top

┣ イタリア料理

2016年10月08日











去年のゴールデンウィークの話で申し訳ありません。

トシエちゃんから突然連絡がありました。

ゴールデンウィークにカード会社のダイナースが、様々なレストランとコラボしてコース料理を提供する企画をしているとのこと。

一緒に行かない?

ということで、いくつかあるプランの中から、銀座にある「アルマーニ リストランテ銀座」でランチをすることにしました。

正直なところ、それほど期待はしていませんでした。

「アルマーニ? 洋服屋さんでしょ? おいしいの?」

-----------------------------------------------------------------------

で、当日。 人があふれかえるゴールデンウィークの銀座。

アルマーニのビルの後ろの方にあるエレベーターで、10階のレストランへ上がります。

高級感のある黒と金のスタイリッシュな内装。

わたしたちが着席すると、本日のメニューが配られました↓



-----------------------------------------------------------------------

パンが素敵な入れ物に入って登場。 見た目はエクセレント!

これが感激の美味しさ。 期待感が高まります。



-----------------------------------------------------------------------

前菜のバーニャカウダ。 盛り合わせ方のセンスもいい。




-----------------------------------------------------------------------

このパスタはマルタリアーティというらしい。 ホウレンソウが練り込まれていて色味もいいです。

ソースは飯蛸のトマトソースです。 美味しい。



-----------------------------------------------------------------------

セコンドは生ハムとセージを捲いた仔羊肩肉のロースト漁師風。 フリットはパニッサ。

これも本当にいいお味でした。 焼き加減もドンピシャでしょ。



-----------------------------------------------------------------------

ドルチェはイチゴのムース 桜風味のゼリーとジェラートです。 見た目も可愛く、お洒落です。



-----------------------------------------------------------------------

これだけで終わらず、小さいお菓子もコーヒーと一緒にでてきました。





-----------------------------------------------------------------------

どれも非常にいい味だったので、シェフの名前をチェック。

→ フランチェスコ・マッツィさん。

ダイナースHPに記されているプロフィールによると、

1977年北イタリア・リグーリア州生まれ。

美しいリグーリアの景観に囲まれて幼少期を過ごし、15歳で既に料理人の道を歩んでいた兄を追ってイタリア料理の世界へ。

ヨーロッパ各国やアメリカ、ドバイのレストランで修業を重ねながら、各国でメソッドを学び、独自のスタイルを築いた。

2011年アルマーニ / リストランテの料理長に就任し、2013年7月より総料理長となり現在に至る。

日本の食材にも精通し、イタリアの文化を料理で表現し、リグーリアの料理だけにとらわれず、伝統的なイタリア料理を美しく表現することにこだわりを強く持ってお皿に向き合います。

彼の手から次々と生み出されるシンプルで且つ芸術性に富んだ料理の数々は、訪れた人たちを日々魅了し続けている。


-----------------------------------------------------------------------

また、レコールヴァンタンという学校が提供しているプロフィールでは、

ローマの2つ星レストラン”ホテル・エデン”のシェフ、トスカーナ地方シエナにある5つ星リゾート“ボルガ・ラ・バグナニア”総料理長、イタリアの最も有名なレストランの一つでミシュラン3つ星レストラン”エノテーカ・ピンキオーリ“の日本・東京支店のアドバイザリー・シェフ等を歴任。

その後、日本のアルマーニ・リストランテで4年間シェフを務めた後、現在は同レストランでエグゼクティブ・シェフとして活躍。


とのことでした。

-----------------------------------------------------------------------

う〜ん、これは再訪したい! と思いましたが、かれこれ一年以上も経ったのに行けていないわたし・・・ 

いずれ必ず!!!










*****************************************************************

日本ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければクリックを
↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

*****************************************************************



(09:20)

