西川 ゆうこ

2018年10月29日

5秒待ってくれたなら・・・

本日の担当は西川ゆうこです。

先日花火大会に行ってきました。

1キロぐらい離れたビルの屋上から見たのですが 

花火の大きさ、音、数ともに 素晴らしく

色も透き通った青や、ゴールド、薄いピンクなどは

特に美しく 私の目に入ってきました。

広い空の一部に 咲く花火を見ていると

今までみた花火のことを 思い出しました。

遊園地で観覧車の上に上がる花火だったり、

海辺で潮風にあたり、少し夜風が寒いと思いながら見る花火だったり、

高いビルの窓の正面に上がる花火をみたこともあったな〜。

と それぞれ親だったり、友達だったり、仕事の同期だったり

などなど たくさんのことを 思い出して 心はすっかり

暖かく なんとも言えない メレンゲのような気持ちになっていました。

そして だんだん終盤に近づいて これで最後かな?と思っってから

その後  5分以上も フィナーレの 盛大な花火が上がり

そして そして 大輪の花火でフィニッシュ。

なんと気持ちのすっきりしつつ 晴れやかで、心地よ〜い

その感覚に浸って 自分の世界に入り込んでいました。

目の前の綺麗な出来事ととともに 自分の記憶が蘇る心地よさを

味わうのは久しぶりでした。

まだまだ このままで・・・と思っていたら

「西川さん」 と 大輪の花びが終わるか終わらないかの時に

声をかけられてしまいました。

浸っていたかったので ちょと無視したのですが また声をかけられて

振り向くことに、、、その時の私の がっかりしたことと言ったらありません。

暖かい気持ちだったのがちょっと不機嫌になってしまうぐらいな気持ちでした。


その人は 綺麗だったこの一瞬を 逃さずに一緒に分かち合いので

声を すぐかけたのだと思うのです。

ただ私は じっくり味わってから 一緒に分かち合いたかった。。

多分 あと5秒待っててくれたなら、、、そして声をかけてくれたなら、、、

この時間を一緒に過ごせたことを 言葉で表現しながら ともに味わえたなあと。

本当に ちょっとした タイミング。


コーチングで相手を観察するっていうのは 大切だと言われていますが、

こういうタイミングを見逃さず 相手のことをサポートすることで

効果は全く違うだろうなあと、まして子どもの感性はもっとしなやかで純粋で

柔らかいから 1秒違うだけでも 違う結果を引き出すこともあるなあと

いうことを 改めて 今回のあと5秒待ってくれたらなという体験で思いました。


 



arigato3desu at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年09月06日

未体験をこれっきりに

本日の担当は西川ゆうこです。

 

この暑かったこの1ヶ月以上、咳が出るという症状が止まらず

とはいえ 初めの1週間ほどは 声がかすれながら咳が30分に1度ぐらい出るというぐらいの症状で、
あとは 夜寝ている時に 数回起きて

むせるように咳が出るという状況が続きました。

 

歳を取ったっていうことだよなあ 
あああ 痩せにくくなるというし・・・納得済み

怪我も治りにくいというし・・・納得済み

ううう 風邪が治りにくいというし・・・まだ未体験だったが とうとう・・・

 

あまり嬉しくなこの未体験は、なんとか納得せずに、
これっきりししたいなあと思い

まずは治すことからと

そういえば 精を出すにはにんにくが良いらしくてにんにく注射とかしてた人
いたなあと思い出し、にんにくは皮ごと調理するれば臭わないってことなので

丸ごとにんにくを茹でて 冷蔵庫に保存して1週間ほどひとかけらづつ食べることを
開始。
結構効果があったようで、咳が治りました。

 

この夏の暑さで体力が保てていなかったことは大きな理由だとは思うのですが、

体力だけではなく、気力までも減っていたのではないかと。

病は気からということもあるだろうから 気力のアップをしようと、
気軽に試せることはないかなあと、

自分の承認をもっとしよう!と 寝る前に「今日もお疲れ様自分♪」だけではく

もう少し具体的に

「今日は○○○を頑張りました。よくできました!」と言ってから寝ることにしました。
寝つきが良くなったなあとおもっています。

よくできました!というテストに書いてあった(わたしの場合にはたま〜に)

その言葉を結構気に入っています。

そこで 子どもの時に嬉しかった言葉だけよりも、子どもの時自体にエールを送ったら
もっと良さかなあと、
これから、子どもの頃の自分にエールを送ることをしてみようと思っています。

 

そんなことをしながら 秋に脂肪を増やさずに

子どもたちに使える言葉を増やながら、

この冬に風邪をひかないこと! 目標に頑張ります!

 

 

 お待たせしました!
『コミュニケーション広場3』開催のご案内です。

◆9月16日(日)開催◆
『コミュニケーション広場3』

「コミュニケーション広場」は、集まった人と一緒に創っていく学びの空間。
毎回のプログラムはコーチングなどのコミュニケーションスキルや、実際に会話をしながら体験的に関わり方のコツを身に付けられる内容で構成されています。
参加されるみなさんの「こんなことがあった・・」「こんな時はどうするの?」という具体的な課題をもとに、人との関わり方や繋がりについても深め、学んでいきます。

開催日:2018年9月16日(日)10:00〜12:00(受付9:45〜)
第3回のプログラム:第3回は午前のみのプログラムです。

【1】「違う年代の人とうまく話せコツ」
自分より年上の方と話すとき、あるいは、若い方との会話で、あなたはうまくコミュニケーションできていますか?
今回は、自分と違う年代の方との上手な会話について、一緒に話しながらアイデアを共有しましょう。
【2】「体験、グループコーチング」
参加される方自身の達成したい、解決したいテーマについてグループコーチングをします。
あなたは、相談者であると同時にコーチ役!
さぁ、一緒に楽しみましょう

会場:東京ウィメンズプラザ
参加費:2,000 円(学生は1000円)(定員20名)
問い合わせ:HPのお問い合わせフォームより(担当:川本)

詳細・お申し込みはHP http://www.ciie.jpからお願いいたします。
高校生以上のどなたでもご参加になれます。あなたのご参加をお待ちしています。

*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************

 



arigato3desu at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年07月12日

ちょっとづつ 作戦


本日の担当は西川ゆうこです


洋服ダンスの中はどんな風になっていますか?

シャツが一枚が一つの棚に美しくしまわれているクローゼットが

ドラマなどで出てくると あ〜あれだったらなあと 昔はよく思っていました。

というのは、主人のポロシャツは8枚ぐらい重なって入っているのです。

そうすると一番上のポロシャツを着たい時であれば いいのですが

上から3番目以下のポロシャツが着たいとなった時に

他のポロシャツも一緒に出てしまったり、

積み重ねが 崩れていたり・・・・・

前は 私がそれを直していたので ドラマ見て あ〜と思っていたのですが

最近 自分でやってもらおうと思い立ちました。

それで

  「ポロシャツをとる時には 他のが出ないようにとってね」

と伝えました。・・・その日は 上手に出してくれました。

ところが そんなことが 続くわけもなく。。。

口で伝えるということが 何度か繰り返されました。

そこで メモをポロシャツの棚の上に貼ることにしました。

  「シャツは 綺麗に出しましょう」

少し効果はあり、崩れたりする状態は緩和されました。

とはいえ、出す前の状態と同じような状態とは 程遠く、、、

そこで 考えました。綺麗に出しましょうという言葉を

工夫すれば もう少し 綺麗に出してくれるかもと。

メモの内容を変えました。

  「両手を使って、他のシャツを持ち上げて出しましょう」

だいぶ綺麗に 出してくれるようになりました。

そこで もう少し考えました。 今書いている内容では

作業の手順っぽいなあと。愛情を振りかけてみました。

  「愛情を込めて たたんでいます 元どおりにしておいてね」





今は、綺麗に出せなかった時は、自分で元どおりにしてくれています。




お待たせしました!
新講座、『コミュニケーション広場』のご案内です。
夏休みに、新しい学びをはじめてみませんか?

◆7月29日(日)開催
『コミュニケーション広場1』

「コミュニケーション広場」は、
集まった人と一緒に創っていく学びの空間。
毎回のプログラムはコーチングなどの
コミュニケーションスキルや、
実際に会話をしながら体験的に関わり方の
コツを身に付けられる内容で構成されています。
参加されるみなさんの「こんなことがあった・・」
「こんな時はどうするの?」という具体的な課題をもとに、
人との関わり方や繋がりについても深め、学んでいきます。

開催日:2018年7月29日(日)10:00〜16:00(受付9:45〜)
第1回のプログラム:
午前中:「最近、あなたのコミュニケーションは
うまくいっていますか?
コミュニケーションの課題を具体的に深めていきます。
午後:「自分のコミュニケーションスタイル、わかりますか?」
自分のコミュニケーションの特性を理解し、
相手との関わり方を考えます。
ともにロールプレイなどで体験的に学んでいきます。
会場:東京ウィメンズプラザ
参加費:3,000 円(学生は1500円)(定員20名)
※午前のみ、午後のみの参加も可能です
問い合わせ:HPのお問い合わせフォームより(担当:柳原)

詳細・お申し込みはHP http://www.ciie.jpからお願いいたします。
高校生以上のどなたでもご参加になれます。あなたのご参加をお待ちしています。


↓こちらも受付中です。
コーチング初めての方は、ぜひコミュニケーション広場1とあわせてご参加ください。
◆8月11日(土・祝日)開催
教師のためのコーチング講座
『パーソナル・ファウンデーション
   〜自己基盤を整える(基礎編)〜』

コーチングの基本スキルを学んでいる先生向けに、
パーソナル・ファウンデーション(自己基盤)の理解を深め、
実践するためのヒントを持ち帰っていただく体験型のセミナーです。
普段の教育活動やコーチングの中に
パーソナル・ファウンデーション(自己基盤)
の視点を取り入れることに興味関心がある先生におススメです。

開催日:2018年8月11日(土・祝日)10:00〜16:00
内 容:
(1) パーソナル・ファウンデーションの理解(講義+ワークショップ)
(2) ワールドカフェ(形式)による意見交換
(3) 実践にどう取り入れていくか(コーチング)
会 場:東京ウィメンズプラザ
対 象:教師および教育関係者でコーチングの基礎
(聴く・承認・質問程度)のセミナーを受講して、
教育現場で実践している方
※未履修の方は7月29日に開催予定のコミュニケーション広場1を
受講してからお申し込みください。
ご都合がつかない場合は事前にご相談ください。
参加費:3,000 円(定員24名)
問い合わせ:ciie.teacher@…(担当:山村)

詳細・お申し込みはHP http://www.ciie.jpからお願いいたします。

なお、どちらの講座もHPからチラシをダウンロードすることが出来ます。
どうぞお誘い合わせのうえ、お申し込みください。

*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@…
*********************



arigato3desu at 05:00|PermalinkComments(1)

2018年05月17日

影響してる?

本日の担当は西川ゆうこです。

ゴルフのイアン・ポールター選手が4月頭にあったゴルフ大会で優勝して
その次の週に開催される、世界のプロゴルファーが出場を目指すマスターズへの
最後の出場権を得ました。

イアン・ポルター選手は石川遼選手がウエアのお手本としていると話した
イギリスで42歳という年齢は20歳前後の若い選手も大勢活躍する中では
大ベテラン。

ポールター選手は3月末にあった別の試合の前の準々決勝を前に
64位にいた世界ランクが50位以内に入るので
マスターズの出場が確定したとの情報があり、素直に素晴らしいと
よろこんだ矢先に、実はこの情報が間違いであったということが発覚して、
ショックのためか準々決勝で大敗。
「(情報を)聞くべきではなかった・・」と振り返り
「これが大敗の言い訳になるわけではない。ただ、失望している」と。

ポールター選手の力が変わったわけではなく、情報という練習ともその時の
力とも関係のないことが、ゴルフというメンタルの力が問われる
スポーツでは特に影響するんだなあと、心・体は一体と実感。

今年初めてそのマスターズに出場した小平選手。
初日の一番ホールでマスターズ初の一打目を打ってフェアウエイを歩いている時、
一緒に回っていたマスターズ優勝者で55歳フィジーのビジェー・シン選手が
「若く見えるけど いくつ?」と
声をかけられて緊張感がほぐれたと。
このシン選手のさりげない声がけが
どれほど小平選手の肩の力を抜いてくれたことでしょう。
そして 小平選手は予選を通過して初出場で28位。
そして そして 大きなニュースとなった
マスターズの次の週に行われた大会で、6打差を逆転して優勝!!!
日本人として、アメリカツアーでの優勝者の5人目となる。
なんと 素晴らしい!!!!!

