top

2016年11月08日











戦後の厚塗りした画風が閑右衛門の真骨頂だと前回書きました。

けれどわたしとしては、「丘の上」を描いたころの戦前の作品に強く惹かれるものがあります。

ピカソのような画風には、色の美しさと形態の面白さがあって魅力的です。



-----------------------------------------------------------------------

形の正確さよりも、感性に重きを置いて描いている数々の絵。



-----------------------------------------------------------------------

1935−37年ころに描かれた「東京12景」です。

美しい色を使って大胆なタッチで描く東京の風景。

日本らしい風景を油絵でこんな風に表現できるのだと感心しました。



-----------------------------------------------------------------------

ヨーロッパの香りが溢れた絵。 絵具は戦後に描いたものよりはるかに薄塗です。



-----------------------------------------------------------------------

何よりも残念なのは、1937年(昭和12年)新文展に出品した「通州の救援」という大作がなくなっていることです。

これは日中戦争を背景にした戦争画だったようです。 描かれた時期を考えると、丘の上とタッチが似ていた可能性が高いと思われます。

野良着の聖母子を中心にして、国旗たなびくもと、兵士、傷病兵、怯える人々などが描かれた群像画だったようです。

戦中に焼失でもしたのでしょうか、見れないのは本当に残念なことです。

-----------------------------------------------------------------------

豊収(誉ノ家族)

これも素敵な絵でした。



-----------------------------------------------------------------------

最後にひとつ、絵を飾る額縁に目を惹かれました。

閑右衛門が懇意にしていた浅尾拂雲堂のものかははっきりしていないようですが、いくつかは裏に貼ってあるシールで浅尾拂雲堂のものとわかっているようです。

浅尾拂雲堂は今も芸大の側にお店を構えています。

額縁と絵画修復、額縁のリメイクもしているようです。

取引実績を見ると、著名な方々がずらりと並んでいます。

こんなお店で額縁を作れるほどいい絵が描けたらなあ・・・

-----------------------------------------------------------------------

さて、これで朝井閑右衛門展のお話はお終いです。

心に残るような絵と出会えることは、そう度々あるものではありません。

そんな絵と出会った時には、忘れないようにしっかり心に刻んでおくことにします。

いつか、「あの絵に出会ったおかげでわたしの人生は豊かになった」と思うときがくるかもしれません。

-----------------------------------------------------------------------

おまけ。

芸術の秋より食欲の秋という方向けに。

TRUNG NGUYEN チュングエン」のインスタントコーヒーをご紹介します。

わたしはベトナムコーヒーが大好きで、以前はよくベトナムに行く友人にチュングエン社のインスタントコーヒーを買ってきてもらっていたのですが、今や某大手通販のサイトで簡単に購入できるようになりました。



破けてますね、この箱のふた。

開けるときに破いたかな。。。

-----------------------------------------------------------------------

ベトナムコーヒーをよくご存じの方は驚かないと思いますが、これ、半端なく甘いです。

何しろコンデンスミルクが入っているのですから。

でもこれがいいんです。 

コクのある深入りコーヒーにコンデンスミルク!

これぞベトナムコーヒー。 インスタントでも、結構おいしくベトナムの味を楽しめますよ。

おすすめです。



(『朝井閑右衛門「丘の上」に魅せられて』 で使用した絵画の写真は、『朝井閑右衛門展●空想の饗宴』から引用させていただきました)










*****************************************************************

日本ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければクリックを
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ

*****************************************************************




(19:59)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字