go to the CINEMA*

観た映画(テレビドラマ)のメモ

3
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スカパーにて
CHILDHOOD'S END: episode5 "At What Price"

<スタッフ>
 ニック・ハラン Nick Hurran ...... 監督/製作
 マシュー・グレアム Matthew Graham ...... 脚本/製作総指揮
 ポール・M・レナード Paul M. Leonard ...... 製作
 ジョン・G・レニック John G. Lenic ...... 製作
 アリッサ・フィリップス Alissa Phillips ...... 製作総指揮
 アキヴァ・ゴールズマン Akiva Goldsman ...... 製作総指揮
 マイケル・デ・ルカ Michael De Luca ...... 製作総指揮
 ネビル・キッド Neville Kidd ...... 撮影
 フィリップ・アイヴィ Philip Ivey ...... プロダクション・デザイン
 イエン・マイルズ Yan Miles ...... 編集
 ショーン・アルバートソン Sean Albertson ...... 編集
 ナイラ・ディクソン Ngila Dickson ...... コスチューム・デザイン
 シャリーン・ベリンジャー Shareen Beringer ...... コスチューム・デザイン
 チャーリー・クラウサー Charlie Clouser ...... 音楽
 ケヴィン・ブランク Kevin Blank ...... 視覚効果スーパーバイザー

<ゲスト>
 アシュリー・ズーカーマン Ashley Zukerman ...... ジェイク・グレグソン
 ヘイリー・マグナス Hayley Magnus ...... エイミー・モレル
 シャーロット・ニクダオ Charlotte Nicdao ...... レイチェル
 タンク・シャーデー Tanc Sade ...... ジェリー・ホールクロス
 ローリー・ボックナー Rory Bochner ...... ジェニファー
 ラクラン・ローランド=ケン Lachlan Roland-Kenn ...... トミー
 ベネディクト・ハーディ Benedict Hardie ...... Vindarten
 ライラ・エバーズガード Lila Eversgerd ...... Young Girl in Park
 イザベル・レノー Isabelle Reynaud ...... French Teacher
 レベッカ・バウアー Rebecca Bower ...... June
 フェルナ・ヌジョヴー Feluna Njovu ...... Mrs. Ngata
 エマニュエル・ジャンビ Emmanuel Jambi ...... Young Sami
 スティーヴ・ファアタウ Steve Faatau ...... Trolley Guard
 ダリウス・アマーフィオ・ジェファーソン Darius Amarfio Jefferson ...... Young Milo
 マイケル=アンソニー・テイラー Michael-Anthony Taylor ...... Janitor
 ザラ・ニューマン Zahra Newman ...... Bridget Rodricks
 ラッセル・キーフェル Russell Kiefel ...... Sheriff De Bont
 ハーレイ・ダースト Harley Durst ...... Karellen Double

<あらすじ>
 最終段階が始まったと宣言したカレルレン。
 世界中の子どもたちがつながってて、ジェニファーが新しい世界をみせるという。
 子どもたちは去り、残った人類にはもう子どもは生まれない。
 そしてカレルレンの星へ行ったマイロが見たものは・・・・。

<ひとこと>
 進化ってなんなんだろう。
 こういうのが進化っていうのなら私は進化しなくていい。

3
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スカパーにて
CHILDHOOD'S END: episode5 "At What Price"

<スタッフ>
 ニック・ハラン Nick Hurran ...... 監督/製作
 マシュー・グレアム Matthew Graham ...... 脚本/製作総指揮
 ポール・M・レナード Paul M. Leonard ...... 製作
 ジョン・G・レニック John G. Lenic ...... 製作
 アリッサ・フィリップス Alissa Phillips ...... 製作総指揮
 アキヴァ・ゴールズマン Akiva Goldsman ...... 製作総指揮
 マイケル・デ・ルカ Michael De Luca ...... 製作総指揮
 ネビル・キッド Neville Kidd ...... 撮影
 フィリップ・アイヴィ Philip Ivey ...... プロダクション・デザイン
 イエン・マイルズ Yan Miles ...... 編集
 ショーン・アルバートソン Sean Albertson ...... 編集
 ナイラ・ディクソン Ngila Dickson ...... コスチューム・デザイン
 シャリーン・ベリンジャー Shareen Beringer ...... コスチューム・デザイン
 チャーリー・クラウサー Charlie Clouser ...... 音楽
 ケヴィン・ブランク Kevin Blank ...... 視覚効果スーパーバイザー