情報の間違いやシン選手のさりげない声がけが人の心を動かして
影響してるのでは?と この1ヶ月間ゴルフというスポーツの話題を
聞きながら言葉の大切さを感じていました。
緊張している人を 見つけたら シン選手を思い出そうと思っています。



*************

こんにちは。共育コーチング研究会です。
本日は2つ、ご案内です。

1.【新基礎講座第6クール講座5のご案内】
2.【出張セミナープレゼントのご案内】

**********************************
1.◆新基礎講座第6クール講座5のご案内です◆
HPからのお申し込み受付を開始しました。

講座5:5月20日(日)9:15 〜 11:45
「新・基礎講座」は、コーチングの基礎的なことについて学ぶことができる実践的な講座です。
コーチングの基礎を知りたい方、日常生活の中でさまざまに活用したい方、以前学んだコーチング・スキルやコーチとしての在り方、背景となるマインドなどをもう一度チェックしたい方々のために企画されました。
プログラム内容は毎回変わるので、講座1〜6のどの回からでも参加が可能です。
今回のご案内は、第6クールの講座5です。
新たに参加される方も、以前他のプログラムに参加した方も歓迎いたします。

★第6クール講座5のテーマは、「相手が思わず行動したくなる伝え方・問いかけ」です。
相手の心に働きかけ、より深く考えて行動しようとする問いかけについて実践的に学んでいきます。
高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。
内容等、ご不明な点は遠慮なくお問い合わせください。

開催概要
◆日時:講座5 5月20日(日)9:15〜11:45(受付9:00〜)
◆会場:東京ウィメンズプラザ(JR渋谷駅徒歩12分、地下鉄表参道駅徒歩7分)
◆参加費:大人2,000円 学生1,000円(当日受付にて)
◆定員:20名(申込先着順)
◆お申込み:HPのお申し込みフォームより
 http://ciie.jp/
◆お問い合せ:HPのお問い合わせフォームより(担当:柳原)

次回の「新・基礎講座6-6」は、6月10日(日)東京ウィメンズプラザで開催予定
です。
内容など詳しくは、事前にホームページで確認してください。
みなさまのご参加を、心よりお待ちしております。

**********************************
2.◆出張セミナープレゼントのご案内◆

共育コーチング研究会では、2001年設立よりこれまでに小・中・高校、PTA研修会などで10,000名を超える皆さまにコーチングをお伝えしてまいりました。
長年にわたるみなさまのご協力やご声援にメンバー一同、こころから感謝しております。

この感謝の気持ちを込め、2018年は、出前セミナーをプレゼントすることになりました。
うかがうコーチの講師料は不要です。(交通費等はご負担ください)
講師料の費用面でこれまで依頼を諦めていた皆さま、ぜひこの機会にご検討、ご計画ください。
開催予定日より2ヶ月以上の余裕を持ってご計画、ご連絡ください。

内容等の詳細は共育コーチング研究会HPをご覧いただき、ご興味がございましたら、HPのお問い合わせフォームより、ぜひお問い合わせください。
皆さまのご連絡、お問い合わせを心よりお待ちしています。
↓こちらから
http://ciie.jp/contents/1076/

今年も皆さまとたくさんお目にかかれることを楽しみにしています。

*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************

 


 








arigato3desu at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年02月22日

雪かきを見たら

本日の担当は 西川ゆうこです。
先日関東でも大雪となった日に 保育園をしている友人からメールが
入りました。
「今 近所7件と通りに出るところにある階段150段あまりの
雪かきを終えました。」と。
「お疲れ様〜。やるじゃない!」と 送ると。
「雪がサラサラのうちに雪かきしたほうが 明日が楽だからね。」と。
同じ雪かきでも タイミングを考えることで
倍の広さができることもあるとのこと。
そうだよなあ。 タイミングってとっても大切。
「明日が楽だから と思って頑張ったら
次の日暖かくて すっかり溶けちゃって、 そして
雪かきして 雪を積んだところは 残ってる な〜んてこともあるよ・・・・・」
ふむふむ 早いタイミングだけがいいわけでもなさそう。
雪かきへの負担を考えたら 次の日溶けてたらがっくりだけど、
その夜にその道を歩いた人は安全に帰れたと思うなあ。
 

そうそう、安全に周りの方が歩けるということのための
雪かきだけど、そういう後ろ姿があるって
ありがたいなあと 感謝の気持ちになったり、
頑張ってと 応援したくなったり
転ばないでよと 心配したり
人の心が動くという 安全だけではない 心の温もりになるなあと
メールのやり取りをしながら感じていました。


きっと その保育園の子どもたちは そんな彼の後ろ姿を見て
色々なことを 感じていることと思います。


雪かきを見るたびに 後ろ姿で何かを感じてもらえる人になろうという
気持ちを呼び起こそうと思う私です。


**********************************
新基礎講座第6クール講座3のご案内です。

講座3:2018年3月11日(日)9:15 〜 11:45

「新・基礎講座」は、有効なコミュニケーション手法の一つであるコーチングンの
基礎的なことについて学ぶことができる実践的な講座です。
コーチングの基礎を知りたい方、日常生活の中でさまざまに活用したい方、
以前学んだコーチング・スキルやコーチとしての在り方、背景となるマインドなどを
もう一度チェックしたい方のために企画されたセミナーです。

以前の「基礎講座」を進化させ、座学的な憶えるだけの研修ではなく、具体的な事例、
コーチとしての在り方や考え方もお伝えできるように、ロールプレイや体験のシェアなどを
まじえた実践的・体験的なプログラムを提供して、わかりやすくてすぐ使えるようになる
研修をめざしています。

コーチングを学び始めたばかりの方にとってはもちろん、すでに学んだ方にとっても
これまで身につけたことを再度見直すよい機会になります。

新・基礎講座は1クール6回構成(1〜6)で、今年は原則として毎月1回で
今年は2クールを実施する予定です。参加者やプログラム内容は毎回変わるので、
講座の1〜6回のどの回にも自由に、何度でも参加できます。

★今回のご案内は、第6クールの講座3です。新たに参加される方も、以前他のプログラム
 に参加した方も歓迎いたします。今回予定しているテーマは
 「 あなたのコミュニケーションスタイルは? 」
 人は誰もその人らしいコミュニケーションの形を持っていて、
 日々そのやり方だけを使う人が大半だと言われています。
 自分や相手のコミュニケーションスタイルがわかり、
 それに応じた関わりができるようになると、毎日のストレスが軽減したり、
 関わり方が良いほうに変わります。人間関係を改善することに約立つ、
 すぐに使える有効な学びになるはずです。

★これまでこの新・基礎講座に参加した方からは、
 以下のようなことに役立ったと感想をいただいています。
 ・子どもや人との関わりが良くなりました。
 ・以前より、誰の話も落ち着いて聞けるようになりました。
 ・自分のコミュニケーションのとり方の傾向が分かりました。
 ・ものごとの捉え方のレパートリーが広がりました。
 ・相手と自分の関係性を深く理解できるようになりました。


高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。
☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆

なお、今後の実施予定は、以下の通りです。
「新・基礎講座6−4」は、4月8日の日曜日に東京ウィメンズプラザで、
「新・基礎講座6−5」は、5月13日の日曜日に東京ウィメンズプラザで、
実施予定です。内容など詳しくは、事前にホームページで確認してください。

みなさまのご参加を、心よりお待ちしております。

開催概要
◆日時:講座3 3月11日(日)9:15〜11:45(受付9:00〜)
◆会場:東京ウィメンズプラザ(JR渋谷駅徒歩12分、地下鉄表参道駅徒歩7分)
◆参加費:大人2,000円 学生1,000円(当日受付にてお支払ください)
◆定員:20名(申込先着順)
◆お申込み:HPのお申し込みフォームからエントリーをお願いします
 http://ciie.jp/
◆お問い合せ:HPのお問い合わせフォームから送信をお願いします
(担当:川本)


*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************




arigato3desu at 05:00|PermalinkComments(0)

2018年01月18日

感覚と記憶

本日の担当は西川ゆうこです。

体の感覚に残りやすい感覚ってどんなことがありますか?
今だったら暖かいとか寒いとか。冷たいとか痛いとか。
ボールを投げる瞬間の手のひらの感覚とか。イヌをなぜた手触りとか。
パンや粘土をこねるとか。
エアパッキンをつぶすとか。
などなど みなさんそれぞれ残っている感覚があると思います。

そして その感覚と共に思い出す感情もあるかと思います。
足元が暖かいと、コタツでみかん食べてホッとしている感覚を思い出すとか。
エアパッキンを見ると、プチプチとつぶしてすっきりしたくなるとか。

私はセロファンテープを貼るために引っ張る時に 何か気持ちが
動くことを感じていました。
なんとも言えない気持ちで、嬉しいわけでもなく 悲しいわけでもありません。
ほーんのちょっとピシッとするような感じというのが
近いかもしれません。

なぜ そんな気持ちが蘇るのだろうと思っていました。
セロファンテープで遊んでいて怒られたりしたのかな?
怒られて、凹んだというような気持ちとは違っているので
何だろうとなどと思っていました。

最近 ある映像を思い出したのです。
封筒の封の真ん中に 5センチぐらいのセロファンテープが貼ってある映像でした。
そこから 記憶が少し辿れました。
まだ私が 小学生にもなっていない時だったと思います。
祖父が 封筒にテープを貼って欲しいと頼まれて
私は 封全体にテープを貼りました。
祖父はその全体に貼られた封を見て  アジャ〜 というような感じの
表情だったような記憶が戻ってきました。

それで 母に確認しました。 祖父は節約家だったか?と
そうすると 節約家というより、合理的な人だった。と。
後先のことを考えて、行動する人で、
必要なことを合理的に、こなすために頭を使うことをしている人だったと。
それを聞いて私は自分の今までよくわからなかった感覚が
少し言葉にできた気がしました。
何事も先のことを考えてやりなさい。と言われている感じ、
だとすると ピシッとという感覚にあうなあと。

祖父の5センチだけ貼っていたのは 投函するためではなく
資料を整理するためだったのだろうと。またあとで開けたりするので
ちょっとだけ貼って、資料が出ないようにしていたのではないかということでした。

自分の感覚の中に何か残っていたものが、
祖父とのやり取りの記憶だったのかなと思うと
テープを貼ること自体がとても愛おしく思えるようになっています。



**********************************
新基礎講座第6クール講座2のご案内です。

講座2:2018年2月18日(日)9:15 〜 11:45

「新・基礎講座」は、有効なコミュニケーション手法の一つであるコーチングンの
基礎的なことについて学ぶことができる実践的な講座です。
コーチングの基礎を知りたい方、日常生活の中でさまざまに活用したい方、
以前学んだコーチング・スキルやコーチとしての在り方、背景となるマインドなどを
もう一度チェックしたい方のために企画されたセミナーです。

以前の「基礎講座」を進化させ、座学的な憶えるだけの研修ではなく、具体的な事例、
コーチとしての在り方や考え方もお伝えできるように、ロールプレイや体験のシェアなどを
まじえた実践的・体験的なプログラムを提供して、わかりやすくてすぐ使えるようになる
研修をめざしています。

コーチングを学び始めたばかりの方にとってはもちろん、すでに学んだ方にとっても
これまで身につけたことを再度見直すよい機会になります。

新・基礎講座は1クール6回構成(1〜6)で、今年は原則として毎月1回で
今年は2クールを実施する予定です。参加者やプログラム内容は毎回変わるので、
講座の1〜6回のどの回にも自由に、何度でも参加できます。

★今回のご案内は、第6クールの講座2です。新たに参加される方も、以前他のプログラム
 に参加した方も歓迎いたします。今回予定しているテーマは
 「 コーチングの基礎2 〜 あなたはキャッチボールが上手ですか?(仮題) 」
 と題して、基礎の基礎について深めます。今回も会話事例やあなたの人との関わり方の
 課題等を題材として活用し、さまざまな展開方法で、基礎的なスキルの使い方や
 考え方などを学ぶ実践的なプログラムです。

★これまでこの新・基礎講座に参加した方からは、
 以下のようなことに役立ったと感想をいただいています。
 ・子どもや人との関わりが良くなりました。
 ・以前より、誰の話も落ち着いて聞けるようになりました。
 ・自分のコミュニケーションのとり方の傾向が分かりました。
 ・ものごとの捉え方のレパートリーが広がりました。
 ・相手と自分の関係性を深く理解できるようになりました。


高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。
☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆

なお、今後の実施予定は、以下の通りです。
「新・基礎講座6−3」は、3月11日の日曜日に東京ウィメンズプラザで、
「新・基礎講座6−4」は、4月8日の日曜日に東京ウィメンズプラザで実施
予定です。内容など詳しくは、事前にホームページで確認してください。

みなさまのご参加を、心よりお待ちしております。

開催概要
◆日時:講座2 2月18日(日)9:15〜11:45(受付9:00〜)
◆会場:東京ウィメンズプラザ(JR渋谷駅徒歩12分、地下鉄表参道駅徒歩7分)
◆参加費:大人2,000円 学生1,000円(当日受付にてお支払ください)
◆定員:20名(申込先着順)
◆お申込み:HPのお申し込みフォームからエントリーをお願いします
 http://ciie.jp/
◆お問い合せ:HPのお問い合わせフォームから送信をお願いします
(担当:川本)


*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************






arigato3desu at 05:00|PermalinkComments(0)

2017年12月07日

今週は人権週間ですね

本日の担当は 西川ゆうこです

今週は人権週間なので、子どもに人権って何?って聞かれたら

どんなふうに説明したらいいかなと ネットで色々検索してみました。

子育てネットほいくるからの抜粋です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人権って何? 一人ひとりが生まれた時から持っている「自分らしく生きる」権利のこと。
権利って少し難しいけど、「自分らしく生きて良いですよ」ということ。

自分の好きなところはどんなところ?か
目が大きいところ?いつも元気いっぱいなところ?
自分自身の良いところをたくさん見つけられたら、きっと自分のことがもっと好きになるよ。

お友達の好きなところってどんなところ?
いつも優しいところ?力餅なところ?
お友達の良いところをたくさん見つけられたら、その子のことがもっと好きになるし、
きっとお友達も嬉しいはず。

自分とお友達の違うところってどんなところ?
一人ひとり良いところ、素敵なところをたくさん持っているよね。
それを「個性」と言うんだよ。
みんなそれぞれ違うところを認め合いながら、自分やお友達の良いところをたくさん見つけてみよう!

得意なことや苦手なことも人それぞれ。
みんなが一人ひとり優しい気持ちを持って、困っている人がいたら、それぞれの得意なことを
生かして助け合えたらいいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分自身の良いところを知って自分を好きになることがスタートになっていることが
新鮮でした。
普段子どものことを一生懸命第一に考えている皆さん
まずは 今週末は 自分のことを大切にしてみませんか?

