top

2011年08月

2011年08月28日






今日は帝国劇場で「三銃士」の千秋楽を観劇します。
瀬奈じゅんさんがミレディ役で出演しているので、いつものお仲間と一緒に楽しんできました。

公演は1時半からなので、ランチを帝国劇場のとなりの国際ビル2階の波奈で食べることにしました。
早く着きすぎたマーナが、限定20食のプレートランチを注文しておいてくれました。グッジョブ

国際ビルは1階にバカラが入っているビルです。
初めてのビルはどこにあるのかよくわからず、近くをうろうろしてしまいました

グーグル地図で調べていったのですが、風船マークがあったところと実際の場所はちょっと違っていました。
何のことはない、帝国劇場の有楽町寄りひとつ手前のビルで、地下で帝国劇場とはつながっている、わかりやす〜いビルでした。

店の雰囲気はスタイリッシュでなお且つ落ち着いた感じ、かなり広いスペースを使っています。

このあたりは大人の街ですから、客層もそれなり。
日比谷っていいなあ

プレートランチはお刺身茶碗蒸しなどがついているうえに、9種類のこまごまとしたおかずがワンプレートに乗っています

カメラを忘れてしまったので、携帯カメラで失礼

1


それにプラスしてご飯お味噌汁香の物も。

これで1180円ですから、びっくりです。
味はそれなりですが、場所と値段を考えれば拍手をしたいくらいです。

ゆったりしたスペースで楽しくおしゃべりした後は、いざ劇場に。

宝塚はさんざん見ていたわたしですが、男性の役者さんが登場するミュージカルは初心者のわたし。
三銃士がどんな作品かも調べずに観ましたが、「あれ? これってすごい。。。」というのが正直な感想。

ミレディの相手役を演じる橋本さとしさんのソロには感動。
この役者さんって誰
と思ったら、レミゼでジャン・バルジャンをやっているような主役級の方なんですね

三銃士の三人はみんな歌がうまく、アクション満載ですばらしい。

主役のダルタニアンを演じる井上芳雄さんは前々から活躍している役者さんという印象はありましたが、調べてみれば芸大出身の本格派。
彼の演技を観ていると、海外のミュージカルを観ているような気がしてきます。
ブラボー

シルビア・グラブさんは陽気なお人柄に好感の持てる方ですが、この作品では王妃役をしっとりと演じていて、さすが役者さんだと感心。

麻子さん演じるミレディは、いい役です
宝塚の男役さんが演じるとぴったりする役です。

影を持ったミステリアスな大人の女性、それでいて悲劇の女性。
背が高くてすらりとした麻子ちゃんにはぴったりな役柄でした。

この作品には今をときめく東宝のスターたちが目白押しで、豪華キャストによるすごい作品だったんだと家に帰ってから知りました。

もし再演があったら、是非観てみたい作品です

橋本さとしさんは、麻子ちゃんの次回作「ニューヨークに行きたい!!」で相手役をされるとのこと、これもまた楽しみです。

夏も終わりが近づいて涼しくなってくると、芸術鑑賞が楽しめる季節到来。
絵画舞台に、そして読書

芸術の秋を楽しんで、人生を豊かにしなくちゃね







日本ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければクリックを
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ


(23:42)