<ゲスト>
 アシュリー・ズーカーマン Ashley Zukerman ...... ジェイク・グレグソン
 ヘイリー・マグナス Hayley Magnus ...... エイミー・モレル
 シャーロット・ニクダオ Charlotte Nicdao ...... レイチェル
 タンク・シャーデー Tanc Sade ...... ジェリー・ホールクロス
 ローリー・ボックナー Rory Bochner ...... ジェニファー
 ラクラン・ローランド=ケン Lachlan Roland-Kenn ...... トミー
 ベネディクト・ハーディ Benedict Hardie ...... Vindarten
 ライラ・エバーズガード Lila Eversgerd ...... Young Girl in Park
 イザベル・レノー Isabelle Reynaud ...... French Teacher
 レベッカ・バウアー Rebecca Bower ...... June
 フェルナ・ヌジョヴー Feluna Njovu ...... Mrs. Ngata
 エマニュエル・ジャンビ Emmanuel Jambi ...... Young Sami
 スティーヴ・ファアタウ Steve Faatau ...... Trolley Guard

<あらすじ>
 ジェニファーが産まれて4年経ち、新しい世界で生まれ育った子どもたちは念動力やテレパシーが使える進化した人類となっていた。
 そしてジェニファーの元に子どもたちが集まってくるようになり、ジェイクとエイミーはは“ニューアテネ”へ行く決心をする。

<ひとこと>
 うーん。

3
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スカパーにて
CHILDHOOD'S END: episode4 "The Deceivers Part2"

<スタッフ>
 ニック・ハラン Nick Hurran ...... 監督/製作
 マシュー・グレアム Matthew Graham ...... 脚本/製作総指揮
 ポール・M・レナード Paul M. Leonard ...... 製作
 ジョン・G・レニック John G. Lenic ...... 製作
 アリッサ・フィリップス Alissa Phillips ...... 製作総指揮
 アキヴァ・ゴールズマン Akiva Goldsman ...... 製作総指揮
 マイケル・デ・ルカ Michael De Luca ...... 製作総指揮
 ネビル・キッド Neville Kidd ...... 撮影
 フィリップ・アイヴィ Philip Ivey ...... プロダクション・デザイン
 イエン・マイルズ Yan Miles ...... 編集
 ショーン・アルバートソン Sean Albertson ...... 編集
 ナイラ・ディクソン Ngila Dickson ...... コスチューム・デザイン
 シャリーン・ベリンジャー Shareen Beringer ...... コスチューム・デザイン
 チャーリー・クラウサー Charlie Clouser ...... 音楽
 ケヴィン・ブランク Kevin Blank ...... 視覚効果スーパーバイザー

<ゲスト>
 ジュリアン・マクマホン Julian McMahon ...... ボイス博士
 アシュリー・ズーカーマン Ashley Zukerman ...... ジェイク・グレグソン
 ヘイリー・マグナス Hayley Magnus ...... エイミー・モレル
 シャーロット・ニクダオ Charlotte Nicdao ...... レイチェル
 ラクラン・ローランド=ケン Lachlan Roland-Kenn ...... トミー
 ロバート・モーガン Robert Morgan ...... モートン
 トニー・リッカーズ Tony Rickards ...... ジム
 スティーブン・キャロル Steven Carroll ...... Doctor
 ラッセル・キーフェル Russell Kiefel ...... Sheriff De Bont
 エドウィーナ・レン Edwina Wren ...... Dignitary #1
 ポール・イングリッシュ Paul English ...... Dignitary #2
 シェーン・ホロウェイ Shane Holloway ...... Immigration Officer
 ハーレイ・ダースト Harley Durst ...... Karellen Double

<あらすじ>
 ジェイクはボイス博士から仕事の依頼を受け、面接をかねてパーティの招待を受ける。
 パーティにはサプライズゲストとしてカレルレンが現れるのだが・・・・。

<ひとこと>
 なぜジェニファーなんだろう????

