顧客をチューリップの公園にお連れしたのを思い出す。

 

花が嫌いな人はいないので、エスコートしたお客さんのほとんどは心を開いてくれ、楽しい花談義をするのである。



*************

こんにちは。共育コーチング研究会です。
本日は2つ、ご案内です。

1.【新基礎講座第6クール講座5のご案内】
2.【出張セミナープレゼントのご案内】

**********************************
1.◆新基礎講座第6クール講座5のご案内です◆
HPからのお申し込み受付を開始しました。

講座5:5月20日(日)9:15 〜 11:45
「新・基礎講座」は、コーチングの基礎的なことについて学ぶことができる実践的な講座です。
コーチングの基礎を知りたい方、日常生活の中でさまざまに活用したい方、以前学んだコーチング・スキルやコーチとしての在り方、背景となるマインドなどをもう一度チェックしたい方々のために企画されました。
プログラム内容は毎回変わるので、講座1〜6のどの回からでも参加が可能です。
今回のご案内は、第6クールの講座5です。
新たに参加される方も、以前他のプログラムに参加した方も歓迎いたします。

★第6クール講座5のテーマは、「相手が思わず行動したくなる伝え方・問いかけ」です。
相手の心に働きかけ、より深く考えて行動しようとする問いかけについて実践的に学んでいきます。
高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。
内容等、ご不明な点は遠慮なくお問い合わせください。

開催概要
◆日時:講座5 5月20日(日)9:15〜11:45(受付9:00〜)
◆会場:東京ウィメンズプラザ(JR渋谷駅徒歩12分、地下鉄表参道駅徒歩7分)
◆参加費:大人2,000円 学生1,000円(当日受付にて)
◆定員:20名(申込先着順)
◆お申込み:HPのお申し込みフォームより
 http://ciie.jp/
◆お問い合せ:HPのお問い合わせフォームより(担当:柳原)

次回の「新・基礎講座6-6」は、6月10日(日)東京ウィメンズプラザで開催予定
です。
内容など詳しくは、事前にホームページで確認してください。
みなさまのご参加を、心よりお待ちしております。

**********************************
2.◆出張セミナープレゼントのご案内◆

共育コーチング研究会では、2001年設立よりこれまでに小・中・高校、PTA研修会などで10,000名を超える皆さまにコーチングをお伝えしてまいりました。
長年にわたるみなさまのご協力やご声援にメンバー一同、こころから感謝しております。

この感謝の気持ちを込め、2018年は、出前セミナーをプレゼントすることになりました。
うかがうコーチの講師料は不要です。(交通費等はご負担ください)
講師料の費用面でこれまで依頼を諦めていた皆さま、ぜひこの機会にご検討、ご計画ください。
開催予定日より2ヶ月以上の余裕を持ってご計画、ご連絡ください。

内容等の詳細は共育コーチング研究会HPをご覧いただき、ご興味がございましたら、HPのお問い合わせフォームより、ぜひお問い合わせください。
皆さまのご連絡、お問い合わせを心よりお待ちしています。
↓こちらから
http://ciie.jp/contents/1076/

今年も皆さまとたくさんお目にかかれることを楽しみにしています。

*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************



mozart1301 at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年04月09日

多様な価値基準を持ち、多様な人が活かされる社会を

本日の担当は北村和夫です。

 

昔企業で組織論や人の働き方など、くそ真面目に論じていた私にとって、面白い記事を月刊誌に見つけた。

皆さんは「働きアリ(蟻)」という言葉を聞いたことがあると思います。アリの巣の中で、餌を採取してきたり、卵の世話をしたりと、巣の外や中での様々な仕事をする種類のアリを「働きアリ」と呼びます。

 

「働きアリ」という名前が付いているぐらいなので、さぞかし働き者なのだろうと思いますが、実はアリの巣には働かない「働きアリ」が沢山いるらしい。

7割の「働きアリ」は、目的もなくフラフラしていて、自分の体を舐めている、

動かないなど、働いていないのだ。

また、一ヶ月継続的に観察してもほとんど何もしない「働きアリ」が2割もいるのだ。

極め付きは、生まれてから死ぬまで、ほとんど働かない「働きアリ」もいるそうだ。もはや、さぼりアリですね。

その一方で、9割の時間は働いている「働きアリ」もいるそうです。

 

同じアリにも関わらず、なぜこのような違いが生まれるのであろうか。

アリは思考能力を持たないので、人間のように「バレなさそうだから手を抜いておこう」と考えているわけではないそうです。

たとえば、餌がみつかったなどの特定の刺激に対して、反応しやすい(腰が軽い)、反応しにくい(腰が重い)」、という違いをアリは遺伝的に持っているらしいのです。

 

アリの前に何らかの仕事が現れた時には、まず最も腰が軽いアリが動き、つぎの仕事が現れた時には、次に腰が軽いアリが動くという形で仕事の分担がなされるらしい。そのため一定量以上仕事が増えない限り、腰の重いアリは、いつまでたってもふらふらしたり、自分の体を舐めたりしているということが起きていることになります。

 

しかし、実際にはこのような社会生態を持ったアリが滅びるのではなく、種として生き延びているということは「生存戦略としては、適している」ということになります。

逆に言うと、全員が働き過ぎの働きアリだと、種が存続するのには不都合があるのです。

 

例えば全てのアリの腰が軽かったら、餌が発見されたら一斉にみんな出て行ってしまいます。そして次の餌が発見された時に、誰も対応できなくなります。

その間に、外敵が現れるなんてことがあったら、大変ですよね。

 

それにアリにも「過労死」があると言われています。全員が働きすぎると一気に働き手が死んでしまう可能性だってあります。

また、腰の重いアリも、全ての刺激に反応しにくいわけではなく、「餌の発見」という刺激には反応しにくいアリでも、「敵来襲」という刺激や「巣が壊れた」

「卵が壊れた」といった別の刺激に反応しやすかったりします。

 

つまり、腰の軽さは優劣ではなく個性・個体差であり、多様な個性・個体差があるからこそ、状況や環境の様々な変化に適応し、種として存続する確立を高めることができているのだと思う。

 

このアリの生態を見て、これを計画した存在があるわけではなく、個々の遺伝子レベルでシステムが作られていることを考えると、長い年月を経ながら生物の生態に自然と備わった叡智の偉大さを感じます。

 

以上のアリの生態から、我々の周りでも、一見働かない人がいても「多様性は組織が生き残る確率を高める」ことではないでしょうか。そして

長い間、繁栄を享受したいのであれば、多様な価値基準を持ち、多様な人が活かされる社会にすることが必要ではないでしょうか。

 



mozart1301 at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年03月12日

面倒見の良い、隣のおじさん


本日の担当は北村和夫です。

 

先日近くのスーパーで、「先生、今日はお買い物ですか?」と知らないおばさんから声をかけられた。

戸惑っていると「大隅先生でしょ?」とノーベル賞受賞者の名前を上げた。

「いえ違いますよ。そんな立派な大先生に間違われるのは光栄ですが」と。

 

大隅さんは私の住む大磯町の住民で、私の家から直線距離で500メートルぐらい離れた場所にお住まいだ。

床屋も同じ店らしく、私と同じで髭を生やしていて、よく似ていると床屋の主人からも言われた。

 