そして 子どもの権利について こんなHPがありました。


普段から自分のことを大切にしているよ という方
よかったら 見てみてくださいませ。



 **********************************
新基礎講座第6クール講座1のご案内です。
いよいよ今年最後の講座のご案内となります。
本日より、お申し込み受付を開始しました。

講座1:2018年1月14日(日)9:15 〜 11:45

「新・基礎講座」は、コーチングの基礎的なこと(スキルやマインドなど)
について学ぶことができる実践的な講座です。
コーチングの基礎を知りたい方、以前学んだコーチング・スキルやコーチ
としての在り方などをもう一度チェックしたい方々におすすめです。

★第6クール講座1のテーマは「 コーチングの基礎1 〜 これが大切なベストスキルだ! 」
 と題して、コーチの基礎について深めます。今回も会話事例やあなたの抱えている
 関わり方の課題等を題材として活用し、さまざまな展開方法で、基礎的なスキルの使い方や
 考え方などを学ぶ実践的なプログラムです。

★これまでこの新・基礎講座に参加した方からは、
 以下のようなことに役立ったと感想をいただいています。
 ・子どもや人との関わりが良くなりました・
 ・以前より、誰の話も落ち着いて聞けるようになりました。
 ・自分のコミュニケーションのとり方の傾向が分かりました。
 ・ものごとの捉え方のレパートリーが広がりました。
 ・相手と自分の関係性を深く理解できるようになりました。


高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。

開催概要
◆日時:講座1 1月14日(日)9:15〜11:45(受付9:00〜)
◆会場:東京ウィメンズプラザ(JR渋谷駅徒歩12分、地下鉄表参道駅徒歩7分)
◆参加費:大人2,000円 学生1,000円(当日受付にて)
◆定員:20名(申込先着順)
◆お申込み:HPのお申し込みフォームからエントリーをお願いします
 http://ciie.jp/
◆お問い合せ:HPのお問い合わせフォームから送信をお願いします
(担当:川本)

「新・基礎講座6-2」は平成30年2月18日(日)に東京ウィメンズプラザで実施予定です。
時間や内容など詳しくは、事前にホームページでご確認ください。

みなさまのご参加を、心よりお待ちしております。

*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
*********************


arigato3desu at 05:00|PermalinkComments(0)

2017年10月26日

事実を受け入れる


本日の担当は 西川ゆうこです。

めっきり寒くなりましたね。
そして 雨も降るのでより寒く感じています。
ちょっと予想より 低い気温になるのが早くて 体はこの気温受け入れられないよ〜という方も
いらっしゃるのではないでしょうか?


さて 15年一緒に暮らしてきた 犬が1ヶ月ほど前になくなりました。
そろそろ寿命でもあり、1年ほど前から 歩く早さも遅くなり、
半年ほど前から 階段も一人だけでは降りられても登れなくなっていたので
頭では覚悟して過ごしていましたが、犬の死を自分の心が受け入れられるのか
ずっと不安でした。

犬が亡くなる 3週間ほどほど前に 犬を亡くされた方と会話をしました。
感情表現が豊かで、一人よりもみんなで楽しむのが好きというような方です。
「犬がなくなって ショックではなかったですか?」と聞いてみました。
そうすると 
「 寿命が来て 死んだんだなと思った。 」
と。
『えっ?・・・・・・・」
会話はそこで終わりました。
語られたその言葉は 事実そのもの。
そこに 感情が入っていませんでした。
目の前の事実を 事実として 受け入れました。 というように聞こえました。

それから 私は 自分自身に不安を抱くことは やめよう。
私の心は 必ず受け止められる 大丈夫。
寿命まで元気でいてくれていることに感謝すればいい。
そう考えるようになったんだと、自分に染み込ませました。

犬は  私がそう思えるようになったのを 感じ取ったかのように
1週間立ち上がることがない状態を過ごした後に 亡くなりました。
そして 私は 目の前で そっと息を引き取っていくのを
自分でもびっくりするほど穏やかに 受け入れることができました。

3ヶ月前に 同じ事実が起きていたら、 
自分の頭の中にある 不安を引っ張り出して 悲しみだけを受け入れてしまい、
一緒に生きていた時間にありがとうを言えずに、
逝かないで!と言ってしまったかもしれません。

ちょっと 寒い秋ですが、 この気温を受け入れて
あったか〜い食べ物で 体が温まる幸せを たくさん感じられる秋だなと
思いながら過ごしたいと思っています。





**********************************
新基礎講座第5クール講座6のご案内です。
いよいよ今年最後の講座のご案内となります。
本日より、お申し込み受付を開始しました。

講座6:2017年11月26日(日)9:15 〜 11:45

「新・基礎講座」は、コーチングの基礎的なこと(スキルやマインドなど)について学ぶことができる実践的な講座です。
コーチングの基礎を知りたい方、以前学んだコーチング・スキルやコーチとしての在り方などをもう一度チェックしたい方々におすすめです。

★第5クール講座6のテーマは「 コーチってどんな人 〜 コーチの基礎・基本的な在り方 」
と題して、コーチのファウンデーション(基盤)について深めます。
けっこう、興味深いと思います。
高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。

開催概要
◆日時:講座6 11月26日(日)9:15〜11:45(受付9:00〜)
◆会場:東京ウィメンズプラザ(JR渋谷駅徒歩12分、地下鉄表参道駅徒歩7分)
◆参加費:大人2,000円 学生1,000円(当日受付にて)
◆定員:20名(申込先着順)
◆お申込み:HPのお申し込みフォームからエントリーをお願いします
 http://ciie.jp/
◆お問い合せ:HPのお問い合わせフォームから送信をお願いします
(担当:川本)

新しいクールとなる、「新・基礎講座6-1」は来年、
平成30年1月14日(日)に東京ウィメンズプラザで開催予定です。
時間や内容など詳しくは、事前にホームページでご確認ください。

みなさまのご参加を、心よりお待ちしております。

*********************
共育コーチング研究会
http://ciie.jp/
info@ciie.jp
********************* 


arigato3desu at 05:00|PermalinkComments(0)

2017年09月11日

血の繋がり

本日の担当は西川ゆうこです
先日ふたごが生まれたというお父様 東山さんとお話をする機会がありました。
東山さんはすでにお二人のお子さんがいらして、4人兄弟となったことを喜んでいました。
なかなか4人のお子さんのお父さんに会えるチャンスもないので
お子様が4人になって今までの子育てと何か違うことってありますか?と聞いてみました。

まだ数ヶ月だけれど、一人の人間として自分とは違うなあと感じていると。
それは自分に顔がまだ似ていないとかそういうことではなくて、
一人の人間としての意思があってそれは ふたごであってもそれぞれにすごく違うんだなあと。
そう感じた時に 生まれて数ヶ月だけれども一人の人間として存在していて、
親だからといって自分の主張を押し付けてはならないと思うと。
自分の子どもだけど、自分の子どもではないような意識に双子が生まれてなったと。
そして 血の繋がりってあんまり関係ないのかなと感じると。


前の2人の時よりも、余裕がでてきて、気持ち的には楽だけど 時間的には
結構大変ですというような返事が返ってくるのかなと思っていたので、
少々びっくりして、しばらく もやもやしていたら、
以前に大学で保育士育成をしている先生が生徒にこんな質問をすると
言っていたことを思い出しました。

「子育てで血の繋がりと愛情は関係があるか?」という質問をすると生徒は
「関係があると思う」と大抵が答えると。その時はもう一つ質問をすると
「では、生まれた時に取り違えられてしまったことを知らずに育てると、愛情が違うということか?」
生徒はそう質問することで、血の繋がりということに対しての価値観が変わってくると。
生徒の中には、血の繋がった子どもに対して、愛情を持てない親がいた場合にその親に対して
非難の目を向けてしまう生徒には、こんな質問を投げかけて考えてもらっていると。
先生は、血の繋がりへのこだわりは子育てにおいて必要ではないと考えていると。


それを思い出して もやもやが晴れました。
子育てにおいて、子どもと自分の境界線がどこにあるのか?
という質問が頭に湧いてきたからです。
血の繋がりを、子育ての境界線にしてはならないのだと。
血の繋がりがあることで、自分の分身のように考えてしまい距離を取りにくかったり、
血の繋がりがない子(再婚や里親さんのお子さんなど)に対して、血の繋がりがないからそもそも
距離があるのだと思って、仕方がないと考えてしまったり、
子育てにおいて、血の繋がりを意識してしまったら、もしかしてそこを理由に上手くいかないことの
理由にしてないかな?とちょっと考えてみる余裕があってもいいのかなと感じた次第です。
 


 





 



arigato3desu at 05:00|PermalinkComments(0)

2017年07月27日

大好きなスイカと感謝

本日の担当は西川ゆうこです

私にとって夏の楽しみはスイカを思う存分食べること。

でした、、、、ところが 
 このところ スイカを食べると
お腹の調子が悪くなってしまい、
食べたい・・・・・けど・・・・心配
で・・・・食べられない
という夏が続いていました。

冷たくしなければいいかな?
沢山じゃなければいいかな?
他にとる水分を少なすればいいかな?

などなど 色々試すのですがなかなかお腹は受け入れてくれず
昨年は買い物に行っては スイカを横目で見て通り過ぎていました。

でも やっぱりスイカが好き。

そこで 今年は 本物ではないスイカを手にいれることで
満足するのはどうだろうと 
スイカが付いているものを購入。

スイカ 柄のタオル。
スイカのシール。
スイカ のカード.

これらを手に入れたので
家の中で、スイカをたくさん目にすることになりました。

そうすると、目にするたびに
スイカって美味しいということを
思い出して幸せな気持ちになりました。

そもそも本物ではないので食べられないので、
見て、味を思い出して、幸せな気持ちになるという
習慣が付いたのかもしれません。

今は
買い物に行って
本物を見ても、横目で通り過ぎることはなく、
ちゃんと見て
味を思い出して幸せな気持ちでいることができるようになりました。

見て食べた気になって、幸せな気持ちにもなれる。

そんな気持ちを手に入れた時、
頭に なぜか、映画「火垂るの墓」が頭によぎりました。

今の自分のこの幸せな気持ちを手に入れたステップそのものが
たくさんの幸せな環境があって成り立っていると
感じました。

今年の夏は、
たくさんスイカを目にするたびに
たくさんの感謝をして過ごしていこうと思います。





**********************************
夏休み中のセミナー、新基礎講座第5クール講座2と講座3のご案内です。
本日よりお申し込みの受付を開始しました。

講座2:2017年8月20日(日)9:15 - 11:45
講座3:2017年8月20日(日)13:30 - 16:00

「新・基礎講座」は、コーチングの基礎的なこと(スキルやマインドなど)について学ぶことができる実践的な講座です。
コーチングの基礎を知りたい方、以前学んだコーチング・スキルやコーチとしての在り方などをもう一度チェックしたい方々
におすすめです。

★第5クール講座2のテーマは「 コーチングスキルを使えるようになろう 2 」
★第5クール講座3のテーマは「「 あなたのコミュニケーションスタイル、知ってますか?」

今回も具体的な会話事例等を使って、さまざまな展開方法で、基本的なコーチングスキルの使い方や考え方などを学ぶ実践的なプログラムです。
夏休みスペシャルとして、午前午後の両方に参加すると特典があります。
高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。

開催概要
◆日時:講座2 8月20日(日)9:15〜11:45(受付9:00〜)
    講座3 8月20日(日) 13:30〜16:00(受付13:15〜)
◆会場:東京ウィメンズプラザ(JR渋谷駅徒歩12分、地下鉄表参道駅徒歩7分)
◆参加費:1講座大人2,000円 学生1,000円(当日受付にて)
      両方に参加する方は、2講座で大人3,000円、学生1,500円です。
◆定員:20名(申込先着順)
◆お申込み:HPのお申し込みフォームからそれぞれの講座にエントリーをお願い
します http://ciie.jp/
◆お問い合せ:HPのお問い合わせフォームから送信をお願いします
(担当:川本)

なお、今後の予定は、「新・基礎講座5-4」、9月10日(日)9:15~11:45
東京ウィメンズプラザで開催予定です。
内容など詳しくは、事前にホームページで確認してください。

みなさまのご参加を、心よりお待ちしております。

*************************************
恒例の夏の先生向けセミナーも受付中です!

8月13日(日)開催
教師のためのコーチング講座
『パーソナル・ファウンデーション 〜自己基盤を整える(基礎編)〜』

コーチングの基本スキルを学んでいる先生向けに、
パーソナル・ファウンデーション(自己基盤)の理解を深め、
実践するためのヒントを持ち帰っていただく体験型のセミナーです。
普段の教育活動やコーチングの中にパーソナル・ファウンデーション(自己基盤)
の視点を取り入れることに興味関心がある先生におススメです。

 開催日:2017年8月13日(日)10:00〜16:00
 内 容:(1) パーソナル・ファウンデーションの理解(講義+ワークショップ)
     (2) ワールドカフェ(形式)による意見交換
     (3) 実践にどう取り入れていくか(コーチング)
 会 場:東京ウィメンズプラザ 第2会議室
 対 象:教師および教育関係者でコーチングの基礎(聴く・承認・質問程度)
     のセミナーを受講して、教育現場で実践している方
     ※未履修、初心者の方は事前にご相談ください。
 参加費:3,000 円(定員24名)
 問い合わせ:ciie.teacher@gmail.com(担当:山村)

詳細・お申し込みはHP http://www.ciie.jpからお願いいたします。

なお、HPからチラシをダウンロードすることが出来ます。
どうぞお誘い合わせのうえ、お申し込みください。

*************************************





arigato3desu at 05:00|PermalinkComments(0)

2017年06月12日

『それってひどくない!』



本日の担当は西川ゆうこです。

研究会にはたくさんのコーチングだけではなく

人生においても素敵な先輩がいます。

その中のおひとりの山口さんとはもう10年以上お世話になっていますが

山口さんの初めての印象は忘れられません。

 

話をしている相手が誰かに怒っている時にどうするかということを

セミナーの中でいくつか出し合っていました。

山口さんは

「相手の話をしっかり聞いたら、

それは ひどい!と相手以上の怒り方をする。」

ということでした。

その時は、そんな風に感情を出したら 相手がびっくりするのでは?