2016年09月27日











ある日、吉祥寺にあった美味しいイタリアンのお店が突然閉店してしまいました。

去年の冬お店の前を通って「あ、ない!」と思い、ビックリして調べてみたら、いつの間にか飯田橋から徒歩3分のところに素敵なお店を開いていました。

いずれ行きたいと思っていましたが、半年以上行くことができず・・・

今回キミちゃんと東京ステーションギャラリーで開かれている「12 Rooms 12 Artists」を観にいく前に、シェフにご挨拶にいくことにしました。

簡単にいえば、ランチを食べにいったということなんですけどね。

-----------------------------------------------------------------------

シェフは懐かしそうにわたしたちを迎え入れてくれました。

神楽坂のメインストリートに面したビルの地下一階。

なんて素敵なお店なんでしょう! ちょっとビックリです。

-----------------------------------------------------------------------

席に着いてから、まずはハウスワインで乾杯。

こちらのハウスワインはとても美味しいんです。

日によってでてくるものが違ったりしますが、どれも食事に合う素晴らしい香りと味。

キミちゃんが神戸から東京へ舞い戻ってきてくれて、本当に嬉しい。 楽しくなったわ〜。



-----------------------------------------------------------------------

シェフが9月の第1週くらいまでしか出回らない岩牡蠣を出してくれました。

すごい牡蠣! レモンをかけて、さっぱり、ねっとり、ミルキー、素晴らしいです。



-----------------------------------------------------------------------

さて、パスタはホウレンソウ入りの手作りパスタワタリガニのソースです。

シェフがワタリガニをチマチマ、チマチマむしったそうな。

大変だったでしょう、ありがとうございます。

それはそれは美味しかったです。



-----------------------------------------------------------------------

なにが入っていたのか忘れてしまいましたが、可愛い瓶です。



-----------------------------------------------------------------------

ドルチェはピスタチオのロールケーキ、アイスクリーム乗せ。 それとフルーツ。

このロールケーキもねっとりしていて抜群です。



-----------------------------------------------------------------------

久しぶりに伺って、その素晴らしさを改めて感じました。 よくぞこんなに手の込んだ美味しいものをだしてくれました。 

シェフの心意気に感謝です。

-----------------------------------------------------------------------

さて、ランチに満足した二人は、東京駅へと向かいました。

東京ステーションギャラリーで開催されている「12 Rooms 12 Artists」を観にいきます。

-----------------------------------------------------------------------。

展覧会場にはUBSアート・コレクションからの現代美術が並びます。

東京ステーションギャラリーのWEBサイトによれば、

「1960年代以降の変転めざましい美術に焦点を当てるUBSアート・コレクションは、絵画、版画、写真、ヴィデオアートや彫刻までを含む多様な分野をカバー。地域も欧米とアジアを中心に幅広く、じつに30,000点以上もの作品を蔵しています。」

とあります。

現代美術というのは中々難しくて、美しいと思えるものと、まったくわけのわからないものがあります。

-----------------------------------------------------------------------

取りあえずわたしの目的は、ルシアン・フロイドの作品を観ること。

あの猛烈にヴォリューミーな絵に超高値がついたときには驚きましたよね。

今回は、「裸の少女の頭部」(1999年)を観たい。

実際に観てみると、色の置き方がうまいですね。 魅力的です。

それにしても少女だったとは。てっきり自画像かと思っていました。

他に興味深かったのは、サンドロ・キアいかだの三少年」1983年や、アイザック・ジュリアン「花が咲くとき(一万の波)」2010年。

「いかだの三少年」は、構図が面白く、色も個性的でした。  彼の作品に出てくる人間は、みな丸々としていて人を惹きつけるものがあります。

色彩の感じからしてラテン系の出身かと思いきや、フィレンツェだそうです。 ちょっと意外でした。

-----------------------------------------------------------------------

本日はランチも大満足、ルシアン・フロイドも観ることができ、充実した一日でした。

フロイドはもう少し大作を観るチャンスがあればいいんですけれど・・・。 期待して待つことにしましょう。










*****************************************************************

日本ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければクリックを
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ

*****************************************************************



(18:32)

2016年04月19日











 4月になると食べたくなるもの。

花ズッキーニのフリット! ですよね。

ということで、東京ご帰還のキミリンとともに、等々力のイタリアン「マドンナ・ディ・サンルカ」へいってきました。


-----------------------------------------------------------------------


 等々力駅から世田谷警察の方へ向かう一本道を上っていきます。

見えてきました、サンルカです。



「こんばんは〜!」


-----------------------------------------------------------------------


 さて、今日は何を食べよう。 赤い黒板のメニューをチェック。



まずは前菜を盛り合わせにしてもらいます。

あったあった。 花ズッキーニのフリット。

ワインはピエモンテのアルバをグラスで。



   