3
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スカパーにて
CHILDHOOD'S END: episode3 "The Deceivers Part1"

<スタッフ>
 ニック・ハラン Nick Hurran ...... 監督/製作
 マシュー・グレアム Matthew Graham ...... 脚本/製作総指揮
 ポール・M・レナード Paul M. Leonard ...... 製作
 ジョン・G・レニック John G. Lenic ...... 製作
 アリッサ・フィリップス Alissa Phillips ...... 製作総指揮
 アキヴァ・ゴールズマン Akiva Goldsman ...... 製作総指揮
 マイケル・デ・ルカ Michael De Luca ...... 製作総指揮
 ネビル・キッド Neville Kidd ...... 撮影
 フィリップ・アイヴィ Philip Ivey ...... プロダクション・デザイン
 イエン・マイルズ Yan Miles ...... 編集
 ショーン・アルバートソン Sean Albertson ...... 編集
 ナイラ・ディクソン Ngila Dickson ...... コスチューム・デザイン
 シャリーン・ベリンジャー Shareen Beringer ...... コスチューム・デザイン
 チャーリー・クラウサー Charlie Clouser ...... 音楽
 ケヴィン・ブランク Kevin Blank ...... 視覚効果スーパーバイザー

<ゲスト>
 ジュリアン・マクマホン Julian McMahon ...... ボイス博士
 アシュリー・ズーカーマン Ashley Zukerman ...... ジェイク・グレグソン
 ヘイリー・マグナス Hayley Magnus ...... エイミー・モレル
 シャーロット・ニクダオ Charlotte Nicdao ...... レイチェル
 ラッセル・キーフェル Russell Kiefel ...... Sheriff De Bont
 エドウィーナ・レン Edwina Wren ...... Dignitary #1
 ポール・イングリッシュ Paul English ...... Dignitary #2
 シェーン・ホロウェイ Shane Holloway ...... Immigration Officer
 ハーレイ・ダースト Harley Durst ...... Karellen Double

<あらすじ>
 カレルレンが姿を現して4年経った2035年。
 リッキーはメッセンジャーとしての任務を終え、エリートと穏やかに暮らしてたんだけど、リンパ系への負荷が大きくかかる病気を発症していた。
 ボイス研究所で天文学者として研究するマイロは宇宙ステーション設計の研究が打ち切られることになり、科学は衰退していると感じていた。
 息子トミーの様子がおかしいと感じたジェイクとエイミーはペレッタにカウンセリングを依頼するが・・・。

<ひとこと>
 カレルレンは一体何がしたいんだろう???

3
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スカパーにて
CHILDHOOD'S END: episode2 "The Overlords Part2"

<スタッフ>
 ニック・ハラン Nick Hurran ...... 監督/製作
 マシュー・グレアム Matthew Graham ...... 脚本/製作総指揮
 ポール・M・レナード Paul M. Leonard ...... 製作
 ジョン・G・レニック John G. Lenic ...... 製作
 アリッサ・フィリップス Alissa Phillips ...... 製作総指揮
 アキヴァ・ゴールズマン Akiva Goldsman ...... 製作総指揮
 マイケル・デ・ルカ Michael De Luca ...... 製作総指揮
 ネビル・キッド Neville Kidd ...... 撮影
 フィリップ・アイヴィ Philip Ivey ...... プロダクション・デザイン
 イエン・マイルズ Yan Miles ...... 編集
 エリック・シアーズ Eric Sears ...... 編集
 ショーン・アルバートソン Sean Albertson ...... 編集
 ナイラ・ディクソン Ngila Dickson ...... コスチューム・デザイン
 シャリーン・ベリンジャー Shareen Beringer ...... コスチューム・デザイン
 チャーリー・クラウサー Charlie Clouser ...... 音楽
 ケヴィン・ブランク Kevin Blank ...... 視覚効果スーパーバイザー

