top

2013年12月

2013年12月29日











今年最後のアジア部は、おしゃれに代官山の「リストランテ ASO」へと繰り出しました。

わたしたちが通されたのは1階のダイニングです。階段を上がった2階にも部屋が3つあります。

この日はあいにくのお天気で朝からの雨が降りやまずにいました。パティオから入る光も暗くどんより。それがシックで都会的な雰囲気を作っているともいえますが。

お客さんの入りはわたしの見える範囲では8割くらいでしょうか。ランチは12時からですが、1時近くなってからも人が入ってきました。

-----------------------------------------------------------------------

最初に置かれていたお皿。

素敵な絵が描かれていて、イタリアのドゥオーモの天井画を思い起こさせるような、あるいはいつものイタリアの空を描いたかのような。その二つ全然違うじゃないか! と突っ込まれそうですが、どちらもわたしの中ではありなんですが。。。

このお皿はコースが始まると下げられて別のお皿を使っていました。



-----------------------------------------------------------------------

注文したのはシェフのおすすめコースです。

何がでてくるかはその日によって違うようで、メニューは印刷物としては作られていませんでした。

-----------------------------------------------------------------------

横長の皿にパンが並べられています。小さく可愛らしく焼かれた数々のパン。残すとお持たせにしてくれます。

バターは2種類。どちらも手作りで、左は桜チップで燻製したもの。わたしはこれが気に入りました。

右端は青い香りのオリーブオイル。



-----------------------------------------------------------------------



お酒はトスカーナのキャンティをグラスでオーダー。

後ろに見える猫型のガラス瓶に入っているのはグラッパです。琥珀色のお酒を可愛いガラス製の容器に入れてお洒落な雰囲気を作っています。

飲むためではなく、装飾として置かれているようです。



-----------------------------------------------------------------------

巣籠り卵を思い浮かばせる一品。

巣となっているのはギリシャの細いパスタと説明されました。ギリシャにもイタリアから輸入されているもの以外に独特なパスタがあるのでしょうか?

トリュフの香りがしっかりしていたので、上質なものとわかります。



-----------------------------------------------------------------------

プリモはフォアグラや貝が入ったパスタ。フェトチーネ



-----------------------------------------------------------------------

白身魚のソテーに野菜のソース。魚の皮にも飾り切りがほどこされています。



-----------------------------------------------------------------------

豚のロースト野菜添え。



-----------------------------------------------------------------------

口直しにトマト?のソルベ。口がさっぱりしました。



-----------------------------------------------------------------------

ドルチェは4つの中から好きなものを選ぶことができます。

わたしはモンブランを選びました。



-----------------------------------------------------------------------

最後の飲み物と一緒に小さなスイーツがでてきます。ゼリーやマシュマロ、生のフルーツなど。

こんなに食べたあとなのにおいしくて全部食べてしまいました。見ているだけでも可愛いです。



-----------------------------------------------------------------------

 非常に手の込んだお料理の数々でした。こういう手の込んだお料理は、特別な機会に食べるのが似合うものです。

シェフのおすすめコースがどんな素材と調理法で出てくるのかとても興味があったので、今回はお願いして本当によかったと思いました。

-----------------------------------------------------------------------

 料理って不思議なもので、シンプルにすればするほど素材の持ち味を感じられて味覚中枢にうったえてきます。こういうのは突きつめた直球料理で、素材に対する知識と、それを活かす技術(手腕)を必要とします。

素材を複雑化させると、調理法に工夫をこらして新たなおいしさを作らなければならなくなります。素材を複雑に絡み合わせただけで新たなうま味が生まれたりする場合もありますが、完成されたものに仕上げるには、さらに技術や感性を持って手を加えることが必要になってきます。

素材がシンプルなものと複雑なもの。料理人が掘り下げたい方向は、それぞれに違うのでしょうね。

でも終点は一緒です。 “いかにおいしいものを作るか”

-----------------------------------------------------------------------

こちらのお店のサービスはというと、さらっとした感じで、都会的で洒脱とはこういうことなのかもしれません。

気合を入れて食べに行くリストランテというイメージを持っていましたが、実際にはそれほど近寄りがたくもなく、適度にカジュアル感のあるお店です。

-----------------------------------------------------------------------

本日は素敵なお料理をありがとうございました。

次に特別な機会があるとしたらなんだろう、と思いを馳せながらお店を後にしました。










*****************************************************************

日本ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければクリックを
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ

*****************************************************************



(19:45)