とか、あの人があんなに怒っているんだから自分はもっと怒ってもいいのでは?

と思っちゃうのではないかと感じたを覚えています。

 

その後10年以上の中で、、

あ〜 あの時山口さんが言っていたことって 

こういうことだったんだなあ〜と思うことが何度もありました。

「それってひどくない!」とそれまでの声よりちょっとトーンを上げて

その一言を言うだけで

「そうでしょ!」

と相手は言ってしばらく、ノリノリでしゃべりますが

感情がクールダウンするのも早い気がしました。


時に 私自身怒っていることを、まあまあと

たしなめられても 頭ではそうだよなあとわかっても 

感情は 怒ったままだったということもありました。

それで 私は自分が怒った時

誰かに5分だけ時間をもらいます。
そして、
話聞いたら 思ってなくても

一言 「それってひどくない!」って怒った調子で言ってほしいと

お願いしてから 話します。
そして、
打ち合わせ通り

「それってひどくない!」と 言ってくれると

なんと、自分の感情が穏やかになるではないですか。

 

ぜひどなたか 試してみてください。

くれぐれも 試してみて効果が全くないからということで

「それって ひどくない!」とならないことを 

      願いながら (^_^)/~

 


************************************
共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!

1.2017年6月18日(日)9:15〜11:45
  新・基礎講座4-6のご案内
  「コーチってどんな人 〜コーチの基盤・基本的な在り方はこれだ〜」

  「新・基礎講座」は、コーチングの基礎的なこと(スキルやマインドなど)
  について知り、学ぶことができる講座です。
  コーチングの基礎を知りたい方、以前学んだコーチング・スキルなどを
  もう一度チェックしたい方々のために企画されたセミナーです。
  昨年実施した「基礎講座」を進化させ、座学的な憶える研修ではなく、
  具体的な事例、コーチとしての在り方や考え方もお伝えできるように
  実践的なプログラムを提供しようと考えています。
  コーチングを学び始めたばかりの方にとってはもちろん、すでに学んだ方にとっても
  これまで身につけたことを再度見直すよい機会になります。
  新・基礎講座は1クール6回構成(1〜6)で、
  今年も原則として毎月1回で2クールを実施する予定です。
  講座の1〜6回に自由に、何度でも参加できます。
  詳しい内容等については、講座の中でお伝えしていきます。

  ★今回は、第4クールの講座6です。
  新たに参加される方も、以前他のプログラムに参加した方も歓迎いたします。
  今回予定しているテーマは、「コーチってどんな人 〜コーチの基盤・基本的な在り方はこれだ〜」

  今回も具体的な会話事例等を使って、さまざまな展開方法で、
  コーチングスキルの使い方や考え方を学ぶ実践的なプログラムです。

  なお、前回4-5の参加者は3名で、新しい内容・展開に、終了後のアンケートから
  「とても満足」という評価をたくさんいただきました。

  高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。
  ☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆


  開催概要
  ◆日時:6月18日(日)9:15〜11:45 受付開始9:00より
  ◆会場    :東京ウィメンズプラザ(JR渋谷駅徒歩12分、地下鉄表参道駅徒歩7分)
  ◆参加費:大人2,000円 学生1,000円(当日受付にてお支払いください)
  ◆定員:20名(申込先着順)
  ◆お申込み:HPからエントリーをお願いします
   http://ciie.jp/
  ◆お問い合せ:HPから送信をお願いします(担当:川本)

  なお、今後の「新・基礎講座5−1」は7月9日(日) 9:15〜11:45に
        「新・基礎講座5−2」は8月20日(日) 9:15〜11:45に
  東京ウイメンズプラザで実施予定です。
  詳しくは、ホームページで確認してください。

2.教師のためのコーチング講座
  『パーソナル・ファウンデーション 〜自己基盤を整える(基礎編)〜』

  コーチングの基本スキルを学んでいる先生向けに、
  パーソナル・ファウンデーション(自己基盤)の理解を深め、
  実践するためのヒントを持ち帰っていただく体験型のセミナーです。
  普段の教育活動やコーチングの中にパーソナル・ファウンデーション(自己基盤)
  の視点を取り入れることに興味関心がある先生におススメです。

   開催日:2017年8月13日(日)10:00〜16:00
   内 容:(1) パーソナル・ファウンデーションの理解(講義+ワークショップ)
       (2) ワールドカフェ(形式)による意見交換
       (3) 実践にどう取り入れていくか(コーチング)
   会 場:東京ウィメンズプラザ 第2会議室
   対 象:教師および教育関係者でコーチングの基礎(聴く・承認・質問程度)
       のセミナーを受講して、教育現場で実践している方
       ※未履修の方は6/18、7/9に新基礎講座がありますので
        受講してからお申し込みください。
   参加費:3,000 円(定員24名)
   問い合わせ:ciie.teacher@gmail.com(担当:山村)

  詳細・お申し込みはHP http://www.ciie.jpからお願いいたします。
  
************************************



arigato3desu at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月27日

ルールを決めるに至らなくても

本日の担当は西川ゆうこです。

 

ペットが亡くなった時に忌引きを導入する企業のことがニュースとなり、

 

導入された企業が出来たことで、あなたの同僚がペットの死を理由にお休みする人をどう思うか?

 

というインタビューも共に流れていました。

 

賛成する人・気持ちはわかるけど…という人、反対する人様々な意見も報道されました。

 

賛成する人は、ペットも家族同様なのだからいいと思う。

 

気持ちはわかるけどという人は、休むとその後の人間関係が円滑でなくなりそうという人。

 

反対する人は、急に休むわけだから他の人がその負担をすることになるので良くないと思う。

 

などの意見が出ていて、それぞれの人が大切にしていることがわかりやすく出てくる

 

インタビューに思えました。

 

命は、生き物すべてが平等だというという価値観。

 

人間関係を円滑にするという価値観。

 

人に迷惑をかけることはよくないという価値観。

 

そんな価値観が感じられ、フムフムと納得できる。

 

いろいろな考えがあるので、このルールがすぐ定着するかな?

 

 

家庭でもいろいろ決まり事をつくったりしますが定着しないこともありますね。

 

でも 誰かが一方的に決める良り、一緒に作ったほうがまだ定着しやすそう。

 

で、どんなステップでルールをつくったらいいのかの参考になるなあと思ったのが

 

法教育推進協議会の資料よりピックアップしてみました。

 


  1.そのことについての体験を話す

   2.ルールが何のためにつくるのか考える

   3.よいルールの条件を考える

   4.いくつかの立場に分かれて考えてみる



このステップ、フムフムと納得できました。

 

何のためのルールか。ここが大きなポイントに思いました。

 

ルールを決めるに至らないこともあるかもしれませんが、

 

      一緒に考える題材にはよさそう。

自分以外の人への気持ちが深まったり

 

自分の考えが広がったり、引き出しが増えることには役立ちそうですね。








arigato3desu at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月13日

北村さんのコラムを読んで

 

本日の担当は西川ゆうこです。

 

32日の研究会のこのコラムで大先輩の北村さんが
あなたは運がいい人ですか?という記事の中で

http://blog.livedoor.jp/ciie/archives/cat_10006505.html

「人間万事塞翁が馬」のことを書いていらっしゃいました。

この言葉に助けられたり、身を引き締めてきたりしながら

学んできたことを思い出していました。

 

会社に入って2年目頃に私の記憶違いのせいで、

多くの人に迷惑をかけてしまって、
会社に行くのが辛かった時。

(未来につながっている事柄の時には

 確認がとても重要であると肝に銘じて、
 メモがない時などはそばにいる人に声をかけて

 一緒に記憶してもらったりするようするなどして
 同じ失敗をしないように頑張ろうと鼓舞しました。)

 

その後に学生の頃から付き合ってた人が

二股をしていたことを知らなくて、

その彼女の前で思い切り振られた時。

(ユーミンの「ダンデライオン」という歌の歌詞


♪ きみはダンデライオン
傷ついた日々は 彼に出逢うための
そうよ 運命が用意してくれた
大切なレッスン
今 素敵なレディになる ♪

の「レッスン」の部分と「人間万事」を

重ねてこれはただのレッスンなのだから

これからが本番!と思って自分を慰めたこと。)

 

念願かなって犬を飼えるようになった時。

 (落馬したように犬に引っ張られて
  怪我しない
ように 心がけたこと。

  14歳の老犬になりましたが
  転んだして
怪我をしないで来られました。

  ・・・とここで老犬だからと

身を緩めないように・・・ですね。)

 

ことわざは自分の出来事を重ね合わせることで

未来の自分を創造することの手助けをしてくれる。

 

何かあったとき、ことわざに出会うことで

自分の心をニュートラルに導く力をもらえる。

このコラムが今の私への大きなプレゼントとなりました。

 

北村先輩 どうもありがとうございます!

    このコラムを読めた私は

     「運が良いです」です。

        !(^^)!










                                              

 



arigato3desu at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月30日

梅の花 早っ!

本日の担当は 西川ゆうこです。

今年は梅の花がとても早く咲いて、いい香りが漂っています。

こんなに寒いのに、もう咲いちゃったの!

春が近いなと感じさせてくれることは ありがたいけど、

微妙な 感覚もアリ・・・・・と調べたところ、

12月下旬の気温に大きく影響されるということがわかりました。

昨年末に 確かに すごく暖かい日がありましたね。

まだまだ春は先だなと 思っている頃に梅は静かに自然を察して

準備を開始していたのですね。


最近は スピード社会で 頼んだものがすぐに届いたり、

料理もなるべく時短で作るレシピが人気だったりするので、

今年の梅の花の咲き方は、今の社会にあっているのかとも思いますが

必ずしもいいことだけではないようで、

まだまだ受粉に大活躍してくれる虫たちが少なく、

そして 花自身の発育も不全で受粉しにくいそうです。
 
そうなんだなあ〜


 早いスピードで何かが出来たとしたとき、 大切な何かを忘れていないか

 しっかり確認しながら歩むことの大切さを 梅の香りが教えてくれました。



************************************
共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!

2017年2月12日(日)9:15〜11:45
新・基礎講座4-2のご案内
「コーチングスキルを使えるようになろう〜その1〜」

「新・基礎講座」は、コーチングの基礎的なこと(スキルやマインドなど)について知り、学ぶことができる講座で、コーチングの基礎を知りたい方、以前学んだコーチング・スキルなどをもう一度チェックしたい方々のために企画されたセミナーです。
昨年実施した「基礎講座」を進化させ、実践事例やコーチとしての在り方や考え方もお伝えできるように実践的なプログラムを提供しようと考えています。
コーチングを学び始めたばかりの方にとってはもちろん、すでに学んだ方にとってもこれまで身につけたことを再度見直すよい機会になります。
新・基礎講座は1クール6回構成(1〜6)で、今年も原則として毎月1回で2クールを実施する予定です。講座の1〜6回に自由に、何度でも参加できます。
詳しい内容等については、講座の中でお伝えしていきます。

★今回は、第4クールの講座2です。新たに参加される方も、以前他のプログラムに参加した方も歓迎いたします。
今回予定しているテーマは、「コーチングスキルを使えるようになろう〜その1〜」

◯会話を通して関係づくり: 普段の何気ない会話が、スキルとマインドで大きく変化!良好な人間関係作りは日常の会話から
◯自分で考える習慣を育む: 子育てや仕事、忙しいとついつい、「こうだよ」と教えがち。自分で考えられるようになるために、私たちにできることは?

具体的な会話事例をもとに、コーチングスキルの使い方や考え方を学ぶ実践的なプログラムです。
高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。
どうぞ、お気軽にご参加ください。


開催概要
◆日時:2月12日(日)9:15〜11:45 受付開始9:00より
◆会場 :東京ウィメンズプラザ(JR渋谷駅徒歩12分、地下鉄表参道駅徒歩7分)
◆参加費:大人2,000円 学生1,000円(当日受付にてお支払いください)
◆定員:20名(申込先着順)
◆お申込み:HPからエントリーをお願いします
 http://ciie.jp/
◆お問い合せ:HPから送信をお願いします(担当:川本)

なお、今後の「新・基礎講座4-3」は3月12(日)、「新・基礎講座4-4」4月16
日(日) 9:15〜11:45に東京ウイメンズプラザで実施予定です。詳しくは、事前に
ホームページで確認してください。
************************************








arigato3desu at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月26日

心地よくお買い物♪

本日の担当は西川ゆうこです

 

私は年に数回大阪に行くのですが

その際に洋服を購入するのが楽しみです。

もちろん新しい服を手にするという喜びもあるのですが

大阪の店員さんの声がけをしてくれるリズムが

私にとても心地よいのです。

 

お店に入っても すぐに声をかけられることもなく

商品を手にとっても、声をかけられません。

これちょっと体に合わせてみたいなあと思って

鏡の前でチェックしている頃に、

「いかがですか?」程度に声をかけてくれます。

 

時には、そんな時も声をかけられることもありません。

そんなわけで、自分で好きなだけ見ていても、

お店の人に見られている感覚がないので、

自分の家で 朝どの服を着ようかなあというような

感覚で服を見ることができます。

 

大阪だと おばちゃんが「あめちゃんどう?」という会話は

よく知られているので、服を選ぶ時も店員さんとの「会話」をしながら

服を選ぶように思っていたのですが、

さほど選ぶ時には会話をしていなくて、

服を選んでから会話が進んでいることに気が付きました。

 

店員さんはきっとお客さんの「リズム」を感じ取ってから

声をかけているのではないかと思っています。

大阪の方が 東京で買い物をする時は

何か感じるのかな?