大隅さんのノーベル賞受賞の研究のロストファージーなるもの、私にはさっぱり分からないが、同じ町の比較的近くに住んで、似ていると言われたので、どんな人だろうと好奇心が湧き、いろいろ調べてみた。

 

大隅さんの同僚の先生は、オートファージー研究の素晴らしさは知っていたが、

「ノーベル賞受賞者」と日頃の大隅さんとが、どうにも合致しないようだ。

周りの同僚も同じらしく、一番ふさわしい表現は「面倒見の良い、隣のおじさん」だそうだ。

 

同僚に当たる人は、大隅さんは「攻撃的」「権威的」などの言葉とは正反対にあり、とてもおだやかな方と言っておられる。

大隅さんは若い人へ

「流行は既に多くの人が注目していることの証であり、研究の独創性は単なるインパクトファクターや引用度だけでは測れるはずがない。自然の理を明らかにしようという当たり前の喜びを、若い世代が取り戻す必要がある」

 

そしてノーベル賞受賞決定後に、「役に立つかどうかという観点のみで科学を捉えてはいけない」と発言されているが、その姿勢は以前から一貫している。

加えて、人まねをせずに世界のトップに立つことだとも言われている。

耳が痛い人が沢山いるのでは?

 

一方で、誰もやっていないテーマは、重要でないからやられていない場合が多いらしい。「独善ではなく独創的な研究をするには、重要なテーマを選ぶ必要がある」とも。

大隅さんは1976年に、米国で酵母の研究を開始され、研究所で細かく砕いた酵素細胞を含む溶液を遠心分離機にかけ、試験管の底に沈んだ細胞を分離する際に、上澄み液の中に何かが濃縮されていることに気づいた。

顕微鏡で覗いてみると、それが酵母液胞と呼ばれる細胞であった。

これが後のノーベル賞のオートファジーの発見につながったのである。

何と46年前である。

 

その後、大隅さんは液胞が色々なものを取り込み、分解していることはほぼ確実だったが、どうやって取り込み、どうやって分解しているかは全くの謎であった。この謎に挑戦したのである。

当時は「分解」というプロセスに多くの学者は、興味を持っていなかった。

「人のやらないことをやる」上で、分解の研究は格好のテーマだった。

 

大隅さんの同僚は「最近の科学技術政策の文書を見ると、私たち基礎科学者は息苦しいんですよ。役に立つことばかりが強調され、純粋に好奇心から取り組む研究を大切にしようという姿勢が感じられない。私たちは役に立つ研究の重要性は十分分かっています」

 

しかし、採算性が仕事の中心だった我々企業人は、この論理はよく分からない。

この先生は基礎研究者は、役に立つかどうかではなく、面白いかどうかで研究テーマを選ぶ。

そして、そこから生まれた発見を「面白いね」「今まで思いつかなかったけど、

それは大事だね」と評価する文化こそが、次の時代の科学を育てる。

と主張されている。

さて、正解は?

 

大隅さんは「ノーベル賞につながる研究を生み出した一つの原動力は、絶対に人まねしないという信念の他に、もう一つ大事な原動力がある。それは好奇心だ。」と言っておられる。

若い人にぜひ聞かせたい言葉だ。

 

 



mozart1301 at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年02月12日

100歳まで生きませんか?


本日の担当は北村和夫です。

 

先日、ある講演会で高名な(らしい)お医者さんのお話を聞いてきました。

以下要約しますと。

 

日本の総人口は2050年には1億人を切ると予想されています。経済活動をする人たちは減りますが、高齢者は増えていきます。100歳以上の人は1963年には全国で

153人しかいませんでした。今年は6万7824人。

衛生教育が普及し、医療や介護の技術が進歩したことなどが原因として考えられます。

 

100歳まで長生きすると、認知症もなく自立して生活している人は2割くらいしかいません。残りは介護が必要だったり、寝たきりだったり。病歴では、高血圧や骨折が多く、

100歳の女性の半分は骨折の経験がありました。骨折すれば元気の度合いも下がります。

女性が高齢期でも機能を保つには、骨粗しょう症の予防と転倒に気をつけましょう。

 

糖尿病の頻度は70歳以上だと、15%ぐらいと言われていますが、100歳のひとは

わずか6%。動脈硬化が少ないことも挙げられます。その割合は80歳代と同じくらいで、

長生きには動脈硬化を予防する必要があります。

 

栄養状態が良い人は認知機能と日常活動度が高く、長生きします。栄養状態を保つことは

長生きにも関係しますし、元気な高齢期を迎えるために大切です。

 

老化と炎症についてお話すると、肺炎やインフルエンザになると、熱が出て体がだるくなる。これが炎症反応がおこっているということです。

CRP」という血管の炎症度合いを示す物質を調べることで、炎症反応が高まっているかが分かります。

 

普通に暮らしていても炎症反応は年齢とともに高まります。体のどこかで炎症を起こす細胞が増殖することで、様々な病気を引き起こす原因になることが分かってきました。

動脈硬化は、動脈の壁の中に炎症を引き起こす細胞がたまり、それが動脈を壊して硬くなると言われています。糖尿病も慢性炎症が関与していると言われています。

 

老化も、体のどこかで何らかの慢性炎症が起こることが原因つ考えています。

炎症反応を抑えると、老化をおさえることができると考えられます。これからの研究のテーマの一つです。

100歳以降の余命の長さは、「フレイル」(虚弱)の度合いが決めると言われています。

元気がなく、栄養状態が悪く、認知機能も悪い虚弱な人は早く亡くなります。

フレイルは老化を伴って臓器の機能が低下したことで起こる様々な症状です。

筋力が低下したり、動作が緩慢になったり、身体活動が低下したりします。

つかれやすくなったり、体重が減ったりすることがあります。

 

筋力トレーニングなどの運動や、栄養摂取が重要です。アミノ酸をとることが有効だと言われています。

長寿と遺伝の関係では、遺伝で決まるのは2〜3割で、残りは環境要因です。

生活習慣病のリスクは、50歳前後と100歳前後を比べても変わりません。

100歳まで生きるということは病気のリスクが低いというわけではなく、リスクを持っていても働かないようにする生活環境や、防御するような遺伝子を持っているということだと考えられます。

 

幸せな健康寿命をどう達成するいか。予防できる病気は予防したい。医師の指示に従い、動脈硬化や糖尿病を防ぎましょう。もう一つは、気持ちの持ちよう。100歳の人たちは好奇心が旺盛です。いろいろなことに好奇心を持ち、周囲の人と良い関係を作っていくことも大事です。

 



**********************************
新基礎講座第6クール講座2のご案内です。

講座2:2018年2月18日(日)9:15 〜 11:45

「新・基礎講座」は、有効なコミュニケーション手法の一つであるコーチングンの
基礎的なことについて学ぶことができる実践的な講座です。
コーチングの基礎を知りたい方、日常生活の中でさまざまに活用したい方、
以前学んだコーチング・スキルやコーチとしての在り方、背景となるマインドなどを
もう一度チェックしたい方のために企画されたセミナーです。