2013年12月22日











辛子といえばチューブを使っていました。

面倒くさいので粉の辛子を使おうなんて思いもしませんでした。

ところがおいしい「辛し和え」が食べたいと思って探したのがきっかけで、粉の「地がらし」を使うようになりました。



皮も一緒に挽いてあるので粒マスタードのような色合いです。

熱湯を使ってすりこ木で思いっきりかき混ぜます。途端にいい香りが鼻をつきます。

入れものを逆さまにして1時間寝かせてから食べるように書いてありますが、時間がないときはすぐに食べています。

自然な辛さで食べ物の味がアップします。辛子がおいしくて御飯が進むなんて、信じられないことがおきています。

辛し和えはもちろん、納豆にもおいしいです。辛子マヨネーズもいけます。

小袋を買って半分をいっぺんに作り、ラップで小分けにして冷凍して使っています。

か・な・り、おすすめです。










*****************************************************************

日本ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければクリックを
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ

*****************************************************************



(00:52)

2013年12月21日











マリちゃんから手作りクッキーの贈りものをいただきました。

手作りクッキーといってもマリちゃんが作ったものではなく、お菓子のプロの方が作ったものです。

受注生産です。

お店の名前は「ル・モン・ブルー・マルシェ」。



こちらのお菓子は、「これ以上食べたらいけない!」と何度も自分に言い聞かせないと、食べるのを止めることができません。



左手前のコショーのクッキーがまたおいしいんです。

ダイエット中の身には、危険だわ〜。 (*≧∪≦)










*****************************************************************

日本ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければクリックを
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ

*****************************************************************





(15:16)

2013年12月20日











イタリア料理教室「イル・クッキアイオ」でのレッスン内容を書き記しています。

今日のレッスンはイタリア20州のヴェネト州です。

ヴェネト州の州都はヴェネチアです。憧れのヴェネチア、一度は訪れたい土地です。

-----------------------------------------------------------------------

ンティパスト: サルデ・イン・サオル
Sarde in Saor

★ 揚げたイワシのマリネ ★



-----------------------------------------------------------------------

■ 青魚はしっかり揚げます。



■ 和風な南蛮漬けもいいけれど、イタリア風もいけてます。

-----------------------------------------------------------------------

プリモ: リゾット・コン・セッピエ・エ・ピゼッリ
Risotto con seppie e piselli

★ イカ墨のリゾット グリーンソース ★



■ イカ墨のリゾットをさらにおいしくしているのは下に敷かれたグリーンソース。見た目も美しい。

■ このリゾット大好きです!

-----------------------------------------------------------------------

セコンド: バッカラ・アラ・ベネツィアーナ
Baccala alla veneziana

★ 玉ねぎとトマトを入れたソースで煮た鱈 ★



-----------------------------------------------------------------------

ドルチェ: 2種類のジェラート



-----------------------------------------------------------------------

白ワイン: “ルスティコ” バルドッピアデーネ・プロセッコ・スペリオーレ DOCG
"Rustico" aldobbiadene Prosecco Superiore DOCG

★ 葡萄品種 ★

グレーラ(プロセッコ) 100%



-----------------------------------------------------------------------

白ワイン: “ヴィニェト・デッラ・リヴァ・ディ・サン・フロリアーノ
ヴァルドッピアデーネ・プロセッコ・スペリオーレ DOCG
"Vigneto della Riva di San Froliano" Valdobbiadene Prosecco Superiore DOCG



★ 葡萄品種 ★

グレーラ(プロセッコ) 100%










*****************************************************************

日本ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければクリックを
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ

***********************************************************************************


(00:56)