-----------------------------------------------------------------------


 前菜の盛り合わせがでてきました。

24か月熟成のパルマ産生ハムとか、コッパとか、レバーペーストとか、すみれのチーズなんて珍しいものも。 どれも美味です。




-----------------------------------------------------------------------


 モリーユ茸のパルミジャーノクリーム煮。

これがものすごくおいしかったです。 食感が素敵。

日本名、編み笠茸? 本当に編み笠風な形です。 




-----------------------------------------------------------------------


 おまちかね。 食べたかった花ズッキーニのフリット

花の中にはチーズが詰めてあります。 毎年食べたい春の味。




-----------------------------------------------------------------------


たくさん飲む人はボトルもいいですね。




-----------------------------------------------------------------------


 空豆のクリームパスタ。 パスタはフェットチーネ。 空豆とクリーム味がよく合います。




-----------------------------------------------------------------------


 今日はおすすめの日高四元神威豚を食べてみました。 臭みがなくしつこくなく、さっぱりしていておいしいです。

付け合せのリンゴとジャガイモもベストマッチ。




-----------------------------------------------------------------------


 ドルチェはチョコレートケーキです。






-----------------------------------------------------------------------


 季節の味をいつもありがとうございます。

また伺います!












*****************************************************************

日本ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければクリックを
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ

*****************************************************************



(23:59)

2016年04月04日












吉祥寺でおすすめのランチです。

吉祥寺には井の頭公園のそばで、眺めがよく雰囲気のいいところもありますが、こちらはコスパのいいお店。

そのかわり混んでいます。 駅にも近く、1000円前後で食べられるとあっては仕方ないですかね。


-----------------------------------------------------------------------


以前友達と吉祥寺でランチをするときに連れて行ってもらったところです。

駅の北側にある、「レモンドロップ」というケーキ屋さんのすぐそばの「ヒラタパスタ」というお店。

11時30分には行かないと行列になっています。これ平日の話です。

因みに桜の時期に11時30分に到着したら、4組待ちでした。 井の頭公園があるから、桜の時期は吉祥寺の街全体が混雑しています。

こういう特別な時期は11時にいかないとだめかもしれません。


-----------------------------------------------------------------------


ここは1000円くらいで生パスタとサラダのセットが食べられます。

パスタとサラダはそれぞれ自分の好きなものが選べます。
ものによっては+αの価格設定。


-----------------------------------------------------------------------


わたしが選んだのはこれ↓

今これと同じサラダがあるかどうかは不明。

バーニャカウダ風の温野菜です。




-----------------------------------------------------------------------


そしてパスタは「揚げナスとベーコンとモッツァレラチーズのトマトソース」。




-----------------------------------------------------------------------


喫茶店のような狭いところなので、ささっと食べてお茶しにでました。

次のところでゆっくりお喋り。

お喋りがメインの会ならこれもいいですよね。










*****************************************************************

日本ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければクリックを
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ

*****************************************************************





(16:38)