<ゲスト>
 コルム・ミーニイ Colm Meaney ...... ウェインライト
 ドン・ハニ Don Hany
 ダリウス・アマーフィオ・ジェファーソン Darius Amarfio Jefferson ...... Young Milo
 アシュリー・ズーカーマン Ashley Zukerman ...... ジェイク・グレグソン
 ヘイリー・マグナス Hayley Magnus ...... エイミー・モレル
 ザラ・ニューマン Zahra Newman ...... Bridget Rodricks
 ララ・ロビンソン Lara Robinson ...... Young Peretta
 マイケル=アンソニー・テイラー Michael-Anthony Taylor ...... Janitor
 ベネディクト・サミュエル Benedict Samuel ...... Fence
 ニッキー・シールズ Nikki Shiels ...... Siobhan
 ニコラス・ベル Nicholas Bell ...... Major General Cal
 ザラ・マイケルズ Zara Michales ...... Freya
 シャーロット・ニクダオ Charlotte Nicdao ...... レイチェル
 ラッセル・キーフェル Russell Kiefel ...... Sheriff De Bont
 ケネス・ランサム Kenneth Ransom ...... Milo's Grandpa
 ジョン・スタントン John Stanton ...... Wainright Senior
 ドーン・クリングバーグ Dawn Klingberg ...... Elderly Nun
 ロバート・ラバイア Robert Rabiah ...... Saudi Businessman
 リース・モルドゥーン Rhys Muldoon ...... Presenter
 ソフィア・ビリッチ Sofia Bilic ...... Danlow's Niece
 ザビエル・ウエスト Xavier West ...... Driver's Son
 フィリップ・ホルダー Phillip Holder ...... Mayor
 ケイト・グレゴリー Kate Gregory ...... Lady on News
 ケスティ・モラッシ Kestie Morassi ...... WGM Female Anchor
 エメリア・バーンズ Emilia Burns ...... Ch 5 Reporter
 サチン・ヨアブ Sachin Joab ...... NBC Reporter
 デヴィッド・ジェームス David James ...... NBC Anchor
 ジム・デイリー Jim Daly ...... Retired Military Officer
 ロッド・ララ Rod Lara ...... Danlow's Driver
 ハーレイ・ダースト Harley Durst ...... Karellen Double

<あらすじ>
 世界は平和になり、病気もなくなり、食料や住居は豊富で、カレルレンがいうように地球はユートピアとなった。
 けど、カレルレンに反発する“自由連盟”という組織が現れる。
 またペレッタは「信仰を取り上げられた」と訴えるが・・・・。

<ひとこと>
 カレルレンが悪魔の姿をしてるってわかるのはキリスト教徒だけよね?

3
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スカパーにて
CHILDHOOD'S END: episode1 "The Overlords Part1"

<スタッフ>
 ニック・ハラン Nick Hurran ...... 監督/製作
 マシュー・グレアム Matthew Graham ...... 脚本/製作総指揮
 ポール・M・レナード Paul M. Leonard ...... 製作
 ジョン・G・レニック John G. Lenic ...... 製作
 アリッサ・フィリップス Alissa Phillips ...... 製作総指揮
 アキヴァ・ゴールズマン Akiva Goldsman ...... 製作総指揮
 マイケル・デ・ルカ Michael De Luca ...... 製作総指揮
 ネビル・キッド Neville Kidd ...... 撮影
 フィリップ・アイヴィ Philip Ivey ...... プロダクション・デザイン
 イエン・マイルズ Yan Miles ...... 編集
 エリック・シアーズ Eric Sears ...... 編集
 ショーン・アルバートソン Sean Albertson ...... 編集
 ナイラ・ディクソン Ngila Dickson ...... コスチューム・デザイン
 シャリーン・ベリンジャー Shareen Beringer ...... コスチューム・デザイン
 チャーリー・クラウサー Charlie Clouser ...... 音楽
 ケヴィン・ブランク Kevin Blank ...... 視覚効果スーパーバイザー