2011年08月14日











今日は母とようこちゃんと一緒に京王プラザに行きました。
版画家として活躍されている平木美鶴さんの個展が開かれているからです

久しぶりの京王プラザ、結構人が多いのでびっくりしました。

3階のロビーがアートギャラリー化していて、平木さんの個展の他にも伊万里焼の風鈴がたくさん飾られていました。

作品展は上下の階に分かれていて、上が油彩画、下が版画になっています。



平木さんの作品には、日本人離れした色彩感覚とメンタリティーがあります。

明るく陽気な作風には、ラテン的な力強さもありますが、どこか日本人の心の原風景を感じさせる部分もあります。

大きいサイズのものは巨大なビルのロビーなどに飾ると映え、今日も京王プラザ3階の壁に何点かかけられていました。

広々した空間にも負けない、圧倒する迫力で個性を主張しています

岡本太郎が「芸術は爆発だ」と言いましたが、平木さんの作品にも「爆発」的なものがあります。

エネルギッシュ、パワフル。

しかし近年の作風には中間色を多く使った日本的な印象のものもあり、新境地を切り開いています

今日はそんな中の一枚をいただくことになり、個展が終わった後にはわが家で平木さんの作品を楽しませていただけることになりました。

気持ちが明るくなったところで、3人で2階のレストラン街に行き、イタリアンのランチを食べることにしました。

レストランの名前は「フォルトゥーナ」。
窓のない部屋は圧迫感がありますが、広々としているので閉そく感は帳消しです。

アンティパストにプリモはパスタ、ドルチェとコーヒーだけのシンプルなランチコースを選びました。

まずフォカッチャオリーブオイルがだされました。

フォカッチャは冷たかったですが、味は悪くなく、オリーブオイルも青みの強いいいものでした。



アンティパストは茄子とトマトのゼリー寄せ
夏らしいゼリーがなかなかおいしかったです

クミンが香り付けに使われていて、ちょっと不思議な感じがしました。



ようこちゃんはライスコロッケ



プリモは豚肉のラグー、辛味トマトソース和え
スパゲッティーニの質がちょっと気になりましたが、味はそんなに悪くない。。。

これにもクミンの香りがしたような記憶がありますが、気のせいだったのでしょうか?



ドルチェはロールケーキ
しっとりしていてこれも悪くないレベル。



カプチーノを添えて。



パンはなくなるとすぐに持ってきてくれるし、お水もしかり。
ただ、そつはないのですが、温かみが感じられない。
やっぱり帝国ホテルはすごい。。。

それでも美しいものを観た後の楽しい余韻にふけって、3人で話に花を咲かせて帰ってきました。

芸術って、心に潤いを与えてくれますね

食べてばかりではなく、芸術鑑賞にもいそしみましょう、と心に誓った夏の暑い日でした。







日本ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければクリックを
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ



(10:09)

2011年08月13日









中野にトルコ料理&北アフリカ料理を食べさせてくれるところがあると知り、アジア部で繰り出すことにしました。

アジア部はトルコ料理が大好き

渋谷のアンカラ、ヒラル、阿佐ヶ谷のイズミル、麻布十番のブルガズ・アダ、池袋のカッパドキアなど、あちこち食べ歩いています。

今日は猛暑日で、昼間は太陽に焦がされているような気がした一日でした。

こんな日はトルコ料理がおいしいのです

カルタゴは中野駅から徒歩3〜4分のところにあります。

丸井の前を青梅街道方面に1〜2分行った右手に位置しています。

20人強は入ると思われる店ですが、平日だというのにほぼ満席。
いまどき驚くべき人気店です

まずは飲み物から。

わたしはグラスワインを飲むことにしました。

店の中央にワゴンがあって、大と小のワイングラスと、冷たく冷やしたワインに常温のワインが数本ずつ置いてあります。

自分の好きなワインを飲んで、会計の時に自己申告するシステムです。

わたしは冷やしてあるロゼを小のグラスで飲みました。
さっぱりした感じのロゼで、しっかりした味付けの料理に合います。



1品目はメゼ三点盛りとアラビアパン、エキメキのことですね。

メゼの方は、ひよこ豆に焼き茄子、野菜の唐辛子入りの3種類を選びました。



エキメキをちぎって袋のようにして、中にディップを塗って食べます。

焼き茄子は香ばしくていい香り、どれもおいしく無言になって食べてしまいました



次に、ハルーミというキプロスのチーズを焼いた料理。



食べるとキシキシ言うくらい弾力のある歯ごたえ。

このあたりの地方は、チーズやオリーブがおいしいんです。

そして茄子とひよこ豆の煮たもの?
夏ですから茄子がおいしいです。



魚のクスクス。
ジャガイモ、蕪、人参、白身の魚などがクスクスといっしょに煮てあります。

クスクスは小麦粉でできているので、後で結構お腹が膨れます。



下の左のスープを足しながらクスクスを食べます。
右は辛味。
味のアクセントに。

でも、それほど辛くはありません。
コクがでておいしくなります

     