2013年12月15日











先日ランチでおじゃました荻窪の「坂ぐち」さんへ夜にお伺いしました。

夕暮れの行燈が美しく、本当に京都のような佇まいです。



-----------------------------------------------------------------------

今日はわたしには考えられないほど胃の小さい方をお連れしたので、1品少なく、その代り材料を上質なものにと勝手なお願いをしました。

まず最初に生姜茶(上左)がでて、八寸とともに飛騨のお酒がでてきます。金色の杯(下)で飲むのですが、高台がないのでぐらぐらしてしまい、下に置くことができません。

よって、飲み干すまで下におろせないという趣向。

その後はお連れした方がお酒の飲めない方でしたので、二人で一合をちびちびと。

こちらのご主人の出身地である飛騨の日本酒をチョイス。名前失念。

ガラスの徳利(上中)がとても素敵。



-----------------------------------------------------------------------

八寸です。

左手前はもずく、右手前は白子。奥は柿釜。



-----------------------------------------------------------------------

お造りは平貝、まぐろ、奥は白身。



-----------------------------------------------------------------------

お椀



-----------------------------------------------------------------------

えぼ鯛の幽庵焼き。頭と骨は見事にカリカリに上がっていて、すべておいしくいただきました。

一皿に豪華に盛り付けたものを、銘々のお皿に取り分けてくれます。





-----------------------------------------------------------------------

丹後ぐじの酒蒸しです。蕪やお豆腐、シイタケなど入っています。



-----------------------------------------------------------------------

土鍋炊きのかやくご飯。お漬物と一緒に。



土鍋だきのご飯はやっぱりおいしさが違います。



-----------------------------------------------------------------------

残ったものは「お結び」にしてお持たせにしてくれます。



-----------------------------------------------------------------------

最後はカシスのシャーベットと果物、手作り和菓子です。



2人でも個室を取っていただけるので、ゆったりと食事をして話をすることができました。

駅から徒歩5分というのも便利でいいですね。

また伺います。










*****************************************************************

日本ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければクリックを
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ

*****************************************************************




(00:20)

2013年12月10日













等々力のサンルーカでえっちゃんと二人女子会。年に2回の定例となっています。

会うたびにお互いの近況を話して、相談したりと、あれやこれや。



-----------------------------------------------------------------------

今回サンルーカへいったのは12月の第1週で、きのこ類は今週でもうお終いとのこと。

例年より少し早いとシェフがいっていました。

お蔭さまで滑り込みセーフ。最後のきのこを楽しむことができました。

-----------------------------------------------------------------------



ワインはキャンティだと思います。しっかりした感じのものが好きなので。





いつも注文する前菜の盛り合わせ

大仙鶏のレバーペースト、サラダの上に乗ったチーズはブッラータ、24か月熟成パルマ産生ハム、モルタデッラ、辛いサラミ(名前失念)などなど。

大好きなものばかりが並んでいます。

自家製のキュウリのピクルスも酸味がきいていて口をさっぱりさせてくれます。



-----------------------------------------------------------------------

 トランペット茸とモッツァレラのフリッタータ。

卵ときのこは相性抜群です。卵はきのこのおいしさを引き出してくれます。というか、きのこの香りを殺さない、が正しい?

トランペット茸とかジロール茸などは、日本のきのこにしてみると、しめじとかヒラタケとかなめことか、そんな感じなのでしょうか。

それぞれに味わいが違いますが、どのきのこも大好きです。



-----------------------------------------------------------------------

牡蠣の香草オイル煮。





ポルチーニのクリームパスタ。クリームとの相性も抜群です。

松茸白トリュフがわたしの中でベスト1争いをしていて、両方とも1位を譲ることはなく、ポルチーニは堂々の2位かな。

っていうか、松茸と白トリュフが別格で、え〜と、、、σ(馬゚д゚鹿)☆

松茸は食べられても、白トリュフはなかなか食べられるものではありません。

サマートリュフや黒トリュフはいつでも食べられますが、白はなかなか難しい。

以前サンルーカで食べさせていただいたときは、卵を使ったココット焼のようなお料理でした。王道なんでしょうね。

凄く立派な白でびっくりしました。遠い目。。。



-----------------------------------------------------------------------

ドルチェはティラミス。それにコーヒー。





あ〜、おいしかったです! いつもごちそうさま。

今日は本当にラッキーでした。

また伺います。。










*****************************************************************

日本ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければクリックを
↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

*****************************************************************




(00:35)

2013年12月07日











マリちゃんを訪ねて小田原方面まで足を延ばしてきました。幸運なことにいいお天気。広がる青い空。

マリちゃんが連れて行ってくれたのは、二宮駅から徒歩3分のところにある「バリ モダン アウラ」です。

-----------------------------------------------------------------------

わたしとトッポは長い道中座っていけるようにと、東京駅から快速アクティーに乗っていきました。

東京駅はアクティーの始発で、戦闘状態で乗りこまずともゆったり座れます。

グリーン車もありますが、普通車で往きも帰りも座ることができました。

いくら始発でも中央線など時間によっては椅子取りゲームです。愚鈍なわたくしめは、一番前に並んでいて座れなかったことがあります。

アクティーは二宮には止まらないので、マリちゃんが国府津駅まで車で迎えに来てくれました。

-----------------------------------------------------------------------

国府津から車で15分も走ったところにバリ モダン アウラはありました。

入口はなんと冠木門。でも屋根の内側がバリ風?