以前の「基礎講座」を進化させ、座学的な憶えるだけの研修ではなく、具体的な事例、
コーチとしての在り方や考え方もお伝えできるように、ロールプレイや体験のシェアなどを
まじえた実践的・体験的なプログラムを提供して、わかりやすくてすぐ使えるようになる
研修をめざしています。

コーチングを学び始めたばかりの方にとってはもちろん、すでに学んだ方にとっても
これまで身につけたことを再度見直すよい機会になります。

新・基礎講座は1クール6回構成(1〜6)で、今年は原則として毎月1回で
今年は2クールを実施する予定です。参加者やプログラム内容は毎回変わるので、
講座の1〜6回のどの回にも自由に、何度でも参加できます。

★今回のご案内は、第6クールの講座2です。新たに参加される方も、以前他のプログラム
 に参加した方も歓迎いたします。今回予定しているテーマは
 「 コーチングの基礎2 〜 あなたはキャッチボールが上手ですか?(仮題) 」
 と題して、基礎の基礎について深めます。今回も会話事例やあなたの人との関わり方の
 課題等を題材として活用し、さまざまな展開方法で、基礎的なスキルの使い方や
 考え方などを学ぶ実践的なプログラムです。

★これまでこの新・基礎講座に参加した方からは、
 以下のようなことに役立ったと感想をいただいています。
 ・子どもや人との関わりが良くなりました。
 ・以前より、誰の話も落ち着いて聞けるようになりました。
 ・自分のコミュニケーションのとり方の傾向が分かりました。
 ・ものごとの捉え方のレパートリーが広がりました。
 ・相手と自分の関係性を深く理解できるようになりました。


高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。
☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆

なお、今後の実施予定は、以下の通りです。
「新・基礎講座6−3」は、3月11日の日曜日に東京ウィメンズプラザで、
「新・基礎講座6−4」は、4月8日の日曜日に東京ウィメンズプラザで実施
予定です。内容など詳しくは、事前にホームページで確認してください。

みなさまのご参加を、心よりお待ちしております。

開催概要
◆日時:講座2 2月18日(日)9:15〜11:45(受付9:00〜)
◆会場:東京ウィメンズプラザ(JR渋谷駅徒歩12分、地下鉄表参道駅徒歩7分)
◆参加費:大人2,000円 学生1,000円(当日受付にてお支払ください)
◆定員:20名(申込先着順)
◆お申込み:HPのお申し込みフォームからエントリーをお願いします
 http://ciie.jp/
◆お問い合せ:HPのお問い合わせフォームから送信をお願いします
(担当:川本)


*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************



mozart1301 at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年01月08日

豆腐屋と魚屋


本日の担当は北村和夫です。

 

私の住む神奈川県大磯町の商店で、豆腐屋のMと魚屋のUが大晦日に店を閉じる。

両方とも湘南地区では結構有名なお店で、豆腐屋のMは昭和の大首相の吉田茂が贔屓にしていたお店だ。

 

私は都心の友人宅を訪問する時は、必ずこの店の生湯葉を持参する。

この店の80歳になる湯葉職人が作るのだが、大抵午前中で売り切れとなる。

この店の豆腐は、昔ながらの製法で美味しい。その他土地の豆を入れたがんもどきも東京人に喜ばれる。

 

ワンマン首相の吉田茂宅に、池田勇人、田中角栄、佐藤栄作がその一族郎党を連れて「大礒詣の際は、元首相は必ずこの豆腐屋の生湯葉、豆腐でもてなした」と聞く。

 

店に行った時に調理場でよく話をした。「俺は偉い人が食べてくれるというの関係ないんだ、

皆さんが美味しく食べてくれれば、うれしくってね」と職人気質丸出しで、この店の湯葉は日本一だと自負している。

 

さあこれから東京の友人を訪ねる際、何を持って行こうかな?家内は生しらすが良いと勧めるが、太平洋の暖流の黒潮の蛇行のため数が見込めないようだが、どうせ数人の酒の肴ぐらいは大丈夫だろう。

 

ワンマン首相は自分の通勤に便利なように、新しい横浜新道と呼ばれる新しい高速道路を作った。(作らせた?)私もこの恩恵に浴した一人で、月に2〜3回東京に住むじいさんばあさんに、孫を見せによくこの横浜新道を往復したものだ。

 

その際の心配は、少し渋滞に巻き込まれると「お父さん大丈夫だよ。だけどちょっとだけおしっこがしたくなっちゃた」まだ3歳ぐらいの時の次男の発言で、一同ビックリするのである。高速道路の柱の付け根のところが、トイレとなるのだが、ニコニコ笑っている後ろの車のおじさんに、こどもはVサインを送るのであるが、これは「ありがとう」のサインであるらしい。

 

30年前に吉祥寺から大礒へ引っ越しましたが、駅まで徒歩で約10分ほど、その間に魚屋が6軒もあり、どの魚屋がベストなのか悩みました。

最終的には社内で近くに住んでいる先輩の意見を聞いて決めました。

ところが今回この魚屋も閉店することになったらしい。

双方とも後続者を探すのが難しかったようだ。後続者候補がいたが将来の夢が見られないと去っていったようだ。

 

すぐAIの時代がくるとマスコミは騒ぎ立てるが、数人で商売をやっている業種に無理に

AIが入る道理がない。何でも新しくしなければ時代遅れだと決め付ける世相を見ると、

日本の元気は中小企業だと、言われて久しいが残念である。

 

 

**********************************
新基礎講座第6クール講座1のご案内です。
いよいよ今年最後の講座のご案内となります。
本日より、お申し込み受付を開始しました。

講座1:2018年1月14日(日)9:15 〜 11:45

「新・基礎講座」は、コーチングの基礎的なこと(スキルやマインドなど)
について学ぶことができる実践的な講座です。
コーチングの基礎を知りたい方、以前学んだコーチング・スキルやコーチ
としての在り方などをもう一度チェックしたい方々におすすめです。

★第6クール講座1のテーマは「 コーチングの基礎1 〜 これが大切なベストスキルだ! 」
 と題して、コーチの基礎について深めます。今回も会話事例やあなたの抱えている
 関わり方の課題等を題材として活用し、さまざまな展開方法で、基礎的なスキルの使い方や
 考え方などを学ぶ実践的なプログラムです。

★これまでこの新・基礎講座に参加した方からは、
 以下のようなことに役立ったと感想をいただいています。
 ・子どもや人との関わりが良くなりました・
 ・以前より、誰の話も落ち着いて聞けるようになりました。
 ・自分のコミュニケーションのとり方の傾向が分かりました。
 ・ものごとの捉え方のレパートリーが広がりました。
 ・相手と自分の関係性を深く理解できるようになりました。


高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。

開催概要
◆日時:講座1 1月14日(日)9:15〜11:45(受付9:00〜)
◆会場:東京ウィメンズプラザ(JR渋谷駅徒歩12分、地下鉄表参道駅徒歩7分)
◆参加費:大人2,000円 学生1,000円(当日受付にて)
◆定員:20名(申込先着順)
◆お申込み:HPのお申し込みフォームからエントリーをお願いします
 http://ciie.jp/
◆お問い合せ:HPのお問い合わせフォームから送信をお願いします
(担当:川本)

「新・基礎講座6-2」は平成30年2月18日(日)に東京ウィメンズプラザで実施予定です。
時間や内容など詳しくは、事前にホームページでご確認ください。

みなさまのご参加を、心よりお待ちしております。

*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************



mozart1301 at 05:00|PermalinkComments(0)

2017年11月27日

ひ孫とコーチング?