<ゲスト>
 コルム・ミーニイ Colm Meaney ...... ウェインライト
 ドン・ハニ Don Hany
 ダリウス・アマーフィオ・ジェファーソン Darius Amarfio Jefferson ...... Young Milo
 アシュリー・ズーカーマン Ashley Zukerman ...... ジェイク・グレグソン
 ヘイリー・マグナス Hayley Magnus ...... エイミー・モレル
 ザラ・ニューマン Zahra Newman ...... Bridget Rodricks
 ララ・ロビンソン Lara Robinson ...... Young Peretta
 マイケル=アンソニー・テイラー Michael-Anthony Taylor ...... Janitor
 ベネディクト・サミュエル Benedict Samuel ...... Fence
 ニッキー・シールズ Nikki Shiels ...... Siobhan
 ニコラス・ベル Nicholas Bell ...... Major General Cal
 ザラ・マイケルズ Zara Michales ...... Freya
 シャーロット・ニクダオ Charlotte Nicdao ...... レイチェル
 ラッセル・キーフェル Russell Kiefel ...... Sheriff De Bont
 ケネス・ランサム Kenneth Ransom ...... Milo's Grandpa
 ジョン・スタントン John Stanton ...... Wainright Senior
 ドーン・クリングバーグ Dawn Klingberg ...... Elderly Nun
 ケスティ・モラッシ Kestie Morassi ...... WGM Female Anchor
 エメリア・バーンズ Emilia Burns ...... Ch 5 Reporter
 サチン・ヨアブ Sachin Joab ...... NBC Reporter
 デヴィッド・ジェームス David James ...... NBC Anchor
 ジム・デイリー Jim Daly ...... Retired Military Officer
 ロッド・ララ Rod Lara ...... Danlow's Driver
 ハーレイ・ダースト Harley Durst ...... Karellen Double

<あらすじ>
 2016年、突然地球上の40都市の上空に大型船が現れた。
 そして「私の名はカレルレン。地球の監督者である。恐れることはない」と告げる。
 “上帝(オーバーロード)”と名付けられたカレルレンは、自分と人類を繋ぐメッセンジャーとしてミズーリ州に住むリッキー・ストルムグレンを選ぶのだった。

<ひとこと>
 そりゃ戦争も病気もないほうがいいけどさ・・・・・・。

3
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スカパーにて
CHILDHOOD'S END
2015年/アメリカ/Syfy

<スタッフ>
 ポール・M・レナード Paul M. Leonard ...... 製作
 ニック・ハラン Nick Hurran ...... 製作/監督
 ジョン・G・レニック John G. Lenic ...... 製作
 アリッサ・フィリップス Alissa Phillips ...... 製作総指揮
 マシュー・グレアム Matthew Graham ...... 製作総指揮/脚本
 アキヴァ・ゴールズマン Akiva Goldsman ...... 製作総指揮
 マイケル・デ・ルカ Michael De Luca ...... 製作総指揮
 アーサー・C・クラーク Arthur C. Clarke ...... 原作
 ネビル・キッド Neville Kidd ...... 撮影
 フィリップ・アイヴィ Philip Ivey ...... プロダクション・デザイン
 イエン・マイルズ Yan Miles ...... 編集
 エリック・シアーズ Eric Sears ...... 編集
 ショーン・アルバートソン Sean Albertson ...... 編集
 ナイラ・ディクソン Ngila Dickson ...... コスチューム・デザイン
 シャリーン・ベリンジャー Shareen Beringer ...... コスチューム・デザイン
 チャーリー・クラウサー Charlie Clouser ...... 音楽
 ケヴィン・ブランク Kevin Blank ...... 視覚効果スーパーバイザー