ということが 最近気になっています。






arigato3desu at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月11日

物語の活用

 

本日の担当は西川ゆうこです。

 

 

一つのことにとらわれそうになったり、思考が止まってるなあと感じた時に

 

楽しんでいることがあります。

 

知っている物語を使って思考を続けてみることです。

 

 

例えば蜘蛛の糸

お釈迦様が 地獄を覗いてみるとある泥棒がいた。その泥棒の過去に1度だけ善行をしたことが

ありそれは蜘蛛を殺そうとしたことをやめて、殺さなかったことをお釈迦様が思い出してその泥棒を

助けてやろうとして 蜘蛛の糸を一本たらした。

その泥棒がその蜘蛛の糸を見つけて糸をたどって登り始めたが、途中で下を見ると下から

他の人も登ってくる。それを見て蜘蛛が重みで切れてしまうことを恐れたその泥棒は

他の人たちに「降りろ!」と叫んぶ。すると蜘蛛の糸が切れて再び地獄に落ちてしまうというストーリー

どんな人にも 善行が必ずある事、そしてもし、「一緒に登ろう!」と叫んだら、

 

糸は切れなかったのではないかと想像させ、共に乗り切ることの大切さを教えてくれた物語。

 

 

物語の、出来事を使いながら自分の今考えていることを当てはめていきます。

 

こんな感じ

 

 

蜘蛛が大嫌いな人から見たら、善行?なのと考えて見る。(自分の考えを否定してみる。)

 

お釈迦様がもしかしているとしたら 誰だろう? (相談したいのは誰?誰か共感してくれるかな?)

 

糸(思考の出口が見えたら)が垂れてたらあったらどんなスピードで登ろうか?

 

糸が切れる恐怖を→ 何か恐れている事はあるかな? (恐れがあって、守りに入っていることもある)

 

後から糸を登ってくる人はどんな気持ち?(他の人や思考を考えてみる)

 

どうしたら、何があったら 登り切れるのだろう?

 

 

 

こんな風に、物語の筋を変えたり、加えてみたりしながら

 

自分に質問したり、気持ちを汲み取ったりしてみます。

 

うまくいかない時もありますが、蜘蛛の糸は最後に

 

皆で登れてハッピーエンドという終わりが出来るので

 

ちょっとしたエネルギーアップにもなっています。

 

 

 

私は 思考をしていると思わぬ方向に進んでしまうことがありますが

 

物語という筋を利用することで、

 

方向を見失わず頭が柔軟にできています。



************************************
共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!

11月13日(日)「基礎講座4(第3クール)」のご案内
  「コーチング基礎講座」は、初めてコーチングに触れる方がその基礎的なことに
  ついて知り、学び、練習することができる講座で、コーチングの基礎を知りたい方、
  以前学んだコーチング・スキルをもう一度チェックしたい方々のために企画された
  セミナーです。
  コーチングを学び始めたばかりの方にとってはもちろん、すでに学んだ方にとっても
  これまで身につけたことを確認できる絶好の機会となります。
  基礎講座は1クール4回構成(1〜4)で、基本的に月1回開催します。
  今年は3クールを繰り返し実施する予定です。
  講座の1〜4回に自由に、何度でも参加できます。
  ★今回は、第3クールの講座4です。新たに参加される方も、
   以前他のプログラムに参加した方も歓迎いたします。
  今回の講座の主な内容は以下の予定です。
    ・講座3の復習 Q&A
    ・宿題に取り組んでみた結果をシェアする
    ・コーチングエクササイズの実践
    ・宿題   など
  この基礎講座に参加した方からは、以下のようなことに役立ったと感想をいただいています。
    □子どもや人との関わりが良くなりました
    □落ち着いて話が聞けるようになりました
    □自分のコミュニケーションのとり方の傾向が分かりました
    □ものごとの捉え方のレパートリーが広がりました
    □目標達成が早まりました
  また、実施報告を載せていますので、参考になさりたい方はホームページからご覧ください。
  高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。
  ☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆
  【日 時】平成28年11月13日(日)9:15〜11:45(9:00より受付開始)
  【参加費】2000円(学生1000円)  *当日会場でお支払いください。
  【対 象】高校生以上ならばどなたでも
  【定 員】20名 (定員になり次第締切りますので、ホームページでご確認ください。)
  【申込み】共育コーチング研究会HP http://www.ciie.jp より
       (受付期間なら、ご自分でHP上で申込みやキャンセルが可能です。)
  【会 場】東京ウィメンズプラザ 東京都渋谷区神宮前5−53−67
       http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html
  なお、次回「基礎講座1(第4クール)」は平成29年1月15日(日)9:15〜11:45
  東京ウィメンズプラザで実施予定です。

 お問い合わせは ciie.teacher@gmail.com
 企画/共育コーチング研究会 基礎講座プロジェクト/
 ご参加をお待ちしています。詳しくは共育コーチング研究会のHPをご覧ください。

 共育コーチング研究会 http://www.ciie.jp
************************************



arigato3desu at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月28日

 「この間」

本日の担当は西川ゆうこです。

先日、母と話していて笑ってしまいました。

 

ある建物の話をしていたのですが

母が「この間行ったときはまだきれいだったのよね〜」と

言うので 私は へえ2〜3年前まできれいだったんだと

思っていました。

 

しばらく話していると そのこの間は

10年以上も前のことだということが分かり、

「さっき この間って言ってたのって 10年前の事だったの?」

と聞きなおすと、

「そうそう 私にとってはこの間なのよ。」と母がいうので

二人で笑ってしまいました。

 

年を取るごとに 時間が過ぎるのが速く感じるせいなのでしょうね。

ウイキペディアのジャネーの法則に具体的な数字があったのでご紹介します。

 

例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが

5歳の人間いとっては5分の1に相当する。

よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間の1年間にあたり、

5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。

 

なるほどなあと。10倍かあと思うとちょっぴりショック。

年は減るわけではないので、これからもどんどん時間が過ぎるを

より速く感じるのだと思います。

 

その過ぎる時間の中で、1つ1つの出来事を

心だけでも 子どもの頃のような柔軟さやピュアーさを持って

受け止めていきたいなあと思っています。

 


************************************

共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!


10月23日(日)「優位感覚を使って学力アップセミナー」のご案内

  親は、”子どもに勉強して欲しい!!”と思っているけれど・・・うちの子していない。

  うちの子、勉強しているけれど・・成績があがらない・・・。

  (どうしてなんだろう?)

  「勉強しなさい」っていってもやらないし。

  そもそも「勉強しなさい」って言うとケンカになるし。

  子どもは、「音楽聞きながらでも 集中しているからっ!」っていうけれど

  (書かないで覚えるの? こんなやり方でいいの?)

  どうしたら、うちの子の成績上がるんだろう?

  優位感覚を 使って 活かして 成績UP!!

  えっ?優位感覚って何?

  (最初からやるので大丈夫です!)

  うちの子の優位感覚ってなんだろう?

  (みつけましょ)

  どうやって活かすの?

  うちの子でも大丈夫?

  (その子にあった勉強方法を見つけるセミナーですもの(^^))

  セミナーで発見・使用方法、ちょっとした勉強の秘訣も!

  親もご自分の優位感覚を知っていると 学びに発見がありますよ。

  子ども達には、がっつり学力をあげてもらいましょう〜(^_^)

  ☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆

  【日 時】平成28年10月23日(日)13:30〜16:30(13:20より受付開始) 

  【参加費】2000円(学生1000円)  *当日会場でお支払いください。

  【対 象】コーチングが初めての方でも OK です

  【定 員】12名 (定員になり次第締切りますので、ホームページでご確認ください。) 

  【申込み】共育コーチング研究会HP http://www.ciie.jp より

       (受付期間なら、ご自分でHP上で申込みやキャンセルが可能です。)

  【会 場】東京ウィメンズプラザ 視聴覚室B 東京都渋谷区神宮前5−53−67

       http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html


 お問い合わせは ciie.teacher@gmail.com

 企画/共育コーチング研究会 基礎講座プロジェクト/

 ご参加をお待ちしています。詳しくは共育コーチング研究会のHPをご覧ください。 


 共育コーチング研究会 http://www.ciie.jp

************************************




arigato3desu at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月15日

それぞれのフィルター(;^ω^)

本日の担当は西川ゆうこです。

 

自分が気にしてることがあって 人の言葉をゆがめて聞いてしまうという事がありました。

 

以前から知っている小学校1年生の男の子S君と話していたら、

突然に、「お腹に赤ちゃんいるの?」と聞かれました。

私は、7月が思ったほど暑くなかったために食欲が収まらずに

お腹が出てしまって、しかも年齢と共にたるんでいて

8月になったら暑くなるからやせれるぞ〜と思っていた矢先でしたので

S君が私が太ったことを遠回しに からかって言ったのだと思い

「あ〜〜 よくも言ったなあ〜〜 食べすぎちゃったの!」と言いながら、

ちょっとほっぺたを膨らませました。

内心は結構ショックで それって太ったってことだけでなく 

お腹がだけがポッコリ出ているということ!!をもろについている!!

痛いところを突かれたと感じました。

 

家に帰ってよくよく思い出してみたら、S君は

お腹が出ている女性 → 妊婦さん → お腹に赤ちゃんがいるという発言

となっただけだったのだと気が付きました。

 

赤ちゃんがいるんだったら お腹を触ってみたいとかそんなことを考えながら

尋ねただけだったかもしれない。私はそれをストレートには取れず

(ストレートにとるには 年齢に厳しいですが (;^ω^)・・・・・)

自分の気にしているフィルターを通して聞きました。

 

そう思ったら 逆にちょっとうれしくなってしまいました。

というのは それなりには若くは見えたのかもしれないと、、、、、、(*^^*)

 

それにしても S君は クローズド クエスチョンできいたわけですから 

はい お腹に赤ちゃんがいるのよ

いいえ いないわよ。

というどちらかが返ってくる会話だったはずなのに

私が あ〜〜 などと言いながら ほっぺたを膨らますという反応にびっくりしたことでしょう。

 

さてこのことを友人宛のメールで

小学生に「お腹に赤ちゃんいる?」のと言われたと書いたら

その友人からの返事に

「いつ産まれるの?」には笑ったよ〜って いう一言が、、、、。

あれ? いつ生まれるっなんて言われてないよお。

友人も 太ったらしく 胸も大きくなったというのです。

ということは、出産まじかで いつ産まれるかというぐらいに

胸が大きくなるぐらいのお腹の出具合になったのか?

などと 想像してしまいました。

友人は友人のフィルターを通して 

「お腹に赤ちゃんいるの?」という文字を見ながら反応したんだなあと。

 

たった一言の「お腹に赤ちゃんいるの?」という言葉ですが

それぞれの年齢や気にかけている事がフィルターとなり

イメージする状態が違うのだなあと。

 

スタート時点に戻って S君の言葉を

太っちゃったお腹を気にするというフィルターではなく

赤ちゃんがお腹にいる=若く見えるというフィルターをもし使えたら

S君にニコニコ顔で ウフフ触ってみる?などとお返事が出来たなあと思った次第です。 

 

友人と8月中に会って どっちが 太ったか?ということを確認するのが

楽しみになりました。


       頑張って こっそり 痩せておこっと♪

 


 


 


************************************
共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!

1.8月28日(日)「基礎講座3(第2クール)」のご案内
  「コーチング基礎講座」は、初めてコーチングに触れる方がその基礎的なことに
  ついて知り、学び、練習することができる講座で、コーチングの基礎を知りたい方、
  以前学んだコーチング・スキルをもう一度チェックしたい方々のために企画された
  セミナーです。
  コーチングを学び始めたばかりの方にとってはもちろん、すでに学んだ方にとっても
  これまで身につけたことを確認できる絶好の機会となります。
  基礎講座は1クール4回構成(1〜4)で、基本的に月1回開催します。
  今年は3クールを繰り返し実施する予定です。
  講座の1〜4回に自由に、何度でも参加できます。

  ★今回は、第2クールの講座3です。新たに参加される方も、
   以前他のプログラムに参加した方も歓迎いたします。
  今回の講座の主な内容は以下の予定です。
    ・講座2の復習 Q&A
    ・宿題に取り組んでみた結果をシェアする
    ・新しいスキル「ペーシング」他
    ・コーチングセッション エクササイズ
    ・宿題   など
  この基礎講座に参加した方からは、以下のようなことに役立ったと感想をいただいています。
    □子どもや人との関わりが良くなりました
    □落ち着いて話が聞けるようになりました
    □自分のコミュニケーションのとり方の傾向が分かりました
    □ものごとの捉え方のレパートリーが広がりました
    □目標達成が早まりました
  高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。
  ☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆
  【日 時】平成28年8月28日(日)9:15〜11:45(9:00より受付開始)
  【参加費】2000円(学生1000円)  *当日会場でお支払いください。
  【対 象】高校生以上ならばどなたでも
  【定 員】20名 (定員になり次第締切りますので、ホームページでご確認ください。)
  【申込み】共育コーチング研究会HP http://www.ciie.jp より
       (受付期間なら、ご自分でHP上で申込みやキャンセルが可能です。)
  【会 場】東京ウィメンズプラザ 東京都渋谷区神宮前5−53−67
       http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html