今日の担当は北村和夫です

長男がやっと結婚した。相手は9歳も年上の京都の方で、バツイチのようだ。

大学を卒業したばかりのお嬢さんがおられ、近く結婚するらしい。

 

彼女との馴れ初めは、京都でお琴の先生をしているにも拘わらず、勇ましい戦闘機の離発着を見るのが大好きで、同じ趣味を持つ息子とは厚木の自衛隊の基地で3年ぐらい前に知り合ったらしい。

息子の戦闘機好きは趣味の域を外れて、もはや気違いの部類で、厚木基地の滑走路の延長上に下宿を見つけ住んでいたが、そこに京都の伏見に実家がある彼女が引っ越してきて、実家はお嬢さんに譲り、生まれて初めての関東に住むことになったらしい。

 

3年前にその結婚話が我が家にもたらされたとき、まず家内が大反対。「9歳も年上でバツイチなんてお母さんは絶対に認めませんからね」と大変な剣幕で、取り付く島がなかった。

私は「俺たちが反対しても、本人達がその気であればしょうがないし、新しいフランスの大統領は20歳以上も年上だし、戦闘機好きの息子と趣味が一致なんて、普通は考えられないし、子供を生むのは無理だろうけど良い人に巡り会えたと俺は思うよ」昨年末の家内との話はほとんどこの話だった。

 

昨年末に籍を入れ、今年の正月初対面となった。琴は趣味で、銀行に勤めていたらしく、人との会話も堂々として、心配していた家内も彼女の会話にどんどん引き込まれ、

息子をちゃんと立てて、彼女の会話は一枚も二枚も我々より上であった。

私は内心、この女性は息子にはもったいない、と思った。

 

その後、家内は彼女と二人だけで、何回も出かけているが、その度に家内は彼女に惚れ込んでいて、少し前の状況とは様変わりである。

家で一人で遊んでいるのは息子に申し訳ないと、近くのデパートに出掛けパートで、京都のお菓子を売る店で職をみつけてきた。中々行動力もあるようだ。

 

先日、新婚旅行でロシヤのモスクワ近くの空軍基地に行ってきたようだ。

結婚式も披露宴もしないと言うので、お餞別を少し弾んで渡したが、帰国後彼女から電話があって

「ロシアの戦闘機のスホーイがかっこよくて感動しました。お父様はご覧になったことありますか?」だと。

「前の仕事の関係で旅客機は多少知ってはいるが、昔ヨーロッパに居たときに息子と行った航空ショーで見た戦闘機は、ほとんど同じ形をして区別がつかなかったよ。」

「しかし、京都で生まれ育ち琴を楽しむのは分かるけど、それと戦闘機とは私の中では結びつかないけどね。何でそんなもの好きになったの?」との私の質問には、「こんどゆっくりお話します」と優雅に会話は終わった。

 

私の友人たちはほとんど孫のいる年代であるが、私は孫を持つのはもう無理であろう。

しかし、先日友人たちと食事をして、この話をすると「その嫁さんのお嬢さんが近く結婚されるなら、孫を飛び越して近いうちにひ孫が生まれのでは?」

 

昔から孫ができたらコーチングでも教えたいな、と思っていたが、ひ孫とコーチングも

悪くないではないか、と思うこのごろである。

 

 

 

 **********************************
新基礎講座第5クール講座6のご案内です。
いよいよ今年最後の講座のご案内となります。
本日より、お申し込み受付を開始しました。

講座6:2017年11月26日(日)9:15 〜 11:45

「新・基礎講座」は、コーチングの基礎的なこと(スキルやマインドなど)について学ぶことができる実践的な講座です。
コーチングの基礎を知りたい方、以前学んだコーチング・スキルやコーチとしての在り方などをもう一度チェックしたい方々におすすめです。

★第5クール講座6のテーマは「 コーチってどんな人 〜 コーチの基礎・基本的な在り方 」
と題して、コーチのファウンデーション(基盤)について深めます。
けっこう、興味深いと思います。
高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。

開催概要
◆日時:講座6 11月26日(日)9:15〜11:45(受付9:00〜)
◆会場:東京ウィメンズプラザ(JR渋谷駅徒歩12分、地下鉄表参道駅徒歩7分)
◆参加費:大人2,000円 学生1,000円(当日受付にて)
◆定員:20名(申込先着順)
◆お申込み:HPのお申し込みフォームからエントリーをお願いします
 http://ciie.jp/
◆お問い合せ:HPのお問い合わせフォームから送信をお願いします
(担当:川本)

新しいクールとなる、「新・基礎講座6-1」は来年、
平成30年1月14日(日)に東京ウィメンズプラザで開催予定です。
時間や内容など詳しくは、事前にホームページでご確認ください。

みなさまのご参加を、心よりお待ちしております。

*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************



mozart1301 at 05:00|PermalinkComments(0)

2017年10月16日

尊敬するのは父より母、20年で逆転

本日の担当は北村和夫です。

 

至近の20年間の日本の家庭における意識が変化しているようだ。

小学4年生から中学2年生の反抗期真っ只中、親や家族に反発したり不快に感じたりすることが多いのでは、と私は想像していましたが、どうもそのあたりの意識も変化しているようです。

広告会社の博報堂が毎年行っている家庭訪問調査によると

たとえば

「家族に言っていない秘密がある」1997年 50.3%⇒2017年 34.3%」

「家出をしたいと思ったことがある」1997年 52.6%⇒2017年 38.8%」

2017年は何れも過去最低である。

 

また、家に自分の部屋がある子どもで、

「自分の部屋に親が入ってくるのは嫌だ」1997年46.0%⇒2017年36.6%

これまた20年間の最低である。

 

この変化の背景はどんなことが考えられるだろうか。20年で子供側が自発的に変化したとは考えにくいので、子どもを取り巻く親側の変化ではないかと私は思う。

「お母さんにぶたれたことがある」1997年79.5%⇒20年後48.6%過去最低

「お父さんにぶたれたことがある」1997年69.8%⇒20年後38.4%過去最低

「自分の話を、お父さんやお母さんはよく聞いてくれる」1997年74.7%⇒20年後82.0% 過去最高

 

社会的に「家庭内暴力」「児童虐待」を問題視する意識が、高まっていることもあり、

また、少子化で家族あたりの子供の人数が、少なくなった影響で親の中で以前にも増して

「生まれてきた我が子を大切に育てよう」という気持ちが強くなっているのではないか。

 

手前味噌になるが、我々のコーチング研究会も親や先生に対するセミナーや、研究会メンバーによる本の出版なども寄与しているのかもしれない。

 

こんな親たちの様子は当然子どもの目には好意的に映るのでしょう。

「大きくなったら親と同じようになりたい」1997年 53.7%⇒2017年65.9%で、20年間で過去最高になっており、親に対する尊敬意識が高まっています。

 

自分のことを「幸せだ」と感じている子供の割合は、20年間で過去最高となっています。

「1997年77.6%⇒2017年91.4%」の数字は、恵まれた親子関係が強く影響していると考えられる。

 

お父さんとお母さん、どちらを尊敬する?