2016年03月05日











さて、虎の門ヒルズ51階の「アンダーズ タヴァン 」に到着、今日はここでランチです。

-----------------------------------------------------------------------


こちらのホテル、インテリアはトニー・チー(tonychi)と緒方慎一郎さん。 

トニー・チーのHPによると、グランドハイアット、パークハイアット、マンダリン、インターコンチネンタルなど、ホテルのインテリアをメインにやっている方のようです。



レストランのインテリアで賞を取っていたのが、ここ7,8年になってホテルでも賞を取るようになってきています。

美術館は「アウディ美術館」をやっているようですが、その他はほぼホテルとレストランみたいです。

高い天井を活かして大きなアートを吊り下げたり、鏡を使ってイリュージョンを生み出したりと、我が家では味わえない異空間を創り出しています。

地震の多い日本では、上からの吊り下げはちょっと怖い気もしますが、さすがにスケールの大きい感じがします。


-----------------------------------------------------------------------


このホテルは飾られているアートが面白い。 若手の新進気鋭なアーティストのものを飾っているのではないかと思います。

レストランの上から吊り下げられたアートは「チャーリー・ホイニー」の作品らしいです。

チャーリー・ホイニーに関して来歴を調べようとしても日本語ではでてきません。

スペルはcharlie whineyさん? このスペルでもだめでした。 

いったいどういうアーティストなんでしょうか。 もしかしてトニー・チーのチームメンバーなのでしょうか。

館内施設のご案内という項目がホテルのHPにありますが、その中に「ホテル内にちりばめられた美しいアートワーク」というのがあります。

チャーリー・ホイニーの作品以外にも和モダンなアートがいくつか目につき、とても楽しませてもらいました。�

これに関してはまたいつか機会があれば書いてみたいと思います。


-----------------------------------------------------------------------


入口で解散してすでに注文してある「ランチボックス」をいただきます。

メニューはこんな感じ↓ メインとドルチェは自分で選ぶことができます。



最初においしいパンとバターがでてきて、前菜代わりにそれをつまみ、その後ランチボックス、要するに洋風お弁当がでてきます。

「欧州地方料理」と謳っているように、フレンチだかイタリアンだかベルギーだかのフュージョン料理がでてきます。 日本も入ってますね。

食器は日本の作家ものの雰囲気です。




-----------------------------------------------------------------------


おいしかったのは帆立のローストなどが入ったリゾーニパスタ。

一見したところリゾットみたいですが、もう少しあっさりしています。 リゾットは作るのも手間がかかりますから、パスタの方が家でも使いやすい素材かもしれません。


-----------------------------------------------------------------------


わたしの選んだドルチェはバニラアイスといちご。



これはとしえちゃんの選んだエクレア。 小ぶりなエクレアです。




-----------------------------------------------------------------------


ホテルで気になるのは雰囲気とサービスですが、こちらの雰囲気はゴージャスというよりスタイリッシュ。 サービスは気取らずにフレンドリーな感じで、ゆったりくつろげます。

これがトニー・チー+アンダーズ風でしょうか。

HPに「アンダーズ 東京は、友人の家のような、自由でバリアのない、居心地のよいホテル。」とあります。

友人の家・・・。 確かにスタッフの態度は親しみの湧くものでした。


-----------------------------------------------------------------------


それにしても眺めがすごくいいですね〜。

皇居や日比谷公園、スカイツリーが見下ろせる好立地。 あ、スカイツリーは見下ろしてはいないかな?

夜景もきれいそうですね。 今度は夜景の見える時間帯におじゃましたいものです。


-----------------------------------------------------------------------


食事の後は1階で全員集合、目黒雅叙園の「百段雛まつり」を見にいきます。










*****************************************************************

日本ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければクリックを
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ

*****************************************************************



(23:44)












まったく「としえちゃん」は面白いものを見つけてくるものです。

先日カード会社からのお知らせできたツアーに二人で参加してきました。

行程は以下の通り。

1.宝石屋さんで宝石を見る
2.アンダーズホテルの「アンダーズ タヴァン」でランチ
3.目黒雅叙園で「百段雛まつり」の鑑賞
4.森アーツセンターギャラリーで「フェルメールとレンブラント展」を鑑賞、その後解散

旅行会社が企画して、関係各所が協力して、移動はタクシーとミニバス、というものです。

さて、どんなものやら・・・

因みにわたしのお目当ては4番の「フェルメールとレンブラント展」です

美術展の面白さがわかりかけてきた今日この頃。 楽しみです〜。


-----------------------------------------------------------------------


集合は赤坂の宝石屋さん。

そこでひとしきり宝石のお話を聞いたり、店内の宝石を見て回ったり、目の保養ってこれですね。 ついでにお茶までいただいたりして・・・。

もちろん宝石を買えばエヴリバディハッピーよ。




-----------------------------------------------------------------------


お話の中でひとつ面白かったのは、真珠は古いものほど値打ちがあるらしいということ。

いえ、古くていいものほど、と言い換えた方がいいかな。 もちろん保存状態にもよるけれど、今のものは昔のものほど巻が多くないので、色が違うらしい。

あとは120センチの真珠を色々に結んだり編んだりして見せてくれました。

真珠って歯のエナメル質くらいの強度があるから、そういう扱いをしても大丈夫らしいです。 傷ついてダメになるかと思っていました。


-----------------------------------------------------------------------


そこから参加者全員タクシーに分乗してアンダーズホテルへ。 アンダーズホテルはハイアット系列のホテルで、虎の門ヒルズの47 階から52 階までを占めています。

そして51階にあるホテルのメインダイニング、「アンダーズ タヴァン 」へ。

今日の昼食はこちらでいただきます



(つづく)










*****************************************************************

日本ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければクリックを
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ

*****************************************************************



(00:04)