海老の卵とじ。

上に一本だけ辛い青唐辛子が乗っています。
2センチくらい食べてみましたが、タイのピッキーヌほどは辛くありませんでした。

とはいえ、かなり辛いです



最後にデザート。
中東のお菓子。

パイの下にはピスタチオの潰したものなどをシロップ漬けにした甘いお菓子。

これがかなり甘いのですが、しっとりしていて本当においしかった



本格的に淹れたコーヒー。
中東風ではありませんが、このコーヒーはおいしくて、甘いデザートにぴったりでした。

お菓子は1個食べたら突然お腹にドドーン、と来ました。
え? とびっくりするほど、満腹感が後からいっきに押し寄せてきます。

アジア部全員でこれにはびっくり



どの料理もなかなかおいしかったのですが、メゼとお菓子が特においしかったような気がします

トルコ料理のお店は何店かありますが、どこかがずば抜けておいしいというより、それぞれの店に際立っておいしい一品がある感じです。

それにしても異国情緒を満喫できるトルコ料理店。
未体験の方にはぜひお薦めしたいジャンルです。

ごちそうさまでした





日本ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければクリックを
↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ


(20:53)

2011年08月11日










急にうどんが食べたくなって、神保町丸香へ寄ってみました。

ところが降りたシャッターの上には張り紙が。
15日までお休み。。。お盆なのね〜。がっくり

そこで近くにはなまるうどんがあったと思い行ってみました。

はなまるうどんは他の場所で行ったことがあるので、システムはわかっています。

おぼんを盛って注文して、最後にキャッシャーがあってお支払い。

メニューを見ていると、期間限定でしじみひやかけというメニューがあります。

このうどん1杯に、しじみに含まれるオルニチンというアミノ酸200個分も入っているそうです。

オルニチンはどうやら肝機能にいいらしく、代謝を高め、有毒物質の解毒作用があるみたいです。

しじみが二日酔いに効く、というのは解毒作用があるからなんでしょうか。

とにかくそういうことで、エネルギー再生パワーアップすることができるようです

では、ということで今日はオルニチンたっぷりのしじみひやかけを食べてみましょう。

うれしいことに、大好きなジュレがトッピングされています。
しじみは申し訳程度に4つほど

生姜のすりおろし揚げダマを少々乗せて、席に着きました。

この神保町にあるはなまるうどんは、ガラス張りで眺めもよく、洒落たデザインです

時間が早いのでお客さんもさしていず、なかなかいいじゃない?

しじみひやかけの方は、普通においしいです。
ジュレが夏らしくていいですね。
最後の方には溶けてしまいましたけど

讃岐うどんというのは、この出し汁の色の薄さに特徴があるのでしょうか?
それだけなら関西のうどんもそうですけれど、讃岐のうどんはもっと魚の出汁が効いているような気がするのはわたしだけ?

と思って調べてみたら、やっぱりいりこが普通よりたくさん入っているそうです。
だから魚っぽい香りがするんですね。

一度本場の讃岐うどんを食べてみたいものです。

このしじみひやかけ、当分の間マイブームになりそう





日本ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければクリックを
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ


(15:43)

2011年08月06日












夏の暑い日、夕立の後に訪れたサンルーカ。
メニュー板の上に雨粒が残っています。

ガラス窓から中をのぞいてみました。



今日はいったいどんなおいしいものを食べさせてもらえるのでしょう。
ワクワクしながら引き戸をひきます。

本日はさなえさんのお願いで、カウンターの席を用意してもらいました。
シェフの手際いい調理の様子を見せていただこうというのです。

カウンターに座ると、目の前にガラスのケースが。
中にはおいしそうなハムやチーズ、ハチミツが入っているのが見えます。





まずはいつも通り、スプマンテで乾杯



何か珍しい食材はないかしら?



ワインリストはこんな感じ。
あ、Sassicaiaがある!
これおいしいのよね〜



アンティパストは盛り合わせで。
田舎風パテが本当においしいんです。

豚と牛を混ぜて作るそうです。

後ろにあるメロンの上には、パルマ産の生ハムと羊の生ハム。
確かに羊の香りが。

水だこのマリネも少し乗せてくれました。

自家製胡瓜のマリネは、酢がとんがっていないので食べやすいです。
酢の使い方がいいのか、分量がいいのか。
はたまた砂糖の入れ具合がいいのか。
このあたりは、料理人のセンスですね。