「父親 1997年59.7%⇒2017年61.5%(ほぼ横ばい)

「母親 1997年54.8%⇒2017年68.1%(過去最高)

母親への尊敬度合いが20年間を経て父親を逆転している。この結果は男の子にも女の子にも共通して見られるようだ。

 

考えられる要因としては、女性の社会化(高学歴化・共働き化)の影響がおおきいのでは。

専業主婦世帯 1997年921万世帯⇒2016年664万世帯

共働き世帯  1997年949万世帯⇒2016年1129万世帯

 

子育てと仕事を両立する母親が増えたことで、「お父さんは家の外で頑張っているけれど、お母さんは家の外でも中でも頑張っている」こんな意識が子供の中に生じているのではないだろうか。

また、母親の活躍により家庭内での父親との力関係にも変化が生じていると思われ、

その結果、家庭内での意思決定を母親が行ったり、母親の意見が強く反映されるので、子どもからの見え方も変わるのでしょう。

 

さて、お父さんたちどうしますか?

 

**********************************
新基礎講座第5クール講座6のご案内です。
いよいよ今年最後の講座のご案内となります。
本日より、お申し込み受付を開始しました。

講座6:2017年11月26日(日)9:15 〜 11:45

「新・基礎講座」は、コーチングの基礎的なこと(スキルやマインドなど)について学ぶことができる実践的な講座です。
コーチングの基礎を知りたい方、以前学んだコーチング・スキルやコーチとしての在り方などをもう一度チェックしたい方々におすすめです。

★第5クール講座6のテーマは「 コーチってどんな人 〜 コーチの基礎・基本的な在り方 」
と題して、コーチのファウンデーション(基盤)について深めます。
けっこう、興味深いと思います。
高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。

開催概要
◆日時:講座6 11月26日(日)9:15〜11:45(受付9:00〜)
◆会場:東京ウィメンズプラザ(JR渋谷駅徒歩12分、地下鉄表参道駅徒歩7分)
◆参加費:大人2,000円 学生1,000円(当日受付にて)
◆定員:20名(申込先着順)
◆お申込み:HPのお申し込みフォームからエントリーをお願いします
 http://ciie.jp/
◆お問い合せ:HPのお問い合わせフォームから送信をお願いします
(担当:川本)

新しいクールとなる、「新・基礎講座6-1」は来年、
平成30年1月14日(日)に東京ウィメンズプラザで開催予定です。
時間や内容など詳しくは、事前にホームページでご確認ください。

みなさまのご参加を、心よりお待ちしております。

*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************



mozart1301 at 05:00|PermalinkComments(0)

2017年08月31日

就学前の教育

 

本日の担当は北村和夫です。

 

保育所に申し込んでも入れない待機児童の話は、新聞紙上に話題としてよく目にする。

待機児童ゼロは大都市の選挙公約になるようだ。

日本ではこのように、定員数の拡大を中心に論議されているが、世界では保育所は幼児教育をする場として、質への注目が高い。

 

私の子供時代は幼稚園や保育所のように就学前の教育はなかったように思う。子育て施設を就学前教育の場と考えるのは世界の流れのようである。

それまで自由に遊んでいた子どもが、小学校に上がった直後から椅子に座っておとなしく授業に参加するのは難しいためだ。

 

日本では幼稚園の教育要項は小学校から逆算して作られ、その目標は保育所の保育指針にも取り入れられているが、所管官庁の違い(幼稚園は文部科学省、保育園は厚生労働省)から、保育所と幼稚園の溝が深い。

そして、保育所の質より量の議論を重視してきたようである。特に都市部では「子供の預け場所がないため、働けない」と困る母親が多いようだ。

 

このため国や自治体は保育所の認可基準を緩和するケースを含めて、数が足らない施設を増やす施策を急いである。

ただ小学校入学を控え、質の良い教育を受けることは重要だと思う。

子育ての不安が働く女性の仕事への復帰の障害にならないよう、保育と教育の質の充実が急務であろう。

 

それでは外国は?

多くの国で保育施設は女性の就労を進めるため始まったようであるが、現在は各国で独自に進んでいる。

私の関心のある国を調べてみた。

 

オーストリア

首都ウィーンでは、移民の人口比率が16,7%もあり、公用語であるドイツ語を話せない親のため、子育て施設でドイツ語を親に教えている。

子供の言語能力に親の文章力が大きく影響するので、施設の職員が本の読み聞かせをすることで語彙を学ぶ。

イギリス

幼児の発達に関する研究に基づいたカリキュラムを導入。

利用料は殆ど無償。2歳児も貧困家庭では無料。

 

オランダ

カリキュラムを一定程度地方の裁量に任せている。地域のニーズに合わせた柔軟な教育が特徴。施設利用料を企業が支えることが多い。

就業者に占めるパートタイマーの割合が40%。保育施設を労働者が企業に着実に労働力を提供するために必要なものと考え、企業がコストを負担する。

 

フランス

一時出生率が1,6%を2%まで回復させたが、手厚い給付制度と充実した保育サービスが特徴。幼稚園の利用料は無料。

子供は生まれて3年間で言葉や数の概念などを学ぶ。という研究から子育て施設には教育の質も求める。

 

ニュージーランド

カリキュラムは教育省が一元管理、小学校までに必要な教育を保育所でも行っている。

 

「日本の子育て支援の政府支出は国内総生産(GDP)は少なすぎる」

 

日本の子育て支援を中心とした家族向けの政府支出は、GDP比1.3%。イギリス3.8%

フランス2.9%を大きく下回る。女性活躍の推進と少子化対策の両方の実現には、

保育の受け皿整備と質の確保が欠かせない。限られた財源で子育て支援をどう充実させていくかが問題だ。


***********************************************************
新基礎講座第5クール講座4のご案内です。
本日よりお申し込みの受付を開始しました。

講座4:2017年9月10日(日)9:15 - 11:45

「新・基礎講座」は、コーチングの基礎的なこと(スキルやマインドなど)
について学ぶことができる実践的な講座です。
コーチングの基礎を知りたい方、以前学んだコーチング・スキルや
コーチとしての在り方などをもう一度チェックしたい方々におすすめです。

★第5クール講座4のテーマは「 コーチングスキルを使えるようになろう 3 」

今回も具体的な会話事例やあなたの抱えている関わり方の課題等を題材として活用し、
さまざまな展開方法で、基本的なコーチングスキルの使い方や考え方などを学ぶ
実践的なプログラムです。
高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。

開催概要
◆日時:講座4 9月10日(日)9:15〜11:45(受付9:00〜)
◆会場:東京ウィメンズプラザ(JR渋谷駅徒歩12分、地下鉄表参道駅徒歩7分)
◆参加費:1講座大人2,000円 学生1,000円(当日受付にて)
◆定員:20名(申込先着順)
◆お申込み:HPのお申し込みフォームからそれぞれの講座にエントリーをお願いします
 http://ciie.jp/
◆お問い合せ:HPのお問い合わせフォームから送信をお願いします
(担当:川本)