<キャスト>
 マイク・ヴォーゲル Mike Vogel ...... リッキー・ストルムグレン
 オシ・イカイル Osy Ikhile ...... マイロ・ロドリックス
 デイジー・ベッツ Daisy Betts ...... エリー
 ヤエル・ストーン Yael Stone ...... ペレッタ・ジョーンズ
 ジョージナ・ヘイグ Georgina Haig ...... アナベル
 チャールズ・ダンス Charles Dance ...... カレルレン

<エピソード>
 第1話 「第1章 オーバーロード 前編」The Overlords Part1
 第2話 「第1章 オーバーロード 後編」The Overlords Par 2
 第3話 「第2章 偽りの日々 前編」The Deceivers Part1
 第4話 「第2章 偽りの日々 後編」The Deceivers Part2
 第5話 「第3章 子供たち 前編」The Children Part1
 第6話 「第3章 子供たち 後編」The Children Part2

<ひとこと>
 原作はアーサー・C・クラークの「幼年期の終わり」。
 高校生のころだったかに読むの挫折したやつやな。
 ドラマ化ありがとう。

3
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スカパーにて(劇場未公開)
MURDER OF A CAT
2014年/アメリカ/Exclusive Media & Babyitscoldoutside Films & Seine Pictures/101分

<スタッフ>
 ジリアン・グリーン Gillian Greene ...... 監督/製作
 クリスチャン・マガラエス Christian Magalhaes ...... 脚本
 ロバート・スノウ Robert Snow ...... 脚本
 モリー・ハッセル Molly Hassell ...... 製作
 サム・ライミ Sam Raimi ...... 製作
 アイヴァン・オーリック Ivan Orlic ...... 製作
 アダム・コルブレナー Adam Kolbrenner ...... 製作総指揮
 ロビン・メジンガー Robyn Meisinger ...... 製作総指揮
 アリアン・フレイザー Arianne Fraser ...... 製作総指揮
 クリストフ・ランゼンバーグ Christophe Lanzenberg ...... 撮影
 クリスティーナ・ロボダ Krystyna Loboda ...... プロダクション・デザイン
 エリック・L・ビーソン Eric L. Beason ...... 編集
 ショーン=ホリー・クックソン Shawn-Holly Cookson ...... コスチューム・デザイン
 デボラ・ルーリー Deborah Lurie ...... 音楽

<キャスト>
 フラン・クランツ Fran Kranz ...... クリントン
 ニッキー・リード Nikki Reed ...... グレタ
 J・K・シモンズ J. K. Simmons ...... ホイル保安官
 レオ・ナム Leo Nam ...... イー・キム
 ディリープ・ラオ Dileep Rao ...... Dr. Mundhra
 エイダン・アンドリュース Aidan Andrews ...... トレヴァー
 ブライアン・ターク Brian Turk ...... デイヴ
 ブライス・ダナー Blythe Danner ...... エディー
 グレッグ・キニア Greg Kinnear ...... アル・フォード

<あらすじ>
 クリントンはママの家に住み、オリジナルの作品を家の前で売り、親友は猫のマウサーだけ。
 このところマウサーの様子が変だと病院へ連れていった翌朝、マウサーが矢に刺されて死んでいるのが見つかる。
 警察に通報したクリントンは「ちゃんと捜査して犯人を」と頼むんだけど、ホイル保安官は「警察に任せろ」というばかりなので、自分で犯人を捜すことにする。
 そしてマウサーのことをホレイショと呼び、自分の猫がいなくなって探しているという女性グレタと出会う。

<ひとこと>
 コメディなんだけど、なんだかノアールな感じの音楽がカッコイイ。
 しかしG・キニアって器用な俳優さんだな。

2
マッドマックス~サンダードーム~ [DVD]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スカパーにて
MAD MAX BEYOND THUNDERDOME
1985年/オーストラリア/Kennedy Miller/107分

<スタッフ>
 ジョージ・ミラー George Miller ...... 監督/脚本/製作
 テリー・ヘイズ Terry Hayes ...... 脚本
 ディーン・セムラー Dean Semler ...... 撮影
 グレアム・“グレイス”・ウォーカー Graham 'Grace' Walker ...... プロダクション・デザイン
 リチャード・フランシス=ブルース Richard Francis-Bruce ...... 編集
 ノルマ・モリショー Norma Moriceau ...... コスチューム・デザイン
 モーリス・ジャール Maurice Jarre ...... 音楽