2.8月28日(日)「基礎講座4(第2クール)」のご案内
  ★今回は、第2クールの講座4です。
  引き続きの方も、新たに参加される方も歓迎いたします。
  ☆とくに今回は、学んだスキルを実際に活用するコーチングセッションが中心の
  構成なので、これまでコーチングを学んだ方で、ブラシュアップをしてスキルに
  磨きをかけたいという方にもお勧めの内容です。
 
  今回の講座の主な内容は以下の予定です。
    ・コーチングコミュニケーション実践の振り返り
    ・コーチングの基本的な流れ
    ・たっぷりコーチングセッション
    ・Q&A  など
  【日 時】平成28年8月28日(日)13:15〜14:45(9:00より受付開始)
  【参加費】2000円(学生1000円)  *当日会場でお支払いください。
  【対 象】高校生以上ならばどなたでも
  【定 員】20名 (定員になり次第締切りますので、ホームページでご確認ください。)
  【申込み】共育コーチング研究会HP http://www.ciie.jp より
       (受付期間なら、ご自分でHP上で申込みやキャンセルが可能です。)
  【会 場】東京ウィメンズプラザ 東京都渋谷区神宮前5−53−67
       http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html

※8月28日開催の基礎講座3と4の両方に参加される方の料金は、
 合計で大人は3000円、学生は1500円の夏季特別料金になります。
 ご希望の方も、3と4にそれぞれ申し込んでください。どうぞ、続けてご参加ください。


 お問い合わせは ciie.teacher@gmail.com
 企画/共育コーチング研究会 基礎講座プロジェクト/
 ご参加をお待ちしています。詳しくは共育コーチング研究会のHPをご覧ください。

 共育コーチング研究会 http://www.ciie.jp
************************************




arigato3desu at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月04日

報告って いいなあ (*^-^*)


本日の担当は西川ゆうこです

 



最近、意識していることは報告するということ。

 


日常の中で細やかな事はたくさんあります。

 


新聞とってきて机において〜

 


ご飯までに宿題やってね〜

 


○○さんにこれ伝えておいて〜

 


ちょっとしたこれらのことも やれたら やったよ〜

 


という言葉がけというぐらいの報告です。

 


すでに終わったよ〜という報告はやった方もやってもらった方も

 


聞いて心地よいですよね。

 


 


やっていない時に やっていないことを報告されたときに

 


どう反応するか?

 


まだ〜やってないの !!など 言ってしまうことがあります。

 


特に 語気を強くして言ってしまった時は

 


あああ、、、、ここでいうのは。

 


「伝えてくれてありがとう。」

 


「報告ありがとう。」   だったと。

 


  現状を伝えようとしてくれた相手の気持ちをまず受け取る。



自分が頼まれた時には やったら 言葉で 「やったよ〜」と報告

まだな時は 「まだやってないんだけど、ごはん終わったらやるよ〜」 と
 
   いつやるかを宣言しつつ報告。



 小さい積み重ねだけれど、そんなことが日常の会話の中で



 重ねられていくことの大切さを実感しています。







************************************

共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!


7月31日(日)『教師のためのコーチング講座 優位感覚を活用しよう』のご案内

  ある人にとっては簡単な学習の仕方は、必ずしも他の人にとっては

  簡単な学び方ではないことがあります。

  つまり、私たちには得意な学び方(優位感覚)があります。

  

  この講座では、コーチングの基本スキルを学んでいる先生向けに、

  優位感覚の特徴について理解を深め、授業でどう活用すれば

  効果的な学習につながるか、またどのような点に意識して

  コミュニケーションをとると相手との面談がスムーズになるかなど、

  優位感覚を現場で実践するためのヒントを持ち帰っていただく、

  体験型のセミナーです。


  2学期から子どもたちとかかわることが楽しみになりますよ。

 

【日 時】平成28年7月31日(日)10:00〜16:00(9:45より受付開始) 

【参加費】3000円 *当日会場でお支払いください。

【対 象】コーチングの基本スキルを学んだ学校および塾の先生

【定 員】24名 (定員になり次第締切りますので、ホームページでご確認ください。) 

【申込み】共育コーチング研究会HP http://www.ciie.jp より

     (受付期間なら、ご自分でHP上で申込みやキャンセルが可能です。)

【会 場】東京ウィメンズプラザ 東京都渋谷区神宮前5−53−67

     http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html


 お問い合わせは ciie.teacher@gmail.com

 企画/共育コーチング研究会 基礎講座プロジェクト/

 ご参加をお待ちしています。詳しくは共育コーチング研究会のHPをご覧ください。 


 共育コーチング研究会 http://www.ciie.jp

************************************








arigato3desu at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月20日

私の中のチームワーク


本日の担当は西川ゆうこです

 


岡崎選手が所属するチームが優勝したことが「レスターの奇跡」として話題になっていますが

サッカーというとチームワークという言葉が私の頭でイメージされます。 

以前に研修講師の方が チームワークが結果としてアップしたのよ〜

というワークのことを教えてくれたことを思い出しました。

 


職場に「こんな事があったらいいなあ」ということを

何でもよいから参加者全員が 各々書いてみる。

どんなことでもいい。無理だろうけどあったらいいなあということ大歓迎と!

という講師の説明も加えることがポイント。

 


書いたことを グループで話し合った後に グループシェアーをする。

出てきたことは 出来そうな範囲の中での「あったらいいなあ」が

事が多く上がってきた。

 


そんな中、ポイントである無理だろけどを書いた参加者がいた。

みんなでハワイに行く!ということ。

研修の場が  お〜あったらいいなあ 行きたいね!

と ちょっと盛り上がったそうです。

それで そのあったらいいなあを実現させる策を練ることにしたそうです。

とはいえ 出来ない理由が出てきます。

まず 誰がお金を出すの?

そんなに長くみんなで休みは取れないではないか?というできない理由が

数多く意見が出てきた。

そして そもそも論として

なぜハワイにみんなで行けたらいいのか?ということを聞くと

「だって みんなで行けたら楽しそうじゃない!」という

シンプルな理由。

それを 聞いてそのワークは終了。

 


後日、その職場でこんなことがおきたそうです。

ハワイに行く策までには至らなかったのですが

みんなでハワイアンセンターに行くことはできたそうです。

 


お金のハードルのために 月々の積み立てを開始。

みんなで行って楽しい場所だったら 他にもあるよね!と

ハワイアンセンターが候補にあがって

予定を合わせて行ったそうです。

ハワイ ではなかったですが

ちょっと似てるハワイアンセンターにみんなでは行けたのは

ハワイという無理だろうなと思うけど書いてみた人がいたおかげだと

盛り上がった。

 


災害時に、いかにその場を安全に過ごすかは瞬時のイメージ力が左右することがある

ということで、イメージ力が大切ですねということで

まずは、自分たちのイメージ力がどのぐらいかの現状を知ることがワークの意図だったんだけど

結果としてチームワークが高まったと好評だったと。


「みんなでハワイに行く」という参加者がイメージしやすくて

しかも 誰しもがワクワクすることが出てきたことで、

自然と課題を乗り越える力が出てきて、

乗り越える過程で、主張しがちな人が人の意見を受け入れたり、

個人プレイが多い人が役割を引き受けたりしながら
チームワークが高まったというフィードバックをもらったと。

 

さてさて タイトルの私の中のチームワークのことですが、

私の体の選手紹介は 脳・心・手・足・内臓(上部・中部・下部) 7名
それぞれに意識を向けてみることで、その日によく働いてくれた選手に
この1カ月ほど 寝る前にエールを送っています。
疲れた選手がしっかり疲れたよ〜と主張してくれるようになったと感じています。



************************************
共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!

6月19日(日)『コーチング基礎講座1』のご案内
  「コーチング基礎講座」は、コーチングに興味をお持ちの方が
  その基礎的なことについて知り、学ぶことができる講座で、
  コーチングを知りたい方、以前学んだコーチング・スキルを
  もう一度チェックしたい方々のために企画されたセミナーです。

  コーチングを学び始めたばかりの方にとっては実践を通して
  体験的に学ぶことができます。すでに学んだ方にとっても、
  これまでに身につけたことを具体的に確認できる機会になります。

  基礎講座は1クール4回構成(1〜4)で、今年は3クールを
  繰り返し実施する予定です。講座の1〜4回に自由に参加できます。

  ★今回は、第2クールの講座1です。新たに参加される方も、
  以前他のプログラムに参加した方も歓迎いたします。今回の講座の
  主な内容は以下の予定です。

  ・コーチングとは何か
  ・基本スキル体験
  ・コーチングエクササイズ
  ・Q&A など

  これまでこの基礎講座に参加した方からは、以下のようなことに
  役立ったと感想をいただいています。

  >子どもや人との関わりが良くなりました
  >落ち着いて話が聞けるようになりました
  >自分のコミュニケーションのとり方の傾向が分かりました
  >ものごとの捉え方のレパートリーが広がりました
  >目標達成が早まりました

  高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。

  ☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆

  なお、次回第2クールの「基礎講座2」は7月に実施予定です。
  詳しくは、ホームページで確認してください。

【日 時】平成28年6月19日(日)9:15〜11:45(9:00より受付開始) 
【参加費】2000円(学生1000円)*当日会場でお支払いください。
【対 象】高校生以上なら、どなたでもご参加いただけます。
【定 員】20名 (定員になり次第締切りますので、ホームページでご確認ください。) 
【申込み】共育コーチング研究会HP http://www.ciie.jp より
     (HPが新しくなり、申し込み方法が変わりました。
     受付期間なら、ご自分でHP上で申込みやキャンセルが可能です。)
【会 場】東京ウィメンズプラザ 東京都渋谷区神宮前5−53−67
     http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html

 お問い合わせは ciie.basic2014@gmail.com
 企画/共育コーチング研究会 基礎講座プロジェクト/
 ご参加をお待ちしています。詳しくは共育コーチング研究会のHPをご覧ください。 

 共育コーチング研究会 http://www.ciie.jp
************************************







arigato3desu at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月06日

花咲婆さん

本日の担当は西川ゆうこです。


 


4月は新しいお付き合いが始まる時期、

気の合う人とも出会うし、そうでない場合もありますね。


そうでない場合・・・ストレスを感じることも。

そんな時はどうしていますか?


これからの季節であれば自転車で爽快に走ったり、

友達に聞いてもらったり、

さっさと寝たり・・・お酒飲んでからが多いですが(#^.^#)

などなど 私はしています。


とはいえ これらはすぐにできないこともしばしばなので


他人と過去は変えられない

自分と未来は変えられるという言葉を思い出して

私はコーチだからと思い、

「この体験を活かすとしたら?」

などとセルフコーチングしていましたが、

うーん 今一つ 頭は納得しても

心は納得できない!!っと感じていることもありました。


そこで 

またメンタルが健康だったとしても 

ストレスがあって うつ状態になって 回復する

ということを人は日々繰り返しているということを聞き、

繰り返しているのであれば、これこそ 生きてる証だと

「ストレスさんありがとう」と頭の中で唱えます。


とはいえ こちらも 今一つのこともあります。


そこで そこで

花咲爺さんになるということをやってみました。
ティッュボックスを抱え 
「ストレスで花を咲かせましょう!」と言いながら
紙を一枚一枚まいてみました。
拾う時に 自己嫌悪になったのですが
あえて丁寧に畳んでいると 畳むことに集中できたためか
気持ちがすっきりしました。


「ここ掘れワンワン」を殺されて、お墓の傍に育った木で

つくった臼を焼かれたら、心が砕けそうになったと思います。

それでも花咲爺さんは 灰から花を咲かせました。

なんと素敵な 爺さんでしょう。


咲いた桜の花を見ながら

花咲爺さんならぬ 花咲婆さんになれますようと

思っています。


 


************************************

共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!


4月29日(金祝)『コーチング基礎講座4』のご案内

  「コーチング基礎講座」は、初めてコーチングに触れる方が

  その基礎的なことについて知り、学ぶことができる講座で、

  コーチングの基礎を知らたい方、コーチング・スキルをもう一度

  チェックしたい方々のために企画された入門セミナーです。


  コーチングを学び始めたばかりの方にとってはもちろん、すでに

  学んだ方にとってもこれまで学んできたことを確認できるよい

  機会になるでしょう。


  基礎講座は1クール4回構成(1〜4)で、今年は3クールを

  繰り返し実施する予定です。講座の1〜4回に自由に参加できます。


  ★今回は、第1クールの講座4です。引き続きの方も、

  新たに参加される方も歓迎いたします。今回の講座の主な内容は

  以下の予定です。


  ・コーチングコミュニケーション実践の振り返り


  ・コーチングの基本的な流れ


  ・たっぷりコーチングセッション


  ・Q&A など


  この基礎講座に参加した方からは、以下の様なことに役立ったと

  感想をいただいています。


  >子どもや人との関わりが良くなりました

  >落ち着いて話が聞けるようになりました

  >自分のコミュニケーションのとり方の傾向が分かりました

  >ものごとの捉え方のレパートリーが広がりました

  >目標達成が早まりました


  高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。


  ☆★ どうぞ、お気軽にご参加ください ★☆


  なお、次回第2クールの「基礎講座1」は6月に実施予定です。

  (基本的に月1回開催ですが、4月に2回実施するためです)   


【日 時】平成28年4月29日(金祝)9:15〜11:45(9:00より受付開始) 

【参加費】2000円(学生1000円)*当日会場でお支払いください。

【対 象】高校生以上なら、どなたでもご参加いただけます。

【定 員】20名 (定員になり次第締切りますので、ホームページでご確認ください。) 

【申込み】共育コーチング研究会HP http://www.ciie.jp より

     (HPが新しくなり、申し込み方法が変わりました。

     受付期間なら、ご自分でHP上で申込みやキャンセルが可能です。)

【会 場】東京ウィメンズプラザ

     http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html


 お問い合わせは ciie.basic2014@gmail.com

 企画/共育コーチング研究会 基礎講座プロジェクト/

 ご参加をお待ちしています。詳しくは共育コーチング研究会のHPをご覧ください。 


 共育コーチング研究会 http://www.ciie.jp

************************************













arigato3desu at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月22日

梅の香りのように

本日の担当は西川ゆうこです。

 


先日、関西で地域の方々の困った時に電話でお話を聞く活動を

長いことやっていらっしゃる方とお話をする機会がありました。

 


女性で子育て体験がいかせることもあって
お母さん方の子育ての悩みを
聞くことも多かったそうです。

お話を伺いながら、優しい声のトーンとのんびりとしたリズムの

口調がきっと電話口からも相手に届くのだろうなあと

梅の香りのような 春を感じさせる方でした。

 


お話を聞くときはどんな気持ちで聞かれているのですか?