なお、今後の予定は、「新・基礎講座5-5」、10月8日(日)9:15〜11:45
東京ウィメンズプラザで開催予定です。
内容など詳しくは、事前にホームページで確認してください。

みなさまのご参加を、心よりお待ちしております。

***********************************************************



mozart1301 at 05:00|PermalinkComments(0)

2017年07月17日

名言「唯一生き残ることができるのは、変化できる者である」を実践するコンビニ

本日の担当は北村和夫です

 

最近の私のズボンのポケットには、いつも小銭がザクザク入っていて、重くて困っている。

理由は近くにコンビニのローソンができたからだ。

従来はなぜかあまりコンビニ行かなかったが、歩いて数分の国道に比較的規模の大きなローソンが出来てからは、入り浸りである。

すぐ隣にスーパーがあるのだが、なぜかコンビニに行ってしまう。

店長とも仲良くなった。

 

店長にお聞きすると、商品の種類は2000〜3000だそうだ。

先日はパソコンで予約した航空券をローソンで買ってきた。

昔、旅行代理店と販売手数料について、ケンケンガクガク論議をした記憶があるが、これでは旅行代理店もお手上げだろう。

航空会社も空港事務所以外は、事務所は必要ないと思われる。

 

店長は付近のローソン数店舗の店長を兼務しており、いつも顔色が良くない。

本人に尋ねると、勤務時間は相当なもので、個人的にはブラック企業ではないかと疑われるが、他のコンビニ店舗に加え、同じローソン内でも、店舗同士の売上競争が激しいらしい。

 

最近旅行でよく地方都市に行くが、どこの街もシャッターを下ろし、衰退し始めている商店街を見るが、その商店街の中に現代の小売業を代表するコンビニが出店し、多くの人々が出入りしている姿を見かける。

 

物が売れなくなったと言われる現在、その強さの秘密は何だろうか?

進化論のダーウィンが言った「唯一生き残ることができるのは、変化できる者である」という名言を実行しているのが、コンビニだと私は思う。

 

コンビニスイーツの概念を変えた「プレミアムロールケーキ」「他社とは一線を画す対面式販売の「MACHI cafe」徹底して食材にこだわった「おにぎり屋」などなどローソンのヒット商品は数え切れません。

 

さらに、新商品の開発に限らず、自社で農場を設立したり、利用者に寄り添った「ケア(介護)ローソン」を生み出したりと、それまでのコンビニの枠を超えた企業としての挑戦も行っている。

 

また、せっかく開発したヒット商品が、すぐに他社に追随されるコンビニ業界の風潮も、その商品のジャンルの裾野が広がるため、大歓迎だとしている。

 

ここまで書いて、ふと我々共育コーチング研究会の今後について考えてしまった。

40名もの会員が居た我が研究会は、現在約10名ほどになり、このコラムも毎日続けていたが、現在は週2回のみとなり、執筆する我々も毎月順番が回ってきて、忙しくなった。

「唯一生き残ることが出来るのは、変化ができる者である」という名言を

心に刻み、努力したいと思う。

 

 

************************************
共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!

教師のためのコーチング講座
  『パーソナル・ファウンデーション 〜自己基盤を整える(基礎編)〜』

  コーチングの基本スキルを学んでいる先生向けに、
  パーソナル・ファウンデーション(自己基盤)の理解を深め、
  実践するためのヒントを持ち帰っていただく体験型のセミナーです。
  普段の教育活動やコーチングの中にパーソナル・ファウンデーション(自己基盤)
  の視点を取り入れることに興味関心がある先生におススメです。

   開催日:2017年8月13日(日)10:00〜16:00
   内 容:(1) パーソナル・ファウンデーションの理解(講義+ワークショップ)
       (2) ワールドカフェ(形式)による意見交換
       (3) 実践にどう取り入れていくか(コーチング)
   会 場:東京ウィメンズプラザ 第2会議室
   対 象:教師および教育関係者でコーチングの基礎(聴く・承認・質問程度)
       のセミナーを受講して、教育現場で実践している方
       ※未履修の方は6/18、7/9に新基礎講座がありますので
        受講してからお申し込みください。
   参加費:3,000 円(定員24名)
   問い合わせ:ciie.teacher@gmail.com(担当:山村)

  詳細・お申し込みはHP http://www.ciie.jpからお願いいたします。
  
************************************



mozart1301 at 05:00|PermalinkComments(0)

2017年06月01日

コーチングの成果

本日の担当は北村和夫です

10年ぐらい前に、鳥取市在住のMさんご夫妻のコーチを電話で行った。

私がクラスコーチをしていた時代だ。

ご主人はお医者さん、奥様は専業主婦で子供が男の子3人、ご主人は鳥取県内にいくつかある大学付属病院の院長さんでしたが、身障者である子供たちの医療担当で、セッションは毎週日曜日で、テーマは病院のマネージメントでした。

奥様はウィークデイで、コーチングのスキルに関するテーマで、近所の奥様を集めてはコーチングセミナーを開催していた。

 

ある年の正月明けの最初のセッションで、将来の夢についてのコーチング・カンバセーションを行った。

Mさんはヨーロッパへの出張の際、チェコで飲んだワインの味が忘れられず、将来はワイナリーを持ちたいと夢を語ってくれた。

Mさん曰く、病院では子供達、それも身障者の医療を担当しているが、彼らは就職先が殆どなく、病気が良くなっても将来に不安を持っており、ワイナリーは労働集約の作業が多いから、彼らの助けになるのではないか、と考えたようだ。

医療だけでなく、彼らの生きる将来まで考えており、頭が下がるお医者さんでした。

 

その会話の中で将来の夢ではなく、今から夢の実現のためにアクションを取り始められませんか?との私の質問に対し、びっくりされ「無理ですよ!」「無理な理由は何ですか?」

のような会話が始まり、Mさんの父親が鳥取市郊外に広大な土地を持っていること、ワインの素になるぶどうについて全く知識がないことなどが分かった。

 

即刻、基礎的な情報を収集することになり、大学の農学部の同僚に将来はMさんが所有する土地が、ぶどうを栽培するのに適しているか否かの調査を開始した結果、最適な土壌であることが判明、その土地に適したぶどうの品種などを探り当てた。

 

ご夫妻をコーチして分かったことは、Mさんは口数少なく研究者タイプ、奥様は明るくいつも仲間の中心にいるタイプで、二人で同じ仕事をしたら良いのではないかと思っていましたが、その後も二人で協力して夢であったワインづくりも着実に大きくなりつつあります。

 

今回、いつもの旅行友達と山陰を8日間かけて旅行することになり、連休明けで旅行者が少なくなった時に、まず飛行機で鳥取に入り、Mさんご夫妻にお会いした。

ホテルで待ち合わせたが、10年ぶりなのでお互いの顔が分からず、声でやっと認識できましたが、久しぶりの再会でした。

昼食後ワイナリーに行きましたが、車で10分程度の場所でとてつもない広い場所に、ぶどうが幾何学的に並んでいました。

 