パンもこだわって自家製です。
最近イタリアのパンのおいしさがやっとわかりました。

うららせんせいが、小麦がおいしいのでパンがおいしいんです、と言っていたのが理解できるようになりました。



トロペアのサラダ。
辛くなく、さっぱりしています。



これがトロペア。



うなぎとジロール茸のフリット。
前回はうなぎをグリルにしてもらいましたが、今日はフリットで。

からりと揚がったうなぎはおいしくて元気がでます



今日はお試しワインがあって、なんと1杯100円です
あり得ない〜。



パスタはレモンクリーム。
このパスタ、手作りなんです。

製麺所の機械を小さくしたようなパスタマシンがあるそうです。
この麺がおいしいんです。

表面がざらざらしているので、ソースの絡みがよく、味が染みた感じです。



セコンドは鶏の岩塩板焼き。
岩塩の板の上でグリルするそうです。

塩の味がマイルドでこれもとがっていない味



岩塩板はこんな感じです。



サンルーカは塩にこだわっているので、5種類ほどの塩をブレンドしているそうです。

下はオーストリアの塩。



さて、ドルチェは2種類食べます
まずは山羊のジェラート。



そしてティラミス。
どちらも優しい味でなぜかお腹にしっかり入ります。



今日も素敵なディナーをありがとうございます

また新しいメニューを作ってくださいね、楽しみにしています。



今日もごちそうさまでした。
さよならサンルーカ、また来ます。







日本ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければクリックを
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ


(20:47)

2011年08月04日







今日は西荻窪の人気店「のらぼう」で「」というコースを食べてきました。

のらぼうは予約が取りにくいと聞いていましたが、当日の昼間になって夜の予約を取るという離れ業をやりました。

取れたのは7時20分までの時間。
5時から開いてますから、できるだけゆっくりしようと5時10分過ぎには到着。

この時間なら間際でも空いていることがあるようです。
驚いたのは、こんな時間だというのにすでに2組ほど先客がいたこと

(どれほど人気やねん。。。)と心の中で呟くことしきり。

お店は西荻窪の改札をでて左に行き、バス通りを吉祥寺方面に5分も歩いて突き当たりの手前を右折。

何軒か入ったところの右手側にあります。
内装は古い民家風にしてあり、手前にテーブル席が8つ、カウンターには6席、さらに奥にお座敷があって10人くらい座れそうな雰囲気です。

わたしたちはカウンターに座り、お兄さんたちが料理を作るのを正面から見ながら食事をいただきました



料理は今風な感じのこじゃれた居酒屋チェーンのような雰囲気ですが、仕事が丁寧で味付けも絶妙です。

まずは食前酒がでてきました。
これはコースに含まれているようですね。

カンパ〜イ

突き出しにツブ貝の煮たものとオクラ



薄いけれどしっかり味がついています。



鰹のたたきの野菜乗せ。
お好みでポン酢をかけます。

皮は引いてあり、さっと炙る程度で魚臭くない味にしてあります。



大根ブロッコリーの煮物。
鶏ひきを出汁に、生姜万能ねぎを上に散らして。



色々野菜豆腐じゃこポテトチップスを乗せたサラダ。
葡萄など果物も入っていました。



じゃがいも
海苔の素揚げ。
手前にを盛って。



トマト入りの出汁巻き卵
大根おろしを乗せているスプーンが可愛い。



変わりポテトサラダ
手作りマヨネーズが甘めですがおいしかった
温泉卵もいい具合にできています。


  
新生姜
油揚げ炊き込みご飯

     具だくさんの御味噌汁



きれいに盛られた香の物が食欲をそそります。



もう食べられない〜、とかいいつつ最後のチーズケーキを完食



冷たいお茶と一緒に。

本当に優しい味のお料理でしたが、若い人が好きそうな店の造作、お料理の質でした。

西荻窪には「しんぽ」という有名な居酒屋さんがありますが、客の年齢層はしんぽの方が高いです。

しんぽのメニューの方がお酒のつまみには合いそうな感じです。
魚のしんぽに対して、野菜ののらぼう

なぜかのらぼうの方が混んでいる印象。

それにしても西荻窪は、こういうちょっとしたいいお店がたくさんあります。
いい街ですね〜、西荻窪








日本ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければクリックを
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ

(22:18)