以前はどなたかのお屋敷だったそうです。



-----------------------------------------------------------------------

門からエントランスを望む風景。お喋りに夢中になっていると、水耕畑をイメージした浅い池におっこちちゃいそうで。。。



-----------------------------------------------------------------------

扉を開けるとエントランスホールはバリ! ここにも真ん中に水を張ったところがあり、うっかりしているとおっこちちゃいます。

冗談と思うかもしれませんが、実際にマリちゃんの友達は落ちたそうです。

濃い色のフローリングと石の床が素敵です。



-----------------------------------------------------------------------

エントランスホールは一面がガラス張りで温室のよう。素敵な照明器具が天井から下がっていました。別世界ですね。



-----------------------------------------------------------------------

ここで少し待ってからダイニングルームへ案内されました。

こちらはガラス張りの扉の向こうが一面の! 海を見ていると心が癒されて食事もおいしく感じられます。

都会のレストランには決して望めない風景。贅沢な時間を過ごすことができます。



-----------------------------------------------------------------------

食事の前にキールを注文。食前酒ですが、これだけで最後までいってしまいました。



-----------------------------------------------------------------------

前菜の盛り合わせです。スティック状のフリットはワカサギです。



-----------------------------------------------------------------------

トリッパ(牛の第二胃袋)にパスタを入れたもの。上品な味に仕上げてありました。

スープかトリッパか選べます。



-----------------------------------------------------------------------

魚のソテーをオランデーズソースで



-----------------------------------------------------------------------

仔羊を白菜で巻いて煮込んだもの。キャベツではなく白菜というのが面白い。

牛の煮込みを選ぶこともできます。



-----------------------------------------------------------------------

チーズムース。



-----------------------------------------------------------------------

食事が終わったらお庭を散策。

二宮袖ヶ浦海岸を上から一望する眺めは圧巻。

前回海を見たのは9月、地中海。地中海と比べると日本の海はやっぱり紺系統の落ち着いた色です。

底抜けに明るい感じの地中海もいいけれど、少し悲しい感じの色合いも美しい。

こんなに素敵な松が見えるのに、なぜ日本料理のお店にしなかったのか不思議。

…なぜバリ?



-----------------------------------------------------------------------

庭からダイニングルームを見た様子。



-----------------------------------------------------------------------

こちらは結婚式場もしているので、週末は貸切のことも多いみたいです。

こういうこじんまりとしたところで結婚式もいいですね。雰囲気重視の方にはおすすめです。

お料理は大箱のそれですが、最近味がかわって以前よりはよくなったそうです。

二宮駅からも徒歩で来れるということで、車がなくても訪れることができるのは点数が高いです。

久しぶりに旅行気分を味わいました。海や山っていいな。










*****************************************************************

日本ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければクリックを
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ

*****************************************************************




(10:49)

2013年12月05日











11月も最後の週、上海蟹の旬が終わっちゃう〜、とアジア部は慌てて新宿御苑にある上海料理の有名店「シェフス」へ駆け込みました。

予約は3週間前。

上海蟹だけは予約の時に注文しておきましたが、あとのメニューは当日決めるお約束です。



シェフスは新宿御苑の大木土門改札をでて徒歩8〜9分ほど。駅から近くもないけれど、ものすごく遠くもない距離です。

-----------------------------------------------------------------------

まずはビールで乾杯!



-----------------------------------------------------------------------

少量ずつ女将おすすめの前菜をお願いしました。

クラゲがすごく細くて繊細に切ってあります。

チャーシューは上海料理っぽい甘めな味付けですが、それが嫌じゃない! わたしはどうしても上海料理の甘ったるいところが好きになれないのですが、シェフスの味は甘さ控えめなのか、甘味料の種類のせいか、すばらしいと思います。