我々が立っている場所の遥か遠くにお墓があったのですが、そのお墓までの四方八方が全てMさんの土地とお聞きしてビックリ、今まではぶどうからワインにする工程は、専門業者に依頼していましたが、次回からは自家製造するための新しいクラブハウスが出来上がり、中は木の香りがしました。

 

クラブハウスは、コーチングセッションで、ワイン畑の中に作って中でワインを飲んだり、食事ができるワインバーとすることなど話し合いましたが、夢の実現に着実に歩んでおられ、クラブハウスの名前もホイリゲ(ドイツ語で新種を飲ませるワインバーの意味)とされたらどうでしょう等、当時のセッションを懐かしく思い出しました。

 

この4〜5年で製造したワインは、「トット(鳥取をイメージ)ワイン」として売り出したが全て完売で、そのうちのもっとも古い一本は今でも私のワイン庫にあるが、今回の訪問でクラブハウスでいただいた白ワインは、私の好きなドイツワインの風味があり、美味しかった。

 

コーチとの新年のセッションで、「夢ではなくて、すぐ始めたら?」との質問で、すべてが始まったとのMさんの言葉に、「コーチングって素晴らしい」と実感した。

今年の秋のMさんのトットワインを数本友人と注文して、次の訪問地米子に向かった。

 


************************************
共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!

1.2017年6月18日(日)9:15〜11:45
  新・基礎講座4-6のご案内
  「コーチってどんな人 〜コーチの基盤・基本的な在り方はこれだ〜」

  「新・基礎講座」は、コーチングの基礎的なこと(スキルやマインドなど)
  について知り、学ぶことができる講座です。
  コーチングの基礎を知りたい方、以前学んだコーチング・スキルなどを
  もう一度チェックしたい方々のために企画されたセミナーです。
  昨年実施した「基礎講座」を進化させ、座学的な憶える研修ではなく、
  具体的な事例、コーチとしての在り方や考え方もお伝えできるように
  実践的なプログラムを提供しようと考えています。
  コーチングを学び始めたばかりの方にとってはもちろん、すでに学んだ方にとっても
  これまで身につけたことを再度見直すよい機会になります。
  新・基礎講座は1クール6回構成(1〜6)で、
  今年も原則として毎月1回で2クールを実施する予定です。
  講座の1〜6回に自由に、何度でも参加できます。
  詳しい内容等については、講座の中でお伝えしていきます。

  ★今回は、第4クールの講座6です。
  新たに参加される方も、以前他のプログラムに参加した方も歓迎いたします。
  今回予定しているテーマは、「コーチってどんな人 〜コーチの基盤・基本的な在り方はこれだ〜」

  今回も具体的な会話事例等を使って、さまざまな展開方法で、
  コーチングスキルの使い方や考え方を学ぶ実践的なプログラムです。

  なお、前回4-5の参加者は3名で、新しい内容・展開に、終了後のアンケートから
  「とても満足」という評価をたくさんいただきました。

  高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。
  ☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆


  開催概要
  ◆日時:6月18日(日)9:15〜11:45 受付開始9:00より
  ◆会場    :東京ウィメンズプラザ(JR渋谷駅徒歩12分、地下鉄表参道駅徒歩7分)
  ◆参加費:大人2,000円 学生1,000円(当日受付にてお支払いください)
  ◆定員:20名(申込先着順)
  ◆お申込み:HPからエントリーをお願いします
   http://ciie.jp/
  ◆お問い合せ:HPから送信をお願いします(担当:川本)

  なお、今後の「新・基礎講座5−1」は7月9日(日) 9:15〜11:45に
        「新・基礎講座5−2」は8月20日(日) 9:15〜11:45に
  東京ウイメンズプラザで実施予定です。
  詳しくは、ホームページで確認してください。

2.教師のためのコーチング講座
  『パーソナル・ファウンデーション 〜自己基盤を整える(基礎編)〜』

  コーチングの基本スキルを学んでいる先生向けに、
  パーソナル・ファウンデーション(自己基盤)の理解を深め、
  実践するためのヒントを持ち帰っていただく体験型のセミナーです。
  普段の教育活動やコーチングの中にパーソナル・ファウンデーション(自己基盤)
  の視点を取り入れることに興味関心がある先生におススメです。

   開催日:2017年8月13日(日)10:00〜16:00
   内 容:(1) パーソナル・ファウンデーションの理解(講義+ワークショップ)
       (2) ワールドカフェ(形式)による意見交換
       (3) 実践にどう取り入れていくか(コーチング)
   会 場:東京ウィメンズプラザ 第2会議室
   対 象:教師および教育関係者でコーチングの基礎(聴く・承認・質問程度)
       のセミナーを受講して、教育現場で実践している方
       ※未履修の方は6/18、7/9に新基礎講座がありますので
        受講してからお申し込みください。
   参加費:3,000 円(定員24名)
   問い合わせ:ciie.teacher@gmail.com(担当:山村)

  詳細・お申し込みはHP http://www.ciie.jpからお願いいたします。
  
************************************




mozart1301 at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月17日

ちょっと待ておじさんとポケモンGO

今日の担当は北村和夫です。

 

昨年私も友人と観光に行ってきた福井県の「東尋坊(とうじんぼう)」は、

せり出した岩肌に日本海の荒波が打ち寄せる景勝地であるが、

残念ながら断崖絶壁から身を投げる人が後を絶たないようだ。

富士山の青木ケ原についで、日本で二番目に自殺者が多い場所である。

 

我々二人が行った時は、雨の日の夕方であったため、

ほとんど人がおらず陰鬱(いんうつ)な感じがして、

「こんな時に死にたくなるのかな?」と二人で笑った覚えがある。

 

もちろん対策も講じているようだ。

いろんなところに自殺を思いとどまらせる「思い出せ 家族の顔や 友の顔」の類の看板が設けてある。

また、「救いの電話」と称し公衆電話にテレホンカードや10円硬貨が常備され、誰かに相談できるようになっている。

 

この東尋坊では年間30人程度が自殺するとされる。

岩場に向かう通りの中程に、NPO法人「心に響く文集・編集局」の活動拠点がある。

同法人代表の茂幸雄さんは「東尋坊の“ちょっと待ておじさん」といわれ、

福井県警OBで現地の警察署勤務時代、自殺防止のパトロールを始めた。

任期中、自殺したとみられる21人の検視を行い、約80人を保護した

自殺を思い立って東尋坊に来るのは、9割以上が福井県外の人らしい。

 

「自殺者が家族に宛てた遺書を見せてもらいましたが、

誰ひとり「死にたい」とは書いていませんでした。

また、金銭問題などはっきり原因が分かる人は少ない。

人間関係のつまずきといった、ちょっとしたきっかけで自殺を考えた人が

「助けてくれ」と心の中に思っても、手を差し伸べられない現状があります。」と茂さん。

 

茂さんは定年退職後NPO法人を立ち上げ、現在はメンバー16人がローテーションを組んで、

午前11時から日没までのパトロールに当たっている。

 

