top

2010年04月07日




丸子亭_0893


月に一度中野に用事があっていきます。

今まではパスタのおいしい店があったので、食事をとるときはもっぱらそこだったのですが、最近改装中でずっと休業しています。

それじゃあ他においしいところでもないかとネットで探してみました。

こうしてみつけたのがここ、「丸子亭(まりこてい)」)。

中野ブロードウェイの2階にあります。

ブロードウェイの中にはアニメのフィギュアを売っている「まんだらけ」があったりして、秋葉の雰囲気もあります。

ミスターエマ」という歩くことにこだわった靴屋さんもあります。
めずらしいウォーキングシューズを置いていたりするので、ぶらりと覘いてみたりします。

でも、丸子亭の評判がいいことは全く知りませんでした。

同じくらいの大きさの飲食店がいくつかあり、駅そばだというのに中には閉まっている店もあります。

なんとも不思議な雰囲気の中、狭い入り口をくぐると、カウンター席が十も並んでいるでしょうか。
入口付近には、3人くらい座れるボックス席がひとつあります。

カウンターも年季が入っていますが、きれいに掃除ができていて、さらりとしています。

今日は時間もないことだし、「まぜこぜとろろ丼」という納豆やらとろろやら、ねばねばしたものを乗せた丼を食べることにしました。

ご主人が長いすりこぎでゴリゴリ自然薯をすってくれます。

まずはほうじ茶が出てきました。
湯のみのサイズや形、柄がとてもいい感じです。

お茶もしっかりした味が出ています。

ご飯を入れている茶碗がいいですね
サイズが大きすぎず小さすぎず、手で持った感じが厚すぎず薄すぎず。

パリッとした海苔が周りに立てられています。
少し炙ったのか、香ばしい香りが立ち込めています。

丸子亭_0892


とろろには丁度いい味がつけられていて、醤油などかける必要がありません。

清水のまぐろは味が濃いです。
上にはシソの葉がかかっています。

納豆ととろろのところには青ネギがかかっています。

やさしい味ですね〜。

お汁はけんちん汁、野菜がコロコロに切ってあります。
2cm角のサイコロのようです。

可愛い切り方ですね。今度真似してみよう。

おだしは薄目で野菜の甘みが感じられます。
小さい鶏肉が入っています。

たくあんがついて、1200円。

わたしだったら、もう少し鰹だしを利かせてしまいますが、それをしないからやさしい味が出せるのかもしれません。

お店の方はご夫婦でしょうか。
写真を撮ってもいいですか? と聞くと、おいしそうに撮ってくださいね、と笑って答えてくれました。

おいしそうに取れたでしょうか。


中野ブロードウェイ商店街振興組合がやっているサイトにこんな説明書きが載っていました。

『東海道五十三次、丸子の宿に伝わる400年の伝統の風味…名物茶屋「丁子屋」の名産、自然薯で作るとろろ汁が、この東京中野で味わえます。当店は、静岡「丸子亭」と申し、自然薯のとろろ料理をはじめ、静岡名産の黒はんぺん、桜えび、しらす等を賞味いただいております。健康増進には欠くことのできない栄養素を豊富に持ち食物繊維の極めでもあります。自然薯の麦とろ定食は大人気。又、清水港直送のまぐろの山かけとろろ丼、ネギとろとろろ丼、まぐろと納豆、たまごのまぜこぜとろろ丼も大好評。是非一度ご来店ください。お待ち致しております。』







ランキングに参加しています。よろしければクリックを
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ




(00:10)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字