2014年12月07日










7月以来のサンルカです。

きのこの季節には、ここで様々なきのこを食べるのがアジア部のお決まりです。



-----------------------------------------------------------------------

11月の終わりにうかがったら、もう来週にはきのこがなくなってしまうとのこと! ラッキーなことに本日はすべてを堪能することができました。

乾杯の白ワインは「mariko」。しっかりした味の白、辛口。まりこ、という名前に惹かれました。

イタリア産だとばかり思っていましたが、これって「シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード メルロー」のことでしょうか? ちゃんとうかがって来ればよかった。



-----------------------------------------------------------------------

いつも前菜を盛り合わせにしてもらいます。これが感激なんです

手前は肉パテにレバーペースト。

うしろには数種の生ハムに自家製のピクルスが並んでいます。



-----------------------------------------------------------------------

パーネ・カラザウにチーズムースのようなものがついていたような。。。うしろの牡蠣は北海道はあっけし産。自家製燻製だそうです。

この盛り合わせだけでいつも満足してしまいます。



-----------------------------------------------------------------------

最近になって黒板に赤が入りました。赤と黒はわたしの中では完璧なイタリアカラーなんですが、イタリアの国旗は赤・緑・白だし、サッカーには興味がないのに、何でイタリアカラーは赤と黒だと思っているんだろ。。。



-----------------------------------------------------------------------

きのこがもう終わりとのことだったので、4種きのこのオイル煮を注文。ジロール茸やトランペット茸など思い残すことなくきのこを食べつくしました。

このオイルにパンをつけると最高。



-----------------------------------------------------------------------

本日のメインはじつはこれでしょう。白トリュフのココット焼。

白トリュフの香りがプンプンしています。この香りは白でなければでませんね。



-----------------------------------------------------------------------

白子のグリル。これも冬の味覚で美味。



-----------------------------------------------------------------------

安納芋のグリル。フォンティーナチーズソース。

さつまいもを色々食べくらべてみると、安納芋の甘さやこってりした感じは凄いと思います。

栗黄金もおいしかったな〜。



-----------------------------------------------------------------------

栗入りのタリアテッレ。ポルチーニがたっぷり入った香りまんてんのソースで。



-----------------------------------------------------------------------

焼き物はジビエから選ぶことにしました。



-----------------------------------------------------------------------

エゾ鹿のロース炭火焼。下にはプンタレッラのガーリックソテーを敷いてもらいました。

わたしはエゾ鹿が臭みもなく大好きです。



-----------------------------------------------------------------------

ドルチェはチョコレートのジェラート、ナッツ入りです。コーヒーとともに。



あ〜、秋の味覚を満喫させていただきました。

さて、次は春にズッキーニの花のフリッターかな?










*****************************************************************

日本ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければクリックを
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ

*****************************************************************



(21:52)

2013年12月29日











今年最後のアジア部は、おしゃれに代官山の「リストランテ ASO」へと繰り出しました。

わたしたちが通されたのは1階のダイニングです。階段を上がった2階にも部屋が3つあります。

この日はあいにくのお天気で朝からの雨が降りやまずにいました。パティオから入る光も暗くどんより。それがシックで都会的な雰囲気を作っているともいえますが。

お客さんの入りはわたしの見える範囲では8割くらいでしょうか。ランチは12時からですが、1時近くなってからも人が入ってきました。

-----------------------------------------------------------------------

最初に置かれていたお皿。

素敵な絵が描かれていて、イタリアのドゥオーモの天井画を思い起こさせるような、あるいはいつものイタリアの空を描いたかのような。その二つ全然違うじゃないか! と突っ込まれそうですが、どちらもわたしの中ではありなんですが。。。

このお皿はコースが始まると下げられて別のお皿を使っていました。



-----------------------------------------------------------------------

注文したのはシェフのおすすめコースです。

何がでてくるかはその日によって違うようで、メニューは印刷物としては作られていませんでした。

-----------------------------------------------------------------------

横長の皿にパンが並べられています。小さく可愛らしく焼かれた数々のパン。残すとお持たせにしてくれます。

バターは2種類。どちらも手作りで、左は桜チップで燻製したもの。わたしはこれが気に入りました。

右端は青い香りのオリーブオイル。



-----------------------------------------------------------------------



お酒はトスカーナのキャンティをグラスでオーダー。

後ろに見える猫型のガラス瓶に入っているのはグラッパです。琥珀色のお酒を可愛いガラス製の容器に入れてお洒落な雰囲気を作っています。

飲むためではなく、装飾として置かれているようです。



-----------------------------------------------------------------------

巣籠り卵を思い浮かばせる一品。

巣となっているのはギリシャの細いパスタと説明されました。ギリシャにもイタリアから輸入されているもの以外に独特なパスタがあるのでしょうか?