ところが、ところがである。今年は3月までの自殺者はゼロなのである。

茂さんたちの活動とともに、「ポケモンGO」効果なのである。

ポケモンGOのプレーヤーが集まる芝生の広場は、かっては自殺を決意した人が最後に思いを巡らす場所だった。

東尋坊に行ってみると分かるが、荒々し岩肌は約1キロにわたって続いており、

眺望の良い記念撮影スポットから少し奥に入ると人通りが少ない場所がある。

 

しかし、「ポケモンGO」のおかげで事態は一変し、

「レアポケモンが多く出るスポットとして有名になり、観光客が途切れることなく訪れるようになった。

この結果、場の雰囲気が変わり、常に人の目があることで抑止効果が生まれたのか、

今年に入ってからの自殺者はゼロ。

「自殺の名所」と言われてきた東尋坊が、汚名を返上したようである。

 

アプリがリリース直後の昨年夏、

東尋坊にポケモン目当ての観光客が大挙して押し寄せていると話題を集め、

夜間に多くの人がテントを張って陣取り、

闇の中沢山のスマートフォンの画面が光っている光景などが地元紙に報じられた。

 

現在。ドローンの導入を検討しており、「ポケモンGO効果」を喜んでいても油断をしていないようだ。

 



mozart1301 at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月02日

あなたは運がいい人ですか?

今日の担当は北村和夫です。

 

中国の古典「淮南子(えなんじ)」に「人生の幸、不幸は転々として、予測がつかない」

ことの例えに「人間万事塞翁(さいおう)が馬」という話がある。

 

中国の北の国境にある城塞の近くに占い上手な老人が住んでいた。

あるとき、その老人の馬が北の胡(こ)の国の方向に逃げていった。

近所の人々は気の毒がって老人を慰めたが、老人は残念がる様子もなく言った。

「このことが不幸であるとは限らない」

 

しばらくして、逃げ出した馬が胡の良馬を沢山連れて帰ってきた。

そこで近所のひとたちがお祝いを言うと、老人は首を振って言った。

「このことが災いにならないとも限らない」

 

しばらくすると、老人の息子がその馬から落ちて足の骨を折ってしまった。

近所のひとたちが慰めに行くと、老人は平然と言った。

「このことが不幸であるとは限らない」

 

その後1年が経ったころ胡の異民族たちが城塞を襲撃してきた。

城塞近くの若者は戦いに行き、胡人から城塞を守ることができたものの、

多くの若者は戦いで命を落とした。

しかし、老人の息子は足を負傷していたため、戦いに行かずに済み、無事だった。

 

この故事からも分かるように、生じる出来事自体が「良いこと」「悪いこと」

といった絶対的な意味を持っているわけではない。

「良いこと」が起きた、「悪いこと」が起きたといった判断は、

すべてその出来事を経験した人間の意味づけによって決まる。

 

そのため、意味づけの傾向がポジティブな人は「良いこと」がたくさん起き、

「運が良い」と感じる機会も多くなる。

逆に、意味づけの傾向がネガティブな人は、「悪いこと」がたくさん起き、

「運が悪い」と感じる機会も多くなる。

 

たとえば、何かをやる際に「きっと上手くいく」と思い込んでいる人は、

「運が良い」と思えるような結果を生じさせる行動をとり、

実際にそういった結果を生じる可能性が高くなる。

「どうせ失敗する」と思い込んでいる人は、

「運が悪い」と思えるような結果を生じさせる行動をとるのであると私は思う。

 

ある心理学者が10年にわたり「運」に関係する研究の結果、

自らを運が良いと思っている人の思考と振る舞いを明らかにし、

その思考と振る舞いを真似る練習プログラムを作り、

任意の参加者に1ヶ月間その練習プログラムを実施してもらった結果、

参加者の80%は

「幸福感や満足感が増え、運が良くなったと感じるようになった」と回答した。」

 

こうしたことから、「運の良い人」「運の悪い人」の差が生じる原因の一つは、

運に対するセルフイメージの違いにあると言えるのではないだろうか。

コーチングの際、クライアントに良いセルフイメージを、

持ってもらえるようなコーチングが我々コーチに必要な能力であろう。

 

あなたの周りには「自分は運が良い」という人はいますか?

そういう人には共通した特徴があるように思える。

・明るく前向きな性格であること

・肩の力が入っておらず、自然体で、柔軟に物事を捉えられること

。人付き合いを大事にし、感謝の気持ちを持っていること

 

経営の神様と呼ばれた松下幸之助氏は、

採用面接のときに「あなたは運がいいですか?」と必ず質問したそうだ。

「運が悪い」と答えた人は、他の回答が良くても不採用にしたらし。

つまり、自分のことを「運が良い」と思っている人を採用していた。

「自分は運が良いと思える人格こそが、組織に成長をもたらす人材に求められる要素である」と思ったのだろう。

 


************************************
共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!

2017年3月12日(日)9:15〜11:45
新・基礎講座4-3のご案内
「コーチングスキルを使えるようになろう〜その2〜」

「新・基礎講座」は、コーチングの基礎的なこと(スキルやマインドなど)について知り、学ぶことができる講座で、
コーチングの基礎を知りたい方、以前学んだコーチング・スキルなどをもう一度チェックしたい方々のために企画されたセミナーです。
昨年実施した「基礎講座」を進化させ、実践事例やコーチとしての在り方や考え方もお伝えできるように実践的なプログラムを提供しようと考えています。
コーチングを学び始めたばかりの方にとってはもちろん、すでに学んだ方にとってもこれまで身につけたことを再度見直すよい機会になります。
新・基礎講座は1クール6回構成(1〜6)で、今年も原則として毎月1回で2クールを実施する予定です。講座の1〜6回に自由に、何度でも参加できます。
詳しい内容等については、講座の中でお伝えしていきます。

★今回は、第4クールの講座3です。新たに参加される方も、以前他のプログラムに参加した方も歓迎いたします。
今回予定しているテーマは、「コーチングスキルを使えるようになろう〜その2〜」

1.話を引き出す、思いを広げる質問力: 質問されたら、いろいろ考え、やる気出てきた。さあ、やるぞ!
2.自分と違う考えの人と話す: 自分と違う考えの人と話すって苦手でも、本当に違うの?

参加者からリクエストのあった状況を基に、具体的な会話事例を使って、さまざまな展開方法で、
コーチングスキルの使い方や考え方を学ぶ実践的なプログラムです。

なお、前回4-2の参加者は6名で、新しい内容・展開に、みなさんから「満足」という評価をたくさんいただきました。
詳しくは、ホームページの実施報告をご覧ください。

高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。
☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆


開催概要
◆日時:3月12日(日)9:15〜11:45 受付開始9:00より
◆会場    :東京ウィメンズプラザ(JR渋谷駅徒歩12分、地下鉄表参道駅徒歩7分)
◆参加費:大人2,000円 学生1,000円(当日受付にてお支払いください)
◆定員:20名(申込先着順)
◆お申込み:HPからエントリーをお願いします
 http://ciie.jp/
◆お問い合せ:HPから送信をお願いします(担当:川本)

なお、今後の「新・基礎講座4-4」は4月16(日) 9:15〜11:45に東京ウイメンズプラザで実施予定です。
内容は、「コーチングスキルを使えるようになろう 〜その3〜」
詳しくは、ホームページで確認してください。
************************************



mozart1301 at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)