-----------------------------------------------------------------------

見た目も美しいし、味も上品だし、いい素材を使っているし、さすがです。

お店の中は上海蟹を食べに来た人でいっぱいです。隣の方は遅い時間のお出ましだったので、どなたもいない間に店内の様子をカメラ  で1枚。



-----------------------------------------------------------------------

 小鯵の南蛮漬けも甘めな味付けですが、カリッとよく上がっていてじつに美味。五香粉風味でしょうか。香りはほんのわずかに抑えていて、嫌みがありません。

八角や五香粉はたくさん使いすぎると香りが強すぎて折角おいしい料理が台無しです。こちらはさすがに使い方が絶妙で上手。

春巻きも蟹入りです。



-----------------------------------------------------------------------

蟹入り焼売がおすすめと聞いて、一人一個ずつお願いしました。

ごろんと大きく食べ応えのある焼売です。



-----------------------------------------------------------------------

上海蟹は雄と雌を1匹ずつ。女将がハサミ  で切り分けてくれます。



-----------------------------------------------------------------------

こちらでは選りすぐった上海蟹を仕入れているそうです。さすがに香りもよく卵もたっぷりで見事な品質のものでした。

ひと頃は日本に上質の上海蟹が入ってきているといわれましたが、今は悲しいかな、経済力のある中国の方がおいしいものが出回っていると聞きます。



-----------------------------------------------------------------------

左が雄で右が雌。

11月の終わりとあって、雄のが成熟してまったりとした濃厚な味。でも、やっぱり雌ののおいしさにはかなわないかな〜。

すべての足先まで見事に食べつくしたので、女将にお礼をいわれてしまいました。

残したら蟹さんにも、一生懸命調理してくれているシェフにも申し訳ありません。



-----------------------------------------------------------------------

黄にらと豆腐干の炒め物。塩味が絶妙です。



-----------------------------------------------------------------------

〆は上海蟹のチャーハンです。蟹を堪能したあとなので、ご飯の中に混じった蟹の風味に敏感になっています。

上海蟹を食べに来たら、〆はやっぱりこれっきゃありません。おいしい。



-----------------------------------------------------------------------

オーラスに杏仁豆腐を。果物が美しく飾られていて、見事です。



-----------------------------------------------------------------------

蟹は身体が冷えるのでたくさん食べてはいけないそうですが、年に1回は絶対に楽しみたい味。

産地としては陽澄湖が有名です。湖だけに汚染の問題も多少気になりますが。

あれやこれやも年に1回は忘れて蟹を堪能いたしましょう。

来年も9月から遅くとも12月の間に1度はお伺いいたします。毎年秋の楽しみです p(*^-^*)q












*****************************************************************

日本ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければクリックを
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ

*****************************************************************






(00:26)

2013年12月02日











泊まり込みで麻雀大会をやっている従姉妹たちのところへ、出張料理人として行ってきました。

本日はマーナのお誕生日でお祝いの料理を作ります。

包丁を2本持ち、調味料と山のような材料を抱えて家をでました。

-----------------------------------------------------------------------

作った和え物は2品。

イカと水菜の辛し和え。

水菜はこれから旬に向かいおいしくなります。3月になると固くなってしまうので、今から2月の終わりまでが食べごろです。



-----------------------------------------------------------------------

帆立と椎茸と浅葱のゆず風味和え。

たまたま浅葱が太めだったので見た目が悪くちょっと不満。



-----------------------------------------------------------------------

生鱈子と南瓜、きぬさやの炊き合わせ。



-----------------------------------------------------------------------

海老とキュウリ、長芋の酢の物。



-----------------------------------------------------------------------

軽い天ぷら。

先日さろん木々のさなえ先生のところで開かれた“福島の酒を飲む会”で教わってきた天ぷらです。

その時、お酒とご馳走の数々をアップしようと必死で写真を撮ったのに、SDカードの入れ忘れで写真が撮れていませんでした!

…ショック。 ○| ̄|_

カメラは最近ソニーのNEX7を使っています。

このカメラはとても気に入っていますが、カードが入っていなくてもシャッターが下りてしまう上、取れたものが1枚だけ再生できてしまうとは知らず。

もちろん液晶にはno cardと表示されていましたが、シャッターが下りているので気がつきませんでした。



-----------------------------------------------------------------------

冷しゃぶ。

豪華なメインとなる料理です。

浅葱が太い。。。



-----------------------------------------------------------------------

いくらご飯。

漬けてから3〜4日くらいがおいしい気がします。

味のしみ方は薄いのですが、柔らかめでお酒も練れてきて。

それ以上漬けると、味はしっかりついてきますが、少しずつ固くなっていきます。



-----------------------------------------------------------------------

ぬか漬け。



-----------------------------------------------------------------------

写真はありませんが、これにお鍋です。

お鍋の出汁は、煮物とは違うものにしました。

サバ節の混じった少しワイルドな感じのものにしてみました。

最後にいちごの赤で彩りをプラス。

-----------------------------------------------------------------------

机の上はお皿でいっぱい。



こうやって見返してみると、半分はさなえ先生に習ったレシピ。

-----------------------------------------------------------------------

みんなにおいしかったといってもらえたので、料理人は満足して包丁をサラシに巻いて(本当は箱に入れて)帰っていきましたとさ。










*****************************************************************

日本ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければクリックを
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ

*****************************************************************



(00:33)