トリュフの香りがしっかりしていたので、上質なものとわかります。



-----------------------------------------------------------------------

プリモはフォアグラや貝が入ったパスタ。フェトチーネ



-----------------------------------------------------------------------

白身魚のソテーに野菜のソース。魚の皮にも飾り切りがほどこされています。



-----------------------------------------------------------------------

豚のロースト野菜添え。



-----------------------------------------------------------------------

口直しにトマト?のソルベ。口がさっぱりしました。



-----------------------------------------------------------------------

ドルチェは4つの中から好きなものを選ぶことができます。

わたしはモンブランを選びました。



-----------------------------------------------------------------------

最後の飲み物と一緒に小さなスイーツがでてきます。ゼリーやマシュマロ、生のフルーツなど。

こんなに食べたあとなのにおいしくて全部食べてしまいました。見ているだけでも可愛いです。



-----------------------------------------------------------------------

 非常に手の込んだお料理の数々でした。こういう手の込んだお料理は、特別な機会に食べるのが似合うものです。

シェフのおすすめコースがどんな素材と調理法で出てくるのかとても興味があったので、今回はお願いして本当によかったと思いました。

-----------------------------------------------------------------------

 料理って不思議なもので、シンプルにすればするほど素材の持ち味を感じられて味覚中枢にうったえてきます。こういうのは突きつめた直球料理で、素材に対する知識と、それを活かす技術(手腕)を必要とします。

素材を複雑化させると、調理法に工夫をこらして新たなおいしさを作らなければならなくなります。素材を複雑に絡み合わせただけで新たなうま味が生まれたりする場合もありますが、完成されたものに仕上げるには、さらに技術や感性を持って手を加えることが必要になってきます。

素材がシンプルなものと複雑なもの。料理人が掘り下げたい方向は、それぞれに違うのでしょうね。

でも終点は一緒です。 “いかにおいしいものを作るか”

-----------------------------------------------------------------------

こちらのお店のサービスはというと、さらっとした感じで、都会的で洒脱とはこういうことなのかもしれません。

気合を入れて食べに行くリストランテというイメージを持っていましたが、実際にはそれほど近寄りがたくもなく、適度にカジュアル感のあるお店です。

-----------------------------------------------------------------------

本日は素敵なお料理をありがとうございました。

次に特別な機会があるとしたらなんだろう、と思いを馳せながらお店を後にしました。










*****************************************************************

日本ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければクリックを
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ

*****************************************************************



(19:45)

2013年12月10日













等々力のサンルーカでえっちゃんと二人女子会。年に2回の定例となっています。

会うたびにお互いの近況を話して、相談したりと、あれやこれや。



-----------------------------------------------------------------------

今回サンルーカへいったのは12月の第1週で、きのこ類は今週でもうお終いとのこと。

例年より少し早いとシェフがいっていました。

お蔭さまで滑り込みセーフ。最後のきのこを楽しむことができました。

-----------------------------------------------------------------------



ワインはキャンティだと思います。しっかりした感じのものが好きなので。





いつも注文する前菜の盛り合わせ

大仙鶏のレバーペースト、サラダの上に乗ったチーズはブッラータ、24か月熟成パルマ産生ハム、モルタデッラ、辛いサラミ(名前失念)などなど。

大好きなものばかりが並んでいます。

自家製のキュウリのピクルスも酸味がきいていて口をさっぱりさせてくれます。



-----------------------------------------------------------------------

 トランペット茸とモッツァレラのフリッタータ。

卵ときのこは相性抜群です。卵はきのこのおいしさを引き出してくれます。というか、きのこの香りを殺さない、が正しい?