とお聞きすると

電話口の向こうの方を小さいお子様のような気持ちで

「いい子ね よしよし」とい気持ちで

全てを受け入れる心で聞いているということでした。

そして 子ども扱いして上から目線で何かを言うのでもなく、

何か ちょっとそれは違うんじゃないと思ったとしても

そうなのね そうだったのね そうね そうなのね 

うんうん と言っていると。

 


私は この質問を1度しただけで

お話がとても深いものだったこともあって、

自分も この方のような受け止め方を心がけたいと思って

そうなのですね。そうですねと

いう言い方を真似してと繰り返して聞いていました。

 


そうすると その方がご自分のことをお話され始めました。

身内とのやりとりの中で 自分だったらそんなことは

相手には強いないというようなことを 当然のように強いられて

自分が鬱になったと。半年たつけど

まだ治っていないということをお話されました。

 


長い間 人の悩みを聞く中で いろいろなひどいことも

言われた体験もされた方であっても、

身内という自分とは切れない人からの言葉の重さは

とても重く、受け止められず苦しまれるほど、人というのは

もろいものなのだと思っていると、

「身内からの一言は きついですね。」

とボソッとおっしゃいました。

 


お家の改装という長い間、家族で待ち望んでいた

ゴールを手に入れた後の出来事だったとのことでした。

 


今のシーズンは 受験結果が出るシーズンなので

合格されたお子様をお持ちのご家族にとって

長い間の待ち望んでいた通りのゴールが来たということで似ている気がしました。

 


子どもが急に自分を必要としていないような気持ちになったり、

受かったばっかりなので この先のゴールはどこかな?と思っていたり、

友達との関係がどうなるのかが 心配になったり、

入った学校が本当にいいのかな?と思い返したくなったり、

合格したおかげで より期待されてそれが重荷になっていたり、

 


今までとは別の気がかりを持ち始める時期かもしれません。

 


こんな時期

受け止める言葉や かける言葉は

梅の香りのように 包み込むような言葉がいいかもしれないなあと。

 


きっと そんな言葉をかけていると

そのうち 青梅が実るように、心にも新たな実が実っていくよと

梅の香りが教えてくれた気がします。  


************************************
共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!

2月28日(日)『コーチング基礎講座1』のご案内
  「コーチング基礎講座」は4回構成で、1〜4に自由に参加できます。
  コーチングの基礎を知りたい方、
  コーチング・スキルをもう一度チェックしたい方々のために企画された入門セミナーです。

  相手の能力をもっと上手に引き出してあげたいと望む方
  子育てや教育にコーチングを活用することに関心のある方
  コーチングやコーチングを生かした人との関わり方に興味のある方

  高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。

  ★初めての方でも気軽にご参加ください。★
    
  この基礎講座は
  相手との関わりや、友人同士やコミュニティーの中で、すぐお使いいただける、わかりやすい内容になっています。

  基礎講座に参加して、以下のようなことに役立ったと感想をいただいています。
  ◇子どもや人との関わりが良くなりました
  ◇落ち着いて話が聞けるようになりました
  ◇自分のコミュニケーションのとり方の傾向が分かりました
  ◇ものごとの捉え方のレパートリーが広がりました
  ◇目標達成が早まりました

【日 時】 平成28年2月28日(日)9:15〜11:45(9:00より受付開始) 
【参加費】2000円(学生1000円)*当日会場でお支払いください。
【対 象】高校生以上なら、どなたでもご参加いただけます。
【定 員】20名 (定員になり次第締切りますので、ホームページでご確認ください。) 
【申込み】共育コーチング研究会HP http://www.ciie.jp より
     (HPが新しくなり、申し込み方法が変わりました。
     受付期間なら、ご自分でHP上で申込みやキャンセルが可能です。)
【会 場】東京ウィメンズプラザ 視聴覚室
     http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html

  お問い合わせは ciie.basic2014@gmail.com
  企画/共育コーチング研究会 基礎講座プロジェクト/
 
お待ちしています。詳しくは共育コーチング研究会のHPをご覧ください。 
共育コーチング研究会 http://www.ciie.net
************************************


arigato3desu at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月30日

落ち葉が教えてくれたこと

本日の担当は西川ゆうこです



今月とっても素敵な時間を過ごしました。





人を待つために、午前中に道で立っていました。



その日は朝から雨でしたが、少し前にやんで



お日様が差し、澄んだ青空にほんの少しの雲という空模様。



そして気温も冬とは思えないほど高くなりました。



ただ 風だけは 時々強く吹いていました。





待っている人を大丈夫かあな 道わかるかなあ〜と思っていると、

子ども達の声が耳に入りました。

立っている場所をちょっと変えてみると 6階建てほどのビル程の


高さのイチョウの木がありました。




葉に日が注いて黄色に輝くその木をたくさんの子ども達が、

2階と3階のベランダに出て見ていました。







そのとき 風が吹きました。



黄色に輝く葉が、紙吹雪のようにものすごくたくさんシャラシャラと舞い落ちました。



その量たるや 黄色の幕を下ろすかのようでした。



子ども達は ベランダの柵につかまって 



「わあ〜」と言って 目を見張っていました。



風が止まっては また吹くといった繰り返しの中で



同じような ものすごい量の銀杏吹雪が、何度も30分の間におきました。



気が付くと 先ほどまでは 黄色い木としてそこにそびえたっていた



銀杏の木は 下の方に黄色味を残すだけで幹と枝が顔を出していました。



何度も起きた銀杏吹雪のたびに



子ども達は まず目を見張り 次には、すご〜いとさげび



そして 飛び跳ねたり踊ったり、最後にはベランダを走り回りだしました。



その後には、真っ黄色になった地面の葉を手で握っては吹雪を作って



駆け回っていました。





自然が作り出す美しい時間に居合わせる事が出来て、



そしてその出来事に出会った子ども達が体でその喜びを



じっくり受け止めて だんだんに体で表現していくという



姿をそっと見ている時間はとっても幸せな時間でした。





 とはいえ、、、、実は葉が半分ぐらい落ちたころに





これを掃除するの大変だろうなあという思いがよぎりました。



そうすると 銀杏吹雪がくれた贅沢な感覚が消えて、



落ち葉を入れる袋はどれぐらいいるんだろうか?とか



風が吹いたら今度は舞い上がって大変じゃないか?とか



先読みして、その時間を楽しめなくなっている自分に気づいて



深呼吸して、先読みをストップしました。





子ども達の中に 掃除するの大変だろうなあなんて考えた子は



だれもいなかったとおもいます。



体験がないので考えられないので、先を読まめないからこそ



その美しさにどっぶりひたれて、



喜びで体が勝手に動き出したのかなあと思います。







先を読む力は大切ですが、その反面 その瞬間瞬間の感情を



味わえなくなってしまうのは、とっても残念でなりません。



先読みできない力を持つ子ども達に



先読みできる大人たちができることは たくさんありますが




      子ども達がしてほしいのは 



 愛情をもって見守る事なのかなあと思いました。



瞬間瞬間を感情を味わえる子どもは、見守られていることを


   きっと感じ取っているに違いないと思うのです。


 


 



arigato3desu at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月06日

会話のステップ

本日の担当は西川ゆうこです





先日駅までの道を歩いていると遠くから



ワッショイ! ワッショイ!というかすかな声が聞こえました。



この商店街のお祭りはもう終わったはずなんだけど、、、



と思っているとその声がちょっと大きくなり近寄ってきました。



人通りの中から、2歳ぐらいの男の子が女性に手を引かれて歩きながら



ワッショイ! ワッショイ!と言っているのです。



そして 合いの手がかすかに聞こえました。 



お!これは 子どもと一緒にお祭り気分で歩く家族と思いニンマリしました。



そしてその2人とすれ違う時に 合いの手がしっかりと聞こえました。



そうすると



うるさい! うるさい! と言っていたのです。



どうやら おばあちゃまらしきお年の女性がその合いの手を欠かさず入れていました。



男の子は それが面白くなかった?もしくは合いの手として面白かったのか?



どんどん その ワッショイ!という声は 大きくなってすれちがっていきました。





さっきまでニンマリしていた私の顔はいきなり 



ん?というおでこにしわが寄った顔になってしまいました。



うるさい!っていうなら ワッショイ!って言っても同じじゃない。



ワッショイ!って男の子は合いの手を待ってるんだろうなあと。



とはいうものの、おばあちゃまの気持ちはどうだろう?



おばあちゃまは、商店街で声をあげているお孫さんをしつけたかったのかなと。



他の方に迷惑が掛からない子どもに育ってほしいという願いがあるのでしょう。



とはいえそんな願いは男の子には 全くわかりません。



じゃあ どうすればよかったのか?




CSP
というアメリカのボーイズタウンというところで開発された


適切なしつけによって親子関係を改善していく子育て支援プログラムを思い出しました。


CSP
は短くてわかりやすい表現を使いながら、子どもにわかりやすく伝えていくことで


適切にしつけをしながら親子関係を構築していくプログラムで、その中の6つの方法の


1
つに「予防的教育法」というのがありました。そこに当てはめて一例を考えてみました。


1. 
子どもにしてほしいことを説明する。
   
      ○○ちゃんお外に行くと、大きな声でワッショイ!

         っていうことがあるよね。おばあちゃんもお祭りすきだから楽しいんだけど   、

          周りに人がいる時は、小さな声でワッショイ!って言ってほしいの。


 2.  
理由を説明する。(子どもの側に立った理由)

       そうすると、おばあちゃんも 小さい声で

          一緒にワッショイ!って言えるわ。



 3.   練習する。 

        ちょっとやってみない? (「ワッショイ!」) そうよ〜良くできたわね!

        じゃあお出かけしましょう。


コツは 子どもに共感しながら、子どもの立場に立って、励ましながら楽しく会話をするそうです。

理由の説明で、例えば 他の人が迷惑ではないでしょうというのは 大人の側の理由ってことですね。

これって 大人の会話の中でも 使える ちょっとした 会話のステップ。



1.     
パパ 今日太郎が帰ってきたらとにかく誉めてやってほしいの。

  2.     そうすると、 私、笑顔でパパのご飯が作れるわ。

3.     
じゃあちょっと よくやった!って言ってみて。(「よくやった!」) パパが言うと太郎喜ぶわあ。



         こんな会話を聞いて育ったら コニュニケーション上手になりそうですね(*^^)v






************************************

共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!


11月8日(日)『コーチング入門』開催のお知らせ


  「コーチング入門」は3時間の入門セミナーです。

  高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。

  このセミナーは相手との関わりや、友人同士のコニュニティーの中で、

  すぐにお使いいただける、わかりやすい内容になっています。


  【日 時】 平成27年11月8日(日)13:30〜16:30(13:15より受付開始)

  【会 場】 東京ウィメンズプラザ(表参道)

  【参加費】 2000円(学生1000円)

  【対象・定員】 高校生以上 先着30名

  【詳細・申込方法】共育コーチング研究会のホームページより 

        http://www.ciie.net/

  

お待ちしています。詳しくは共育コーチング研究会のHPをご覧ください。 

共育コーチング研究会 http://www.ciie.net

************************************




arigato3desu at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月11日

居場所っていいな〜

 


本日の担当は西川ゆうこです。

 


先日 あるコミュニティ支援の代表をしている方の

お話を伺う機会がありました。

 


高齢者、働き盛りの方、障がい者、学生、ボランティアいろいろな方が

そのコミュニティーで一緒になって活躍しています。

それぞれの特性を活かして お互いがそこにいることで

皆が元気になっている現場のお話しを伺えました。

 


痴呆症になったおばあちゃまと 体の中で頭だけが15度程度動く少年が

皆の居場所になっているところで顔を合わせていました。

ある日、おばあちゃまはご自分のおやつであるゼリーをその少年に食べさえてあげたいと

思って そばによって スプーンでそのゼリーを少年の口元に

持っていこうしましたが、手が震え なかなか口元に持っていくことが

出来ませんでした。少年はスプーンに口元を合わせようとしましたが

なかなかうまくできずに、ゼリーは少年の服に落ちました。

 


周りは見守り続けました。

 


ある日、おばあちゃまの娘さんが居場所に見えて尋ねたそうです。

「最近母の夜の徘徊がぐんと減りました。ただ、ここに来られない日には

私はあそこにどうしても行かなくちゃならないと言うようになりました。

どうして行かないといけないの?と聞くと

母は 自分が行かないとあの子が死んじゃうからだというのです。

あの子とは 誰のことなのでしょうか?」

 


あの子とは その少年のことですよと教えて差し上げた時には、

少年の首は以前より動くようになり、おばあちゃまからの

ゼリーも食べられるようになっていたそうです。

 


代表は言われていました、

周りのサポートするプロがどんなに頑張っても

おばあちゃまの徘徊も、少年の首の動きも変わることがなかった。

でも、この2人がお互いが存在しつながったことで

信じられないような事が起きている。

そして 他にもたくさんの事が起きていますと言われていました。

 


居場所となるカフェだったり、

サロンだったり、シェアーハウスの食堂だったり、

様々な居場所の話題が聞かれるようになったので、

おばあちゃまと少年のような関係が出来て

たくさんの元気が生まれてくるぞ〜とうれしくなりました。

 


おばあちゃまと少年の間に生まれた出来事の源は何だと思いますか?