<キャスト>
 メル・ギブソン Mel Gibson ...... マックス
 ティナ・ターナー Tina Turner ...... アウンティ
 ヘレン・バディ Helen Buday ...... サバンナ
 フランク・スリン Frank Thring ...... The Collector
 ブルース・スペンス Bruce Spence ...... ジェデダイア
 ロバート・グラブ Robert Grubb ...... Pig Killer
 アンジェロ・ロシット Angelo Rossitto ...... The Master
 ジョージ・スパーテルズ George Spartels ...... Blackfinger
 エドウィン・ホッジマン Edwin Hodgeman ...... Dr. Dealgood
 マーク・スペイン Mark Spain ...... Mr. Skyfish
 マーク・カウナス Mark Kounnas ...... ゲッコ
 ロッド・ズァニック Rod Zuanic ...... Scrooloose
 ジャスティン・クラーク Justine Clarke ...... Anna Goanna
 シェイン・ティックナー Shane Tickner ...... Eddie
 トム・ジェニングス Tom Jennings ...... スレイク

<あらすじ>
 マックスはラクダを盗まれて砂漠をさすらい、たどり着いたのがビジネスの街バーター・タウン。
 町の支配者アウンティに見込まれたマックスは、町のエネルギー工場を支配する2人組マスター・ブラスターの筋肉担当ザ・ブラスターを殺すよう依頼されるが・・・・。

<アワード>
 ゴールデン・グローブ(1985)
  歌曲賞ノミネート ...... “We Don't Need Another Hero”

<関連作品>
 マッドマックス(1979)...... シリーズ第1作
 マッドマックス2(1981)...... シリーズ第2作
 マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015)...... シリーズ第4作

<ひとこと>
 マッドマックスの3作目って見てなかった気がして見始めたんだけど、なんとなく見覚えがあるようなないような・・・・。
 T・ターナーはカッコイイし、子どもたちが「ちゃんと怠けずメモリーしてた」とかいってお話を唱和するシーンなんてなにやら泣けるけど、マッドマックスとしてはどうだろう????
 カーチェイスもいまいち迫力なしやし。
 その点やっぱりマッドマックス 怒りのデス・ロード(2015)はマッドマックスだな、うん。

4
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スカパーにて
WHITE COLLAR Season5: episode13 "Diamond Exchange"

<スタッフ>
 ラッセル・リー・ファイン Russell Lee Fine ...... 監督
 ジム・カンポロンゴ Jim Campolongo ...... 脚本
 ニック・ティール Nick Thiel ...... 製作総指揮/脚本
 マット・ボマー Matt Bomer ...... 製作
 ティム・ディケイ Tim DeKay ...... 製作
 マット・ホイットニー Matt Whitney ...... 製作
 マーゴ・マイヤーズ・マッセイ Margo Myers Massey ...... 製作
 ジェフ・F・キング Jeff F. King ...... 製作総指揮
 ジェフ・イースティン Jeff Eastin ...... 製作総指揮
 ロバート・ギャンツ Robert Gantz ...... 撮影
 スティーヴン・ベアトリス Stephen Beatrice ...... プロダクション・デザイン
 ケビン・クラスニー Kevin Krasny ...... 編集
 カレン・マレッキー Karen Malecki ...... コスチューム・デザイン

<ゲスト>
 ブリジット・リーガン Bridget Regan ...... レベッカ・ロー
 アレックス・クランマー Alex Cranmer ...... アラン・ホッパー
 K・K・モギー K. K. Moggie ...... Mozzie's Doctor
 アニタ・ガンディ Anitha Gandhi ...... Hanawalt Pharmaceuticals Scientist
 トビー・レナード・ムーア Toby Leonard Moore ...... Cowboy Boots
 ダイアン・キャロル Diahann Carroll ...... ジューン
 ジェレミー・ダッシュ Jeremy Dash ...... EMT

<あらすじ>
 刑務所を脱走したレベッカはモジーに毒を注射して、ニールに「ダイヤと解毒剤を交換する」と電話してくる。
 毒の特定はジョーンズとダイアナに任せて、ピーターとニールはダイヤを探すのだった。

<ひとこと>
 そんな終わり方って・・・・。
 ファイナルシーズンって放送されてないんだよね?
 放送されるのか?