トランペット茸とかジロール茸などは、日本のきのこにしてみると、しめじとかヒラタケとかなめことか、そんな感じなのでしょうか。

それぞれに味わいが違いますが、どのきのこも大好きです。



-----------------------------------------------------------------------

牡蠣の香草オイル煮。





ポルチーニのクリームパスタ。クリームとの相性も抜群です。

松茸白トリュフがわたしの中でベスト1争いをしていて、両方とも1位を譲ることはなく、ポルチーニは堂々の2位かな。

っていうか、松茸と白トリュフが別格で、え〜と、、、σ(馬゚д゚鹿)☆

松茸は食べられても、白トリュフはなかなか食べられるものではありません。

サマートリュフや黒トリュフはいつでも食べられますが、白はなかなか難しい。

以前サンルーカで食べさせていただいたときは、卵を使ったココット焼のようなお料理でした。王道なんでしょうね。

凄く立派な白でびっくりしました。遠い目。。。



-----------------------------------------------------------------------

ドルチェはティラミス。それにコーヒー。





あ〜、おいしかったです! いつもごちそうさま。

今日は本当にラッキーでした。

また伺います。。










*****************************************************************

日本ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければクリックを
↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

*****************************************************************




(00:35)

2013年12月07日











マリちゃんを訪ねて小田原方面まで足を延ばしてきました。幸運なことにいいお天気。広がる青い空。

マリちゃんが連れて行ってくれたのは、二宮駅から徒歩3分のところにある「バリ モダン アウラ」です。

-----------------------------------------------------------------------

わたしとトッポは長い道中座っていけるようにと、東京駅から快速アクティーに乗っていきました。

東京駅はアクティーの始発で、戦闘状態で乗りこまずともゆったり座れます。

グリーン車もありますが、普通車で往きも帰りも座ることができました。

いくら始発でも中央線など時間によっては椅子取りゲームです。愚鈍なわたくしめは、一番前に並んでいて座れなかったことがあります。

アクティーは二宮には止まらないので、マリちゃんが国府津駅まで車で迎えに来てくれました。

-----------------------------------------------------------------------

国府津から車で15分も走ったところにバリ モダン アウラはありました。

入口はなんと冠木門。でも屋根の内側がバリ風?

以前はどなたかのお屋敷だったそうです。



-----------------------------------------------------------------------

門からエントランスを望む風景。お喋りに夢中になっていると、水耕畑をイメージした浅い池におっこちちゃいそうで。。。



-----------------------------------------------------------------------

扉を開けるとエントランスホールはバリ! ここにも真ん中に水を張ったところがあり、うっかりしているとおっこちちゃいます。

冗談と思うかもしれませんが、実際にマリちゃんの友達は落ちたそうです。

濃い色のフローリングと石の床が素敵です。



-----------------------------------------------------------------------

エントランスホールは一面がガラス張りで温室のよう。素敵な照明器具が天井から下がっていました。別世界ですね。



-----------------------------------------------------------------------

ここで少し待ってからダイニングルームへ案内されました。

こちらはガラス張りの扉の向こうが一面の! 海を見ていると心が癒されて食事もおいしく感じられます。

都会のレストランには決して望めない風景。贅沢な時間を過ごすことができます。



-----------------------------------------------------------------------

食事の前にキールを注文。食前酒ですが、これだけで最後までいってしまいました。



-----------------------------------------------------------------------

前菜の盛り合わせです。スティック状のフリットはワカサギです。



-----------------------------------------------------------------------

トリッパ(牛の第二胃袋)にパスタを入れたもの。上品な味に仕上げてありました。

スープかトリッパか選べます。



-----------------------------------------------------------------------

魚のソテーをオランデーズソースで



-----------------------------------------------------------------------

仔羊を白菜で巻いて煮込んだもの。キャベツではなく白菜というのが面白い。

牛の煮込みを選ぶこともできます。



-----------------------------------------------------------------------

チーズムース。



-----------------------------------------------------------------------

食事が終わったらお庭を散策。

二宮袖ヶ浦海岸を上から一望する眺めは圧巻。

前回海を見たのは9月、地中海。地中海と比べると日本の海はやっぱり紺系統の落ち着いた色です。

底抜けに明るい感じの地中海もいいけれど、少し悲しい感じの色合いも美しい。

こんなに素敵な松が見えるのに、なぜ日本料理のお店にしなかったのか不思議。

…なぜバリ?



-----------------------------------------------------------------------

庭からダイニングルームを見た様子。



-----------------------------------------------------------------------

こちらは結婚式場もしているので、週末は貸切のことも多いみたいです。

こういうこじんまりとしたところで結婚式もいいですね。雰囲気重視の方にはおすすめです。

お料理は大箱のそれですが、最近味がかわって以前よりはよくなったそうです。

二宮駅からも徒歩で来れるということで、車がなくても訪れることができるのは点数が高いです。

久しぶりに旅行気分を味わいました。海や山っていいな。










*****************************************************************

日本ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければクリックを
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ

*****************************************************************




(10:49)