いろいろな人に聞いてみたいと思っています。

 


 




arigato3desu at 05:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2015年07月17日

言葉の力実験


本日の担当は西川ゆうこです




どこでもできる言葉の力実験をご紹介します。




2人(
AさんとBさん)で行います。


Aさんは親指と人差し指でリング(OK)を作って下さい。


そして、その親指と人差し指の先を離さないように力を入れて下さい。


「できる、できる、できる、・・・・・」とつぶやいてください。


Bさんは両手を使って、Aさんの親指と人差し指を引き離して下さい。


   お互い力の入れ具合を覚えておいてください。



A
さん今度は同じようにしながら


 「できない、できない、できない、・・・・・」とつぶやいてください。


Bさん同じように、引き離してみて下さい。



さて、、、


  指先が離れにくかったのは どちらでしょうか?


「できる」とつぶやいていた時ではなかったでしょうか?



言葉の力を使うアファメーションって効果があるんだということを


実感できるので、ぜひお試しください。


 

    この夏 あなたは 自分にどんな言葉のおまじないをかけますか?


************************************

共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!


1.先生向けコーチングセミナー いろいろ困っている先生に役立つコーチング

  『面接で使えるコーチングを体験しよう −基礎コース−』


  【日 時】2015年8月9日(日)9:30〜16:45(受付9:15)

  【対 象】小・中・高・大学等の教師 及び 子どもに関わる教育関係者

  【定 員】15名

  【内 容】午前[基礎1]聞く・承認

       午後[基礎2]質問1

         [基礎3]フィードバック・リクエスト・質問2

  【参加費】2000円(当日受付にてお支払いください)

  【会 場】東京ウィメンズプラザ

       東京都渋谷区神宮前5−53−67


2.9月5日(土)特別ワークショップ開催決定!

  『思春期の子どもとどう付き合ったらいいの!?』


  【日時】 平成27年9月5日(土)13:45? 16:00(13:15?受付開始)

  【会場】 東京ウィメンズプラザ視聴覚室(表参道)

  【講師】 菅原裕子氏 (NPO法人ハートフルコミュニケーション代表理事)

  【参加費】 一人1000円 (当日受付にて)

  【対象・定員】 保護者、教員等思春期の子どもに関わる方 先着100名

  【詳細・申込方法】共育コーチング研究会のホームページより 

        http://www.ciie.net/

  【講師紹介】菅原裕子(すがはらゆうこ)

  NPO法人ハートフルコミュニケーション代表理事

  有限会社ワイズコミュニケーション代表取締役

  1977年より人材開発コンサルタントとして、企業の人材育成の仕事に携わる。

  1995年、企業の人育てと自分自身の子育てという2つの「能力開発」

  の現場での体験をもとに、子どもが自分らしく生きることを援助したい

  大人のためのプログラム「ハートフルコミュニケーション」を開発。

  各地の学校やPTA、地方自治体の講演やワークショップでこのプログラムを実施し、

  好評を得る。著書多数。2006年NPO法人ハートフルコミュニケーション設立。 

  http://www.heartful-com.org/

  

お待ちしています。詳しくは共育コーチング研究会のHPをご覧ください。 

共育コーチング研究会 http://www.ciie.net

************************************



 

















arigato3desu at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月20日

分かち合う

本日の担は西川ゆうこです

 


時間の感持ちってちょっと不思議。

先日 小生の時の友人名と同窓をしました。

校に入ったばかりの時の話になり、

校庭で 自分が周りを見回し友達と並んでいる映像が浮かびました。

その後に 新しい友達と仲良くできるかな?という心配な持ちが

ちょっとよみがえってきました。

また 小校の遊具にもウキウキしている自分がいて 

その持ちも少し味わうことができました。

今味わっているこの持ちが 何十年も前の体からていて

なにより 意識せずにちがよみがえっていた

は少不思議でした。

 


もちろん今までも そういった持ちになることは

いろいろな場面でありましたが

さほど そのことに不思議を感じたことはありませんでした。

その持ちになれたのは 小生の時の友人がそばにいたので

より持ちがよみがえったのかもしれません。

 


自分の意識とはなく持ちがよみがえってくることに

苦難を抱えている人の苦しさを少しだけですが

分かち合えたようながしました。

 


自分の意思とは係なしに、その持ちになってしまうとしたら。

同窓をしている時に、友達になれるかという心配で
心が占領されけてしまったら。

今という目の前の時間を楽しむことができないだろうと。

心に起こる苦しみは その体がない人に理解されにくく

それがまた より辛いと聞きます。

 


悲しみを分ければ半分に、喜びを分ければ倍になる。

 


今回のちがよみがえってくる経験を通じて

分かち合っている事柄に色があるとしたら

その色を 前より細に感じられる気持ちがしています。

 


 


************************************
共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!

6月21日(日)13:30〜16:30(受付開始13:15)
  「コーチング入門」は3時間の入門セミナーです。
  コーチングを知りたい方、コーチングスキルをもう一度チェックしたい方々の
  ために企画された入門セミナーです。
  このセミナーは相手との関わりや、友人同士やコミュニティーの中で、すぐに
  お使いいただける、わかりやすい内容になっています。
  このセミナーに参加すると以下のようなことに役立ったと感想をいただいています。
  ○子どもや人との関わりがよくなる
  ○落ち着いて話が聞けるようになる
  ○自分のコミュニケーションのとり方の傾向が分かる
  ○ものごとの捉え方のレパートリーが広がる
  ○目標達成が早まる
  会 場:東京ウィメンズプラザ(JR渋谷駅徒歩12分、地下鉄表参道駅徒歩7分)
  参加費:大人2000円、学1000円(当日受付にて)
  定 員:30名(先着順)
  お早めにお申込みください。
  
お待ちしています。詳しくは共育コーチング研究会のHPをご覧ください。
共育コーチング研究会 http://www.ciie.net
************************************




arigato3desu at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月23日

なんで面白かったんだろう?


本日の担当は西川ゆうこです。



小さい頃「やぎさんゆうびん」の歌が面白くて何度も歌ってました。



なんで小さい頃は面白かったんだろう?



郵便入れにある手紙を取り出す時に歌ってました。

せっかく来たこの手紙を

白ヤギさん食べちゃうんだ、、、というところでまず

自分と違って 手紙を見て食べちゃうという行動をする

白ヤギさんが浮かんできて面白い。

そして あっしまった! とヤギさんが

慌てている映像が浮かんでそれが 愉快。

で、白ヤギさんはきっと どうしよう、、、って考えたんだろうと想像して、

そうだ! 黒ヤギさんにご用事がなんだったか

手紙を出せばいいんだ!と思いつく白ヤギさんが浮かんでくる。

白ヤギさんって頭がいいんだなあと納得する。



2番を歌ってまた黒ヤギさんが あっ!しまった。という

ところを想像するとまた楽しい。

そんなことを ずっと想像しながら 歌ってました。



ある時、

ずっと繰り返してこの状態が終わらないのかな?

どちらのヤギさんが ご用事を先に受け取れるんだろう?

などと考えました。

そこでどうなると このヤギさんたちの状態が終わりなるのか?

ということを考えたのだと思います。



ひらめきました。



どこから来たのかは分かったようだから

自分の名前の横に すぐご用事を書くとか

封書だったら

葉書にして 表にも裏にもご用事を書けば絶対読める!と



頭のヤギさんたちが 喜んでくれていることを

思い描きうれしかったです。



 この歌を歌っています。

ひらめいたことのうれしさが自分によみがえります。



あともう一つ最近は、 

この歌がずっと終わらないでいてほしいなあと思って歌うこともあります。

それは ご用事はずっとわからないけど

ずっとずっと相手のことを、気にしているということが

終わらないから。



心が ただただのんびりと

繋がっているんだなあと。





作詞:まどみちお

作曲:團伊玖磨



「 やぎさんのゆうびん 」



白ヤギさんからお手紙ついた
黒ヤギさんったら読まずに食べた
し〜かたがないのでお手紙書いた
「さっきの手紙のご用事なあに?」



黒ヤギさんからお手紙ついた
白ヤギさんったら読まずに食べた
し〜かたがないのでお手紙書いた
「さっきの手紙のご用事なあに?」



白ヤギさんからお手紙ついた

黒ヤギさんったら・・・・・・・・




arigato3desu at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月19日

大人への節目

本日の担当は西川ゆうこです


成人式が先日ありましたね。


テレビでこんなことをやっていました。

海外の成人への儀式。


・刺されるとものすごく痛いアリがたくさん入った

 手袋の中に両手を突っ込む。

1分ほどそのままの状態にされ、映像では他の大人が手を出せないように

 支えている姿が映っていました。


・バンジージャンプのように高いところから飛び降りる。

 多分15メートルぐらいの櫓から飛び降りているようなのですが

 下は泥の下り坂、ひもはバンジーのようにゴムではなく

 ヒモなので上手に飛び降りないと首の骨が折れて死に至ることもある。


それを見ていて自分の成人式の体験とは雲泥の差を感じました。

私は 大人として認めてもらえたのだ!と友達と集まって

街に出てお祝いして、夜遅くに帰りました。

成人するために 痛いこともなく 怖いこともなく ただ

年齢という時間(親に守られ育ててもらっていた)に感謝しつつ

成人という立場をもらったという感じでした。


先ほどの海外の成人の儀式を見ながら育つ子どもは、成人するには

痛かったり、恐怖だったりする体験を超えていくことであるため、

そこに向けて自ら考え、自らの心を強くする準備をする

きっかけをもらっていると感じました。


私は、自分がどのような権利をもち、どのような義務を担うのかについて

自ら学ぼうとした記憶が全くありませんでした。


自分が成人という年にまで成長できたことに感謝し、

自分の行動すべてに責任を取るということを祝いつつ、

大きな人生の節目であるということを自覚するということが

一体どういうことなのか。

また どんな体験があれば自覚しやすかったのかなど

もう一度20歳の頃の自分に戻って考えられたらなあと感じています。


未来の成人たちの中には、今を生きること、食べる事にも

苦しんでいる日本の子どもも多くいます。

自分とは20歳までの体験が全く違う子ども達には

どのように話したら、どのような体験があったら、その節目を

実感でき、そして成人として未来に希望をもって生きていく力がつくのか

そのことを今年は考えていきたいと思っています。



************************************
共育コーチング研究会主催セミナー ただ今 受付中です!

2月15日(日)13:15〜16:15(開場13時)
  ファウンデーションプロジェクト
  「のばせ、子どもの強み!〜子どもの強みに気づいて
    活用の仕方をGETするセミナー〜」
  子どもの強み、いいところをつかわなくっちゃもったいない
  その子の宝物だから
  でも心配のあまり苦手なところ、出来ないところを
  叱って、怒って、なんとなしようって…頑張ってないですか?
  もしかしたら、強みを活かすことでもっと楽に成長させる
  子どもを大きく伸び伸び伸ばせることがもっとあるかも知れない
  会 場:東京ウィメンズプラザ(JR渋谷駅徒歩12分、地下鉄表参道駅徒歩7分)
  参加費:大人1000円、学生500円(当日受付にて)
  定 員:20名(先着順)
  申し込みは2月8日までです。お早めにお申込みください。
  
お待ちしています。詳しくは共育コーチング研究会のHPをご覧ください。
共育コーチング研究会 http://www.ciie.net
************************************














arigato3desu at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年11月14日

お礼参り


本日の担当は 西川ゆうこです。


 


皆さんは心を洗うための場所ってありますか?


 


私は、自分の心がホコリにまみれた気がする時に

 


あるスーパーの駐車場に会いに行く人がいました。

 


買い物をして道に出るときに誘導をしてくれるおじさんです。

 


パントマイムのように振る舞い、笑顔でどちらに行くかを指さし確認.

 


そして少しずつ道に誘導しては、両手を広げて止まって下さいの合図。

 


やさしい穏やかなオーラが体から出ているのか、車の中からその振る舞いを

 


見ているだけなのに、本当に心から自分がやさしい気持ちになっていると

 


感じて、自分の心がきれいになっていると実感していました。

 


 


ちょっと遠いそのスーパーに以前は

 


週に1度おじさんに心を洗ってもらいたいと思って買い物に行っていました。

 


そして常に同じ気持ちを与えてくれました。

 


私は振る舞いから伝わってくるのだなあと思っていました。

 


 


 

おじさんは きっと どの車に対しても

 


「安全運転でお帰り下さいな」と

そして あるとき気が付いたのです、振る舞いじゃないと

 




心から願って誘導しているからだって。

 


 


そう感じるようになってから、

心を洗いに行かなくても ホコリがたまりにくくなった気がしています。


 


今年は おじさんに

「心を洗ってもらってました。ありがとうございました」と

伝えに行こうと思っています。

 


 




arigato3desu at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)