4
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スカパーにて
WHITE COLLAR Season5: episode12 "Taking Stock"

<スタッフ>
 ティム・ディケイ Tim DeKay ...... 製作/監督
 アレクサンドラ・マクナリー Alexandra McNally ...... 脚本
 マーク・ラファティ Mark Lafferty ...... 脚本
 マット・ボマー Matt Bomer ...... 製作
 マット・ホイットニー Matt Whitney ...... 製作
 マーゴ・マイヤーズ・マッセイ Margo Myers Massey ...... 製作
 ニック・ティール Nick Thiel ...... 製作総指揮
 ジェフ・F・キング Jeff F. King ...... 製作総指揮
 ジェフ・イースティン Jeff Eastin ...... 製作総指揮
 ロバート・ギャンツ Robert Gantz ...... 撮影
 スティーヴン・ベアトリス Stephen Beatrice ...... プロダクション・デザイン
 ジャスティン・クローン Justin Krohn ...... 編集
 カレン・マレッキー Karen Malecki ...... コスチューム・デザイン

<ゲスト>
 ブリジット・リーガン Bridget Regan ...... レベッカ・ロー
 スティーヴン・パスクール Steven Pasquale ...... コンラッド・ワース
 リチャード・ショーバーグ Richard Shoberg ...... イアン・ダイベック
 マンディ・ゴンザレス Mandy Gonzalez ...... カレン
 マディソン・ライリー Madison Riley ...... Genevieve
 キャサリン・チャドウィック Catherine Chadwick ...... アイリス・ダイベック

<あらすじ>
 レベッカの起訴が確定し、証拠の箱詰め作業中にレベッカの携帯が鳴り、留守電に「仕事を頼みたい。電話くれ」とメッセージが残された。
 産休中のダイアナが復帰し、レベッカになりすまして依頼人と会うことになるが・・・。

<ひとこと>
 モジーがセオのこと大好きで、テディって呼ぶのがかわいい。

4
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スカパーにて
WHITE COLLAR Season5: episode11 "Shot Through the Heart"

<スタッフ>
 ダグ・ハンナ Doug Hannah ...... 監督/編集
 マット・ホイットニー Matt Whitney ...... 製作/脚本
 ジェシカ・グラスル Jessica Grasl ...... 脚本
 マット・ボマー Matt Bomer ...... 製作
 ティム・ディケイ Tim DeKay ...... 製作
 マーゴ・マイヤーズ・マッセイ Margo Myers Massey ...... 製作
 ニック・ティール Nick Thiel ...... 製作総指揮
 ジェフ・F・キング Jeff F. King ...... 製作総指揮
 ジェフ・イースティン Jeff Eastin ...... 製作総指揮
 ロバート・ギャンツ Robert Gantz ...... 撮影
 スティーヴン・ベアトリス Stephen Beatrice ...... プロダクション・デザイン
 トム・ウィルソン Tom Wilson ...... 編集
 カレン・マレッキー Karen Malecki ...... コスチューム・デザイン

<ゲスト>
 ブリジット・リーガン Bridget Regan ...... レベッカ・ロー

<あらすじ>
 レベッカは何者なのか?
 ニールとレベッカが会っている間にレベッカの部屋を捜索し、盗聴器や監視カメラを設置する。
 そしてヘイガン殺しの犯人がニールであるとレベッカに告げ、レベッカがどう出るか見ることになるが・・・・。

<ひとこと>
 それにしてもニールが好きになる女って・・・・・(>ω<。)

このページのトップヘ